安東 由喜雄

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/05 13:57
 
アバター
研究者氏名
安東 由喜雄
 
アンドウ ユキオ
URL
http://kumadai-neurology.com/
所属
熊本大学
部署
大学院生命科学研究部 熊本大学大学院生命科学研究部(臨床系)神経内科学
職名
教授
学位
医学博士(熊本大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1993年
 - 
1999年
  助手
 
1999年
 - 
2003年
  講師
 
2003年
 - 
2006年
  講師
 
2006年
 - 
2012年
  教授
 
2006年
 - 
2015年
 熊本大学医学部附属病院輸血・細胞治療部 部長(学部長含む)
 

学歴

 
 
 - 
1990年
熊本大学 医学研究科 
 
 
 - 
1983年
熊本大学 医学部 
 

委員歴

 
2009年
   
 
0000 SFRR 世界臨床化学会血しょうたんぱく委員会(2009)
 
2002年
 - 
2003年
 world symposium on familial amyloidotic polyneuropathy
 
2002年
   
 
 臨床病理
 
2004年
 - 
2005年
 世界アミロイドーシスシンポジウム
 
2005年
   
 
 Amyloid 
 

受賞

 
2019年
日本神経学会 日本神経学会賞
 
2017年
熊本日日新聞社 第67回熊日賞
 
2015年
平成26年度 小酒井望賞
 
2010年
Longest travel award (世界アミロイドーシスシンポジウム)
 
