小路 武彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/10 16:23
 
アバター
研究者氏名
小路 武彦
 
コウジ タケヒコ
URL
http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/anatomy3/
所属
長崎大学
部署
大学院医歯薬学総合研究科 医療科学専攻
職名
教授
学位
理学博士

研究分野

 
 

経歴

 
1984年1月
 - 
1989年3月
東海大学医学部細胞生物学教室 助手
 
1989年3月
 - 
1989年7月
東海大学医学部細胞生物学教室 講師
 
1989年8月
 - 
1993年3月
長崎大学医学部 講師
 
1991年3月
 - 
1993年1月
Oregon Regional Primate Research Center 客員研究員
 
1993年4月
 - 
1998年8月
長崎大学医学部 助教授
 

学歴

 
1974年4月
 - 
1978年3月
東京大学 理学部 動物学科卒
 
1978年4月
 - 
1983年3月
東京大学大学院 理学系研究科 動物学専攻 博士課程修了
 

委員歴

 
1988年10月
 - 
現在
分子病理学研究会  世話人
 
1996年1月
 - 
2011年12月
日本細胞生物学会  評議員
 
1996年4月
 - 
現在
日本臨床分子形態学会(元日本臨床電子顕微鏡学会)  代議員
 
1997年1月
 - 
現在
日本組織細胞化学会  評議員
 
1998年9月
 - 
現在
日本解剖学会  代議員
 

受賞

 
2002年7月
日本組織細胞化学会 論文賞
 
2002年11月
台北医学大学 台北医学大学校長賞
 
2005年10月
日本組織細化学会 論文賞
 
2015年5月
日本顕微鏡学会 学会賞(瀬藤賞)
 
2016年9月
日本臨床分子形態学会 安澄記念賞
 

論文

 
In vivo and in vitro effects of proteases upon adenylate cyclase activity of liver cells and plasma membranes.
Koji T, Terayama H.
Biochim Biophys Acta   633(1) 10-21   1980年   [査読有り]
Arginase as an inhibitory principle in liver plasma membranes arresting the growth of various mammalian cells in vitro.
Terayama H, Koji T, Kontani M, Okumoto T.
Biochim Biophys Acta   720(2) 188-192   1982年   [査読有り]
Terayama H, Morioka M, Koji T.
Int J Biochem   17(9) 949-955   1985年   [査読有り]
Adenylate cyclase activity in plasma membranes of sea urchinembryos.
Koji T, Shimada H, Taniguchi Y, Takata K, Hirano H.
Zool Sci   2 141-145   1985年   [査読有り]
Habu S, Koji T, Akatsuka A.
Acta Histochem Cytochem   20(2) 251-260   1987年   [査読有り]
Non-radioactive cDNA probes for in situ localization of mRNA.
Nakane PK, Moriuchi T, Koji T, Tanno M, Abe K.
Acta Paediatr Jpn   29(4) 500-504   1987年   [査読有り]
Molecular cloning of cDNA coding for rat proliferating nuclear antigen (PCNA)/cyclin.
Matsumoto K, Moriuchi T, Koji T, Nakane PK.
EMBO J   6(3) 637-642   1987年   [査読有り]
Nakane PK, Moriuchi T, Koji T, Tanno M, Abe K.
Acta Histochem Cytochem   20(2) 229-243   1987年   [査読有り]
Izumi S, Moriuchi T, Koji T, Tanno M, Terashima K, Iguchi K, Mochizuki T, Yanaihara C, Yanaihara N, Abe K, Nakane PK.
Acta Histochem Cytochem   21(4) 327-342   1988年   [査読有り]

