長谷川 浩

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/13 14:18
 
アバター
研究者氏名
長谷川 浩
 
ハセガワ ヒロシ
URL
http://araim.ch.t.kanazawa-u.ac.jp/
所属
金沢大学
部署
理工研究域 物質化学系
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
   
 
金沢大学 理工研究域物質化学系 教授
 
2000年10月
 - 
2002年7月
金沢大学 工学部物質化学工学科 講師
 
2002年8月
 - 
2004年3月
金沢大学 工学部物質化学工学科 助教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
金沢大学 自然科学研究科 物質工学専攻 助教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
金沢大学 自然科学研究科 物質工学専攻 准教授
 

学歴

 
1993年3月
   
 
京都大学 理学研究科 化学
 
 
 - 
1991年3月
京都大学  合成化学科
 

受賞

 
2008年8月
財)クリタ水・環境科学振興財団 (財)クリタ水・環境科学振興財団平成20年度優秀研究賞受賞 水環境を科学体験する教材の開発
 
2008年8月
クリタ水・環境科学財団 平成20年度クリタ水・環境科学財団研究優秀賞
 
2007年4月
独立行政法人国立青少年教育振興機構 独立行政法人国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金体験活動助成 海の自然科学教室
 
2006年10月
(財)鉄鋼業環境保全技術開発基金 (財)鉄鋼業環境保全技術開発基金 製鋼スラグから溶出する鉄の形態別分析とbioavailabilityに関する研究
 
2006年4月
平成18年度JSTシーズ発掘試験 JST地域イノベーション創出総合支援事業重点地域研究開発推進プログラム アルカリ土壌で生育する植物に対する成長促進剤の開発
 

論文

 
Maki T, Kurosaki Y, Onishi K, Lee K.C, Pointing S.B, Jugder D, Yamanaka N, Hasegawa H, Shinoda M.
Air Quality, Atmosphere and Health   10(3) 249-260   2017年   [査読有り]
T. Maki, A. Ishikawa, T. Mastunaga, S. B. Pointing, Y. Saito, T. Kasai, K. Watanabe, K. Aoki, A. Horiuchi, K. C. Lee, H. Hasegawa, M. Shinoda
Deep-Sea Res. I   11(118) 37-45   2016年12月   [査読有り]
F. Puspitasari, T. Maki, G. Shi, C. Bin, F. Kobayashi, H. Hasegawa, Y. Iwasaka
Air Qual. Atmos. Health   9 631-644   2016年9月
H. Sawai, I.M.M. Rahman, M. Fujita, N. Jii, T. Wakabayashi, Z.A. Begum, T. Maki, S. Mizutani, H. Hasegawa
Chem. Eng. J.   296 199-208   2016年5月   [査読有り]
Bacteriological and Physicochemical Characteristics of Kaptai Lake Water in Terms of Public Health Significance
R. Barua, S. Barua, F. T. Zohora, R. Mutsuddi, M. S. Uddin, H. Hasegawa, I. M. M. Rahman
International Journal of Scientific Research in Environmental Sciences   4 31-39   2016年4月