2001年
臨床病理信託基金賞
 

論文

 
Kurisaki R, Ueyama H, Maeda Y, Sakamoto T, Nakahara K, Nakane S, Yamashita S, Ando Y, 2016 Kumamoto Earthquake PD Study Group.
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   61 130-135   2019年3月   [査読有り]
Kato TS, Ikeda N, Maurer MS, Ando Y, Tanno K
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   83(3) 690   2018年9月   [査読有り]
Nakamura M, Misumi Y, Nomura T, Oka W, Isoguchi A, Kanenawa K, Masuda T, Yamashita T, Inoue Y, Ando Y, Ueda M
Diabetes   68(3) 609-616   2019年3月   [査読有り]
Mukaino A, Tsuda M, Yamashita S, Kosaka T, Wada K, Ando Y
Clinical neurology and neurosurgery   174 217-219   2018年9月   [査読有り]
Hirakawa K, Takashio S, Marume K, Yamamoto M, Hanatani S, Yamamoto E, Sakamoto K, Izumiya Y, Kaikita K, Oda S, Utsunomiya D, Shiraishi S, Ueda M, Yamashita T, Yamashita Y, Ando Y, Tsujita K
ESC heart failure   6(1) 122-130   2019年2月   [査読有り]
Kameyama H, Uchimura K, Yamashita T, Kuwabara K, Mizuguchi M, Hung SC, Okuhira K, Masuda T, Kosugi T, Ohgita T, Saito H, Ando Y, Nishitsuji K
The American journal of pathology   189(2) 308-319   2019年2月   [査読有り]
Mukai M, Mizuta I, Ueda A, Nakashima D, Kushimura Y, Noto YI, Ohara T, Itoh K, Ando Y, Mizuno T
Journal of the neurological sciences   394 38-40   2018年8月   [査読有り]
Harada S, Inatomi Y, Nakajima M, Yonehara T, Ando Y
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology      2019年2月   [査読有り]
Takeuchi Y, Nakahara K, Nakajima M, Inoue Y, Matsumura R, Yamaguchi M, Katabuchi H, Ando Y
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association      2019年1月   [査読有り]
Endo Y, Hasegawa K, Nomura R, Arishima H, Kikuta KI, Yamashita T, Inoue Y, Ueda M, Ando Y, Wilson MR, Hamano T, Nakamoto Y, Naiki H
Acta neuropathologica communications   7(1) 12   2019年1月   [査読有り]
Nakane S, Mukaino A, Higuchi O, Watari M, Maeda Y, Yamakawa M, Nakahara K, Takamatsu K, Matsuo H, Ando Y
Expert review of neurotherapeutics   18(12) 953-965   2018年12月   [査読有り]
Tsuda Y, Yamanaka K, Toyoshima R, Ueda M, Masuda T, Misumi Y, Ogura T, Ando Y
Scientific reports   8(1) 17884   2018年12月   [査読有り]
Yamamoto H, Hashimoto T, Kawamura S, Hiroe M, Yamashita T, Ando Y, Yokochi T
Journal of medical case reports   12(1) 370   2018年12月   [査読有り]
Mizutani H, Nakane S, Ikeda T, Nakamura H, Takamatsu K, Makino K, Tawara N, Mukaino A, Watari M, Matsui H, Mukasa A, Ando Y
Annals of clinical and translational neurology   5(12) 1611-1616   2018年12月   [査読有り]
Kumai Y, Miyamoto T, Matsubara K, Samejima Y, Yamashita S, Ando Y, Orita Y
Auris, nasus, larynx      2018年11月   [査読有り]
Masuda T, Ueda M, Kitajima M, Morita K, Misumi Y, Yamashita T, Obayashi K, Yamashita Y, Ando Y
Neurology   91(19) e1834-e1835   2018年11月   [査読有り]
Ikeda T, Kakuma T, Watari M, Ando Y
Scientific reports   8(1) 16430   2018年11月   [査読有り]
Hamanaka K, Miyatake S, Koshimizu E, Tsurusaki Y, Mitsuhashi S, Iwama K, Alkanaq AN, Fujita A, Imagawa E, Uchiyama Y, Tawara N, Ando Y, Misumi Y, Okubo M, Nakashima M, Mizuguchi T, Takata A, Miyake N, Saitsu H, Iida A, Nishino I, Matsumoto N
Genetics in medicine : official journal of the American College of Medical Genetics      2018年11月   [査読有り]
Takamatsu K, Nakane S, Suzuki S, Kosaka T, Fukushima S, Kimura T, Miyashita A, Mukaino A, Yamakawa S, Watanabe K, Jinnin M, Komohara Y, Ihn H, Ando Y
Annals of clinical and translational neurology   5(11) 1421-1427   2018年11月   [査読有り]
Tasaki M, Ueda M, Hoshii Y, Mizukami M, Matsumoto S, Nakamura M, Yamashita T, Ueda A, Misumi Y, Masuda T, Inoue Y, Torikai T, Nomura T, Tsuda Y, Kanenawa K, Isoguchi A, Okada M, Matsui H, Obayashi K, Ando Y
The Journal of pathology      2018年11月   [査読有り]
Tawara N, Yamashita S, Kawakami K, Kurashige T, Zhang Z, Tasaki M, Yamamoto Y, Nishikami T, Doki T, Zhang X, Matsuo Y, Kimura E, Tawara A, Maeda Y, Hauschka SD, Maruyama H, Ando Y
Experimental neurology   309 169-180   2018年11月   [査読有り]
Ueda M, Yamashita T, Misumi Y, Masuda T, Ando Y
Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   25(3) 143-147   2018年9月   [査読有り]
Okuda Y, Yamada T, Ueda M, Ando Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)      2018年8月   [査読有り]
Nakano Y, Tadokoro K, Ohta Y, Sato K, Takemoto M, Hishikawa N, Yamashita T, Yamashita T, Ando Y, Abe K
Journal of the neurological sciences   390 22-25   2018年7月   [査読有り]
Fukuda M, Yoshizawa T, Karim MF, Sobuz SU, Korogi W, Kobayasi D, Okanishi H, Tasaki M, Ono K, Sawa T, Sato Y, Chirifu M, Masuda T, Nakamura T, Tanoue H, Nakashima K, Kobashigawa Y, Morioka H, Bober E, Ohtsuki S, Yamagata Y, Ando Y, Oike Y, Araki N, Takeda S, Mizuta H, Yamagata K
Nature communications   9(1) 2833   2018年7月   [査読有り]
Okada M, Yamashita S, Ueyama H, Ishizaki M, Maeda Y, Ando Y
eNeurologicalSci   11 11-14   2018年6月   [査読有り]
Mizutani H, Inatomi Y, Singu T, Nakajima M, Yonehara T, Ando Y
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   58(5) 314-319   2018年5月   [査読有り]
Shiotsu H, Okada K, Shibuta T, Kobayashi Y, Shirahama S, Kuroki C, Ueda S, Ohkuma M, Ikeda K, Ando Y, Matsui H, Kayamori Y, Umemura T
MicroRNA (Shariqah, United Arab Emirates)   7(3) 195-203   2018年   [査読有り]
Masuda T, Ueda M, Suenaga G, Misumi Y, Tasaki M, Izaki A, Yanagisawa Y, Inoue Y, Motokawa H, Matsumoto S, Mizukami M, Arimura A, Deguchi T, Nishio Y, Yamashita T, Inomata Y, Obayashi K, Ando Y
Neurology      2017年5月   [査読有り]
Suenaga G, Ikeda T, Masuda T, Motokawa H, Yamashita T, Takamatsu K, Misumi Y, Ueda M, Matsui H, Senju S, Ando Y
Scientific reports   7(1) 1579   2017年5月   [査読有り]
Inoue Y, Ueda M, Tasaki M, Takeshima A, Nagatoshi A, Masuda T, Misumi Y, Kosaka T, Nomura T, Mizukami M, Matsumoto S, Yamashita T, Takahashi H, Kakita A, Ando Y
Acta neuropathologica      2017年5月   [査読有り]
Oda S, Utsunomiya D, Morita K, Nakaura T, Yuki H, Kidoh M, Hirata K, Taguchi N, Tsuda N, Shiraishi S, Namimoto T, Hirakawa K, Takashio S, Izumiya Y, Yamamuro M, Hokimoto S, Tsujita K, Ueda M, Yamashita T, Ando Y, Yamashita Y
European radiology      2017年5月   [査読有り]
Nakahara K, Nakane S, Nakajima M, Yamashita S, Mori T, Ando Y
Journal of neuroimmunology   305 182-185   2017年4月   [査読有り]
Misumi Y, Ueda M, Yamashita T, Masuda T, Kinoshita Y, Tasaki M, Nagase T, Ando Y
Annals of neurology      2017年3月   [査読有り]
Inatomi Y, Nakajima M, Yonehara T, Ando Y
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia      2017年3月   [査読有り]
Matsumoto S, Ueda M, Yamashita T, Amano T, Misumi Y, Tasaki M, Masuda T, Mizukami M, Furuya H, Ando Y
Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   24(sup1) 97-98   2017年3月   [査読有り]
Tasaki M, Ueda M, Obayashi K, Kinoshita Y, Matsumoto S, Mizukami M, Masuda T, Misumi Y, Yamashita T, Ando Y
Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   24(sup1) 167-168   2017年3月   [査読有り]
Izaki A, Obayashi K, Suenaga G, Ueda M, Yamashita T, Tasaki M, Yanagisawa Y, Masuda T, Misumi Y, Ando Y
Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   24(sup1) 17   2017年3月   [査読有り]
Nomura T, Yamashita T, Misumi Y, Ueda M, Masuda T, Tasaki M, Ando Y
Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   24(sup1) 100   2017年3月   [査読有り]
Tsuda Y, Misumi Y, Ueda M, Tasaki M, Huang G, Masuda T, Suenaga G, Kinoshita Y, Obayashi K, Yamashita T, Ando Y
Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   24(sup1) 125   2017年3月   [査読有り]
Ando Y, Ueda M
Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   24(sup1) 113-114   2017年3月   [査読有り]
Huang G, Ueda M, Tasaki M, Yamashita T, Misumi Y, Masuda T, Suenaga G, Inoue Y, Kinoshita Y, Matsumoto S, Mizukami M, Tsuda Y, Nomura T, Obayashi K, Ando Y
Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   1-6   2017年1月   [査読有り]
Ishizaki M, Kedoin C, Ueyama H, Maeda Y, Yamashita S, Ando Y
Neuromuscular disorders : NMD   27(1) 24-28   2017年1月   [査読有り]
Kasagi T, Nobata H, Suzuki K, Miura N, Banno S, Takami A, Yamashita T, Ando Y, Imai H
Internal medicine (Tokyo, Japan)   56(1) 61-66   2017年   [査読有り]
【末梢神経・筋疾患の臨床と研究】 家族性アミロイドポリニューロパチーの臨床と治療
安東 由喜雄
Medical Science Digest   42(13) 627-630   2016年12月
家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)には四つのsubtypeがあるが、トランスサイレチン(TTR)が遺伝的に変異したTTR型FAPが圧倒的に多い。末梢神経障害、自律神経系の障害、心、腎、消化管、眼などにアミロイド沈着をきたし臓器障害を起こす予後不良の常染色体優性遺伝を呈するアミロイドーシスの一型である。肝移植が本疾患の進行を遅延させる唯一の治療法であったが、最近TTRの4量体を安定化させる低分子化合物による治療法がニューロパチーの進行を遅延させる治療法も登場したほか、gene si...
Influence of heparin molecular size on the induction of C- terminal unfolding in β2-microglobulin.
Fukasawa K, Higashimoto Y, Motomiya Y, Uji Y, Ando Y
Molecular biology research communications   5(4) 225-232   2016年12月   [査読有り]
Nakajima M, Nakane N, Takamatsu K, Yamashita S, Nakane S, Yamashita T, Ando Y
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   56(12) 827-831   2016年12月   [査読有り]
