冨永 伸明

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/24 14:32
 
アバター
研究者氏名
冨永 伸明
 
トミナガ ノブアキ
所属
有明工業高等専門学校
部署
創造工学科(環境生命)
職名
教授
学位
薬学博士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1990年
長崎大学 薬学研究科 医療薬剤学
 
 
 - 
1985年
長崎大学 薬学部 製薬化学
 

論文

 
Gene expression analyses of vitellogenin, choriogenin, and estrogen receptor subtypes in the livers of male medaka (Oryzias latipes) exposed to equine estrogens
Ishibashi, H., Uchida, M., Koyanagi, A., Kagami, Y., Kusano, T., Nakao, A., Yamamoto, R., Ichikawa, N., Tominaga, N., Ishibashi, Y., Arizono, K
Journal of Applied Toxicology   36(11) 1392-1400   2016年11月   [査読有り]
Efficacy of Caenorhabditis elegans growth cultured by chemical defined synthetic medium for the function and safety analyses of food ingredients
冨永伸明,山口明美,内田雅也,有薗幸司
Jpn. J. Food Chem. Safety      2016年4月   [査読有り]
Effects of surrounding solutions on material incorporation into fertilized medaka eggs by using asymmetric burst pulse system
河野 晋,米田 宗次,山口 明美,福原 義剛 , 冨永 伸明
IEEJ Transactions   135(9) 542-547   2015年9月   [査読有り]
Effects of lithium on growth, maturation, reproduction, and gene expression in the nematode Caenorhabditis elegans
Ayako Inokuchi, Ryoko Yamamoto, Fumiyo Morita, Shota Takumi, Hiromi Matsusaki, Hiroshi Ishibashi, Nobuaki Tominaga, Koji Arizono
J. Appl. Toxicol.   35(9) 999-1006   2015年   [査読有り]
Induction of the estrogen-responsive genes encoding choriogenin H and L in the liver of male medaka (Oryzias latipes) upon exposure to estrogen receptor subtype-selective ligands
Akemi Yamaguchi, Keisuke Kato, Koji Arizono, Nobuaki Tominaga
J. Appl. Toxicol.   35(7) 752-758   2015年   [査読有り]
Endocrine-disrupting potencials of equine estrogens equilin, equilenin, and their metabolites, in the medaka Oryzias latipes: in silico and DNA microarray studies
Masaya Uchida, Hiroshi Ishibashi, Ryoko Yamamoto, Akiko Koyanagi, Teruhiko Kusano, Nobuaki Tominaga, Yasuhiro Ishibashi and Koji Arizonoc
J. Appl. Toxicol.   35(9) 1040-1048   2015年   [査読有り]
In vivo and in silico analyses of estrogenic potential of bisphenol analogs in medaka (Oryzias latipes) and common carp (Cyprinus carpio)
Yamguchi A, Ishibashi H, Arizono K, Tominaga N
Ecotoxicology and Environmental Safety   120 198-205   2015年   [査読有り]
Comparative study of the biological effects of antimicrobials, triclosan and trichlocarban, for C. elegans
Inokuchi A, Nihira M, Minakoshi M, Yamamoto R, Ishibashi H, Tominaga N, Arizono K
J. Environment and Safety   5(2) 95-98   2014年   [査読有り]
Study of dietary phytoestrogens and estrogenic activity in pet animal diets
Nakashima S, Ji H, Ishitobi S, Kawazoe S, Koga M, Shinohara R, Ishibashi H, Tominaga N, Arizono K
Jpn. J. Food Chem. Safety   20(1) 22-30   2013年   [査読有り]
(17a,20E)-17,20-[(1-methoxyethylidene)bis(oxy)]-3-oxo-19-norpregna-4,20-diene-21-carboxylic acid methyl ester (YK11) is a partial agonist of the androgen receptor
Kanno Y, Hikosaka R, Zhang S-Y, Inoue Y, Nakahama T, Kato K, Yamaguchi A, Tominaga N, Kohta S, Arizono K, Inouye Y
Biol. Pharm. Bull.   34(3) 318-323   2011年   [査読有り]
Evaluation of toxicity and anti-estrogenic effect of menadione and its photo-decomposition derivative using medaka (Oryzias latipes)
Yamaguchi A, Kohra S, Arizono K, Tominaga N
Jpn. J. Environ. Toxicol.   14(1) 141-148   2011年   [査読有り]
DNA microarray analysis of genomic responses of yeast Saccharomyces cerevisiae to nickel chloride
Takumi S, Kimura H, Matsusaki H, Kawazoe S, Tominaga N, Arizono K
J. Toxicol. Sci.   35(1) 125-129   2010年   [査読有り]