Misc

 
Suberoylanilide hydroxamic acid (SAHA) suppresses the progression of renal fibrosis in aristolochic acid induced renal fibrosis model in mice.
44rd Annual Meeting of ASN      2011年
Therapeutic tissue engineering with peptide hydrogel for the promotion of mucosal regeneration in the middle ear of SD rat.
10th International Symposium Recent Advances in Otitis Media      2011年
Effect of in vivo over-expression of KGF by electroporatively transfected KGF cDNA on the histology of middle ear cholesteatoma.
10th International Symposium Recent Advances in Otitis Media      2011年
Epigallocatechin gallate suppresses the progression of peritoneal fibrosis in methylglyoxal induced mouse model; quantitative enzyme-immunohistochemical study.
Myanmar Helth Research Congress 2010      2011年
Apoptosis related distribution of mitochondrial components assessed by fluorescence-immunohistochemistry with laser scanning microscopy in mouse spermatogenic cells.
Myanmar Helth Research Congress 2010      2011年
Molecular histochemical analysis of DNA methylation status of specific DNA sequences by histo endonuclease-linked detection of methylation sites of DNA (HELMET).
The 6th Asian Science Seminar      2010年
Epigallocatechin gallate suppresses the progression of peritoneal fibrosis in methylglyoxal induced peritoneal fibrosis model in mice.
43rd Annual Meeting of ASN      2010年
Effect of in vivo over-expression of KGF by electroporatively transfected KGF cDNA on the histology of external auditory canal in a SD rat.
33th Midwinter Research Meeting      2010年
Usefuliness of the transplantation of isolated middle ear mucosal epithelial cells mixed with hydrogel for the promotion of mucosal regeneration in the middle ear of wistar rat.
33th Midwinter Research Meeting      2010年
Association between carcinogenic effect of aflatoxin B11 (AFB1) and other histochemical markers on hepatocellular carcinoma.
Myanmar Health Research Congress 2010      2010年
Nucleolar localization of rDNA transcripts detected by electron microscopical in situ hybridization.
The 9th China-Japan Joint Seminar on Histochemistry and Cytochemistry      2009年
Mitochondrial redistribution and its possible relation to germ cell apoptosis through estrogen receptor beta in mouse testis.
The 9th China-Japan Joint Seminar on Histochemistry and Cytochemistry      2009年
Azelnidipine (AZN) and olmesaltan (OLM) have renoprotective effect by modulating apoptosis inhibitor of macrophage (AIM) expression in hypertensive renal injury model of rats.
World Congress of Nephrology      2009年
Updated non-radioactive in situ hybridization in cell biology and physiology.
XIII International Congress of Histochemistry and Cytochemistry      2008年
Acta Histochemica et Cytochemica, an official Journal of Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry: Introduction and recent achievement to modernize it as on-line Journal.
XIII International Congress of Histochemistry and Cytochemistry      2008年
Distribution of mitochondria in pEYFP-Mito in vivo electroporated mouse testis; its possible relation to the induction of germ cell apoptosis.
XIII International Congress of Histochemistry and Cytochemistry      2008年
Induction of cell death in rat small intestine by ischemia-reperfusion: Differential roles of Fas/Fas ligand and Bcl-2/Baxsystems depending upon cell types.
The 7th China-Japan Joint Seminar on Histochemistry and Cytochemistry      2004年
Molecular histochemical localization of estrogen receptor a and b in the mouse reproductive organs: In situ hybridization and southwestern histochemistry.
The 7th China-Japan Joint Seminar on Histochemistry and Cytochemistry      2004年
Localization of the nascent rRNA and its mature and spacer rRNAs in the nucleoli of mouse testicular cells by electron microscopic in situ hybridization.
The 7th China-Japan Joint Seminar on Histochemistry and Cytochemistry      2004年
Roles of oxidative stress in the inflammatory dysfunction of mouse placenta.