Nishiyama K, Amano T, Aoki M, Inuzuka T, Taniwaki T, Toyoshima I, Hashimoto Y, Fukutake T, Yoshii F, Ando Y
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   56(12) 866-872   2016年12月   [査読有り]
Nakane S, Mukaino A, Maeda Y, Higuchi O, Matsuo H, Ando Y
Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry      2016年11月   [査読有り]
Koike H, Ikeda S, Takahashi M, Kawagashira Y, Iijima M, Misumi Y, Ando Y, Ikeda SI, Katsuno M, Sobue G
Neurology   87(21) 2220-2229   2016年11月   [査読有り]
Mori Y, Yamashita S, Kato M, Masuda T, Takamatsu K, Kumamoto T, Sasaki R, Ando Y
Neuromuscular disorders : NMD   26(11) 805-808   2016年11月   [査読有り]
Hosoi A, Su Y, Torikai M, Jono H, Ishikawa D, Soejima K, Higuchi H, Guo J, Ueda M, Suenaga G, Motokawa H, Ikeda T, Senju S, Nakashima T, Ando Y
The Journal of biological chemistry   291(48) 25096-25105   2016年11月   [査読有り]
Suenaga G, Ikeda T, Komohara Y, Takamatsu K, Kakuma T, Tasaki M, Misumi Y, Ueda M, Ito T, Senju S, Ando Y
PloS one   11(10) e0163944   2016年10月   [査読有り]
Yamashita T, Ueda M, Saga N, Nanto K, Tasaki M, Masuda T, Misumi Y, Oda S, Fujimoto A, Amano T, Takamatsu K, Yamashita S, Obayashi K, Matsui H, Ando Y
Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   23(3) 207-208   2016年9月   [査読有り]
Nishi S, Muso E, Shimizu A, Sugiyama H, Yokoyama H, Ando Y, Goto S, Fujii H
Clinical and experimental nephrology      2016年8月   [査読有り]
Kimura T, Fukushima S, Miyashita A, Aoi J, Jinnin M, Kosaka T, Ando Y, Matsukawa M, Inoue H, Kiyotani K, Park JH, Nakamura Y, Ihn H
Cancer science   107(7) 1055-1058   2016年7月   [査読有り]
Tasaki M, Ueda M, Obayashi K, Motokawa H, Kinoshita Y, Suenaga G, Yanagisawa A, Toyoshima R, Misumi Y, Masuda T, Yamashita T, Ando Y
Annals of clinical biochemistry   53(Pt 4) 508-510   2016年7月   [査読有り]
Maetani Y, Agari D, Nomura E, Ueda M, Ando Y, Yamawaki T
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   56(6) 430-434   2016年6月   [査読有り]
[Analysis of small-fiber neuropathy using novel various autonomic function tests].
Masuda T, Obayashi K, Ando Y
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   74 Suppl 2 240-243   2016年4月   [査読有り]
Ando Y, Sekijima Y, Obayashi K, Yamashita T, Ueda M, Misumi Y, Morita H, Machii K, Ohta M, Takata A, Ikeda S
Journal of the neurological sciences   362 266-271   2016年3月   [査読有り]
Shindo S, Fujii K, Shirakawa M, Uchida K, Sugiura Y, Saito S, Ando Y, Yoshimura S
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   25(3) e31-2   2016年3月   [査読有り]
Kukidome D., Nishikawa T., Sato M., Igata M., Kawashima J., Shimoda S., Matsui K.
Diabetic Medicine   33(1) 62-69   2016年
Misumi Y., Narita Y., Oshima T., Ueda M., Yamashita T., Tasaki M., Obayashi K., Isono K., Inomta Y.
Liver Transplantation   22(5) 656-664   2016年
Jono H., Su Y., Obayashi K., Tanaka Y., Ishiguro A., Nishimura H., Shinriki S., Ueda M., Ikeda K., Yamagata K., Ichihara K.
Clinica Chimica Acta      2016年
Yoshimura Y., Kuwabara T., Shiraishi N., Kakizoe Y., Tasaki M., Obayashi K., Mukoyama M.
Nephrology   21(4) 341-342   2016年
Sekijima Y., Obayashi K., Yamashita T., Ueda M., Misumi Y., Morita H., Machii K., Ohta M., Takata A., Ikeda S.
Journal of the Neurological Sciences      2016年
Masuda T., Obayashi K., Ueda M., Fujimoto A., Tasaki M., Misumi Y., Ueda A., Nakane T., Yamashita T.
The Journal of Dermatology   43(3) 336-337   2016年
Asakura K., Yanai S., Nakamura S., Kawasaki K., Eizuka M., Ishida K., Sugai T., Ueda M., Yamashita T., Matsumoto T.
Medicine(Baltimore)      2016年
Kawano H., Levi C., Inatomi Y., Pagram H., Kerr E., Bivard A., Spratt N., Miteff F., Yonehara T., Parsons M.
Journal of Clinical Neuroscience      2016年
Okumura K., Yamashita T., Masuda T., Misumi Y., Ueda A., Ueda M., Obayashi K., Jono H., Yamashita S., Inomata Y.
Amiloid   23(1) 39-45   2016年
Shimazaki C., Fuchida S., Suzuki K., Ishida T., Imai H., Sawamura M., Takamatsu H., Abe M., Miyamoto T., Hata H., Yamada M.
International Journal of Hematology   103(1) 79-85   2016年
Suzuki T., Kusumoto S., Yamashita T., Masuda A., Kinoshita S., Yoshida T., Takami-Mori F., Takino H., Ito A., Ri M., Ishida T., Komatsu H., Ueda M., Inagaki H., Iida S.
Annals of Hematology   95(2) 279-285   2016年
Ando T, Goto Y, Mano K, Ueda A, Ando Y, Mizuta I, Mizuno T
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(19) 2873-2876   2016年   [査読有り]
Kikukawa Y, Hata H, Ueda M, Yamashita T, Nasu S, Ide K, Ueno S, Ando Y, Mitsuya H, Okuno Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(18) 2707-2712   2016年   [査読有り]
Yanagisawa A, Ueda M, Sueyoshi T, Nakamura E, Tasaki M, Suenaga G, Motokawa H, Toyoshima R, Kinoshita Y, Misumi Y, Yamashita T, Sakaguchi M, Westermark P, Mizuta H, Ando Y
Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   23(1) 26-32   2016年   [査読有り]
Yanagisawa A., Ueda M., Sueyoshi T., Nakamura E., Tasaki M., Suenaga G., Motokawa H., Toyoshima R., Kinoshita Y., Misumi Y., Yamashita T., Sakguchi M., Westermark P., Mizuta H.
Amyloid   23(1) 26-32   2015年
Ishizaki M., Fujimoto A., Ueyama H., Nishida Y., Imamura S., Uchino M.
Internal Medicine   54(23) 3075-3078   2015年
Hawkins PN., Dispenzeri A., Gonzalez-Duarte A., Adams D., SuhrOB.
Annals of Medicine   47(8) 625-638   2015年
Uchida Y., Takada K., Tsugu Y., Ueda M., Yamashita T., Kobayashi S., Koike H., Watnabe T., Matsumoto T., Toyoda T., Yamda G., Matsukawa N.
Amyloid   22(4) 261-262   2015年
Nakama T, Yamashita S, Hirahara T, Okamoto S, Honda S, Watanabe M, Kimura E, Uchino M, Yano S, Kuratsu JI, Ando Y
J Neurol Sci   358(1-2) 259-262   2015年
Shindo S, Fujii F, Shirakawa M, Uchida K, Enomoto Y, Iwama T, Kawasaki M, Ando Y, Yoshimura S
AJNR Am J Neuroradiol   36(11) 2140-2146   2015年
Hori H, Maeda Y, Ishizaki M, Hirahara T, Watanabe M, Yamashita S, Yamashita T, Uchino M, Ando Y
Muscle Nerve   52(5) 913-914   2015年
Tasaki M., Ueda M., Obayashi K., Motokawa H., Kinoshita Y., Suenaga G., Yanagisawa A., Toyoshima R., Misumi Y., Masuda T., Yamashita T.
Annals of clinical biochemistry      2015年
Ohmori H, Hara A, Ishikawa K, Mizusawa H, Ando Y
J Neurogenet   29(2-3) 80-84   2015年
Iryo Y, Hirai T, Nakamura M, Inoue Y, Watanabe M, Ando Y, Azuma M, Nishimura S, Shigematsu Y, Kitajima M, Yamashita Y
Clin Radiol   70(9) 960-965   2015年
Ericzon BG, Wilczek H, Larsson M, Wijayatunga P, Stangou A, Pena JR, Frutado E, Barroso E, Daniel J, Samuel D, Adam R, Karam V, Poterucha J, Lewis D, Ferraz-Neto BH, Cruz MW, MUnar-Ques M, Fabregat JF, Ikeda S, Ando Y, Heaton N, Otto G, Suhr O
Transplantation   99(9) 1847-1854   2015年
Yokoyama T, Ueda M, Ando Y, Mizuguchi M
Sci Rep   5 13570-13570   2015年
Ueda A, Ueda M, Nagatoshi A, Hirano T, Ito T, Arai N, Uyama E, Mori K, Nakamura M, Shinriki S, Ikeda K, Ando Y
J Neurol   262(8) 1828-1836   2015年
Wild-type ATTR amyloidosis of the ureter in a 56-year-old woman with rheumatoid arthritis and Sjögren's syndrome
Shinoda K, Taki H, Obayashi K, Ando Y, Watanabe A, Komiya A, Fuse H, Tsuneyama K, Tobe K
Int J Clin Exp Pathol   8(7) 8624-8627   2015年
Yamashita S, Ando Y
Transl Neurodegener   4 13-13   2015年
Kitagawa K, Misumi Y, Ueda M, Hayashi Y, Tasaki M, Obayashi K, Yamashita T, Jono H, Arima H, Ando Y
Amyloid   22(3) 181-186   2015年
Kon T, Misumi Y, Nishijima H, Honda M, Suzuki C, Baba M, Inomata Y, Obayashi K, Ando Y, Tomiyama M
Amyloid   22(3) 203-204   2015年
Neoplastic lesions in CADASIL syndrome: report of an autopsied Japanese case
Hassan WA, Udaka N, Ueda A, Ando Y, Ito T
Int J Clin Exp Pathol   8(6) 7533-7539   2015年
Masuda T, Ueda M, Ueyama H, Shimada S, Ishizaki M, Imamura S, Yamamoto T, Ando Y
J Neurol Sci   351(1-2) 211-213   2015年
Ito Y, Nakajima M, Watari M, Sakamoto T, Hashimoto Y, Tajiri S, Takada A, Ando Y
J Stroke Cerebrovasc Dis   24(4) e91-e92   2015年
80. Yamashita S, Mori A, Nishida Y, Kurisaki R, Tawara N, Nishikami T, Misumi Y, Ueyama H, Imamura S, Higuchi Y, Hashiguchi A, Higuchi I, Morishita S, Yoshimura J, Uchino M, Takashima H, Tsuji S
Neuropathol Appl Neurobiol   (41) 391-398   2015年
Shindo S., Fujii K., Shirakawa M., Uchida K., Sugiura Y., Saito S., Yoshimura S.
The Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases   25(3) e31-e32   2015年
Nishida Y, Ueda A, Ando Y, Ichikawa T
Intern Med   (54) 537-538   2015年
Development of the enzymatic assay for whole blood choline using an automated biochemical analysis
Yumura A, Hokazono E, Ikeda K, Obayashi K, Ando Y, Osawa S
Cell Metab   (19) 712-721   2015年
Yanagisawa A, Ueda M, Sueyoshi T, Okada T, Fujimoto T, Ogi Y, Kitagawa K, Tasaki M, Misumi Y, Oshima T, Jono H, Obayashi K, Hirakawa K, Uchida H, Westermark P, Ando Y, Mizuta H
Mod Pathol   (28) 201-207   2015年