A novel material incorporation technique for medaka (Oryzias latipes) eggs using nanosecond pulsed electric fielids
Tominaga N, Kono S, Yamaguchi A, Akiyama H, Arizono K
Biosci. Biotechnol. Biochem.   74(6) 1279-1282   2010年   [査読有り]
Expression analysis of estrogen-responsive genes vitellogenin 1 and 2 in liver of male medaka (Oryzias latipes) exposed to selective ligands of estrogen receptor subtypes
Yamaguchi A, Ishibashi H, Kohra S, Arizono K, Kato K, Nakahama T, Kanno Y, Inouye Y, Tominaga N
J. Health Sci.   55(6) 930-938   2009年   [査読有り]
In vivo anti-estrogenic effects of menadione on hepatic estrogen-responsive gene expression in male medaka (Oryzias latipes)
Yamaguchi A, Kohra S, Ishibashi H, Arizono K, Tominaga N
J. Health Sci.   54(5) 596-601   2008年   [査読有り]
Fluorotelomer alcohols induce hepatic vitellogenin through activation of the estrogen receptor in male medaka (Oryzias latipes)
16. Ishibashi H, Yamauchi R, Matsuoka M, Kim J-W, Hirano M, Yamaguchi A, Tominaga N, Arizono K
Chemosphere   71 1853-1859   2008年   [査読有り]
Estrogenic effect of fluorotelomer alcohols for human estrogen receptor isoforms  and  in vitro
Ishibashi H, Ishida H, Matsuoka M, Tominaga N, Arizono K.
Biol. Pharm. Bull   30(7) 1358-1359   2007年   [査読有り]
Ecotoxicological effect of polycyclic musks on Caenorhabditis elegans
Mori T, Morita F, Inokuchi A, Takao Y, Kohra S, Tominaga N, Takemasa T, Arizono K
J. Health Sci.   52(3) 276-282   2006年   [査読有り]
Graphical Gaussian modeling for gene association structures based on expression deviation patterns induced by various chemical stimuli
Matsuno T, Tominaga N, Arizono K, Iguchi T, Kohara Y
IEICE Trans. Inf. & Syst.   E89-D(4) 1563-1574   2006年   [査読有り]
Short-term effects of endocrine-disrupting chemicals on the expression of estrogen-responsive genes in male medaka (Oryzias latipes)
Yamaguchi A, Ishibashi H, Kohra S, Arizono K, Tominaga N
Aquatic Toxicol.   72, 239-249    2005年
Acute and subchronic toxicity of a bisphenol A metabolite, 4-metyl-2,4-bis(4-hydroxyphenyl)pent-1-ene on the invertaborates
Hirano M, Matsuoka M, Matsumura N, Nakamoto T, Kohra S, Yoshihara S., Tominaga N, Ishibashi H, Arizono K
Jpn. J. Environ.Toxicol.   8(2) 65-76   2005年   [査読有り]
Effects of a nonylphenol-and phytoestrogen-enriched diet on the production of plasma vitellogenin, steroid hormone, hepatic cytochrome P450 1A and glutathione-S-transferase activities in goldfish, Carassius auratus
Comp. Med.   54(1), 54-62    2004年
Effects of perfluoro organic compound toxicity on nematode Caenorhabditis elegans fecundity
J. Health Sci.   50(5)545-550    2004年
Photodecomposition and bioconcentration of a bisphenol A metabolite in medaka, Oryzias latipes
J. Health Sci.   50(6)576-580    2004年
Estrogenic potency of a bisphenol A metabolite on vitellogenin synthesis in medaka, Orizias laptipes
J. Health Sci.   51(1), 93-95    2004年
A convienient acute toxicity assay using C. elegans as a model organism.-Application for alkylphenol toxicity-
Environmental Sciences   10(4), 215-221    2003年
Caenorhabditis elegans resposes to specific steroid hormones.
J. Health Sci.   49(1), 28-33    2003年
High sensitivity analysis of Indirubin by silylation using GC/MS
J. Health Sci.   49(1)88-90    2003年
A multi-generation sublethal assay of phenols using the nematode Caenorhabditis elegans
J. Health Sci.   49(6), 459-463    2003年
Effect of Bisphenol A on the feeding behavior of Caenorhabditis elegans.
J. Health Sci.   48(1), 93-95    2002年
A rapid respiratory toxicity test using Caenorhabditis elegans with an oxygen electrode system
J. Health Sci.   48(3), 269-272    2002年
