有吉 範高

J-GLOBALへ         更新日: 02/11/27 00:00
 
アバター
研究者氏名
有吉 範高
 
アリヨシ ノリタカ
所属
千葉大学
部署
医学部附属病院 薬剤部
職名
助教授・副薬剤部長
学位
博士(薬学)

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
1997年
九州大学薬学部 助手
 
1995年
 - 
1996年
米国ウィスコンシン大学マディソン校
 
 
   
 
ポストドクトラルフェロー
 
1997年
 - 
2001年
北海道大学大学院薬学研究科 助教授
 
2001年
   
 
- 千葉大学医学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
九州大学 薬学研究科 薬学
 
 
 - 
1988年
長崎大学 薬学部 薬学
 

委員歴

 
 
   
 
日本薬物動態学会  Editorial Bord
 
 
   
 
日本医療薬学会  評議員
 

受賞

 
2002年
医療薬学フォーラム2002/第10回クリニカルファーマシー シンポジウム優秀ポスター賞
 

Misc

 
Co-planar PCBによる肝ビリルビンUDP-グルクロン酸転移酵素の誘導:モルモットとラット間の顕著な相違(共著)
福岡医学雑誌   84(5) 175   1993年
2,4,6,2',4',6'-HexachlorobiphenylのイヌにおけるIn Vivo代謝とそれに関与するCytochrome P-450分子種の予備的検討
福岡医学雑誌   84(5) 181   1993年
CoplanarPCBによる脂質代謝への影響:ラットとモルモット間の顕著な相違
福岡医学雑誌   86(5) 135   1995年
コプラナーPCBによるモルモット肝ペルオキシソーム酵素活性の変化
福岡医学雑誌   86(5) 144   1995年
2CサブファミリーP450を介したPCBの毒性作用発現に関する研究
福岡医学雑誌   86(5) 153   1995年

書籍等出版物

 
環境要因感受性を支配する遺伝的要因 異物代謝の個人差と環境要因感受性
環境と健康II   1998年   
呼吸器疾患における分子生物学の基礎とその臨床応用34,P450と多型
呼吸器疾患の分子生物学   1998年   
肝胆系における薬物代謝と肝障害-薬物代謝関連酵素の遺伝的多型
消化器疾患-State of arts(Ver.2)   1999年   
7.薬物相互作用/9.2遺伝的多型の遺伝子診断/11.6内分泌撹乱物質と薬物代謝
薬物代謝学 第2版   2000年   
薬物動態・作用と遺伝子多型 薬物治療の患者個別化を目指した21世紀の新展開 CYP遺伝子多型と発現調節
医薬ジャーナル社   2001年   

競争的資金等の研究課題

 
薬効制御蛋白質の遺伝的多型,医薬品適正使用
遺伝子多型解析の臨床現場への応用