Misc

 
MALDI-TOF MSを用いた簡便かつ迅速な血清異型TTR検出法の開発
田崎 雅義, 大林 光念, 植田 光晴, 野村 隼也, 松本 紗也加, 水上 真由美, 山下 太郎, 安東 由喜雄
生物試料分析   40(1) 73-73   2017年1月
自律神経障害に中枢神経症状を併発した抗gAChR抗体陽性シェーグレン症候群の一例
今村 美智恵, 高松 孝太郎, 向野 晃弘, 増田 曜章, 小阪 崇幸, 中根 俊成, 樋口 理, 安東 由喜雄
臨床神経学   56(12) 893-893   2016年12月
急性網膜壊死とVZV脳血管症による脳梗塞を併発した帯状疱疹ウイルス感染の1例
村上 慶高, 伊達 亮佑, 植田 明彦, 幸崎 弥之助, 安東 由喜雄
臨床神経学   56(12) 889-889   2016年12月
神経学会入会推進アンケートの解析結果
西山 和利, 天野 隆弘, 青木 正志, 犬塚 貴, 谷脇 考恭, 豊島 至, 橋本 洋一郎, 福武 敏夫, 吉井 文均, 安東 由喜雄
臨床神経学   56(12) 866-872   2016年12月
日本では神経内科医は不足していると言われている。しかし神経内科医の需要と供給についての解析は少ない。そこで日本神経学会卒前・初期臨床研修教育小委員会は、全国の医学部を持つ大学の神経内科講座ならびに神経学会教育施設の責任者に対して、神経内科入局(神経学会入会)推進に関するアンケート調査を行った。全国に80ある医学部を持つ大学からの回答率は77.5%、教育施設からの回答率は42.4%であった。回答があった大学の新入局は平均2.2人であったが、各大学が必要と考える新入局者数は4人超であった。神経...
中島 誠, 中根 望, 高松 孝太郎, 山下 賢, 中根 俊成, 山下 太郎, 安東 由喜雄
臨床神経学   56(12) 827-831   2016年12月
2016年4月に起きた熊本地震は、地域住民の生活環境を破壊しただけでなく、医療環境や神経筋疾患患者の病状にも大きな影響を与えた。県内唯一の医学部附属病院である熊本大学の神経内科における地震後の神経筋疾患患者の緊急入院数は、例年の約2倍であった。県内の神経内科の施設においては、建物の損壊により、主に入院診療に支障が出たものの、全体としては十分な受け入れが可能であった。しかし、緊急時の連絡方法や難病患者の受け入れ先確保、患者への情報提供が不十分であったことなどに課題が残った。(著者抄録)
【知っておきたい専門領域の最近の話題】 神経領域
大林 光念, 伊崎 彩音, 柳澤 由佳子, 田崎 雅義, 安東 由喜雄
Laboratory and Clinical Practice   34(1) 7-11   2016年12月
中島 誠, 渡邉 聖樹
脳卒中   38(6) 449-454   2016年11月
超高齢化社会の到来に伴い、わが国の慢性腎臓病(CKD)と心房細動の有病率は増加してきている。互いに密接に関係をもつこれらの疾患は、それぞれが脳梗塞の独立した危険因子であり、かつCKDは出血性脳卒中の重要な危険因子でもある。このため、CKD患者における抗凝固療法の導入については、現在も多くの議論がある。特に末期CKD患者における抗凝固薬の安全性や有効性については、十分明らかにされていないのが現状である。一方非末期のCKD患者においては、十分コントロールされたワルファリンや新規経口抗凝固薬が有...
メディカルスタッフの人材育成を介して行う次世代型包括的神経難病診療体制構築事業
高松 孝太郎, 廣瀬 淳子, 中根 望, 中原 圭一, 増田 曜章, 三隅 洋平, 小阪 崇幸, 植田 明彦, 植田 光晴, 中島 誠, 山下 賢, 中根 俊成, 山下 太郎, 安東 由喜雄
日本難病医療ネットワーク学会機関誌   4(1) 102-102   2016年11月
Low volume centerにおけるPenumbra 5 MAX ACEの使用効果について
杉村 勇輔, 中島 誠, 渡邉 聖樹, 賀来 泰之, 大森 雄樹, 河野 隆幸, 甲斐 豊, 安東 由喜雄
脳血管内治療   1(Suppl.) S274-S274   2016年11月
熊本地震後の脳梗塞の特徴と血栓除去術の実態
長尾 洋一郎, 進藤 誠悟, 和田 邦泰, 寺崎 修司, 菅原 丈志, 安東 由喜雄
脳血管内治療   1(Suppl.) S267-S267   2016年11月
特定健診におけるHbA1c値の地区間差是正に向けた取り組み HbA1cの測定法、遠心条件、サンプリング位置に関する問題点
嶋村 眞由美, 永田 和美, 今田 龍市, 眞部 正弘, 西村 仁志, 池田 勝義, 杉内 博之, 安東 由喜雄
日本臨床検査自動化学会会誌   41(5) 642-651   2016年11月
熊本県における2008年度の特定健診においてHbA1c有所見率の地区間差が他の健診項目に比べて大きいことが報告された。その要因として、HbA1cの測定法や遠心条件などの技術的な誤差が疑われたが、地区ごとの健診施設名が公表されていないため、異常高値を示した施設の特定は困難であった。そこで、熊本県の臨床検査技師会および医師会の協力のもと、県下でHbA1cを測定している全ての医療機関120施設を対象としてHbA1cの標準化サーベイを実施した。同時に、特定健診で主に用いられているHPLC法、酵素法...
Ross症候群患者における全身の自律神経機能のチェックとその意義
岡田 匡充, 稲富 雄一郎, 加藤 勇樹, 軸丸 美香, 大林 光念, 米原 敏郎, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 112-112   2016年11月
熊本地震に関連した下肢静脈血栓症の患者背景とDOACsでの治療経験
杉村 勇輔, 堀内 正孝, 梶原 光嗣, 深堀 正美, 堀内 賢二, 中島 誠, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 110-110   2016年11月
自律神経障害に中枢神経症状を併発した抗gAChR抗体陽性シェーグレン症候群の臨床的検討
今村 美智恵, 高松 孝太郎, 向野 晃弘, 増田 曜章, 中根 俊成, 樋口 理, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 107-107   2016年11月
抗ganglionicアセチルコリン受容体抗体陽性自己免疫性自律神経節障害の臨床的特徴の解析
向野 晃弘, 中根 俊成, 樋口 理, 前田 泰宏, 松尾 秀徳, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 107-107   2016年11月
当院での抗ganglionic AChR抗体陽性患者の臨床像について
永田 龍世, 兒玉 憲人, 牧 美充, 吉村 道由, 荒田 仁, 松浦 英治, 渡邊 修, 高嶋 博, 中根 俊成, 安東 由喜雄, 樋口 理
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 107-107   2016年11月
潰瘍性大腸炎患者の自律神経障害および末梢神経障害の病態解析
増田 曜章, 大林 光念, 三隅 洋平, 中島 昌利, 小林 起秋, 徳永 竜馬, 吉田 直矢, 植田 光晴, 樋口 理, 中根 俊成, 佐々木 裕, 馬場 秀夫, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 107-107   2016年11月
起立性頭痛と起立性調節障害の関連についての検討
阪本 徹郎, 橋本 洋一郎, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 103-103   2016年11月
ギランバレー症候群と考えられていたautoimmune autonomic ganglionopathy(AAG)症例における病態解析および治療反応性の検討
小阪 崇幸, 高松 孝太郎, 増田 曜章, 中根 俊成, 大林 光念, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 102-102   2016年11月
自己免疫性自律神経節障害におけるMIBG心筋シンチグラフィーの有用性の検討
向野 晃弘, 中根 俊成, 樋口 理, 前田 泰宏, 松尾 秀徳, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 101-101   2016年11月
体位性頻脈症候群患者の自己免疫機序を検討する
渡利 茉里, 中根 俊成, 向野 晃弘, 増田 曜章, 高松 孝太郎, 中島 誠, 幸崎 弥之助, 前田 泰宏, 樋口 理, 松尾 秀徳, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 99-99   2016年11月
家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP ATTR Val30Met)におけるシュワン細胞と微小血管内皮細胞の障害様式の検討
小池 春樹, 池田 昇平, 高橋 美江, 川頭 祐一, 飯島 正博, 三隅 洋平, 安東 由喜雄, 池田 修一, 勝野 雅央, 祖父江 元
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 98-98   2016年11月
家族性アミロイドポリニューロパチーにおけるアミロイド形成過程の解析
植田 光晴, 水口 峰之, 三隅 洋平, 増田 曜章, 津田 幸元, 田崎 雅義, 松本 紗也加, 水上 真由美, 末永 元輝, 井上 泰輝, 木下 祐美子, 野村 隼也, 山下 太郎, 大林 光念, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 98-98   2016年11月
ドミノ肝移植後にトランスサイレチン型アミロイド沈着を呈した症例の解析
津田 幸元, 三隅 洋平, 植田 光晴, 田崎 雅義, 黄 冠男, 増田 曜章, 末永 元輝, 木下 祐美子, 山下 太郎, 大林 光念, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 97-97   2016年11月
トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー(ATTR-FAP)患者における肝移植前後の小径線維機能の推移について
柳澤 由佳子, 大林 光念, 伊崎 彩音, 比良 泰士, 増田 曜章, 三隅 洋平, 植田 光晴, 山下 太郎, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 97-97   2016年11月
肝移植後に長期経過した家族性アミロイドポリニューロパチーの病理および生化学的解析
水上 真由美, 植田 光晴, 田崎 雅義, 三隅 洋平, 増田 曜章, 松本 紗也加, 木下 祐美子, 末永 元輝, 大林 光念, 山下 太郎, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 97-97   2016年11月
熊本大学アミロイドーシス診療体制構築事業における病型診断結果と自律神経障害の頻度に関する検討
山下 太郎, 植田 光晴, 三隅 洋平, 増田 曜章, 田崎 雅義, 高松 孝太郎, 大林 光念, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 96-96   2016年11月
同一コドン内の二塩基置換による遺伝性トランスサイレチンアミロイドーシスATTR Val28Serの臨床像解析
三隅 洋平, 岡田 匡充, 植田 光晴, 山下 太郎, 増田 曜章, 田崎 雅義, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 96-96   2016年11月
家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)ATTR Thr59Argの臨床像
渡邊 哲也, 大林 光念, 三隅 洋平, 田崎 雅義, 神力 悟, 安藤 友孝, 赤神 隆文, 植田 光晴, 山下 太郎, 廣谷 信一, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 95-95   2016年11月
新規変異型の遺伝性トランスサイレチンアミロイドーシス(ATTR Ala36Asp)の臨床病理解析
野村 隼也, 山下 太郎, 三隅 洋平, 植田 光晴, 増田 曜章, 田崎 雅義, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 95-95   2016年11月
新たに見つかったコンパウンドヘテロ変異がもたらす家族性アミロイドポリニューロパチーの病態解析
松本 紗也加, 植田 光晴, 天野 朋子, 田崎 雅義, 三隅 洋平, 増田 曜章, 水上 真由美, 木下 祐美子, 末永 元輝, 大林 光念, 山下 太郎, 古谷 博和, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 95-95   2016年11月
新規トランスサイレチン変異(TTR, Lys80Arg)を有する家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)家系の臨床所見
古谷 博和, 宮本 由賀, 上田 素子, 森田 ゆかり, 古田 興之介, 大崎 康史, 山下 太郎, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 95-95   2016年11月
パーキンソン病の起立性低血圧における障害部位の検討
岡崎 敏郎, 上山 秀嗣, 大林 光念, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 91-91   2016年11月
全身性無汗症を呈した抗ganglionicアセチルコリン受容体抗体陽性の一例
兒玉 憲人, 小迫 拓矢, 武井 藍, 永田 龍世, 崎山 佑介, 中村 友紀, 橋口 昭大, 道園 久美子, 樋口 理, 中根 俊成, 安東 由喜雄, 高嶋 博
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 86-86   2016年11月
皮膚・筋と自律神経 皮神経に着目して行う小径線維ニューロパチーの早期診断および病態解析
増田 曜章, 大林 光念, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 70-70   2016年11月
自律神経障害と自己抗体のインターフェース
中根 俊成, 安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 60-60   2016年11月
家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)と自律神経障害
安東 由喜雄
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 46-46   2016年11月
【シェーグレン症候群の最近の知見】 シェーグレン症候群の神経病変 自己抗体の視点から
中根 俊成, 安東 由喜雄
リウマチ科   56(5) 465-471   2016年11月
杉内 博幸, 永田 和美, 安東 由喜雄
臨床検査   60(12) 1452-1458   2016年11月
<Point>自動分析装置で測定することが可能な高比重リポ蛋白コレステロール(HDL-C)直接法が日常検査で普及している.検体の長時間保存では,高比重リポ蛋白(HDL)粒子を構成する脂質成分の変化によって測定値が変動するので,測定する場合は新鮮検体を用いる.HDL-C直接法は,apoE-rich HDLなど特殊リポ蛋白が増加した検体に対する反応性が試薬間で異なるので,試薬の特性を十分把握して用いることが望ましい.HDL-C直接法は,健常人検体では試薬間の測定値のバラツキは小さいが,患者検体...
