行場 次朗

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:03
 
アバター
研究者氏名
行場 次朗
 
ギョウバ ジロウ
eメール
gyobasal.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/3d0af9c5eeeab5684ae63a83d95063d0.html
所属
東北大学
部署
大学院文学研究科・文学部 人間科学専攻 心理学講座 心理学分野
職名
教授
学位
博士(文学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2002年4月
 - 
現在
東北大学文学部 教授 教授
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東北大学文学部 助教授
 
1993年4月
 - 
1998年3月
九州大学文学部 助教授
 
1983年4月
 - 
1993年3月
信州大学人文学部 助教授
 
1982年4月
 - 
1983年3月
信州大学人文学部 助手
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
日本認知心理学会  理事長
 
2011年3月
 - 
現在
The 31st International Congress of Psychology  広報委員長
 
2006年4月
 - 
現在
大学基準協会  評価委員
 
2005年4月
 - 
現在
International Conference on Computer Vision Theory and Applications  プログラム委員
 
2005年4月
 - 
現在
日本基礎心理学会  常任理事
 

受賞

 
2012年6月
日本認知心理学会 日本認知心理学会第10回大会優秀発表賞 総合性評価部門
受賞者: 高橋純一・行場次朗・山脇望美
 
2011年8月
今井賞選考委員会 第6回今井賞
 
2011年4月
日本バーチャルリアリティ学会 日本バーチャルリアリティ学会2011年度論文賞 論文賞
受賞者: 寺本渉・吉田和博・浅井暢子・日高聡太・行場次朗・鈴木陽一
 
2007年10月
日本認知心理学会 第5回日本認知心理学会優秀発表賞 発表力評価部門
受賞者: 日高聡太・行場次朗
 
2007年3月
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ 電子情報通信学会平成19年度ヒューマンコミュニケーション賞
受賞者: 河地庸介・行場次朗
 

論文

 
NIRS analysis of brain activity during semantic differential rating of drawing stimuli containing different affective polarities
Suzuki, M., Gyoba, J. and Sakuta, Y.
Neuroscience Letters   375 53-58   2005年4月   [査読有り]
視覚的静止ファントムの最適帯輝度(英文,共著)
GYOBA Jiro, et al.
0   25(11) 1735-1740   1985年   [査読有り]
図と地の知覚(和文,単著)
行場 次朗
電子情報通信学会誌   74(4) 315-320   1991年   [査読有り]
視覚的クオリアとアウェアネスの関連性と絵画作品
行場次朗
基礎心理学研究   22 102-107   2003年4月   [査読有り]
静止ファントム:運動やフリッカーをともなわない補完効果(英文,単著)
GYOBA Jiro
0   23(2) 205-211   1983年   [査読有り]

書籍等出版物

 
心理学辞典
行場次朗
誠信書房   2014年9月   
新・知性と感性の心理
行場次朗・箱田裕司(編) (担当:編者)
福村出版   2014年3月   
認知心理学ハンドブック
行場次朗
有斐閣   2013年12月   
APA心理学大辞典
行場次朗
培風館   2013年9月   
心理学の視点24
阿部恒之・大渕憲一・行場次朗・坂井信之・辻本昌弘・仁平義明 (担当:共著)
国際文献印刷社   2012年9月   

講演・口頭発表等

 
意識論の最前線:心理・神経科学的知見とモデル
第53回日本理論心理学会シンポジウム   2007年11月   
企画・司会
Investigating sensory-relevance of affective dimensions and the corresponding brain activities.
The 6th International Symposium on Advanced Technology   2007年11月   
Psychophysical analyses of the size effects of spatial attention on figure-ground assignment
Hidaka, S., Satoh, S., and Gyoba, J.
International Society for Psychophysics (Fechner Day 2007)   2007年10月22日   
Effects of tack-irrelevant sounds on the tactile perception of roughness
Suzuki, Y., & Gyoba, J.
International Society for Psychophysics (Fechner Day 2007)   2007年10月20日   
Recent attempts and versatile applications of multi-dimensional psychophysics
Oyama, T.
International Society for Psychophysics (Fechner Day 2007)   2007年10月   
企画・講演

社会貢献活動

 
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会
【その他】  2001年4月 - 現在
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会
Space and motion in science and art
【その他】  2006年11月10日
特別講演会 Prof. N. Wade
トリックアートの不思議な世界
【その他】  岩手朝日テレビ  2002年4月
錯視の小部屋
【その他】  2001年1月

その他

 
2001年4月   感性コミュニケーションの心理計量的研究
感性コミュニケーションの心理計量的研究
2001年4月   顔の魅力を規定する要因の実験計量心理学的検討
顔の魅力を規定する要因の実験計量心理学的検討