北 研二

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/25 19:55
 
アバター
研究者氏名
北 研二
 
キタ ケンジ
eメール
kitais.tokushima-u.ac.jp
URL
http://pub2.db.tokushima-u.ac.jp/ERD/person/10739/profile-ja.html
所属
徳島大学
部署
大学院社会産業理工学研究部
職名
教授
学位
博士(工学)(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
徳島大学 大学院社会産業理工学研究部 教授
 
2010年4月
   
 
徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部教授
 
2008年4月
   
 
徳島大学高度情報化基盤センター・センター長
 
2002年4月
   
 
徳島大学高度情報化基盤センター教授
 
2000年4月
   
 
徳島大学工学部教授
 

学歴

 
1992年10月
   
 
早稲田大学 博士(工学)  
 
1981年3月
   
 
早稲田大学 理工学部 数学科卒業  
 

委員歴

 
2009年12月
 - 
2010年11月
独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2008年5月
 - 
2010年5月
情報処理学会  四国支部長, 四国支部監事, 四国支部評議員, 代表会員
 
2008年4月
 - 
2010年3月
大阪大学サイバーメディアセンター  大阪大学サイバーメディアセンター運営委員会委員
 
2006年4月
 - 
2010年3月
情報処理学会  四国支部長, 四国支部監事, 四国支部評議員, 代表会員
 
2006年5月
 - 
2008年5月
情報処理学会  四国支部長, 四国支部監事, 四国支部評議員, 代表会員
 

受賞

 
2018年8月
2nd Technological Competency as Caring in the Health Sciences 2018 Poster Presentation Award Emotion Recognition from Emoticons using Convolutional Neural Networks
受賞者: 中尾 英俊, 迪力夏提 吉?拉, 松本 和幸, 吉田 稔, 北 研二
 
2016年12月
Best Paper Award of The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering Ego-state Estimation from Short Texts Based on Sentence Distributed Representation
受賞者: 松本 和幸, 田中 聡, 吉田 稔, 北 研二, 任 福継
 
2016年9月
The 2nd INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFT COMPUTING IN DATA SCIENCE 2016 Best Paper Award of the 2nd INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFT COMPUTING IN DATA SCIENCE 2016 Judgment of Slang based on Character Feature and Feature Expression based on Slang's Context Feature
受賞者: 松本 和幸, 土屋 誠司, 吉田 稔, 北 研二
 
2007年7月
電子情報通信学会 データ工学ワークショップ優秀論文賞 距離索引VP-treeにおける解絞り込みの一改良手法
受賞者: 獅々堀 正幹, 北 研二
 
2007年3月
財団法人エレキテル尾崎財団 源内大賞 ユーザに優しい情報検索技術
 

論文

 
Twitter User's Hobby Estimation Based on Sequential Statements Using Deep Neural Networks
Bando Koji, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida, Kenji Kita
International Journal of Machine Learning and Computing   Vol.9(No.2)    2019年4月   [査読有り]
With more and more frequency, users communicate with each other on social media. Many users start on Twitter or Facebook to find friends who have the same hobby. Our study proposes a method to estimate the users interests (hobby) based on tweets o...
Kazuyuki Matsumoto, Akira Fujisawa, Minoru Yoshida, Kenji Kita
Journal of Software   Vol.13(No.10) 559-572   2018年10月   [査読有り]
In recent years, a lot of non-verbal expressions have been used on social media. Ascii art (AA) is an expression using characters with visual technique. In this paper, we set up an experiment to classify AA pictures by using character features and...
松本 和幸, 秋田 恭佑, 任 福継, 吉田 稔, 北 研二
知能と情報   Vol.30(No.3) 591-604   2018年6月   [査読有り]
近年,音声アシスタント機能を搭載した携帯型端末が普及し,より使い手に配慮した対話システムが求められている. 従来型の対話システムの問題点として,雑談のような非タスク型対話への対応が未熟な点があげられる.非タスク型対話 においては,ユーザとの会話を円滑かつ柔軟にするための工夫が必要となる.たとえば,ユーザの現実世界での人間関係 を考慮することによって,ユーザと親しい人物に関する話題の提供を積極的に行ったり,ユーザと親しくない(仲が良く ない)人物に関する話題の提供を避けたりすることができると...
Kazuyuki Matsumoto, Seiji Tsuchiya, Miyake Takeshi, Minoru Yoshida, Kenji Kita
International Journal of Technology and Engineering Studies   Vol.4(No.1) 7-15   2018年2月   [査読有り]
In recent years, flaming-that is, hostile or insulting interaction-on social media has been a problem. To avoid or minimize flaming, enabling the system to automatically check messages before posting to determine whether they include expressions t...
Kazuyuki Matsumoto, Fuji Ren, Minoru Yoshida, Kenji Kita
International Journal of Advanced Intelligence (IJAI)   Vol.9(No.4) 541-555   2017年12月   [査読有り]
本研究では,異なるメディアのレビューデータに基づいたレビュー分類モデルの構築を提案します.現在,多種多様なビッグデータを対象とした異なるドメイン間での転移学習に関する研究が盛んである.異なるドメイン間では,評価表現が異なることが多く,評判分析の障壁となる.異なるメディアにおける著作物に触れているユーザが異なる表現を使用することは多い.たとえば,著作物に関して,「アニメ」や「漫画」,「ゲーム」,「映画」など,異なるメディアにおいては異なる用語や表現が存在する.評価表現以外にもメディアの違いの...