【救急治療薬-ここが知りたい、何故使うか、どう使うか】 知っておきたい救急治療薬の今日の議論 てんかん重積の制御と痙攣消失後の再発予防にかかわる治療薬
松原 崇一朗, 久保田 有一, 程塚 研一, 今中 康介, 江川 悟史, 児玉 智博, 中本 英俊, 豊田 一則, 安東 由喜雄
救急医学   40(12) 1503-1512   2016年11月
【神経内科疾患のtrends & topics 2017】 末梢神経疾患
山下 太郎, 安東 由喜雄
Mebio   33(11) 54-60   2016年11月
進行性核上性麻痺の臨床病型と頭部MRIでのP/MB ratioの関連
中原 圭一, 中根 俊成, 小阪 崇幸, 安東 由喜雄
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   10回 99-99   2016年10月
当院におけるパーキンソン病関連疾患患者の熊本地震前後の運動症状変化に関する調査(速報)
阪本 徹郎, 堀 寛子, 栗崎 玲一, 橋本 洋一郎, 安東 由喜雄
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   10回 93-93   2016年10月
明日から役立つunmet clinical needsへの対応 パーキンソン病におけるcamptocormiaの病態
中根 俊成, 安東 由喜雄
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   10回 63-63   2016年10月
全身性血管炎症候群患者に見られた脳梗塞
中島 誠, 植田 明彦, 安東 由喜雄
神経治療学   33(5) S218-S218   2016年10月
骨格筋・心筋障害を呈した浸潤性胸腺腫を有する重症筋無力症の1例
池ノ下 侑, 中根 俊成, 松尾 圭将, 竹内 陽介, 波止 聡司, 高松 孝太郎, 三隅 洋平, 小阪 崇幸, 鈴木 重明, 鈴木 則宏, 安東 由喜雄
神経治療学   33(5) S209-S209   2016年10月
潰瘍性大腸炎に多彩な末梢神経障害を認めた1例
竹内 陽介, 増田 曜章, 三隅 洋平, 森 由紀子, 中島 昌利, 小林 起秋, 徳永 竜馬, 吉田 直矢, 植田 光晴, 中根 俊成, 大林 光念, 佐々木 裕, 馬場 秀夫, 安東 由喜雄
臨床神経学   56(10) 728-728   2016年10月
骨格筋・心筋障害を呈した浸潤性胸腺腫を有する抗アセチルコリン受容体抗体陽性重症筋無力症の1例
池ノ下 侑, 中根 俊成, 松尾 圭将, 竹内 陽介, 波止 聡司, 高松 孝太郎, 三隅 洋平, 小阪 崇幸, 鈴木 重明, 鈴木 則宏, 安東 由喜雄
臨床神経学   56(10) 724-724   2016年10月
脳底動脈のdolichoectatic aneurysmを背景に脳幹梗塞を繰り返した1例
濱 諒輔, 進藤 誠悟, 長尾 洋一郎, 和田 邦泰, 寺崎 修司, 安東 由喜雄
臨床神経学   56(10) 723-723   2016年10月
治る神経内科の実践 アミロイドニューロパチー
安東 由喜雄
臨床神経学   56(10) 710-710   2016年10月
【不定愁訴症候群とどう向き合うか】 アミロイドーシス
山下 太郎, 安東 由喜雄
成人病と生活習慣病   46(10) 1298-1303   2016年10月
アミロイドーシスでは多臓器の障害により、全身倦怠感などの非特異的症候や、末梢神経障害、自律神経障害、手根管症候群、心不全、不整脈、腎障害などがみられるため、患者の訴える症状は極めて多様であり、疾患特異性がないため、しばしば不定愁訴症候群や、自律神経失調症、過敏性腸症候群などの機能性胃腸症と誤診されることがある。本症では一般臨床検査所見で異常がみられないことがあり、確定診断には多彩な臨床症候から本症を疑い、生検などの特殊検査を施行することが必要である。本症は、近年の治療の進歩により、確定診断...
2016熊本地震後に行ったエコノミークラス症候群予防を目的としたDVT検診の結果と予測因子 KEEP project検診結果
佐藤 幸治, 坂本 憲治, 橋本 洋一郎, 榛沢 和彦, 福田 仁也, 宇宿 弘輝, 木原 史恵, 増永 純夫, 田中 信次, 中島 誠, 細川 浩, 稲富 雄一郎, 西上 和宏, 野田 勝生, 小島 淳, 長井 洋平, 安東 由喜雄, 小川 久雄, 掃本 誠治
脈管学   56(Suppl.) S251-S252   2016年10月
当院で経験したM蛋白血症を伴ったアミロイドーシスの解析
草場 香那, 久富 崇, 森 大輔, 明石 道昭, 横尾 眞子, 松石 英城, 山下 太郎, 安東 由喜雄, 近藤 誠司, 権藤 久司
好生   54(1) 48-49   2016年9月
膵臓β細胞膜におけるN型糖鎖を介した栄養センサー分子の局在制御
前田 賢人, 田崎 雅義, 安東 由喜雄, 大坪 和明
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [1T08-05(1P   2016年9月
CYLDは頭頸部扁平上皮癌におけるEGFR標的治療の感受性制御因子である
神力 悟, 城野 博丈, 安東 由喜雄, 松井 啓隆
臨床病理   64(補冊) 4-64   2016年9月
平成28年熊本地震における痙攣入院患者の動向
稲富 雄一郎, 山川 詩織, 井 建一朗, 神宮 隆臣, 永沼 雅基, 池野 幸一, 米原 敏郎, 中島 誠, 安東 由喜雄
てんかん研究   34(2) 469-469   2016年9月
自己免疫性自律神経節障害におけるMIBG心筋シンチグラフィーの有用性の検討
向野 晃弘, 中根 俊成, 樋口 理, 前田 泰宏, 松尾 秀徳, 安東 由喜雄
神経免疫学   21(1) 117-117   2016年9月
体位性頻脈症候群患者の自己免疫機序を検討する
渡利 茉里, 中根 俊成, 向野 晃弘, 増田 曜章, 高松 孝太郎, 中島 誠, 安東 由喜雄, 前田 泰宏, 樋口 理, 松尾 秀徳
神経免疫学   21(1) 117-117   2016年9月
免疫チェックポイント阻害薬に関連して発症した重症筋無力症6例の臨床的特徴
高松 孝太郎, 中根 俊成, 鈴木 重明, 山川 詩織, 小阪 崇幸, 木村 俊寛, 宮下 梓, 福島 聡, 尹 浩信, 鈴木 則宏, 安東 由喜雄
神経免疫学   21(1) 115-115   2016年9月
抗ganglionicアセチルコリン受容体抗体陽性自己免疫性自律神経節障害の臨床的特徴の解析
向野 晃弘, 中根 俊成, 樋口 理, 前田 泰宏, 松尾 秀徳, 安東 由喜雄
神経免疫学   21(1) 100-100   2016年9月
脳底動脈のDolichoectatic aneurysmを背景に脳幹梗塞を繰り返した1例
浜 諒輔, 進藤 誠悟, 長尾 洋一郎, 和田 邦泰, 寺崎 修司, 安東 由喜雄
日赤医学   68(1) 165-165   2016年9月
ホジキンリンパ腫の化学療法開始直後に発症した辺縁系脳炎の1例
平原 智雄, 山本 文夫, 原 健太朗, 西 晋輔, 田北 智裕, 榮 達智, 安東 由喜雄
NEUROINFECTION   21(2) 219-219   2016年9月
Commonな神経疾患における自律神経症候 耐糖能異常(IGT)ニューロパチー
大林 光念, 増田 曜章, 安東 由喜雄
自律神経   53(3) 208-211   2016年9月
Wernicke脳症の3徴候を呈さない潜在的ビタミンB1欠乏症に関する検討
小阪 崇幸, 田北 智裕, 安東 由喜雄
日本早期認知症学会誌   9(3) 80-80   2016年8月
遺伝性アミロイドアンギオパチーと認知症
安東 由喜雄
日本早期認知症学会誌   9(3) 32-32   2016年8月
臨床実習における医学科学生の望ましい服装について
古川 昇, 松下 正輝, 中川 富紀子, 谷口 純一, 後藤 理英子, 小山 耕太, 松井 邦彦, 西村 泰治, 安東 由喜雄
医学教育   47(Suppl.) 242-242   2016年7月
大学生における心身の不調と医療機関への受診について 精神的な不調への早期支援に関する報告
松下 正輝, 足立 浩祥, 壁下 康信, 古川 昇, 谷口 純一, 後藤 理英子, 小山 耕太, 松井 邦彦, 安東 由喜雄
医学教育   47(Suppl.) 233-233   2016年7月
【免疫性・炎症性神経疾患-病態解明から疾患修飾薬開発まで-】 《末梢神経疾患》 自己免疫性自律神経節障害
中根 俊成, 安東 由喜雄
Modern Physician   36(7) 735-739   2016年7月
<ポイント>自己免疫性自律神経節障害は抗自律神経節アセチルコリン受容体抗体によって発症する広範な自律神経障害である。本症は急性、慢性いずれの経過もとり得る。起立性低血圧・起立不耐で発症することが多く、下部消化管症状、発汗障害、排尿障害などをきたしやすい。内分泌障害や悪性腫瘍のスクリーニングも必要であり、またしばしば中枢神経系症状を呈する。ステロイドパルスや大量ガンマグロブリン静注療法、血液浄化療法などのfirst line治療と経口プレドニゾロン内服などの持続的免疫調節(second li...
人間ドック受診者対象の「2025年問題」に関する意識調査
和田 邦泰, 細川 浩, 寺崎 修司, 長谷川 秀, 本多 一宏, 佐久間 克彦, 中島 伸一, 安東 由喜雄
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   (JARM2016) I231-I231   2016年6月
特発性後天性全身性無汗症に対する免疫グロブリン大量静注療法の効果
増田 曜章, 大林 光念, 三隅 洋平, 植田 明彦, 植田 光晴, 山下 太郎, 中根 俊成, 安東 由喜雄
自律神経   53(2) 199-199   2016年6月
採血によるcomplex regional pain syndromeの発現頻度と臨床的特徴
大林 光念, 増田 曜章, 植田 光晴, 三隅 洋平, 山下 太郎, 中根 俊成, 安東 由喜雄
自律神経   53(2) 187-187   2016年6月
アミロイドーシス関連疾患update 自律神経障害からみたアミロイドーシスの多様性と診断法
山下 太郎, 安東 由喜雄
自律神経   53(2) 158-158   2016年6月
アミロイドーシス関連疾患update FAP肝を移植された二次レシピエントに生じる医原性アミロイドーシス
三隅 洋平, 安東 由喜雄
自律神経   53(2) 149-151   2016年6月
家族性アミロイドポリニューロパチー治療を企図したPEG化ラクトシル化修飾デンドリマー/シクロデキストリン結合体による肝臓へのsiRNAデリバリー
本山 敬一, 林 祐也, 東 大志, 城野 博史, 安東 由喜雄, 有馬 英俊
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   32回 194-194   2016年6月
糖鎖が決定する膵臓β細胞の栄養センサー膜ドメイン
前田 賢人, 田崎 雅義, 安東 由喜雄, 大坪 和明
日本細胞生物学会大会講演要旨集   68回 60-60   2016年5月
ALアミロイドーシスの質量分析による沈着軽鎖ペプチド解析
杉本 俊哉, 田崎 雅義, 藤井 絵理, 山下 太郎, 大林 光念, 遠藤 慎也, 西村 直, 奥野 豊, 藤原 志保, 和田 奈緒子, 満屋 裕明, 安東 由喜雄, 畑 裕之
International Journal of Myeloma   6(2) 114-114   2016年4月
ALアミロイドーシスの質量分析による沈着軽鎖ペプチド解析
杉本 俊哉, 田崎 雅義, 藤井 絵理, 山下 太郎, 大林 光念, 遠藤 慎也, 西村 直, 奥野 豊, 藤原 志保, 和田 奈緒子, 満屋 裕明, 安東 由喜雄, 畑 裕之
International Journal of Myeloma   6(2) 69-69   2016年4月
増田 曜章, 植田 光晴, 安東 由喜雄
神経治療学   33(2) 158-161   2016年3月
家族性アミロイドポリニューロパチー
安東由喜雄
日本臨床, 神経症候群(第2版)   (Ⅱ) 900-905   2015年
池田勝義,眞部正弘,上村弘子,大林光念,安東由喜雄
検査と技術   43(3) 198-206   2015年
全身性自律神経ニューロパチーにおける両側性Horner症候群
安東由喜雄、 大林光念
神経内科   (82) 43-46   2015年
アミロイドーシスにおける自律神経障害
安東由喜雄
Annual Review 2015 神経   264-270   2015年
家族性アミロイドポリニューロパチー
安東由喜雄
神経疾患 最新の治療2015-2017   231-233   2015年
山本 景一, 大隈 雅紀, 池田 勝義, 大林 光念, 藤本 陽子, 手塚 美奈, 宮川 寿一, 川口 辰哉
日本環境感染学会誌   30(5) 331-335   2015年
皮膚生検が診断に有用であった非典型CADASILの1例
玉木慶子,深江治郎,古賀佳織,永利聡仁,植田明彦,合馬慎二,坪井義夫
BRAIN and NERVE   67(12) 1533-1537   2015年
Miura M, Nakajima M, Fujimoto A, Ueda A, Watanabe M, Ando Y
臨床神経学   55(10) 743-747   2015年
安東由喜雄
臨床神経学   55(11) 797-803   2015年
プロテオミクスを利用した臨床検査 : アミロイドーシス診断におけるプロテオーム解析法の有用性
田崎 雅義, 大林 光念
臨床病理   63(8) 980-985   2015年
Matsubara S, Watanabe M, Inoue Y, Ando Y
臨床神経学   55(7) 478-482   2015年
山下昭一郎,池田勝義
検査と技術   43(5) 430-432   2015年
栄養アセスメント蛋白質
安東由喜雄
medicina   52(4) 126-128   2015年
池田勝義, 眞部正弘, 上村弘子, 大林光念
検査と技術   43(3) 198-206   2015年
アミロイドーシス診断構築事業の2年間の取り組み: 血清および組織プロテオミクス解析法を駆使した診断システムの貢献度
18. 田崎雅義, 大林光念, 植田光晴, 荻泰裕, 北川敬資, 久原春代, 大隈雅紀, 池田勝義, 安東由喜雄
日本臨床化学会九州支部会誌   (24) 56-58   2015年
緊張性瞳孔で偶然発見されたRoss症候群の1例
岡田匡充, 稲富雄一郎, 加藤勇樹, 軸丸美香, 大林光念, 米原敏郎, 安東由喜雄
臨床神経学   (55) 160-164   2015年
神経内科疾患の診断と臨床検査
山下賢, 安東由喜雄
診断と治療   (102) 111-118   2014年
シクロデキストリンの特性を活用した難治性アミロイドーシスの分子創薬
城野博史, 有馬英俊, 安東由喜雄
臨床化学   (43) 211-216   2014年
パラフィン包埋ホルマリン固定組織切片を利用したLMD-LC-MS/ MSシステムによる新たなアミロイドーシス診断法の構築
田崎雅義, 大林光念, 植田光晴, 安東由喜雄
臨床病理   (62) 291-296   2014年
多角的自律神経機能検査法をもちいた小径線維ニューロパチーの診断
大林光念、安東由喜雄
臨床検査   (58) 417-421   2014年
遺伝性アミロイドーシスの診断と治療
安東由喜雄
神経治療学   (31) 243-248   2014年
大林光念, 安東由喜雄
臨床検査   (58) 417-421   2014年