The 7th China-Japan Joint Seminar on Histochemistry and Cytochemistry      2004年
Keratinocyte growth factor as a multi-functional mediator of sex steroid hormones.
16th International Congress of the IFAA      2004年
Nucleolar localization of ribosomal RNAs and their introns by light and electron microscopic in situ hybridization.
16th International Congress of the IFAA      2004年
Southwestern histochemical localization of transcription factors, Pit-1 and PREB, in the anterior pituitary cell nuclei.
The 8th Asia-Pacific Conference on Electron Microscopy (8APEM)      2004年
Recent advances in light and electron microscopical in situ hybridization.
The 8th Asia-Pacific Conference on Electron Microscopy (8APEM)      2004年
Recent advances in molecular histochemical techniques.
2002 TMU International Symposium on Life Science      2002年
Multi-Potential usage of ribosomal RNAs in light and electron microscopical in situ hybridization.
The 4th Asian-Pacific Organization for Cell Biology Congress      2002年
Involvement of KGF and its receptor in malignant potential of human prostate and breast cancers.
The Sixth Joint Meeting of the Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry and The Histochemical Society      2002年
Histochemical analysis of male germ cell apoptosis in mice.
The Sixth Joint Meeting of the Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry and The Histochemical Society      2002年
The in vivo activation of 5'-nucleotidase of rat-liver plasma-membranes by papain and the suppression of the enzyme activation by colchicine.
Koji T, Terayama H.
J Fac Sci Univ Tokyo, Sec Ⅳ   15(1) 55-62   1981年
Effects of proteases upon adenylate cyclase activity of rat ascites hepatoma cells and plasma membranes.
Koji T, Terayama H.
J Fac Sci Univ Tokyo, Sec Ⅳ   15(3) 303-313   1983年
内分泌細胞の免疫組織化学的in situ hybridization。
中根一穂, 守内哲也, 小路武彦
東洋薬事報   26(12) 7-12   1985年
第2回US Japan Histochemistry and Cytochemistry Congressに参加して。
小路武彦
実験医学   4(8) 764-765   1986年
Enzyme-immuno-histo in situ hybridization。(腫瘍における生理活性物質の産生とその機序)
中根一穂, 守内哲也, 小路武彦
癌と化学療法   13(3) 740-746   1986年
Molecular cloning and nucleotide sequence analysis of rat PCNA/cyclin cDNA.
Moriuchi T, Matsumoto K, Koji T, Nakane PK.
Nucleic Acids Symp Ser   17 117-120   1986年   [査読有り]
Enzyme-immuno-histo in situ hybridization。(組織化学的技法の進歩)
中根一穂, 守内哲也, 小路武彦
日本臨床   44(3) 638-644   1986年
小路武彦, 中根一穂
生体の化学   37(4) 435-437   1986年
EIHISH (Enzyme-immuno-Histo in situ hybridization)。
中根一穂, 守内哲也, 小路武彦
ホルモンと臨床   34(6) 477-482   1986年
ハプテン標識DNA probeを用いたHisto In Situ Hybridization法。
小路武彦, 中根一穂
細胞   18(6) 224-228   1986年
Hapten標識cDNAを用いてのin situ hybridization法によるmRNAの検出; 組織標本作製条件を中心として。
小路武彦, 守内哲也, 中根一穂
細胞   18(8) 305-309   1986年
In situ hybridization 新しい技術を用いた組織化学検出法。
小路武彦, 守内哲也, 中根一穂
医学のあゆみ   139(8) 592-593   1986年
下垂体研究会第2 回学術集会に参加して。
小路武彦
実験医学   5(10) 985-986   1987年
組織免疫法へのハプテン標識DNAプローブの応用。
中根一穂, 守内哲也, 小路武彦
蛋白質・核酸・酵素   別冊31 286-292   1987年
In situ hybridization法によるProopiomelano-cortin nRNAの局在証明。
小路武彦, 守内哲也, 中根一穂
実験医学   5(2) 171-173   1987年
胸腺腫並びに胸腺におけるc-myc mRNAのenzyme-immuno-histo-in situ-hybridization (EIHISH)。
有森茂, 吉田美代子, 守内順子, 中根一穂, 守内哲也, 小路武彦
医学と生物学   115(2) 55-56   1987年
小路武彦, 中根一穂
生体の科学   31(5) 456-458   1987年
生検に適切なin situ hybridization。
小路武彦, 中根一穂
臨床検査   31(11) 1325-1326   1987年
Use of non-radioactive DNA probes for the characterization of adult T-cell leukemia cells.
Moriuchi T, Koji T, Nakane PK, Yoshida M, Moriuchi J, Arimori S.
Nucleic Acids Symp Ser   19 77-80   1988年   [査読有り]
免疫組織化学的in situ hybridizationの技法と応用。
小路武彦, 中根一穂
病理と臨床   6(臨時増刊) 88-94   1988年
ハプテン化DNAプローブを用いたin situ hybridization。
小路武彦, 中根一穂
代謝(免疫’88)   25(臨時増刊) 161-164   1988年
免疫組織化学的in situハイブリダイゼーション法。
小路武彦, 中根一穂
実験医学   6(10) 972-978   1988年
生殖細胞の増殖・分化に特異的なプロトオンコジンの発現。
小路武彦
実験医学   6(12) 1189-1191   1988年
若い研究者の集い。第1回分子病理学研究会を開催して。
小路武彦
実験医学   7(1) 111-112   1989年
アイソトープを用いないin situ hybridization法。
小路武彦, 中根一穂
Immunohaematology   11(3) 291-296   1989年
非放射性in situ hybridization (ISH)法。
中根一穂, 小路武彦, 和泉伸一
Human Cell   2(4) 356-362   1989年
