廣野 由美子

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/07 11:12
 
アバター
研究者氏名
廣野 由美子
 
ヒロノ ユミコ
所属
京都大学
部署
大学院人間・環境学研究科 共生人間学専攻
職名
教授
学位
学術博士, 文学修士
その他の所属
文部科学省

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1991年
神戸大学 文化学研究科 文化構造
 
 
 - 
1982年
京都大学 文学部 文学科
 

委員歴

 
2015年
 - 
2017年
日本比較文学会関西支部  幹事
 
2013年
 - 
2015年
日本ハーディ協会  編集委員(2013-2014)、運営委員(2013-2015 )
 
2005年
 - 
2007年
日本英文学会  編集委員(2006副委員長、2007委員長)
 
2008年
 - 
現在
日本英文学会関西支部  大会準備委員(2008副委員長、2009委員長、2010委員)、理事(2011- )、編集委員(2013-2014、2014委員長 )
 
2002年
 - 
現在
日本ブロンテ協会  評議員(2002-2010)、理事(2011- )、『ブロンテ・スタディーズ』編集委員(2011-2014、2014同委員長 )、『ブロンテ・スタディーズ』論文査読委員(2013- )、奨励賞審査委員(2014)
 
2002年
 - 
2008年
ディケンズ・フェロウシップ日本支部  理事
 
2008年
 - 
2011年
日本ギャスケル協会  幹事、論文審査委員
 
2006年
 - 
現在
日本ジョージ・エリオット協会  理事(2006-)、編集委員(2006-2013)、副会長(2014-)
 