書籍等出版物

 
最新アミロイドーシスのすべて-診療ガイドライン2017とQ&A
安東 由喜雄
医歯薬出版株式会社   2017年3月   
神経内科研修ノート
診断と治療社   2015年   
病理 ALアミロイドーシス, 多発性骨髄腫の類縁疾患
医薬ジャーナル社   2014年   
アミロイドーシスと質量分析 ALアミロイドーシス, 多発性骨髄腫の類縁疾患, 清水一之編集, 多発性骨髄腫
医薬ジャーナル社   2014年   
家族性アミロイドポリニューロパチー 神経内科ノート
診断と治療社   2014年   
XIIIth International Symposium on Amyloidosis
GUARD (Groningen unit for Amyloidosisi Reserch & Development) Groningen, The Netherlands,   2014年   
内科学 第10版
朝倉書店   2013年   
検査診断学への展望
南江堂   2013年   
今日の神経疾患治療指針第2版
医学書院   2013年   
先天性代謝異常ハンドブック
中山書店   2013年   
標準臨床検査医学
標準臨床検査医学   2013年   
希少疾患・難病の診断・治療と製品開発
医療技術協会出版   2012年   
Year Note
メディックメディア   2012年   
最新医学 別冊 新しい診断と治療のABC 75/神経6 末梢神経障害
最新医学社   2012年   
アミロイドニューロパチー, 今日の治療指針2012
医学書院   2012年   
遺伝子・染色体検査業務, 遺伝子分析学
日本遺伝子検査同学院編集, 克誠堂出版   2011年   
遺伝子検査技術―遺伝子分析科学認定士指導者のためのテキスト― (共著)
宇宙堂八木書店   2011年   
Transthyretin amyloidosis in aged vervet monkeys, as a candidate for the spontaneous animal model of senile systemic amyloidosis.
InTech   2011年   
Amyloidosis - Mechanisms and Prospects for Therapy(共著)
InTech   2011年   
アミロイドーシス診療のすべて(共著)
医歯薬出版   2011年   
Annual Review神経 2011(共著)
中外医学社   2011年   
今日の診断指針第6版(共著)
丸善   2010年   
栄養評価―トランスサイレチンからなにがわかるか. ワンステップアップ栄養アセスメント
医歯薬出版   2010年   
EBM神経疾患の治療2009-2010(共著)
中外医学社   2009年   
Recent Advances in Transthyretin Evolution, Structure and Biological Functions(共著)
Springer   2009年   
臨床検査データブック2009-2010(共著)
医学書院   2009年   
医学大辞典(共著)
医学書院   2009年   ISBN:9784260005821
病態・薬物治療概論 薬物コアカリ対応:神経・筋疾患(共著)
丸善   2009年   ISBN:9784621080740
最新神経病改訂4版:自律神経疾患
金芳堂   2008年   ISBN:9784765313490
最新神経病改訂4版:家族性アミロイドポリニューロパチー
金芳堂   2008年   ISBN:978497813490
知っておきたい臨床検査値:血液生化学検査 5.血清タンパク質
東京化学同人   2007年   
知っておきたい臨床検査値:採血法と検体管理(共著)
東京化学同人   2007年   
知っておきたい臨床検査値:薬剤師と臨床検査(共著)
東京化学同人   2007年   
知っておきたい臨床検査値:栄養と専門薬剤師(共著)
東京化学同人   2007年   
自律神経機能検査 第4版
文光堂   2007年   
自律神経機能検査第4版:赤外光学的検査(共著)
文光堂   2007年   
細胞工学別冊 「最新 プロテオミクス・メタボロミクス」 :マススペクトロメトリーを用いた遺伝性アミロイドーシスの病態解析
秀潤社   2007年   
XIth International Symposium on Amyloidosis CRC Press:Effects of Liver Transplantation on Hereditary Cerebral Amyloid Angiopathy Associated with ATTR Y114C(共著)
CRC Press   2007年   
XIth International Symposium on Amyloidosis CRC Press:FK506 Inhibits Murine AA Amyloidosis without Modulating Serum SAA Levels(共著)
CRC Press   2007年   
XIth International Symposium on Amyloidosis CRC Press:Proliferation of Smooth Muscle Cells in The Tunica Intima of Cerebral Vessels in Familial Amyloidotic Polyneuropathy ATTR Y114C(共著)
CRC Press   2007年   
XIth International Symposium on Amyloidosis CRC Press:Amyloid Deposition in The Tongue of Patients with Familial Amyloidotic Polyneuropathy(共著)
CRC Press   2007年   
XIth International Symposium on Amyloidosis CRC Press:Inhibition of Intracellular Tetramerization Induces The Proteasomal Degradation of Amylodogenic Transthyretin Variants(共著)
CRC Press   2007年   
XIth International Symposium on Amyloidosis CRC Press:Effect of Nitric Oxide in Transthypetin-Related Amyloidosis(共著)
CRC Press   2007年   
XIth International Symposium on Amyloidosis CRC Press:Cardiomyopathy in FAP VAL30MET Patients With and Without Liver Transplantation(共著)
CRC Press   2007年   
XIth International Symposium on Amyloidosis CRC Press:Amyloid Neuropathy in A Japanese Domino Liver-Transplanted Recipent(共著)
CRC Press   2007年   
XIth International Symposium on Amyloidosis CRC Press:An Autopsy Case of Familial Amyloidotic Polyneuropathy ATTR VAL30MET 10 Years after Liver Transplantation:Changes in The Amount of Amyloid Deposits in The Pancreas(共著)
CRC Press   2007年   
XIth International Symposium on Amyloidosis CRC Press:Role of The C-Terminal Amino Acids in β2-Microglobulin Amyloid Formation(共著)
CRC Press   2007年   
XIth International Symposium on Amyloidosis CRC Press:Unique Phenotype of Vitreous Amyloidosis in Different Endemic Areas(共著)
CRC Press   2007年   
XIth International Symposium on Amyloidosis CRC Press:Urinary Transthyretin:A Possible Biochemical Marker in The Early Stage of Renal Dysfunction (共著)
CRC Press   2007年   
XIth International Symposium on Amyloidosis CRC Press:Clinical Trial for TTR Amyloidosis using Diflunisal(共著)
CRC Press   2007年   
EBM 神経疾患の治療:家族性アミロイドポリニューロパチーに肝移植は有効か(共著)
中外医学社   2007年   
Annual Review神経:家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)の免疫治療法(共著)
中外医学社   2007年   
Liver Transplantation and New Therapeutic Approaches for Familial Amyloidotic Polyneuropathy(FAP)
In Proceedings of XXIV World Congress of Pathology and Laboratory Medicine,Meng LL(ed) ISI   2007年   
最新自律神経学:末梢神経疾患 家族性アミロイドポリニューロパチー(共著)
新興医学出版   2007年   
クリクラナビ 基本的臨床能力学習ガイド 改訂第2版:31.臨床検査の必要性、採血・検体採取と解釈(共著)
金原出版   2006年   
クリクラナビ 基本的臨床能力学習ガイド 改訂第2版:33.尿、便検査
金原出版   2006年   
国際治療ハンドブック序文 「グローバルスタンダードの素晴らしい国際治療ハンドブック」
国際治療ハンドブック   2006年   
家族性アミロイドポリニューロパチーのアミロイド沈着過程におけるニトロソ化の役割
アミロイドーシスに関する調査研究(山田班)平成17年度総括・分担研究報告書   2006年   
プロテアソームを介したTTR分析機構およびFAP新規治療法の開発研究
アミロイドーシスの画期的診断・治療法に関する研究(池田班)平成17年度総括研究報告集   2006年   
AAアミロイドーシスの新たな治療法の考案-AAアミロイドーシスの発症に於けるT細胞の役割からみた治療研究-
アミロイドーシスの画期的診断・治療法に関する研究(池田班)平成17年度総括研究報告書   2006年   
遺伝子解析研究成果を研究と臨床に生かすための課題「家族性アミロイドポリニューロパチーを通して」
タスクフォースによる先端医学と社会の調和のための基盤整理(小林班)   2006年   
臨床遺伝学のすすめ
キューピーアイ出版   2004年   
家族性アミロイドーシス:薬物療法の展望
池田修一編集、アミロイドーシスの基礎と臨床、金原出版   2004年   
Aging and amyloidosis.
22nd World Congress of Pathology & Laboratory Medicine. Ed Park AE JA. Monduzzi Editore Blogna   2003年   
Standardization of laboratory data by using an animal derived caribrator.
Ed. 9th I.S.Q.C. Scientific Organizing Committee, 9th International Symposium on Quality Control and Management   2002年   
Impact of cystein (Cys)-conjugation and pH on amyloid formation of wild type and Met30 transthyretin (TTR).
Amyloid and Amyloidosis   2001年   
Application of electrogastrogram to evaluate gastric function in patients with familial amyloidotic polyneuropathy (FAP).
In Amyloid & Amyloidosis   2001年   
Amyloid formation in rat transthyretin (TTR)
Amyloid and Amyloidosis   2001年   
Presence of autoantibody against ATTRVal30Met after sequential liver transplantation
Amyloid and Amyloidosis   2001年   
Vitreous amyloid is formed by transthyretin (TTR) from the retina in familial amyloidotic polyneuropathy (FAP).
Amyloid and Amyloidosis   2001年   
Change in amyloid formation process of transthyretin (TTR) in oxidative stress induced rats.
Amyloid and Amyloidosis (Bely M editor)   2001年   
Oculo-leptomeningeal amyloidosis before and after liver transplantation in patients with familial amyloidotic polyneuropathy (FAP) ATTR Y114C.
Amyloid and Amyloidosis (Bely M editor)   2001年   
Macroscopic and microscopic manifestation of the gastrointestinal tract in familial amyloidotic polyneuropathy (FAP Met30).
Amyloid and Amyloidosis   2001年   
Presence of variant transthyretin (TTR) in aqueous humor of patients with familial amyloidotic polyneuropathy (FAP ATTR Val30Met) after liver transplantation
Amyloid and Amyloidosis   2001年   
Impact of cystein (Cys)-conjugation and pH on amyloid formation of wild type and Met30 transthyretin (TTR).
Amyloid and Amyloidosis (Kyle RA and Gertz MA editor)   1998年   
Down regulation of transthyretin (TTR)(Met30) by replacement of normal protein.
Amyloid and Amyloidosis (Kyle RA and Gertz MA editor)   1998年   
Molecular genetics of familial amyloidotic polyneuropathy type I
Chaorcot-Marie-Tooth Disorder   1990年   
Biochemical characterization of transthyretin Cys114 associated with familial amyloidotic polyneuropathy
Amyloid and Amyloidosis   1901年   