In situ hybridization (non-radioactive)法による特異的mRNAの局在証明。
小路武彦, 山田修平, 中根一穂
肝胆膵   19(5) 957-963   1989年
電顕レベルでのin situ ハイブリダイゼーション。[原子・分子・巨分子を見る]
中根一穂, 小路武彦, 和泉伸一
日本電子顕微鏡学会第35回シンポジウム   30-32   1990年
非放射性in situ hybridization (ISH)法。
中根一穂, 小路武彦
衛生検査   39(1) 105-108   1990年
非放射性DNAプローブを用いたin situ hybridization。
小路武彦, 中根一穂
臨床免疫   22(supple 15) 256-265   1990年
細胞単位でのmRNAの定量。
中根一穂, 小路武彦, 進正志
Oncologia   23(6) 41-45   1990年
合成オリゴDNAプローブを用いた免疫組織化学的in situ hybridization法。
小路武彦, 中根一穂
泌尿器外科   3(10) 1233-1239   1990年
Non radioactive in situ hybridization: II. Hybridization. In Handbook of Techniques for Reproductive Studies (Ed. by Dziuk and Wheeler).
Nitta H, Koji T, Bunick D, Bahr JM.
Department of Animal Sciences, University of Illinois, Urbana, Illinois, USA.      1992年
Non radioactive in situ hybridization: I. Probe preparation. In Handbook of Techniques for Reproductive Studies (Ed. by Dziuk and Wheeler).
Nitta H, Koji T, Bunick D, Bahr JM.
Department of Animal Sciences , University of Illinois, Urbana, Illinois, USA.      1992年
パプテン標識合成オリゴヌクレオチドを用いた非放射性in situ hybridization法。
小路武彦, 中根一穂
けんさ   23(3) 42-54   1993年
チミン二量体標識DNAプローブを用いてのin situ hybridization法。
小路武彦, 中根一穂
細胞   25(12) 475-480   1993年
Production of antisense DNA probe by asymmetric PCR and its application to in situ hybridization.
Kanemitsu Y, Koji T, Hori H, Nakane PK.
Nucleic Acids Res Symp Ser   31 57-59   1994年   [査読有り]
非放射性in situ hybridizationによるmeningiomaにおけるendothelin-1 mRNA発現の検討。
山鹿誠一, 小路武彦, 北川直毅, 吉井章, 安倍邦子, 堤圭介, 中根一穂, 柴田尚武
神経免疫研究   7 112-115   1994年
C型肝炎ウィルスのイン・シチュー・ハイブリダイゼーションによる組織内検出。
中根一穂、小路武彦
Medical Practice   11(7) 1272-1273   1994年
小路武彦, 中根一穂
日本網内系学会誌   35(5) 215-221   1995年
In situ hybridization。
小路武彦, 中根一穂
臨床検査   39 65-69   1995年
In situ hybridization法。
小路武彦, 中根一穂
Diabetes Frontier   6(5) 583-588   1995年
潰瘍性大腸炎における陰窩上皮のアポトーシス。-Fas/Fas-Lの発現-
岩本美智子, 牧山和也, 小路武彦, 河野茂, 中根一穂
日本臨床   54(7) 1970-1974   1996年
Recent advances in molecular histochemistry : In situ hybridization and southwestern histochemistry (Review).
Koji T, Nakane PK.
J Electron Microsc   45(2) 119-127   1996年   [査読有り][依頼有り]
合成オリゴDNAプローブを用いた免疫組織化学的in situ hybridization。
小路武彦, 中根一穂
組織培養   22(1) 23-28   1996年
マウス精子形成過程における分化段階特異的遺伝子発現の視覚化。
小路武彦, 中根一穂
Mebio   13(8) 113-115   1996年
潰瘍性大腸炎における陰窩上皮細胞のアポトーシス。
岩本美智子, 牧山和也, 小路武彦, 中根一穂
Research Forum on Digestive Disease   3(1) 73-77   1996年
特集アポトーシスの細胞生物学によせて。
小路武彦
細胞   28(1) 2-3   1996年
小路武彦
電子顕微鏡   31(2/3) 145-148   1996年
大腸癌組織におけるアポトーシスの検出とFasの発現。
橋本聡, 小路武彦, 中根一穂, 兼松隆之
日本臨床   54(7) 1912-1915   1996年
ラット下垂体における下垂体ホルモンmRNAの局在。
和泉伸一, 小路武彦, 中根一穂
Mebio   13(9) 133-135   1996年
サル子宮内膜ならびに卵管におけるエストロゲン受容体mRNAの視覚化。
小路武彦, Brenner RM.
Mebio   13(10) 135-138   1996年
潰瘍性大腸炎におけるアポトーシス。
岩本美智子, 牧山和也, 小路武彦, 河野茂, 中根一穂
組織培養   22(11) 456-459   1996年
In situ hybridization法によるmRNAの検出と分析。
小路武彦
臨床免疫   29(Supple.17) 367-377   1997年
非放射性in situ hybridization法のコツ。
小路武彦, 中根一穂
Jpn J Clin Electron Microsc   30(1) 1-13   1997年
精巣機能とアポトーシス。
小路武彦
ホルモンと臨床   45 255-262   1997年
サウスウエスタン組織化学。
小路武彦
肝胆膵   35(6) 763-770   1997年
Bc1-2とBaxの免疫組織化学的検出:アポトーシス誘導機構への組織細胞レベルからのアプローチ。
馬場信行, 水野明夫, 小路武彦
Molecular Medicine   35(4) 537-540   1998年
Fas, Fasリガンドの検出法 : 蛋白レベルを中心として。
安倍邦子, 小路武彦
Molecular Medicine   35(2) 266-270   1998年
Fas, Fasリガンドの検出法 : 組織RNAレベルを中心として。
安倍邦子, 小路武彦
Molecular Medicine   35(3) 386-389   1998年
精巣とアポトーシス。
小路武彦
Hormone Frontier in Gynecology   5(増刊) 27-37   1998年
In situ hybridizationとは: 形態学と分子生物学の接点。
小路武彦
臨床検査   42(9) 959-967   1998年
分子解剖学的手法の最前線。
小路武彦
医学・生物学電子顕微鏡技術研究会誌   13(1) 11-11   1998年
精子形成細胞とアポトーシス。
小路武彦
Hormone Frontier in Gynecology   5(2) 159-165   1998年
受容体研究におけるin situハイブリダイゼーションの応用。
進正志, 小路武彦
日本臨床   56(7) 1667-1673   1998年
鶴崎俊文, 小路武彦
臨床検査   42(9) 989-995   1998年
ベンチ雑感。
小路武彦
細胞生物   10(4) 1   1999年
分子組織細胞化学の最新の進歩。
小路武彦
解剖学雑誌   74 399-409   1999年
免疫組織染色法[2]Fas,FasLにおける免疫染色。
中嶋啓雄, 水田成彦, 岡隆宏, 小路武彦, 吉村了勇
Organ Biology   6(4) 53-59   1999年
肝虚血再灌流障害の発生機序におけるFas/FasLの役割。
中嶋啓雄, 水田成彦, 岡隆宏, 小路武彦, 吉村了勇
臨床免疫   32(4) 471-477   1999年
精子形成とアポトーシス
小路武彦
産婦人科の世界   51(1) 49-58   1999年