Sensing of chemical substances using gene expression patterns in C. elegans
Sensors & Materials   14(7), 395-406    2002年
A convienient sublethal assay of alkylphenol and organotin compounds using the nematode Caenorhabditis elegans
J. Health Sci.   48(6), 555-559    2002年
Evaluation of the fresh water environment by combined use of several biomarkers in gold fish(共著)
Environmental Sciences   8(1) 103   2001年
Determination of a screening system of endocrine disruptors by the induction of vitellogenin mRNA in C. elegans larvae(共著)
J. Health Sci   45 37   1999年
The establishment of the new safety test with C.elegans - The case of trace element -
Biomed.Res. Trace, Elements   10(3) 285   1999年
Fast screening method for bisphenol A in environmental water and in food by solid-phase microextraction(共著)
J. Health Sci   45 39   1999年
ウイルス感染とアポトーシス(共著)
産科と婦人科   77 1713   1997年
Inhibition of fructose-6-phosphate, 2-kinase by N-Bromoacetylethanolamine phosphate in vitro and in vivo
Journal of Biochemistry   121 724   1997年
TOMINAGA N, TSUJIKAWA T, MINAMI Y, WU R‐F, WATANABE F, SAKAKIBARA R, UYEDA K
Arch. Biophys. Biochem.   347(2) 275-281   1997年
The relation between virus infection and apoptosis.
77 1713   1997年
Inhibition of Fructose-6-phosphate, 2-kinase by N-Bromoacetylethauolomine phosphate in vitro and in vivo(共著)
J. Biochem.   121 724   1997年
Characterization of a human placental Fructose-6-phosphate, 2-kinase/Fructose-2,6-bisphosphatase(共著)
J. Biochem   122 122   1997年
Reversible unfolding of fructose 6-phosphte, 2-Kinase : Fructose 2, 6-bisphosphatase
Protein Science   3 1245   1994年
Significance of the amino terminus of Rat testis Fructose-6-phosphate, 2-kinase : Fructose 2,6-bisphosphatase
J. Biol. Chem.   268,15951    1993年
Increase in lipoprotein lipase activity in isolated rat adipose tissue by selenate
Biol. Pharm. Bull.   16,6    1993年
Stimulatory effect of vanadate on 3', 5'-cyclic guanosine monophosphate-inhibited low michaelis-menten constant 3', 5'-cyclic adenosine monophosphate phosphodiesterase activity in isolated rat fat pads.
Endocrinology   131,411    1992年
Rapid increase of inositol 1,4,5-trisphosphate content in isolated rat adipose tissue by vanadate.
Chem. Pharm. Bull.   16,6    1992年
Inhilrtion of increasing effect of vanadate on glycogen content and lipoproteim lipase activity in fat pads by 5-N, N'-hexamethylene amiloride.
Chem. Pharm. Bull.   40,542    1992年
Auticoagulant action of vanadate.
Chem. Pharm. Bull.   40,174    1992年
A putative mouce oocyte maturation inhibitory proteim from urine of pregnant women : N-terminal sequence homology with human nonsecretory ribonuclease
Chem. Pharm. Bull.   39,146    1991年
Intracellular immature subuits of human chorionic gonadotropin in first trimester placental cells : Pwification and characteuzation
J. Biochem.   109,99    1991年
SAKAKIBARA R, MIYAZAKI S, SHIGEMURA T, TOMINAGA N, SAKAI A, ISHIGURO M
Chem. Pharm. Bull.   38(5) 1414-1416   1990年
Existence of associated, non-associated, and oligomeric forms of human chorionic gonadotropin subunits in placental extracts
J. Biochem.   105,992    1989年
Subcellular locarization of intracellular forms of human chorionic gonadotropin in first trimester placenta.
J. Biochem.   102,993    1987年
Electrophoretic separation of on agarose gel-Application for direct immunization with a gel piece containing an antigen
Anal. Biochem.   162,150    1987年
Characterization of a human placental fructose-6-phosphate, 2-Kinase/fructose-2, 6-bisphosphatase
Journal of Biochemistry   122 122