Misc

 
アスキーアートへの挑戦 - 画像特徴量によるアプローチ -
藤澤 日明, 松本 和幸, 奥村 紀之, 吉田 稔, 北 研二
人工知能学会誌   Vol.32(No.3) 364-370   2017年5月
意味空間への情報マッピングに基づくクロスメディア検索に関する研究
北 研二
2005?2008年度科学研究費補助金研究成果報告書(基盤研究(B))      2009年5月
類似画像検索技術を用いた商品推薦システム 『SUDACHI』の開発とその応用
北 研二, 山川 義介
画像ラボ   Vol.19(No.8) 11-15   2008年8月
分散型話者照合方式に関する研究
黒岩 眞吾, 北 研二, 任 福継, 柘植 覚
平成14年度?平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書   Vol.14350204 1-227   2005年5月
確率・統計情報を用いた文法研究
北 研二, 山本 幹雄
日本語学   Vol.19(No.4) 202-212   2000年4月
言語データ(コーパス)を重視する経験主義的な方法論の有効性と,言語データをもとにした文法の研究について,確率文脈自由文法と確率木置換文法を例にとり説明した.

書籍等出版物

 
Time-Series Analysis of Video Comments on Social Media
Kazuyuki Matsumoto, Hayato Shimizu, Minoru Yoshida, Kenji Kita
Worlds largest Science, Technology & Medicine Open Access book publisher   2017年7月   
In this study, we propose a method to detect unfair rating cheat caused by multiple comment postings focusing on time-series analysis of the number of comments. We defined the videos that obtained a lot of comments by unfair cheat as unfair video ...
Refinement by Filtering Translation Candidates and Similarity Based Approach to Expand Emotion Tagged Corpus
Kazuyuki Matsumoto, Fuji Ren, Minoru Yoshida, Kenji Kita
2017年1月   
We attempted to expand corpus without translating target linguistic resource. The result of the evaluation experiment using the machine learning algorithm showed the effectiveness of the expanded emotion corpus based on the original languages unan...
信息检索技术导论(情報検索技術入門)
邰 暁英, 北 研二
科学出版社   2006年9月   
本书系统地介绍了信息检索的原理与技术.具体内容包括:基于向量空间模型的检索,全文信息检索的各种方法及实现算法,图像检索技术基于Web信息检索等.本书注重概念与实用性的统一,书中配有实例,每章后配有习题,以方便读者理解,复习,巩固所学知识.
レポート作成指導ハンドブック
曾田 紘二, 樫田 美雄, 杉山 茂, 野村 昌弘, 北 研二, 山本 真由美, 前田 朋彦
大学開放実践センター   2005年1月   
入学初年次生のレポート作成指導をするための具体的な事例を示した指導書(p.1-p.30).本書の必要部分をコピーして学生に配布できるように,学生を読者にした記述スタイルを取っている.レポート作成手順を示し,学生が従来戸惑うことの多かった部分に具体的事例を示すとともに,最近問題となっている著作権などに関連する注釈や引用の具体例を明記した.またレポート作成の手助けとなるよう徳島大学付属図書館ホームページ利用法も示した.
Corpus Linguistics: Readings in a Widening Discipline
Kenji Kita, Yasuhiko Kato, Takashi Omoto, Yoneo Yano
Continuum International Publishing   2004年8月   
One kind of information about usage which is valuable for many purposes is information about collocations - pairs or sequences of words that tend to co-occur frequently. This book chapter, we have taken up the problem of how to acquire collocation...

