横田 尚俊

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/30 18:34
 
アバター
研究者氏名
横田 尚俊
 
ヨコタ ナオトシ
eメール
n.yyamaguchi-u.ac.jp
所属
山口大学
部署
人文学部人文学科社会学講座
職名
大学院担当教授
学位
修士(文学)(早稲田大学)
その他の所属
早稲田大学
科研費研究者番号
10240194

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2007年10月
 - 
現在
山口大学 人文学部 大学院担当教授
 
2007年4月
 - 
2007年9月
山口大学 人文学部 大学院担当准教授
 
1995年4月
 - 
2007年3月
山口大学 人文学部 大学院担当助教授
 
1993年4月
 - 
1995年3月
山口大学 人文学部 大学院担当講師
 
1991年4月
 - 
1993年3月
早稲田大学 文学部 助手
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1990年3月
早稲田大学 文学研究科博士後期課程 社会学専攻
 
1982年4月
 - 
1985年3月
早稲田大学 文学研究科博士前期課程 社会学専攻
 
1978年4月
 - 
1982年3月
早稲田大学 文学部 哲学科社会学専修
 

委員歴

 
2017年9月
 - 
現在
日本都市社会学会  企画委員
 
2017年5月
 - 
現在
山口市  協働のまちづくり推進委員会委員
 
2014年4月
 - 
現在
山口県  条例審議会委員
 
2013年9月
 - 
現在
日本社会分析学会  編集委員
 
2007年4月
 - 
現在
土木学会西部支部  調査研究委員会委員
 

論文

 
横田 尚俊
山口大學文學會誌   64 1-26   2014年2月
 東日本大震災が発生する以前の、戦後日本における災害・防災対策の展開とその特質、課題等について分析した論文である。
急傾斜市街地における居住環境と住民生活
横田尚俊
やまぐち地域社会研究   (7) 139-150   2010年3月   [査読有り]
地域資源と災害・防災
横田尚俊
都市社会研究   (2) 33-45   2010年2月   [査読有り][招待有り]
河川環境保全をめぐる流域連携と協働
横田尚俊
西日本社会学会年報   (4) 17-34   2006年   [査読有り][招待有り]
豪雨災害と地域社会
横田尚俊
2003年7月九州豪雨災害に関する調査研究(科学研究費補助金報告書)   115-125   2004年

Misc

 
特集「災害問題の社会学」によせて
横田 尚俊
社会分析   (43) 1-3   2016年3月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
地域再生の社会学
小谷 典子、横田 尚俊、速水 聖子 (担当:共編者, 範囲:133-150)
学文社   2017年3月   ISBN:978-4-7620-2713-0
新版 キーワード地域社会学
地域社会学会(吉原直樹、古城利明ほか) (担当:共編者)
ハーベスト社   2011年5月   ISBN:9784863390287
社会学事典
日本社会学会社会学事典刊行委員会 (担当:分担執筆, 範囲:806-807)
丸善   2010年6月   ISBN:978-4-621-08254-6
呉市民の生活と意識2
西村雄郎他 (担当:分担執筆)
広島現代社会学研究会   2009年3月   
まちづくりの百科事典
似田貝香門&大野秀敏&小泉秀樹&林泰義&森反章夫&その他101名 (担当:分担執筆, 範囲:422-423,428-429,436,484,569-570)
丸善   2008年7月   ISBN:978-4-621-08004-7

講演・口頭発表等

 
遠方避難者における当事者間相互支援のネットワーク化
速水 聖子、横田 尚俊、山下 亜紀子
第4回震災問題研究交流会   2018年3月23日   
東日本大震災と災害社会学 [招待有り]
横田 尚俊
日本社会学会第86回大会   2013年10月13日   
東日本大震災における自治体間広域支援の調査研究に向けて
横田尚俊
第31回山口地域社会学会研究例会   2012年11月10日   山口地域社会学会
自治体間支援と地域社会―多様な経験とそこから見える可能性
横田尚俊
2012年度第2回地域社会学会研究例会   2012年10月6日   地域社会学会
急傾斜市街地における住民生活―呉市・両城地区における調査票調査の中間報告―
叶堂隆三&横田尚俊
2008年度「呉市民の生活と意識調査」研究報告会   2009年3月   

担当経験のある科目

 

その他

 
1992年4月
 既存の災害事例を取り上げ、被災コミュニティの対応、変動、復興過程等について、実態調査やデータの分析を行いながら、災害に強いコミュニティの条件について、知見の一般化を図る。
2006年4月
 急傾斜市街地の地域特性や住民生活の現状、地域の課題とまちづくりの取り組みを、代表的な地域の実態調査に基づいて明らかにする。
2001年4月
 市民活動団体の現状や市民活動支援の施策・取り組みに関して、調査・研究を行う。
2003年4月
 環境問題に対する地域社会の取り組みに関して、調査・研究を行う。