Misc

 
ネオニコチノイド系農薬がメダカ卵の発生に及ぼす影響
坂口ももか,山口明美,内田雅也,冨永伸明,石橋弘志,有薗幸司
第23回日本環境毒性学会研究発表会      2017年9月
界面活性剤がメダカ(Oryzias latipes)の発生に及ぼす影響
井上傑士,山口明美,内田雅也,冨永伸明,有薗幸司
第23回環境毒性学会研究発表会      2017年9月
妊馬由来equilinによるヒメダカ繁殖および次世代影響評価と遺伝子発現解析
石橋弘志・内田雅也・冨永伸明・吉本圭佑・山本涼子・石橋康弘・有薗幸司
環境ホルモン学会第19回研究発表会      2016年12月
パルス電界を用いた物質導入法によるE2のメダカ初期胚への発生影響評価
山口明美・冨永 伸明・河野晋・石橋弘志・飯田みどり・内田雅也・有薗幸司
環境ホルモン学会第19回研究発表会      2016年12月
金属イオン暴露が及ぼす発生毒性のメダカ受精卵による評価
示野誠也・山口明美・有薗幸司・冨永 伸明
フォーラム2016衛生薬学.環境トキシコロジー      2016年9月
メダカ受精卵への物質導入法によるワーファリンの発生影響評価
山口明美・大河平紀司・有薗幸司・冨永 伸明
第22回日本環境毒性学会研究発表会      2016年9月
高電界パルスにより導入した金属イオンがメダカ卵の発生に及ぼす影響
示野誠也・山口明美・冨永 伸明
日本農芸化学会西日本支部大会      2016年9月
高電界パルス印可によるメダカ卵へのニッケル・銅イオンの導入および急性毒性・催奇形性の評価
示野誠也・山口明美・河野晋・大河平紀司・冨永 伸明
第53回化学関連支部合同九州大会      2016年7月
リシン検出イムノクロマトグラフィーの開発
松木園美穂,亀川麻梨子,小田達也,冨永伸明,明日山康生
生物化学的測定研究会年   20 165-174   2016年4月   [依頼有り]
メダカ受精卵胚期毒性試験の高感度化を目指した高電界パルス物質導入
冨永伸明,山口明美,河野晋,有薗幸司
日本内分泌攪乱物質学会第18回研究発表会      2015年12月
Gene expression of vitellogenin, choriogenin and estrogen receptors in the livers of male medaka (Oryzias latipes) exposed to equine estrogens
Ishibashi, H., Uchida, M., Tominaga, N., Arizono, K
The 63rd NIBB Conference “Environment to Bioresponse”      2015年11月
メダカ受精卵を用いた新奇動物代替発生毒性・催奇形性評価系
冨永伸明,山口明美,小川寛央,大河平紀司,河野晋,有薗幸司
フォーラム2015衛生薬学・環境トキシコロジー      2015年9月
ベンゾピレンのメダカ初期胚に対する 発生影響
山口明美,河野晋,冨永伸明,有薗幸司,永井雄太,小山次朗
第21回日本環境毒性学会研究発表会      2015年9月
ワーファリンの高電界パルスによるメダカ卵への導入と催奇形性の評価
小川寛央,石橋拓也,山口明美,河野晋,冨永伸明
第52回化学関連支部合同九州大会      2015年6月
メダカを用いたエクインエストロゲン類のエストロゲン様作用の評価
有薗幸司、石橋弘志、内田雅也、宮川信一、冨永伸明、石橋康弘、井口泰泉
第42回日本毒性学会学術年会      2015年6月
In silico, in vitroおよびin vivo試験系を用いた医薬品プレマリン成分の女性ホルモン様作用の評価
有薗幸司、石橋弘志、内田雅也、宮川信一、一川暢宏、冨永伸明、石橋康弘、井口泰泉
第24回環境化学討論会      2015年6月
医薬品プレマリン成分のメダカに対するエストロゲン様作用
中尾彩美 , 石橋弘志 , 内田雅也 , 山元涼子 , 小柳暁子 , 草野輝彦 , 冨永伸明, 石橋康弘, 有薗幸司
日本内分泌攪乱物質学会第17回研究発表会      2014年12月
メダカ(Oryzias latipes)に対するエクインエストロゲンの潜在的内分泌かく乱作用
内田雅也,小柳暁子,草野輝彦,石橋弘志,冨永伸明,石橋康弘,有薗幸司
第20回日本環境毒性学会研究発表会      2014年9月
発生初期メダカ卵への電気パルス印加による物質導入及びその発生影響
石橋拓也・福原義剛・山口明美・河野晋・冨永伸明
第51回化学関連支部合同九州大会      2014年6月
バナジウムとインスリンの線虫C. elegansによる複合影響評価
椛島李歩,冨永伸明,山口明美,中村浩,内田雅也,有薗幸司
日本内分泌撹乱物質学会第16回研究発表会      2013年12月
線虫合成培地を用いた銅・亜鉛の生体影響
椛島李歩,隈本宗一郎,山口明美,冨永伸明,有薗幸司,中村浩,内田雅也