受賞

 
1996年
福原賞
 

論文

 
「ジョージ・エリオット文学における実存思想-フランクル心理学との接点」
廣野 由美子
『文藝禮讃ーイデアとロゴス(内田能嗣教授傘寿記念論文集)』(大阪教育図書)   641-649   2016年3月   [査読有り]
「『ノーサンガー・アビー』におけるオースティンの諷刺の諸相」
廣野 由美子
京都大学大学院人間・環境学研究科英語部会『英文学評論』   (88) 55-84   2016年2月
「「不運」の美学-『帰郷』に見られるハーディ文学の特質」
廣野 由美子
英国小説研究同人『英国小説研究』(英宝社)   25 77-100   2015年5月   [査読有り]
「『嵐が丘』の起源-新・旧〈伝説〉をめぐって」
廣野 由美子
京都大学大学院人間・環境学研究科英語部会『英文学評論』   87 51-77   2015年2月
「荒野から庭へ-『嵐が丘』のファンタジー性」
廣野 由美子
石田久教授喜寿記念論文集刊行委員会『イギリス文学と文化のエートスとコンストラクション』(大阪教育図書)   183-193   2014年8月   [査読有り]
「ジョージ・エリオット文学における〈啓蒙〉の行方-前期三作品に見る宗教の再構築」
廣野 由美子
京都大学大学院人間・環境学研究科英語部会『英文学評論』   86 1-26   2014年2月
「ギャスケルとエリオット-『ルース』と『アダム・ビード』に見られる作家の道徳的姿勢」
廣野 由美子
日本ギャスケル協会『ギャスケル論集』   (第21号) 61-74   2011年9月   [査読有り]
「本当は怖いギャスケル-ゴシック作品の特質」
廣野由美子
日本ギャスケル協会編『生誕200年記念 エリザベス・ギャスケルとイギリス文学の伝統』(大阪教育図書)   23-33   2010年9月   [査読有り]
「ファニー・プライスの実像-『マンスフィールド・パーク』に関する物語論的考察」
廣野由美子
京都大学大学院人間・環境学研究科英語部会『英文学評論』   82 29-58   2010年2月
「ブランウェルの破滅-その実相とブロンテ姉妹への影響」
廣野由美子
日本ブロンテ協会「ブロンテ・スタディーズ」   4(5) 15-27   2007年10月   [査読有り]
「1840年代のガヴァネス小説に見る女性教育-『虚栄の市』、『ジェイン・エア』、『アグネス・グレイ』を中心に-」
廣野由美子
柳五郎編『ザルツブルクの小枝』(大阪教育図書)   127-137   2007年7月
「〈嫌な女〉の造形―ジェイン・オースティンvs. ジョージ・エリオット(特集:小説の登場人物たち) 」
廣野由美子
『英語青年』研究社、第153 巻第3 号      2007年   [査読有り][招待有り]
「『ヴィレット』における視線の構造」
廣野由美子
英国小説研究同人『英国小説研究』第22冊(英潮社)   69-99   2006年
「近代の魔女-The Mill on the Flossにおける異端の表象」
廣野由美子
日本英文学会「英文学研究」   第81巻 41-53   2005年1月   [査読有り]
「『サイラス・マーナー』--お伽噺を越えて--」(特集「英国小説のキャノンはいま」)
廣野 由美子
研究社『英語青年』,第151巻第2号, pp.76-77      2005年   [査読有り]
「なぜ怪物は生まれたのか-『フランケンシュタイン』における教育のテーマ」
廣野由美子
金田道和先生退官記念事業会『英語教育学研究』(渓水社)   198-211   2004年9月
「誤解の構造-『エマ』における物語論的考察」
廣野由美子
京都大学大学院人間・環境学研究科英語部会「英文学評論」   第76集 77-112   2004年2月
「恐るべきアン-心理小説としての『アグネス・グレイ』-」
廣野由美子
英国小説研究同人『英国小説研究』第21冊(英潮社)   113-131   2003年5月
「失われた時を求めて-Persuasionにおける語りの仕掛け-」
廣野由美子
京大英文学会, ALBION   48 53-69   2002年11月   [査読有り]