書籍等出版物

 
プロテアーゼ。[細胞成長因子](日本組織培養学会編)
小路武彦, 寺山宏 (担当:共著, 範囲:pp.145-151)
朝倉書店   1984年6月   ISBN:4254170491
Use of DNP-labeled cDNA for in situ hybridization. In Cellular, Molecular, and Genetic Approach to Immunodiagnosis and Immunotherapy with Labeled Antibodies (Eds. Kano K, Mori S, Sugisaki T, Toris M.).
Shroyer KR, Moriuchi T, Koji T, Nakane PK. (担当:共著, 範囲:pp.141-145)
Univeristy of Tokyo Press   1987年   ISBN:9783318044065
Proliferation cell nuclear antigen (PCNA/cyclin). In Recent Advances in Immunopathology (Eds. by Hamashima Y.).
Nakane PK, Moriuchi T, Koji T, Sekino M, Izumi S, Matsumoto K, Daidoji H, Takasaki Y. (担当:共著, 範囲:pp.179-196)
Yamashiro Printing Co. Ltd.   1987年   
[細胞生物学(上)](ジェラルド カープ 著/寺山宏、嶋田拓監訳)
小路武彦 (担当:共訳)
東京大学出版会   1987年4月   ISBN:4130601113
[細胞生物学(下)](ジェラルド カープ 著/寺山宏、嶋田拓監訳)
小路武彦 (担当:共訳)
東京大学出版会   1987年6月   ISBN:4130601121
In situ localization of mRNA for peptide hormones. In Prolactin Gene Family and Its Receptors (Ed. by Hoshino K.).
Nakane PK, Koji T, Terasaki T, Izumi SI. (担当:共著, 範囲:pp.299-305)
Elsevier Science Publishers B. V.   1988年   
Messenger RNAs of T cell receptor, HTLV-I and c-myc in adult T cell leukemia cells. In Neuroimmunological diseases. Recent advances in pathogenesis and treatment (Ed. by Igata A.).
Arimori S, Moriuchi J, Koji T, Moriuchi T, Nakane PK. (担当:共著, 範囲:pp.33-35)
University of Tokyo Press   1988年   
In situ ハイブリダイゼーションによる細胞内mRNAの検出。[新生化学実験講座 vol.12 分子免疫学]
小路武彦, 守内哲也 (担当:共著, 範囲:第27章 pp.244-249)
東京化学同人   1989年   
T-T dimer化DNA probeを用いてのhisto-in situhybridization (HISH)法。[組織細胞化学1989](日本組織細胞化学会編)
小路武彦, 中根一穂 (担当:共著, 範囲:pp.163-173)
学際企画   1989年8月   
非放射性In situハイブリダイゼーション法。[In situハイブリダイゼーション手法](中根一穂編)
小路武彦 (担当:共著, 範囲:pp.84-121)
学際企画   1989年10月   
In situ hybridization using T-T dimerized nonradioavctive probes. In Proceedings of the 8th Nikko Brain Tumor Conference (Tabuchi ed).
Nakane PK, Matsumura H, Koji T. (担当:共著, 範囲:pp.52-62)
Springer-Verlag, Tokyo   1990年   
チミン二量体化DNAプローブを用いたin situ hybridization (ISH)法とその応用。[組織細胞化学1990](日本組織細胞化学会編)
小路武彦, 中根一穂 (担当:共著, 範囲:pp.108-120)
学際企画   1990年8月   
In situ hybridization using T-T dimerized non-radioactive probes. In Cancer Chemotherapy: Challenge for the future 1991.
Nakane PK, Koji T, Shin M. (担当:共著, 範囲:Vol.6 pp.46-53)
Excepta Medica, Ltd. Tokyo   1991年   
In situハイブリダイゼーション。[新生化学実験講座 Vol.9, ホルモンⅠ. ペプチド・タンパク性ホルモン]
小路武彦, 中根一穂 (担当:共著, 範囲:Sec 6.4 pp.233-240)
東京化学同人   1991年   
In situ ハイブリダイゼーション 2。チミンダイマーによる方法。[細胞工学ハンドブック(実験医学別冊)](黒木登志夫、谷口克、押村光雄編)
野沢正之, 小路武彦, 中根一穂 (担当:共著, 範囲:pp.222-228)
羊土社   1992年1月   ISBN:4946398775
非放射性オリゴヌクレオチドプローブを用いたin situ hybridizationとオリゴヌクレオチド組織化学。[組織細胞化学1992](日本組織細胞化学会編)
小路武彦, 中根一穂 (担当:共著, 範囲:pp.121-134)
学際企画   1992年8月   
非放射性In situ ハイブリダイゼーション法。[改訂版In situハイブリダイゼーション手法](中根一穂編)
小路武彦 (担当:共著, 範囲:pp.80-130)
学際企画   1992年8月   
細胞生物学辞典
菅原勇, 小路武彦, 刀祢重信, 野崎正美, 田中重明 (担当:共編者)
中外医学社   1992年11月   ISBN:498-00932-0
ステロイドホルモン受容体の免疫組織化学的検出におけるマイクロウエーブ処理の有用性。[マイクロウエーブ照射による生物試料の固定染色法の基本とその応用](水平敏知編)
小路武彦, 中根一穂, R. M. Brenner (担当:共著, 範囲:pp.210-212)
学際企画   1993年8月   
非放射性DNAプローブを用いて。[組織細胞化学1993](日本組織細胞化学会編)
小路武彦, 中根一穂 (担当:共著, 範囲:pp.64-75)
学際企画   1993年8月   