講演・口頭発表等

 
Antibody therapy for familial amyloid polyneuropathy [招待有り]
安東 由喜雄
XVth International Symposium on amyloidosis, Uppsala   2016年7月   
Familial amyloid polyneuropathy: diagnosis and therapies [招待有り]
安東 由喜雄
TTR-FAP Symposium, Seoul   2016年   
Familial amyloid polyneuropathy: diagnosis, pathogenesis, and therapies [招待有り]
安東 由喜雄
FAP Advisory Board Meeting, Seoul   2016年   
Effect of tafamidis on familial amyloid polyneuropathy [招待有り]
安東 由喜雄
Asia-Pacific TTR Advisory Board Meeting, Taipei   2016年   
臨床化学を通して我々は何をやってきたのか [招待有り]
安東 由喜雄
第56回日本臨床化学会   2016年   
家族性アミロイドポリニューロパチーと自律神経障害 [招待有り]
安東 由喜雄
第59回日本自律神経学会   2016年   
IRUDとは何か [招待有り]
安東 由喜雄
熊本県医師会学術講演会   2016年   
アミロイドアンギオパチーの最新の知見 [招待有り]
安東 由喜雄
第13回早期認知症学会   2016年   
神経内科疾患について [招待有り]
安東 由喜雄
パーキンソン病と脳・神経の病気を知るセミナー in 熊本   2016年   
家族性アミロイドポリニューロパチーの新たな知見 [招待有り]
安東 由喜雄
第52回脊髄・末梢神経・筋疾患懇話会   2016年   
熊本震災と神経内科力 [招待有り]
安東 由喜雄
厚生労働省「難病患者の地域支援に関する研究」(西沢班)特別講演   2016年   
遺伝性アミロイドーシス治療の新展開-治す神経内科学の実践- [招待有り]
安東 由喜雄
第62回臨床神経勉強会   2016年   
熊本震災における神経内科力 [招待有り]
安東 由喜雄
第57回日本神経学会   2016年   
論文の書き方、講演・口演の仕方、科研費書類の書き方 [招待有り]
安東 由喜雄
第57回日本神経学会   2016年   
映画と恋と遺伝子と [招待有り]
安東 由喜雄
熊本総合病院臨床カンファレンス   2016年   
わが国の多発性硬化症について [招待有り]
安東 由喜雄
多発性硬化症学術講演会   2016年   
治る神経難病の実践 [招待有り]
安東 由喜雄
仙台神経難病カンファレンス   2016年   
アミロイドーシス診断と質量分析法
臨床カンファレンス「トランスレーショナルリサーチの最前線」   2015年   
治る神経内科の実践
Lake Side Conference 特別講演   2015年   
検査医学の中でわれわれはこれまで何をやってきたのか
臨床実習連絡会議   2015年   
家族性アミロイドポリニューロパチーの歴史と治療の展望
世界希少疾患デーにちなんだプレスセミナー   2015年   
検査医学の中で彼われはこれまで何をやってきたのか
小酒井望賞受賞講演会   2015年   
家族性アミロイドポリニューロパチーのラウンドテーブルディスカッション
ビンダケル発売1周年祈念シンポジウム   2015年   
トランスサイレチンが引き起こすユニークなアミロイドアンギオパチー
33回日本認知症学会学術集会, 遺伝性血管性認知症から認知症の分子機構   2014年   
Investigation of factors associated with psychiatric symptoms in patients with advanced-staged Parkinson’s disease
4th Asian and Oceanian Parkinson’s Disease and Movement Disorders Congress (AOPMC)   2014年   
遺伝性アミロイドーシスの最新の知見
第31回徳島バイオサイエンスセミナー   2014年   
神経関連アミロイドーシスはどこまで治るようになったのか
第32回日本神経治療学会総会   2014年   
最近注目されているアミロイドニューロパチーの診断・病態解析・治療
島原市医師会学術講演会   2014年   
アミロイドアンギオパチーの最新の知見
Fighting Vascular Events in Hanshin   2014年   
治す!神経内科疾患
水俣医師会セミナー   2014年   
アミロイドニューロパチーはどこまで治るのか
岡山神経内科研究会   2014年   
Analyses of the pathogenesis in muscle-specific wild-type TDP-43 transgenic mice
19th International Congress of the World Muscle Society   2014年   
Cytoplasmic 5’-nucleotidase 1A are aggregated in type 2 fiber in sporadic inclusion body myositis
19th International Congress of the World Muscle Society   2014年   
The first Asian family having vocal cord and pharyngeal weakness with distal myopathy due to a MATR3 mutation
19th International Congress of the World Muscle Society   2014年   
アミロイドニューロパチーの最新の知見
京都神経内科セミナー   2014年   
治す!神経内科の実践
八代郡市医師会講演会   2014年   
アミロイドアンギオパチーの最新の知見
CADASIL研究会   2014年   
FAP研究の最近の動向
みちしるべの会講演会   2014年   
映画に描かれた疾患を考える
水俣総合医療センターカンファレンス   2014年   
アミロイドニューロパチーの最新の知見
順天堂カンファレンス   2014年   
Effect of Robot Suit Based on Cybernics on Gait Disturbance in Patients with Familial Amyloid Polyneuropathy
The XIVth International Symposium on Amyloidosis   2014年   
A risk factor for iatrogenic amyloid neuropathy after domino liver transplantation
International Symposium on Amyloidosis   2014年   
Function of fibroblasts in the clearance of aggregated transthyretin in familial amyloid polyneuropathy
XIVth International Symposium on Amyloidosis   2014年   
我々は何をやってきたのか
熊本大学中央検査部50周年記念式典   2014年   
治す!神経難病
第50回九州支部内科学会講演会   2014年   
トランスサイレチンアミロイドーシスの診断と病態解析
ビンダケル発売記念講演会   2014年   
家族性アミロイドポリニューロパチーの診断、治療の最新の知見
第16回福岡神経疾患研究会   2014年   
アミロイドーシス診断のピットフォール
第3回臨床血液病理研究会   2014年   
「治す!神経難病」
水俣病ミニシンポジウム   2014年   
「治す!神経難病」
宇城地区診療連絡会議   2014年   
「治す!神経内科疾患」
脳卒中・てんかん講演会   2014年   
「治る!神経内科」
人吉総合病院カンファレンス   2014年   
アミロイドーシス診断、病態解析、治療の最新の知見
第212回皮膚科学会熊本地方会   2014年   
より良い検査室を作るために
熊本県精度管理委員会報告会   2014年   
「治す!神経難病」
第50回九州支部内科学会講演会   2014年   
アミロイドーシスにおける早期診断システムと診療支援の重要性.
アミロイドーシスに関する調査研究班報告会   2014年   
治す!神経内科難病
御茶ノ水ブレインカンファレンス   2013年   
TTR-FAPの診断と治療
第二回, Webカンファレンス   2013年   
遺伝性アミロイドーシスの診断と治療
第31回日本神経治療学会   2013年   
治す!神経内科疾患
熊本総合病院カンファレンス   2013年   
治る!神経内科疾患
鹿児島県熊杏会   2013年   
Genotype phenotype correlation in Japanese FAP patients.
VIIIth FAP Symposium and FAP liver transplantation workshop   2013年   
「質量分析装置を用いたあたらなアミロイドーシスの診断」
第60回日本臨床検査医学会   2013年   
TTR-FAPの診断と治療
第一回, Webカンファレンス   2013年   
FAP治療の展望
家族性アミロイドポリニューロパチー患者会   2013年   
パーキンソン病の最新の治療
熊本県薬剤師会講演会   2013年   
アミロイドーシス診断のピットフォール
第1回アミロイドーシス研究会   2013年   
「より良い医学教育を求めて」-我々は熊本で何をやってきたのか,
第8回日本臨床検査教育学会学術大会   2013年   
「治る神経内科」
佐伯講演会   2013年   
アミロイドーシス研究の展望と課題.
アミロイドーシス調査研究班夏のワークショップ   2013年   
治らない、わからない、諦めない疾患から治る疾患へ
玉名医師会病院セミナー   2013年   
プロテオミクスの手法を応用した新たなアミロイドーシスの診断法の確立
第16回Organ Microcirculation Forum   2013年   
「アミロイドーシスの診断と治療―治る神経内科」
八代郡市医師会セミナー   2013年   
Familial amyloidotic polyneuropathy in Japan.
Pfizer European Meeting   2013年   
家族性アミロイドポリニューロパチーの診断 病態解析と治療
平成24 年度日本神経学会九州地区生涯教育講演会   2013年   
家族性アミロイドポリニューロパチーの診断・病態解析と治療
平成24年度日本神経学会九州地区生涯教育講演会   2013年   
Familial amyloidotic polyneuropathy in Japan.
Alnylam Meeting   2013年   
アミロイドーシスの新たな診断と治療
西日本病院カンファレンス   2013年   
新たしい検査医学の構築―我々は何をやってきたのか
第18回長崎県制度管理研究会   2013年   
精度管理と検査室
熊本県衛生管理所合同カンファレンス   2013年   
より良い検査室を求めて
熊本精度管理委員会   2013年   
肝移植後のFAP患者における組織沈着アミロイドの病理組織学的特徴と生化学的検討
平成24年度アミロイドーシスに関する調査研究班 研究報告会   2013年   
映画に描かれた神経難病を考える
第28回神経難病研究会   2013年   
脳血管髄膜型トランスサイレチンY114C関連アミロイドーシスにおける肝移植の効果と限界
「難治性ニューロパチーの診断技術と治療法の開発に関する研究」班会議   2012年   
集積地の高齢発症FAP患者と非集積地のFAP患者における臨床症候の検討.
平成23年度合同研究報告会   2012年   
Mass spectrometry as a useful diagnostic tool for hereditary amyloidosis.
19th International mass spectrometry conference   2012年   
「アミロイドーシスの最新の診断と治療」
国立病院機構セミナー   2012年   
あなたならどうする自律神経障害の臨床
第65回日本自律神経学会総会   2012年   
神経アミロイドーシスの病態解析と治療
阿蘇郡医師会セミナー   2012年   
「ヒトにはなぜ病気が多いのか」
「学びの交流会」   2012年   
チーム医療 検査部の切り札―NST活動
第52回臨床化学会年次総会   2012年   
家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)の病態解析の神経障害
第23回日本抹消神経学会   2012年   
学際的連携がひらく末梢神経機能再建への展望
第23回日本末梢神経学会   2012年   
アミロイドニューロパチーの病態解析と神経障害
第24階臨床神経生理研究会   2012年   
イントロダクション:「あきらめない、直らない、わからない」時代から治る」時代へ
熊日医療セミナー「パーキンソン病について学ぼう」   2012年   
遺伝性アミロイドーシスの診断と治療
社会保険診療報酬支払基金講演会   2012年   
「これまでの道しるべの会の軌跡」
道しるべの会   2012年   
技師と医師が一体となって作る新しい検査医学
第30回甲信越臨床化学会総会   2012年   
New therapetic approaches for familial amyloidotic polyneurotahy.
New therapetic approaches for familial amyloidotic polyneurotahy.   2012年   
検査医学の力で作る、研究、教育、診療の実際
シスメックスカンファレンス   2012年   