「習慣の不気味な力-『サイラス・マーナー』における「織ること」とは-」
廣野由美子
英国小説研究同人『英国小説研究』第20冊(英潮社)   165-181   2001年4月
「「許されざる者」とは誰か-『嵐が丘』の神学的解釈-」
廣野由美子
京都大学総合人間学部「英文学評論」   73 49-72   2001年2月
「隠された会話-『嵐が丘』における劇的瞬間-」
廣野由美子
山口大学「英語と英米文学」   (33) 225-243   1998年12月
「Dickensの〈子どもの視点〉-Great Expectationsについて-」
廣野由美子
山口大学「英語と英米文学」   (32) 301-317   1997年12月
「『ジェイン・エア』の対話性」
廣野由美子
研究社出版「英語青年」   143(9) 301-317   1997年12月   [招待有り]
The Great Gatsbyにおける時間
廣野 由美子、福屋利信
山口大学教育学部研究論叢 第1部 人文科学・社会科学   121-133   1996年12月   [査読有り]
「『嵐が丘』における空間的イメジャリー-エミリー・ブロンテの異端思想-」
廣野由美子
山口大学「英語と英米文学」   (31) 255-271   1996年12月
「『嵐が丘』におけるドッペルゲンガーのモチーフ」
廣野由美子
日本ブロンテ協会「ブロンテ・スタディーズ」   2(5) 37-53   1996年10月   [査読有り]
19世紀英国作家の実像
廣野 由美子
山口大学教育学部研究論叢 第1部 人文科学・社会科学   63-76   1995年12月   [査読有り]
「『嵐が丘』の時間体系」
廣野由美子
山口大学「英語と英米文学」   (29) 197-228   1994年12月
「『嵐が丘』の語りの技法」
廣野由美子
山口大学教育学部「研究論叢」   44(1) 79-92   1994年12月
「Trollopeの語りの方法-The Parson's Daughter of Oxney Colneについて-」
廣野由美子
神戸英米学会「神戸英米論叢」   (8) 213-231   1994年8月   [査読有り]
「嵐が丘」の時間体系〔付・The Chronology of Wuthering Heights〕
広野 由美子
英語と英米文学   197-228   1994年   [査読有り]
19世紀イギリスの小説技法理論
廣野 由美子
阪南論集 人文・自然科学編   29(1) 61-79   1993年6月   [査読有り]
Wuthering Heightsの構造
廣野 由美子
阪南論集 人文・自然科学編   28(4) 117-127   1993年3月   [査読有り]
「Hardy文学の映像性-Tess of the D'Urbervillesについて-」
廣野由美子
神戸英米学会「神戸英米論叢」   (6) 71-104   1992年8月   [査読有り]
Jane Eyreにおける主観性と法則性
廣野 由美子
阪南論集 人文・自然科学編   27(3) 25-33   1992年1月   [査読有り]
「Pride and PrejudiceにおけるAustenの会話技法」
廣野由美子
神戸英米学会「神戸英米論叢」   (5) 51-92   1991年8月   [査読有り]
「Vanity FairにおけるThackerayの断片構成技法」
廣野由美子
神戸英米学会「神戸英米論叢」   (4) 61-99   1990年8月   [査読有り]
「Great ExpectationsにおけるDickensのプロット構成技法」
廣野由美子
神戸英米学会「神戸英米論叢」   (3) 25-52   1989年8月   [査読有り]
「MiddlemarchにおけるGeorge Eliotの叙述法」
廣野由美子
神戸英米学会「神戸英米論叢」   (2) 13-43   1988年8月   [査読有り]
「『嵐が丘』第二世代論」
廣野 由美子
(神戸英米研究会「神戸論叢」),/17,      1987年   [査読有り]