講演・口頭発表等

 
Comment Mover's Distanceを用いた類似動画検索
福田 寛公, 松本 和幸, 吉田 稔, 北 研二
IDRユーザフォーラム 2018   2018年11月28日   
Transfer Learning Based on Utterance Emotion Corpus for Lyric Emotion Estimation
Kazuyuki Matsumoto, Manabu Sasayama, Minoru Yoshida, Kenji Kita, Fuji Ren
Proceedings the 13th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLPKE2018)   2018年11月23日   
In prior research, there are various emotion estimation approaches that are corpus-based, dictionary-based, or rule-based. However, it is necessary to prepare language resources suitable to each domain, which will incur substantial cost. In this p...
ASCII Art Category Classification based on Deep Convolutional Neural Networks
Akira Fujisawa, Kazuyuki Matsumoto, Ohta Kazuki, Minoru Yoshida, Kenji Kita
Proceedings the 13th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLPKE2018)   2018年11月23日   
In text-based communications on social media, emoticons, emojis, and stamps provide important ways to convey emotion and facilitate smoother communication in a short text. As non-verbal expressions, the characters in ASCII Art have no inherent mea...
Twitter User's Hobby Estimation Based on Sequential Statements Using Deep Neural Networks
Bando Koji, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida, Kenji Kita
2018 10th International Conference on Software Technology and Engineering   2018年10月28日   
深層畳み込みニューラルネットワークによるアスキーアートの分類
太田 万稀, 松本 和幸, 藤澤 日明, 吉田 稔, 北 研二
平成30 年度電気関係学会四国支部連合大会 講演論文集   2018年9月22日   
近年のSNS でのテキストコミュニケーションにおいて,顔文字,絵文字,スタンプといった非言語表現は感情伝達において重要であり,ショートテキストで円滑なコミュニケーションを行う際には欠かせないものとなっている.非言語表現のうち,アスキーアート(ASCII Art; 以下AA)は使用されている文字が特に意味を持たないことが多く,その配置や形状により視覚的に感情や意図を伝達,表現できる.しかし,それ故に使用されている文字を手がかりとした分類が難しい.本研究では,AA を画像化し深層学習を用いて分...

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 吉田 稔
科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 北 研二
科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 獅々堀 正幹
科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 任 福継
科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2014年3月    代表者: 北 研二

特許

 
特許第2007-175607号 : 類似音楽検索装置,類似音楽検索方法,類似音楽検索プログラム及びコンピュータで読み取り可能な記録媒体
獅々堀 正幹, 北 研二, 柘植 覚
特許第2006-071844号 : クライアントデータベース構築方法,データ検索方法,データ検索システム,データ検索フィルタリングシステム,クライアントデータベース構築プログラム,データ検索プログラム,データ検索フィルタリングプログラム及びプログラムを格納したコンピュータで読み取り可能な記録媒体並びに記録した機器
獅々堀 正幹, 北 研二
特許第2004-352080号 : 情報検索方法,情報検索装置,情報検索プログラム及びコンピュータで読み取り可能な記録媒体並びに記録した機器
北 研二, 幸山 秀雄
特許第2004-210243号 : データ検索方法及びコンピュータプログラム
持橋 大地, 北 研二, 菊井 玄一郎
特許第US20050086210A1号 : Method for retrieving data, apparatus for retrieving data, program for retrieving data, and medium readable by machine
北 研二, 獅々堀 正幹, 大恵 俊一郎