講演・口頭発表等

 
Influence of iron-overload on Sox9-positive liver progenitor cells after partial hepatectomy in rat.
Myat Thu Soe, Shibata Y, Koji T.
第59回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2018年   
マウス雄性生殖細胞における核内pgk-1, pgk-2遺伝子座の位置変化と遺伝子発現の相関解析。
柴田恭明・小路武彦
第59回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2018年   
Involvement of histone H3 acetylation in DES-induced transdifferentiation of LH to PRL cells in male mouse pituitary.
Nandar Tun, Shibata Y, Myat Thu Soe, Koji T.
第59回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2018年   
ミャンマー国の幹細胞がん症例におけるBcl9の発現。
柴田恭明・Myat Thu Soe・Myo Win Htun・小路武彦
第50回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2018年   
減数分裂に於ける染色体動態の超解像顕微鏡による解析:DNAメチル化の影響。
遠藤大輔・柴田恭明・小路武彦
日本顕微鏡学会第74回学術講演会   2018年   
Simultaneous detection of multiple mRNAs using FRET based molecular beacon probes by in situ hybridization.
Choijookhuu N, Ishizuka T, Xu Y, Koji T, Hishikawa Y.
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会   2018年   
Population kinetics of Sox9 positive liver progenitor cells in normal and iron-overloaded rat liver: Effects of partial hepatectomy.
Myat Thu Soe, Shibata Y, Nandar Tun, Endo D, Koji T.
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会   2018年   
Possible involvement of hypoacetylation of histone H3K9 in estrogen-dependent transdifferentiation of LH cells to PRL cells in male mouse pituitary.
Nandar Tun, Myat Thu Soe, Endo D, Shibata Y, Koji T.
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会   2018年   
プロサイモシン由来ペプチドによるシスプラチン誘発急性腎障害の抑制効果。
鳥越健太・小畑陽子・鳥越未来・岡哲・小路武彦・植田弘師・西野友哉
第60回日本腎臓学会学術総会   2017年   
Simultaneous detection of multiple mRNAs using FRET based molecular beacon probes by in situ hybridization.
Choijookhuu N, Ishizuka T, Xu Y, Koji T, Hishikawa Y.
日本顕微鏡学会第60回記念シンポジウム   2017年   
産学連携事業に於けるバイオサイエンス分野の課題:長崎発医工ハイブリッド人材育成事業から学ぶこと。
小路武彦
日本顕微鏡学会第60回記念シンポジウム   2017年   
分子組織細胞化学の最新の進歩と形態学の未来。
小路武彦
神奈川歯科大学学会第52回総会   2017年   
組織細胞化学的シグナルの適正評価-免疫組織化学からエピゲノム組織化学まで-。
小路武彦
Kanagawa CytoPathology Seminar   2017年   
マウス精母細胞に於けるDnmt1発現抑制が共局在因子の核内発現に及ぼす影響の解析。
遠藤大輔・柴田恭明・小路武彦
第58回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2017年   
マウス精子形成細胞核におけるPGK遺伝子座の分布変化とmRNA発現解析 -In situ PCR並びにIn situハイブリダイゼーションを用いて-。
柴田恭明・遠藤大輔・小路武彦
第58回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2017年   
精子形成過程に於けるエピゲノム動態とその意義。
小路武彦
第58回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2017年   
歯冠形成におけるAngiopoietin-1およびTie2の役割。
柴田恭明・中島和慶・遠藤大輔・池田通・小路武彦
第49回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2017年   
Fluorescence resonance energy transfer based molecular beacon probe for in situ hybridization.
Choijookhuu N, Ishizuka T, Xu Y, Koji T, Hishikawa Y.
第36回分子病理学研究会   2017年   
エピジェネティック因子:細胞動態の新たな組織細胞化学的パラメーター。
小路武彦
第36回分子病理学研究会   2017年   
Changes in DNA methylation level during liver regeneration after partial hepatectomy in normal and iron-overloaded rats.
Myat Thu Soe, Nandar Tun, Endo D, Shibata Y, Koji T.
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会   2017年   
Possible involvement of hypoacetylation of histone H3K9 in estrogen-dependent transdifferentiation of LH/FSH cells to PRL cells in male mouse pituitary.
Nandar Tun, Myat Thu Soe, Endo D, Shibata Y, Koji T.
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会   2017年   
電気穿孔法を用いた顆粒膜細胞標識による卵管上皮内顆粒膜細胞様細胞の由来の解析。
瓜生泰恵・遠藤大輔・柴田恭明・小路武彦
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会   2017年   
A new strategy of FRET based molecular beacon fluorescent probe for in situ hybridization.
Choijookhuu N・ 石塚匠・徐岩・小路武彦・菱川善隆
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会   2017年   
象牙芽細胞分化およびエナメル器退縮におけるAngiopoietin-1/Tie2の役割。
柴田恭明・中島和慶・遠藤大輔・池田通・小路武彦
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会   2017年   
不動によって惹起される関節性拘縮の病態に関する縦断的研究。
佐々部陵・坂本淳哉・後藤響・本田祐一郎・片岡英樹・中野治郎・折口智樹・遠藤大輔・小路武彦・沖田実
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会   2017年   
マウス精母細胞に於けるDNAメチル基転移酵素による染色体ダイナミクスの制御。
遠藤大輔・柴田恭明・小路武彦
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会   2017年   
高血圧性腎障害モデルにおけるインフラマソームの関与。
岡哲・小畑陽子・鳥越健太・阿部伸一・小路武彦・西野友哉
第59回日本腎臓学会学術総会   2016年   
A new strategy: FRET based molecular beacon fluorescent probe for in situ hybridization.
Choijookhuu N・ 石塚匠・徐岩・小路武彦・菱川善隆
第58回日本顕微鏡学会九州支部集会・学術講演会   2016年   
マウス精母細胞に於いて染色体動態を制御するDnmt1と共局在する核内因子の解析。
遠藤大輔・柴田恭明・小路武彦
第48回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2016年   