Works

 
家族性アミロイドポリニューロパシー患者の自律神経障害
1993年
家族性アミロイドポリニューロパシー患者の糖代謝異常
1993年
寒冷刺激による脳障害に対するSOD誘導体の効果
1993年
生体膜表面及び細胞外スーパーオキサイドラジカルに結合するアシル化SODの合成
1993年
自律神経障害患者の自律神経機能の多角的評価法
1993年
家族性アミロイドポリニューロパシー患者に対する肝移植
1994年
家族性アミロイドポリニューロパシーにおけるアミロイド沈着機構の解明
1993年
神経疾患におけるフリーラジカル障害の関与について
1993年
貧血のメカニズムにおける自律神経障害の関与
1996年
Discovery of a new amyloidosis-Lacotoferrin amyloidosis
2000年
映画に描かれた疾患と絆
芸術活動   2010年
映画に描かれた疾患と喪失感
芸術活動   2015年
アミロイドーシスへの理解を深めるための用語集
2011年 - 2012年
DNA診断および血清診断を用いた家族性アミロイドニュ-ロパシ-の疫学調査と病因解析
1991年 - 1992年
アミロイド-シスにおけるアミロイド沈着機構の解明:FAP患者における臨床的、病理学的、生化学的研究
1993年 - 1996年
家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)の遺伝子治療
2001年 - 2003年
超機能性人工核酸による家族性アミロイドニューロパチーの遺伝子治療
2003年 - 2005年
家族性アミロイドポリニューロパチーは何故スウェーデンでは発症し難いのか?
2004年 - 2006年
圧力軸実験によるアミロイド形成機構の解明
2004年 - 2006年
消化管アミロイドーシスの進展抑制を目指した免疫療法の開発
2004年 - 2007年
アミロイド沈着機構元に考案したアミロイドポリニューロパチーの新たな治療の開発
2004年 - 2008年
アミロイド形成機構を元に考案したアミロイドポリニューロパチーの新たな治療法の開発
2005年 - 2008年
分子イメージング診断による家族性アミロイドーシスの基礎的研究
2005年 - 2008年
Familial amyloidotic polyneuroapthy
2006年 - 2007年
ドミノ肝移植レシピエントの原疾患発症に影響する因子の解明
2007年 - 2008年
新たな遺伝子治療のコンセプトを用いたアミロイドポリニューロパチーの治療研究
2007年 - 2008年
頭脳循環を活性化する若手研究者海外派遣プログラム
2010年 - 2013年
アミロイドーシスに関する研究
2001年 - 2002年
家族性アミロイドポリニューロパチーの遺伝子治療
2001年 - 2002年
家族性アミロイドポリニューロパチーの遺伝子治療
2001年 - 2002年
自律神経って何?
2001年 - 2002年
アミロイドーシスに関する研究
2002年 - 2003年
アミロイドーシスの新しい診断・治療薬の研究
2002年 - 2003年
遺伝性ニューロパチーに関する研究
2002年 - 2003年
アミロイドーシスに関する診断治療研究
2003年 - 2004年
アミロイドーシスの新たな診断試薬の開発
2003年 - 2004年
遺伝性ニューロパチーの診断・治療研究
2003年 - 2004年
アミロイドーシスに関する研究
2004年 - 2005年
難治性ニューロパチーの治療に関する研究
2004年 - 2005年
タスクフぉースによる先端医学と社会の調和のための基盤整備
2004年 - 2008年
「アミロイドーシスの画期的な診断・治療薬の開発」
2005年 - 2006年
アミロイドーシスの画期的診断・治療法に関する研究
2005年 - 2008年
アミロイドーシスにおける画期的診断・治療法に関する研究
2006年 - 2007年
アミロイドーシスに関する研究
2006年 - 2007年
タスクフぉースによる先端医学と社会の調和のための基盤整備
2006年 - 2007年
難治性ニューロパチーの研究
2006年 - 2007年
難治性ニューロパチーの診断技術と治療法の開発に関する研究
2011年 - 2013年
家族性アミロイドポリニューロパチーの根治療法のための抗体医薬品の開発
2011年 - 2013年
水俣病患者の経年的変化および自然史の把握
2012年 - 2013年
水俣病の臨床像の変化(水俣病患者の長期の病歴を持つ臨床像の変化に関する多角的検討)
2012年 - 2013年
水俣病診療拠点設置・ネットワーク構築事業
2012年 - 2013年
水俣病診療拠点設置・ネットワーク構築事業
2014年 - 2015年
水俣病の臨床像の変化(水俣病患者の長期の病歴を持つ臨床像の変化に関する多角的検討)
2014年 - 2015年
水俣病診療拠点設置・ネットワーク構築事業
2015年 - 2016年
水俣病の臨床像の変化(水俣病患者の長期の病歴を持つ臨床像の変化に関する多角的検討)
2015年 - 2016年
L-threoDOPSの点鼻薬の開発
1995年 - 1997年
遺伝子治療に関する研究
1999年 - 2010年
FAPの遺伝子治療
2002年 - 2003年
SiRNAを用いた家族性アミロイドポリニューロパチーの遺伝子治療
2006年 - 2009年
JMCOEの活動における共同研究
2007年 - 2008年
トランスサイレチン関連アミロイドーシスの治療成績調査(THAOS):変異トランスサイレチン(TTR)または野生型TTRアミロイドーシスの患者における国際的多施設長期治療調査
2010年 - 2015年
トランスサイレチンに関する研究
2011年
水俣病の自然歴の実態調査
2015年
難治性ニューロパチーの診断技術と治療法の開発に関する研究
2015年 - 2016年
平成27年度水俣病に関する総合的研究
2015年 - 2016年
成人における未診断疾患に対する診断プログラムの開発に関する研究
2015年 - 2017年
アミロイドーシスの病態に関する共同研究
1995年 - 2010年
新しいアミロイドーシスを発見するための共同研究
1995年 - 2010年
自律神経解析法に関する研究
1995年 - 2010年
アミロイドーシスに関する研究
1996年 - 2004年
FAPの治療薬に関する研究
1998年 - 2010年
FAPの遺伝子治療
2001年 - 2005年
アミロイドを検出する新しい試薬に関する研究
2002年 - 2010年
機能性消化管障害の治療研究
2003年 - 2004年
ヘリコバクター・ピロリのmonoclonal抗体の有用性
2003年 - 2004年
新たな遺伝子診断法の開発
2003年 - 2004年
アミロイドーシスにおけるサイトカインの役割に関する研究
2006年 - 2007年
SiRNAとアテロコラーゲンを用いたFAPの遺伝子治療
2006年 - 2008年
二次性アミロイドーシスの新たな治療戦略の開発
2007年 - 2008年
IL-Bによるアミロイドーシスの治療戦略
2007年 - 2008年
AAアミロイドーシスに対するタクロリムスの抑制効果とそのメカニズム
2007年 - 2010年
アテロコラーゲンを用いたFAPの遺伝子治療
2009年 - 2010年
家族性アミロイドポリニューロパチーの予防及び治療のための抗体医薬品の開発(化血研)
2009年 - 2010年
siRNAを用いた遺伝性疾患治療法の開発
2009年 - 2011年
トランスサイレチンに関する研究
2009年 - 2011年
高感度トロポニン測定試薬の感度ならびに基準範囲の検証
2010年 - 2011年
Measurement of serum midkine of serum samples
2010年 - 2011年
自動免疫測定におけるデータ変動とその要因解析
2011年 - 2012年
Measurement of serum midkine of serum samples. (Cellmid Limited)
2011年 - 2012年
Measurement of serum midkine of serum samples.
2011年 - 2012年
全自動臨床検査システム化学発光法試薬の検討協力
2011年 - 2015年
トランスサイレチンに関する研究
2011年 - 2016年
「エリアCTDスクリーン」の臨床的有用性の検討
2012年 - 2013年
バイコマイシンMIC測定における菌液調整の影響の基礎検討
2012年 - 2013年
「エリアCTDスクリーン」の臨床的有用性の検討
2014年
ゲノム編集技術を利用した遺伝性疾患治療へのデンドリマー/シクロデキストリン結合体類の応用に関する研究
2015年
日本人直腸・結腸がん患者に対するRAS遺伝子変異に関する臨床研究
2015年 - 2017年

競争的資金等の研究課題

 
家族性アミロイドポリニューロパーのアミロイド沈着機構の研究
科学研究費補助金
研究期間: 1983年   
アミロイドーシスにおけるアミロイド沈着メカニズムの解明
科学研究費補助金
研究期間: 1984年   

特許

 
アミロイドーシスの予防及び治療のための医薬
2002-137944