Misc

 
書評『幻想と怪奇の英文学Ⅱ-増殖深化編』(東雅夫・下楠昌哉編、 2016)
廣野 由美子
日本英文学会『英文学研究』   94 51-56   2017年12月   [査読有り][依頼有り]
書評『ジェイン・オースティン研究の今』(日本オースティン協会編、2017)
廣野 由美子
『週刊読書人』(2017.7.7号)      2017年7月   [依頼有り]
巻頭エッセイ「ハーンとブロンテ」
廣野 由美子
日本ブロンテ協会関西支部ニューズレター   (15)    2016年1月   [依頼有り]
巻頭エッセイ「ジョージ・エリオット的〈生きる意味〉とは-ロゴセラピーの観点から」
廣野 由美子
日本ジョージ・エリオット協会"George Eliot Newsletter of Japan" 第19号   1-2   2015年6月   [依頼有り]
書評『フランケンシュタインとは何か-怪物の倫理学』(武田悠一著、2014)
廣野 由美子
日本比較文学会『比較文学』   57 154-158   2015年3月   [依頼有り]
映画評"Wuthering Heights"(Andrea Arnold監督、2011)
廣野 由美子
日本ブロンテ協会『ブロンテ・スタディーズ』   5(6) 59-65   2014年11月   [依頼有り]
書評『評伝 ジョージ・エリオット』(ナンシー・ヘンリー著、内田能嗣他訳、2014)
廣野 由美子
『週刊読書人』   (2014.10.3号)    2014年10月   [依頼有り]
『風に吹かれて夢の荒野を歩く-ブロンテのアイルランド』(共著)
廣野 由美子(内田能嗣・清水伊津代監修)
大阪教育図書   1-4   2014年2月
書評『〈徒弟〉たちのイギリス文学-小説はいかに誕生したか』(原英一著、2012)
廣野 由美子
『ディケンズ・フェロウシップ日本支部年報』   (36) 56-61   2013年11月   [依頼有り]
『エリオット・カントリーをゆく-作家と故郷の絆』(共著)
廣野 由美子(内田能嗣・福永信哲監修)
大阪教育図書   51-56   2012年11月   [依頼有り]
書評『ヴィクトリア朝文化の世代風景』(松村昌家著、2012)
廣野 由美子
『週刊読書人』   (2012.6.15号)    2012年6月   [依頼有り]
巻頭エッセイ「ふたりのエミリー」
廣野 由美子
Bronte Newsletter of Japan   (84) 1   2012年4月   [依頼有り]
エッセイ「荒野に寄せて-ムアとエグドン・ヒース」
廣野 由美子
日本ハーディ協会ニュース   (71) 4-5   2012年4月   [依頼有り]
書評『ジョージ・エリオット 評論と書評』(川本静子・原公章共訳、2010)
廣野 由美子
日本ジョージ・エリオット協会『ジョージ・エリオット研究』   (12) 47-50   2010年11月   [査読有り][依頼有り]
書評『慈善院長』(アンソニー・トロロープ著、木下義貞訳, 2010)
廣野 由美子
『図書新聞』   (2010.10.9号)    2010年10月   [依頼有り]
エッセイ(特集「虚と実」)「異界の〈私〉-一人称小説における虚と実」
廣野 由美子
京都大学大学院人間・環境学研究科『人環フォーラム』第27号      2010年9月   [依頼有り]
書評『小説空間を〈読む〉』(荻野昌利著, 2009)
廣野 由美子
『週刊読書人』   (2009.11.13号)    2009年11月   [依頼有り]
巻頭エッセイ「死者の視線」
廣野 由美子
アピエ社『文芸誌<アピエ>』第14号・エミリー・ブロンテ『嵐が丘』特集      2009年   [依頼有り]
書評「荻野昌利著『小説空間を〈読む〉』
慶野由美子
『週刊読書人』 2009 年11 月13 日号      2009年   [査読有り]
エッセイ・文学の周辺「未完のミステリー」
廣野 由美子
京都大学大学院人間・環境学研究科『人環フォーラム』第23号      2008年9月   [依頼有り]
エッセイ「ジョージ・エリオットと私」
廣野 由美子
日本ジョージ・エリオット協会"George Eliot Newsletter of Japan"第11号      2007年6月   [依頼有り]
書評『図説チャールズ・ディケンズ』(エリザベス・ジェイムズ著、高橋裕子訳, 2006)
廣野 由美子
ディケンズ・フェロウシップ日本支部『年報』   第30号 48-53   2007年   [査読有り][依頼有り]
書評『ギッシングの世界』(松岡光治編, 2003)
廣野 由美子
日本英文学会『英文学研究』   第82巻 187-190   2005年12月   [査読有り][依頼有り]
書評『ジョージ・エリオットと言語・イメージ・対話』(天野みゆき著, 2004)
廣野 由美子
研究社『英語青年』   第150巻(第5号) 53-54   2004年8月   [依頼有り]
エッセイ「絶望の光一ハーディ小説における太陽」