電気穿孔法を用いた卵巣特異的GFP発現ベクター導入による卵管上皮内顆粒膜細胞様細胞の由来の解析。
瓜生泰恵・遠藤大輔・柴田恭明・小路武彦
第48回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2016年   
象牙芽細胞単離:Tie2ならびにインテグリンを利用したトライアル。
柴田恭明・中島和慶・池田通・小路武彦
第48回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2016年   
A new approach: FRET based molecular beacon fluorescent probe for in situ hybridization.
Choijookhuu N, Ishizuka T, Xu Y, Koji T, Hishikawa Y.
第57回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2016年   
エナメル器退縮とAngiopoietin-1。
柴田恭明・中島和慶・遠藤大輔・池田通・小路武彦
第57回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2016年   
象牙芽細胞マーカーを利用した単離の試み。
柴田恭明・中島和慶・池田通・小路武彦
日本顕微鏡学会第72回学術講演会   2016年   
ラット口腔潰瘍上皮化過程での粘膜上皮細胞におけるDNAメチルトランスフェラーゼ(Dnmt)発現の解析。
穐山直太郎・遠藤大輔・小路武彦
第121回日本解剖学会総会・全国学術集会   2016年   
DNAメチル基転移酵素の精巣特異的発現抑制によるクロマチン核内分布の変化。
遠藤大輔・穐山直太郎・小路武彦
第121回日本解剖学会総会・全国学術集会   2016年   
超解像顕微鏡を用いたマウスパテキン期精母細胞に於けるメチル化DNA及び関連因子核内局在解析。
遠藤大輔・小路武彦
第57回日本顕微鏡学会九州支部総会・学術講演会   2015年   
ラット小腸上皮細胞の増殖分化過程におけるヒストン修飾動態の解析。
三谷紗貴・遠藤大輔・福田智美・穐山直太郎・小路武彦
日本解剖学会第71回九州支部学術集会   2015年   
超解像及び電子顕微鏡によるrDNA転写産物のSertoli細胞核小体内分布。
遠藤大輔・末松貴史・小路武彦
第56回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2015年   
Manipulation of the histone H3 acetylation level affects spermiogenesis in mice.
Dai L, Endo D, Akiyama N, Yamamoto-Fukuda T, Koji T.
第47回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2015年   
超解像及び電子顕微鏡によるpre-rRNA代謝産物のSertoli細胞核小体内分布解析。
末松貴史・遠藤大輔・小路武彦
第47回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2015年   
マウス腹膜線維症モデルにおけるコンドロイチン硫酸の腹膜線維化抑制効果の検討。
阿部伸一・小畑陽子・岡哲・牟田久美子・小路武彦・西野友哉
第47回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2015年   
マウス腹膜線維症モデルにおけるKruppel-like factor5阻害剤の線維化抑制効果。
牟田久美子・小畑陽子・中沢有香・小路武彦・西野友哉
第47回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2015年   
腹膜線維化の病態解明とその治療戦略。
小畑陽子・小路武彦・西野友哉
第47回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2015年   
真珠腫性中耳炎発生機序の分子形態学的解析。
福田智美・小路武彦
第47回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2015年   
マウス精巣に於ける特異的microRNAの組織化学的発現解析による新たなエピジェネティック因子機能解析。
遠藤大輔・福田智美・穐山直太郎・小路武彦
第47回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2015年   
分子形態学的解析法の発展とエピゲノム解析への展開。
小路武彦
第47回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2015年   
マウス精巣に於いてヒストンH3アセチル化レベルの変異が精子細胞異常を引き起こす。
戴鐳・遠藤大輔・穐山直太郎・福田智美・小路武彦
日本顕微鏡学会第71回学術講演会   2015年   
超解像顕微鏡を用いたマウス精子形成細胞に於けるDNAメチル化酵素の核内局在解析。
遠藤大輔・穐山直太郎・福田智美・小路武彦
日本顕微鏡学会第71回学術講演会   2015年   
精子形成細胞死誘導の分子機構:ゲノムとエピゲノムの協調的関与。
小路武彦
日本顕微鏡学会第71回学術講演会   2015年   
シェーグレン症候群唾液腺上皮細胞へのHTLV-I直接感染と関連分子の発現について。
中村英樹・高橋良子・福田智美・寶來吉朗・中島好一・有馬和彦・小路武彦・川上純
第59回日本リウマチ学会総会・学術集会   2015年   
KGF/KGFR誘導性上皮増殖機構の解析。
福田智美・穐山直太郎・遠藤大輔・小路武彦
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会   2015年   
マウス精巣におけるIn vivo electroporation法によるDnmt1 shRNA発現ベクター導入によるシナプトネマ複合体形成異常。
遠藤大輔・福田智美・穐山直太郎・小路武彦
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会   2015年   
Dahl salt-sensitive ratの腎硬化症におけるヒストン修飾の関与。
井生久美子・小畑陽子・西野友哉・北村峰昭・阿部伸一・南香名・小路武彦・河野茂
第57回日本腎臓学会学術総会   2014年   
マウス腹膜線維症モデルにおけるコンドロイチン硫酸の腹膜線維化制御効果の検討。
阿部伸一・西野友哉・小畑陽子・井生久美子・南香名・小路武彦・河野茂
第59回日本透析医学会学術集会・総会   2014年   
第56回日本顕微鏡学会九州支部総会・学術講演会
井生久美子・西野友哉・小畑陽子・阿部伸一・南香名・小路武彦・河野茂
第59回日本透析医学会学術集会・総会   2014年   
In vivo electroporation法を用いたマウス精巣へのDnmt1 shRNA発現ベクター導入による精母細胞DNAメチル化状態の変化。
遠藤大輔・穐山直太郎・福田智美・小路武彦
第56回日本顕微鏡学会九州支部総会・学術講演会   2014年   
分子組織細胞化学の新展開。
小路武彦
第56回日本顕微鏡学会九州支部総会・学術講演会   2014年   
ホルモンと生殖機能。
小路武彦
第23回中村学園大学アジア栄養科学ワークショップ   2014年   
マウス卵管上皮内に見いだされた顆粒膜細胞様細胞の分布とその意義。
瓜生泰恵・福田智美・遠藤大輔・穐山直太郎・小路武彦
日本解剖学会第70回九州支部学術集会   2014年   
上皮細胞増殖疾患におけるKGF/FGF7およびその受容体の動態と人為制御。
福田智美・小路武彦
第46回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2014年   
超解像顕微鏡によるエピジェネティック因子の核内局在の検討。
遠藤大輔・穐山直太郎・福田智美・小路武彦
第46回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2014年   
KGF/FGF-7過剰発現モデルにおける上皮細胞増殖制御機構の解析。
穐山直太郎・福田智美・原川さゆみ・遠藤大輔・小路武彦
第46回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2014年   
Keratinocyte growth factor (KGF) modulates the epithelial cell differentiation of mouse ear skin.
Yamamoto-Fukuda T, Harakawa S, Akiyama N, Endo D, Koji T.
第55回日本組織細胞化学会総会・学術集会(第11回日中合同組織細胞化学セミナー)   2014年   
Roles of histone H3 acetylation in mouse spermatogenesis.
Dai L, Endo D, Akiyama N, Yamamoto-Fukuda T, Koji T.
第55回日本組織細胞化学会総会・学術集会(第11回日中合同組織細胞化学セミナー)   2014年   
Tie2/Ang1はマウス発生期ならびに成熟歯牙象牙芽細胞に発現する。
中島和慶・柴田恭明・菱川善隆・小路武彦・澤瀬隆・池田通
第55回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2014年   
マウス精巣に於けるDnmt1発現抑制に伴うメチル化及びヒドロキシメチル化DNA精母細胞核内局在の変化。