第19回日本環境毒性学会研究発表会      2013年9月
高電界パルスによるメダカ(Oryzias latipes)乱への物質導入
山口明美,冨永伸明,福原義剛,河野晋
第19回日本環境毒性学会研究発表会      2013年9月
ビスフェノールAの新規物質導入法により発生影響評価
山口明美,河野晋,渡辺咲子,中田晴彦,有薗幸司,冨永伸明
フォーラム2013衛生薬学・環境トキシコロジー      2013年9月
バナジウムの線虫C. elegansによるin vivo評価
椛島李歩,冨永伸明,山口明美,中村浩,内田雅也
日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部合同大会      2013年9月
バナジン酸とインスリンによる線虫C. elegansの応答遺伝子探索
椛島李歩,冨永伸明
第50回化学関連支部合同九州大会      2013年7月
水中放電による衝撃波が生体に及ぼす影響に関する基礎研究
岩屋 健人,河野 晋,山口 明美,冨永 伸明,小田 達也
電気学会九州支部平成24年度(第3回)高専卒業研究発表会      2013年3月
バナジウムの線虫C. elegansに対する影響
椛島李歩,冨永伸明
平成24年度日本農芸化学会および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会      2012年9月
Improvement of Pulsed Power System for Incorporating Materials into Medaka (Oryzias latipes) Eggs
Susumu Kono, Akemi Yamaguchi, Takahiro Kubo, Yasutaka Imamura, Nobuaki Tominaga
9th International Bioelectrics Symposium (BIOELECTRICS 2012)      2012年9月
Effects ofPFOA and fluorotelomer alcohol on Caenorhabditis elegans reproduction
Tominaga N, Furukawa R, Yamashita S, Yamaguchi A, Arizono K
SETAC Asia Pacific 2013      2012年9月
化学物質暴露メダカにおけるエストロジェン応答遺伝子の発現変動
冨永 伸明
リスクサイエンス研究フォーラム2012      2012年3月
高電界パルスを用いた化学物質の初期発生影響評価法の開発
山口明美,河野晋,内田雅也,中村浩,有薗幸司,冨永伸明
第14回日本環境ホルモン学会研究発表会      2011年12月
異なる作用機構をもつタンパク合成阻害剤がメダカ受精卵に与える影響
山口明美,河野晋,有薗幸司,冨永伸明
フォーラム2011衛生薬学・環境トキシコロジー      2011年10月
高電界パルスによるメダカ卵への物質導入;分子量と導入効率についての検討
山口明美,今村泰隆,河野晋,冨永伸明
第64回 電気関係学会九州支部連合大会,佐賀大学(佐賀)      2011年9月
極性の異なる2連続パルスによるメダカ卵への影響
今村泰隆,山口明美,河野晋,冨永伸明
第64回 電気関係学会九州支部連合大会,佐賀大学(佐賀)      2011年9月
液体合成培地を用いた線虫C. elegansのin vivo評価系によるCuの影響評価
荒巻愛世,冨永伸明,有薗幸司
第17回日本環境毒性学会研究発表会      2011年9月
メダカ卵内への化学物質導入量の増加を目的とした2種類の電圧パルスの連続印加実験
河野 晋,山口明美,冨永伸明
平成23年電気学会基礎・材料・共通部門大会,東京工業大学(東京)      2011年9月
線虫C. elegansをモデルとしたナノシリカの生態影響評価
井口 綾子、皆越 緑、吉 赫哲、吉岡 靖雄、堤 康央、冨永 伸明、有薗 幸司
日本薬学会第131回年回(静岡)      2011年3月
化学物質評価への応用を目指したパルスパワーによるメダカ受精卵への化学物質の新規導入法
冨永 伸明
バイオエレ久トリクス2011シンポジウム      2011年3月
異なる高電界矩形波パルスによるメダカ受精卵への物質導入について
山口明美,河野 晋,田邉貴志,冨永伸明
平成23年電気学会全国大会      2011年3月
異なる2種類のパルス電圧の連続印可によるメダカ受精卵への物質導入
河野 晋,山口明美,田邉貴志,冨永伸明
平成23年電気学会全国大会      2011年3月
エコトキシコゲノミクス:種間外挿の展望-センチュウを中心として
医学のあゆみ   213(4),249-254    2005年
内分泌攪乱作用を検出する遺伝子レベルのバイオアッセイ
廃棄物学会誌   15(5), 239-245    2004年