廣野由美子
日本ハーディ協会「日 本ハーディ協会ニュース」第51 号      2002年   [査読有り]
エッセイ「ルーレットをする女- グェンドリン・ハーレスとベッキー・シヤープ」
廣野由美子
日本ジョージ・エリオット協会“George Eliot Newsletter of Japan" 第6 号      2002年   [査読有り]
エッセイ「ヒースクリフは殺人犯か?-サザーランド説への一反論」
廣野 由美子
日本ブロンテ協会"Bronte Newsletter of Japan"第47号      2000年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
『100分de名著 高慢と偏見』(NHKテレビテキスト)
廣野 由美子
NHK出版   2017年6月   
『深読みジェイン・オースティン-恋愛心理を解剖する』
廣野 由美子
NHKブックス   2017年6月   
御輿哲也・新野緑・吉川朗子編『言葉という謎-英米文学・文化のアポリア』(共著)
廣野 由美子 (担当:共著, 範囲:「ハーンとブロンテー《怪談・奇談》と『嵐が丘』における言葉の接点」)
大阪教育図書   2017年3月   
マリアン・トールマレン編、内田能嗣・海老根宏監修、大田美和・清水伊津代・白井義昭・橋本清一・廣野由美子監訳『歴史のなかのブロンテ』(監訳)
廣野 由美子
大阪教育図書   2016年12月   
『謎解き「嵐が丘」』
廣野 由美子
松籟社   2015年11月   
岩上はる子・惣谷美智子編『ブロンテ姉妹と15人の男たちの肖像』(共著)
廣野 由美子 (担当:共著, 範囲:「第2章 ブランウェル・ブロンテ-一家の希望の星、あるいは敗北者」)
ミネルヴァ書房   2015年9月   
『100分de名著 フランケンシュタイン』(NHKテレビテキスト)
廣野 由美子
NHK出版   2015年2月   
「とばりの彼方」「ジェイコブ兄貴」解説(前田淑江他訳『ジョージ・エリオット全集9/スペインのジプシー、とばりの彼方、ジェイコブ兄貴』)
廣野由美子
彩流社   2014年6月   
『ジョージ・エリオット(時代のなかの作家たち 5)』
ティム・ドリン
彩流社   2013年5月   ISBN:4779117054
Dickens in Japan: Bicentenary Essays
Edited by Eiichi Hara et.al. (担当:共著, 範囲:HIRONO Yumiko, "Scrooge as a Time Traveler: The Dream Structure of A Christmas Carol")
大阪教育図書   2013年5月   
『一人称小説とは何か-異界の「私」の物語』
廣野 由美子
ミネルヴァ書房   2011年   
『ミステリーの人間学-英国古典探偵小説を読む』
廣野 由美子
岩波新書   2009年   
『視線は人を殺すか-小説論11講』
廣野 由美子
ミネルヴァ書房   2008年   
日本ギャスケル協会監訳『ギャスケル全集・別巻I(短編・ノンフィクション)』(共訳)
廣野 由美子
大阪教育図書   2008年   
内田能嗣編『ジェイン・オースティンを学ぶ人のために』(共著)
廣野 由美子
世界思想社   2007年   
西條隆雄他編『ディケンズ鑑賞大事典』(共著)
廣野 由美子
南雲堂   2007年   ISBN:4523310459
日本ハーディ協会編『トマス・ハーディ全貌』(共著)
廣野 由美子
音羽書房鶴見書店   2007年   
松岡光治編『ギッシングを通してみる後期ヴィクトリア朝の社会と文化』(共著)
廣野 由美子
渓水社   2007年   
ジュリエット・バーカー著、中岡洋・内田能嗣監訳『ブロンテ家の人々』(共訳)
廣野 由美子
彩流社   2006年   
『批評理論入門--『フランケンシュタイン』解剖講義--』
廣野 由美子
中央公論新社(中公新書),   2005年   
中岡洋・内田能嗣編『ブロンテ姉妹を学ぶ人のために』(共著)
廣野 由美子
世界思想社,   2005年   
田中雅男・飯沼万里子編『越境する演劇』(共著)
廣野 由美子
英宝社,   2004年   
ジェフリー・リーチ、マイケル・ショート著『小説の文体--英米小説への言語学的アプローチ--』(共訳)
廣野 由美子
研究社,   2003年   
朝日千尺編『ギャスケル小説の旅』(共著)
廣野 由美子
鳳書房,   2002年   
『「嵐が丘」の謎を解く』
廣野 由美子
創元社   2001年   ISBN:4422900234
海老根宏・内田能嗣編『ジョージ・エリオットの時空-小説の再評価-』(共著)
廣野 由美子
北星堂,   2000年   
内田能嗣編『ヴィクトリア朝の小説-女性と結婚-』(共著)
廣野 由美子
英宝社,   1999年   
『十九世紀イギリス小説の技法』
廣野 由美子
英宝社   1996年10月   ISBN:4269720468