Misc

 
Suman Barua, Suman Barua, Ismail M.M. Rahman, Maho Miyaguchi, Asami S. Mashio, Teruya Maki, Hiroshi Hasegawa
Sensors and Actuators, B: Chemical   272 91-99   2018年11月
© 2018 Elsevier B.V. A technique for the concurrent on-site quantitative analysis of gold (Au), palladium (Pd), or platinum (Pt) in the aqueous acidic matrix has been proposed. The Au, Pd, or Pt in the matrix was selectively concentrated in macroc...
Suman Barua, Suman Barua, Ismail M.M. Rahman, Mohammad Mosharraf Hossain, Zinnat A. Begum, Zinnat A. Begum, Iftakharul Alam, Hikaru Sawai, Hikaru Sawai, Teruya Maki, Hiroshi Hasegawa
Environmental Science and Pollution Research   25 30880-30893   2018年11月
© 2018, Springer-Verlag GmbH Germany, part of Springer Nature. End-of-life (EOL) ships contribute significantly to the flow of recycled industrial Fe and non-Fe metal materials in resource-poor developing countries. The ship scrapping (breaking) a...
Hiroshi Hasegawa, Zinnat A. Begum, Zinnat A. Begum, Ryuta Murase, Kento Ishii, Hikaru Sawai, Hikaru Sawai, Asami S. Mashio, Teruya Maki, Ismail M.M. Rahman
Waste Management   80 17-25   2018年10月
© 2018 Elsevier Ltd Rare-earths (REs) are key components for the transition to a greener energy profile and low carbon society. The elements turn out to be of limited availability in the market, due to the supply-demand issues, exponential price r...
Hiroshi Hasegawa, Ayumi Nozawa, Rimana Islam Papry, Teruya Maki, Osamu Miki, M. Azizur Rahman
Journal of Applied Phycology   30 2215-2225   2018年8月
© 2018, Springer Science+Business Media B.V., part of Springer Nature. Iron (Fe) is an important nutrient for phytoplankton. The low solubility of Fe in oxic waters can be a growth-limiting factor for phytoplankton. Synthetic aminopolycarboxylates...
Takaya Murakami, Takaya Murakami, Yoshiaki Iwamuro, Reiko Ishimaru, Satoshi Chinaka, Nariaki Takayama, Hiroshi Hasegawa
Forensic Toxicology   36 351-358   2018年7月
© 2018, The Author(s). Purpose: Positional isomer differentiation is crucial for forensic analysis. The aim of this study was to differentiate AB-FUBINACA positional isomers using liquid chromatography (LC)–electrospray ionization (ESI)-linear ion...

書籍等出版物

 
昔の海は酸っぱかった
日本教育新聞社   2006年9月   
化学種別分析法/ヒ素
京都大学出版会   2005年3月   
宝石サンゴ資源の指標としての微量元素の利用
長谷川 浩,岩崎 望
生物研究社   2010年2月   
Chemical analyses of carbonate skeletons in precious corals. in Biohistory of precious corals
H. Hasegawa, M. Yamada
Tokai University Press   2010年4月   
宝石サンゴの炭酸塩骨格の化学分析
長谷川 浩,山田正敏
東海大学出版会   2008年11月   

講演・口頭発表等

 
廃棄物中金属に対する新しい化学的湿式回収法
長谷川浩
平成27年度環境ビジネス産学連携セミナー   2016年1月26日   中部経済産業局
海水中の鉄の生物・化学的特性について
長谷川浩
海の緑化研究会シンポジウム   2015年3月4日   海の緑化研究会
土壌・廃棄物からの有価金属等回収
長谷川浩
平成26年度環境ビジネス産学連携セミナー   2015年1月29日   中部経済産業局
廃棄物中レアメタルの新しい化学的湿式回収法
長谷川浩
第一回サステナブルテクノロジーセミナー   2014年12月18日   北陸産業活性化センター
自然水中におけるヒ素のスペシエーションと植物プランクトンとの相互作用
長谷川浩
日本分析化学会第63年会   2014年9月17日   日本分析化学会

競争的資金等の研究課題

 
世界の船舶墓場-バングラデシュ・チッタゴン沿岸における水質汚染調査と総合的把握
研究期間: 2015年 - 2018年
宝石サンゴの色彩を担う鍵物質の化学構造と起源の解明
研究期間: 2015年 - 2016年
生分解性キレート剤を活用した有害金属汚染土壌に対する高度洗浄技術の開発
研究期間: 2012年 - 2014年
生分解性キレート剤を活用した有害金属汚染土壌に対する高度洗浄技術の開発
研究期間: 2012年 - 2014年
溶融飛灰及び焼却飛灰の資源化と有用金属回収を可能とする化学的ゼロエミッション技術の開発
研究期間: 2009年 - 2011年

特許

 
特願2014-194423 : 汚染土壌の処理方法
特願2014-096794 : 鋳物廃砂中の有害金属の除去方法
特願2011-75842 : 鋳物廃砂の無害化及び再利用方法
特願2009-049287 : 有害金属汚染物の浄化方法
特願2004-145013 : 植物プランクトンの増殖を抑制する方法