遠藤大輔・穐山直太郎・福田智美・小路武彦
第55回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2014年   
ペプチドハイドロゲル被包細胞移植によるラット中耳粘膜再生の検討。
穐山直太郎・福田智美・高橋晴雄・小路武彦
第55回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2014年   
分子組織細胞化学のフロンティア:ゲノムからエピゲノムへ。
小路武彦
第55回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2014年   
シェーグレン症候群唾液腺上皮細胞に対するHTLV-I感染のin vitroでの影響について。
中村英樹・高橋良子・寶來吉朗・福田智美・中村龍文・小路武彦・川上純
第58回日本リウマチ学会総会・学術集会   2014年   
In vivo electroporation法を用いたマウス精巣に於けるDnmt1発現抑制に伴う精母細胞DNAメチル化状態の変化。
遠藤大輔・宋寧・福田智美・小路武彦
第119回日本解剖学会総会・全国学術集会   2014年   
過剰発現によるp63を介した上皮細胞分化抑制機構の検討。
福田智美・穐山直太郎・遠藤大輔・小路武彦
第119回日本解剖学会総会・全国学術集会   2014年   
ペプチドハイドロゲルを用いたラット中耳粘膜培養細胞による中耳粘膜再生の検討。
穐山直太郎・福田智美・高橋晴雄・小路武彦
第119回日本解剖学会総会・全国学術集会   2014年   
ビタミンK依存性γ-グルタミンカルボキシラーゼをセルトリ細胞特異的に欠失したマウスは不妊を呈する。
柴祥子・池田和博・堀江公仁子・津久井通・近藤志穂・小路武彦・井上聡
日本アンドロロジー学会第32回学術大会   2013年   
食塩感受性高血圧症モデルラットの腎障害発症進展におけるヒストン修飾の関与。
井生久美子・西野友哉・小畑陽子・北村峰昭・阿部伸一・小路武彦・河野茂
第56回日本腎臓学会学術総会   2013年   
マウス耳介皮膚におけるmiR-34c過剰発現の細胞増殖・分化動態への影響。
岡田宗大・福田智美・遠藤大輔・近藤志穂・小路武彦
日本解剖学会第69回九州支部学術集会   2013年   
In vivo electroporation法を用いたマウス精巣に於けるDnmt1ノックダウンに伴うアポトーシス誘導。
遠藤大輔・小路武彦
第54回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2013年   
ホスタグ(Phos-tag)を用いた組織切片上でのリン酸化検出法の検討。
福田智美・柴田恭明・河野通明・池田通・小路武彦
第54回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2013年   
HELMET法による塩基配列特異的DNAメチル化部位の検出:光学及び電子顕微鏡レベルでの視覚化と定量化。
小路武彦
第54回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2013年   
真珠腫性中耳炎、非真珠腫性慢性中耳炎、上皮化困難症における角化細胞増殖因子KGFとその受容体KGFRの発現。
福田智美・高橋晴雄・小路武彦
第45回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2013年   
角化細胞増殖因子およびその受容体の中耳真珠腫上皮増殖機構への関与の検討:新奇動物モデルを用いて。
福田智美・高橋晴雄・小路武彦
第118回日本解剖学会総会・全国学術集会   2013年   
マウス精巣における特異的microRNAの発現細胞の同定と機能探索。
遠藤大輔・小路武彦
第118回日本解剖学会総会・全国学術集会   2013年   
生殖細胞分化過程に於けるエピジェネティック因子動態。
小路武彦
第58回日本生殖医学会学術講演会・総会   2012年   
マウス精巣のパラフィン包埋切片におけるオリゴDNAプローブによるin situ hybridization法を用いたmicroRNA発現解析。
遠藤大輔・宋寧・小路武彦
日本解剖学会第68回九州支部学術集会   2012年   
Molecular histochemical analysis of estrogen receptors in mouse testis.
Hishikawa Y, Koji T.
第89回日本生理学会大会   2012年   
Implications of histone modification and DNA methylation during mouse spermatogenesis.
Song N, Koji T.
第117回日本解剖学会総会・全国学術集会   2012年   
マウス精子形成過程における5-aza-2'-deoxycytidine (5-aza-dC)のエピジェネティック因子への効果。
宋寧・菱川善隆・西野友哉・小路武彦
第88回日本生理学会大会/第116回日本解剖学会総会・全国学術集会合同大会   2011年   
Pregnancy-dependent expression of estrogen receptor β in mouse large intestine.
Choijookhuu N, Sato Y, Hishikawa Y, Nishino T, Koji T.
第88回日本生理学会大会/第116回日本解剖学会総会・全国学術集会合同大会   2011年   
精子形成過程に於けるミトコンドリア関連蛋白エストロゲン受容体β動態の解析。
菱川善隆・小路武彦
日本顕微鏡学会第67回学術講演会   2011年   
電顕in situ hybridizationによる核内RNA局在解析。
末松貴史・小路武彦
日本顕微鏡学会第67回学術講演会   2011年   
HELMET法によるDNAメチル化動態の解析とその電顕応用。
小路武彦
日本顕微鏡学会第67回学術講演会   2011年   
精子形成細胞死へのエピジェネティック因子の関与。
小路武彦
第43回日本臨床分子形態学会   2011年   
精子形成過程に於けるエストロゲン受容体βのミトコンドリア動態への関与。
菱川善隆・宋寧・小路武彦
第52回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2011年   
Differentiation-dependent changes of DNA methylation in neonatal and adult mouse testis.
Song N, Hishikawa Y, Koji T.
第52回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2011年   
HELMET法によるDNAメチル化レベルの解析と精子形成過程に於けるその変動。
小路武彦
第51回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2010年   
マウス腹膜線維症モデルにおける(-)-エピガロカテキンガレートの線維化抑制効果についての病理組織化学的検討。
北村峰昭・古巣朗・西野友哉・小畑陽子・森篤志・浦松正・新里健暁・菱川善隆・小路武彦・河野茂
第51回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2010年   
ラット小腸cell renewal系での細胞増殖・分化過程におけるDNAメチル化動態の解析。
菱川善隆・宋寧・安樹才・佐藤陽子・西野友哉・小路武彦
第51回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2010年   
Effect of 5-aza-2'-deoxycytidine (5-aza-dC) on epigenetic modifications in spermatogenic cells of mouse.
Song N, Hishikawa Y, Sato Y, Koji T.
第51回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2010年   
In situ PCR法の新展開とその応用。
菱川善隆・小路武彦
第42回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2010年   
Pregnancy-dependent expression of estrogen receptor β in mouse large intestine.
Choijookhuu N・佐藤陽子・西野友哉・菱川善隆・小路武彦
第42回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2010年   

Works

 
ヒトKGF及びKGFRに対する抗体の作製
1998年 - 1999年
ミャンマー国に於ける肝ガン発症機構に関する共同研究
1997年
環境ホルモンの生殖毒性に関する共同研究
1999年
ミャンマー国に於ける環境毒性物質としての鉄による肝癌発症若年化に関する調査研究
2004年 - 2007年
精子形成細胞アポトーシスを誘導させるエピジェネテックス因子の分子的解析
2006年 - 2009年

競争的資金等の研究課題

 
生殖器官に於ける細胞増殖・分化の調節機構に関する研究
非放射性in situ hybridization法の開発と応用
細胞分化に於けるDNA鎖切断の役割りに関する研究

特許

 
核酸の検出方法及びこれに用いるプローブ
288572
ヒトKGFRに対する抗体
302699
ヒトKGFに対する抗体
302691