講演・口頭発表等

 
文化講座「ジェイン・オースティンの世界」 [招待有り]
廣野 由美子
NHK文化センター梅田教室   2017年11月4日   
講演「ブランウェルは第四の小説家になりえたか?-その可能性と不可能性を探る [招待有り]
廣野 由美子
日本ブロンテ協会2017年大会   2017年10月14日   
テレビ出演(ゲスト講師)「100分de名著 高慢と偏見」 [招待有り]
廣野 由美子
NHK テレ   2017年7月   
「エリザベスの「成上り」というスキーマ-『高慢と偏見』への認知的アプローチ」 [招待有り]
廣野 由美子
日本英文学会第89回大会(招待発表)   2017年5月21日   
座談会(講演)"What is Frankenstein?" [招待有り]
廣野 由美子
日本SF大会   2015年8月29日   
文化講座「謎解き『嵐が丘』」 [招待有り]
廣野 由美子
NHK文化センター神戸教室   2015年8月1日   
テレビ出演(ゲスト講師)「100分de名著 フランケンシュタイン」 [招待有り]
廣野 由美子
NHK Eテレ   2015年2月   
講演「『嵐が丘』の起源-新・旧<伝説>をめぐって」 [招待有り]
廣野 由美子
日本ブロンテ協会関西支部2014年夏季大会   2014年7月5日   
招待発表「『嵐が丘』のトポス-<荒野>物語についての比較文学的考察」 [招待有り]
廣野 由美子
日本比較文学会関西支部例会   2014年4月19日   
シンポジウム「〈啓蒙〉の変遷-18世紀から19世紀の宗教・道徳・文化を問い直す」 [招待有り]
廣野 由美子
日本英文学会第85回大会   2013年5月25日   
文化講座「謎とき『嵐が丘』」 [招待有り]
廣野 由美子
NHK文化センター梅田教室   2013年4月   
シンポジウム(司会・発表)「ハーディの面白さ」 [招待有り]
廣野 由美子
日本ハーディ協会第55回大会   2012年10月13日   
文化講座「謎ときジェイン・オースティン-作家と作品」 [招待有り]
廣野 由美子
NHK文化センター梅田教室   2012年10月   
ブロンテ・デイ講演「荒野から庭へ-『嵐が丘』のファンタジー性」 [招待有り]
廣野 由美子
日本ブロンテ協会公開講座   2012年6月3日   
廣野 由美子
日本大学英文学会   2011年6月11日   
シンポジウム「エリザベス・ギャスケルと同時代の女性作家たち」 [招待有り]
日本ギャスケル協会第22回大会(実践女子大学)   2010年10月   
講演「英国ミステリーの特質-ディケンズからクリスティーまで-」 [招待有り]
廣野 由美子
京都女子大学公開講座   2009年6月   
講演「異界の〈私〉-一人称小説を読む-」 [招待有り]
廣野 由美子
京都大学大学院人間・環境学研究科公開講座「虚実の世界」   2009年2月   
シンポジウム「Mansfield Parkを読む-Fanny Priceを中心に-」 [招待有り]
日本オースティン協会第3回大会(白百合女子大学)   2009年10月   
講演「視線の力学-イギリス小説を中心に-」 [招待有り]
廣野 由美子
神戸市外国語大学   2008年2月   
シンポジウム(司会・コーディネーター)「短編小説家としてのジョージ・エリオット」 [招待有り]
廣野由美子
日本ジョージ・エリオット協会第12回全国大会(近畿大学)   2008年11月   
「探偵小説の源流に関する考察-ポオとディケンズ-
廣野由美子
ディケンズ・フェロウシップ日本支部2007年秋期総会(京都大学)   2007年10月   
講演「『ヴィレット』-視線のドラマ-」 [招待有り]
廣野 由美子
日本ブロンテ協会関西支部夏季大会   2006年7月   
シンポジウム「これからの小説批評-批評のリアリティを問う-」 [招待有り]
廣野由美子
日本英文学会中部支部第58会大会(三重大学)   2006年10月   
シンポジウム「ブロンテ姉妹の伝記的研究-ジュリエット・バーカー著『ブロンテ姉妹の人々』を中心に-」 [招待有り]
廣野由美子
日本ブロンテ協会2006年大会(静岡英和学院大学)   2006年10月   
シンポジウム「女性教育-ガヴァネスから近代的高等学校教育へ-」 [招待有り]
廣野由美子
日本ヴィクトリア朝文化研究学会第5回全国大会(中京大学)   2005年11月   
シンポジウム(コメンテイター)「Romolaを読む」 [招待有り]
廣野由美子
日本ジョージ・エリオット協会第8回全国大会(神戸女学院)   2004年11月   
教育講演「『フランケンシュタイン』と教育問題-なぜ怪物は生まれたのかー」 [招待有り]
廣野 由美子
大阪府羽曳野市西浦小学校PTA(主催)   2002年11月   
講演「誤解の構造-『エマ』に関する物語的考察-」 [招待有り]
廣野 由美子
神戸英米学会年次大会   2002年10月   
シンポジウム「なぜ今George Eliotを読むのか」 [招待有り]
廣野由美子
日本英文学会中国四国支部第55回大会(島根大学)   2002年11月   
シンポジウム「ブロンテ姉妹、21世紀に向けて」 [招待有り]
日本ブロンテ協会2001年大会(駒沢大学)   2001年   
「失われた時を求めて-Persuasionにおける語りの仕掛け-」 [招待有り]
廣野由美子
京大英文学会年次大会(京都大学)   2001年11月   
シンポジウム「Middlemarchを読む」 [招待有り]
廣野由美子
日本ジョージ・エリオット協会第2回全国大会(東洋大学)   1998年11月   
「ディケンズの〈こどもの視点〉-Great Expectationsについて-」 [招待有り]
廣野由美子
ディケンズ・フェロウシップ日本支部1997年春季大会(神戸大学)   1997年10月   
「『嵐が丘』におけるドッペルゲンガーのモチーフ」
廣野由美子
日本英文学会第67会大会(筑波大学)   1995年5月   
「『嵐が丘』の時間体系」
廣野由美子
日本英文学会中国四国支部第47回大会(高知大学)   1994年10月   
「Jane Eyreの<情熱>に関する技法的考察」(研究発表)
神戸英米学会年次大会(神戸大学)   1990年   神戸英米学会

Works

 
新聞記事「人間性の謎を追究」(東京新聞・中日新聞2010年2月21日・日曜版大図解シリーズ「ミステリーの女王アガサ・クリスティ」特集
2010年
新聞記事「謎解き後も残る謎」(北海道新聞2009年7月8日夕刊文化欄)
2009年

競争的資金等の研究課題

 
19世紀イギリス小説
物語論
ジェイン・オースティン、ブロンテ姉妹、ジョージ・エリオット