書籍等出版物

 
イラスト医学&サイエンスシリーズ「アポトーシスと医学」(共著)
羊土社   1997年   

特許

 
特許6011873 : 物質導入法及びその装置
河野晋,山口明美,冨永伸明
特願2013-080689 : 線虫用培地およびそれを用いた被検物質の評価方法
冨永 伸明

競争的資金等の研究課題

 
新規高電界パルス物質導入法によるメダカ胚期生態毒性試験の高感度化
学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究B
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 冨永 伸明
定量的高電界パルス物質導入法による排水毒性試験の開発
科学技術振興機構: マッチングプランナープログラム
研究期間: 2016年2月 - 2017年1月    代表者: 冨永 伸明
内分泌かく乱物質の次世代影響とゲノムインプリンティグ
学術振興会: 科学研究費挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 冨永 伸明
食品成分機能性・安全性評価用in vivo スクリーニング法の開発
学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究B
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 冨永 伸明
メダカ卵への新たな物質導入法による化学物質の発生影響評価法
学術振興会: 科学研究補助金挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 冨永 伸明

委員歴

 
2016年6月
 - 
現在
日本環境ホルモン学会  評議員
 
2014年6月
 - 
現在
生物化学的測定研究会  監事
 
2014年
 - 
現在
荒尾市  環境審議会委員
 

社会貢献活動

 
大牟田エコタウンフェア科学実験講師
【講師】  2016年10月

経歴

 
1990-1992 福山大学 助手1992-1993 テキサス大学 ポスドク1993-1997 長崎大学 助手1998-2005 有明工業高専物質工学科助教授 2005-2016 有明工業高専物質工学科教授 2016- 有明工業高専創造工学科教授