OHI Yasuyo

J-GLOBAL         Last updated: Nov 4, 2018 at 15:24
 
Avatar
Name
OHI Yasuyo
Affiliation
Former Institution / Organization Kagoshima University Faculty of Medicine
Degree
(BLANK)(Kagoshima University)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1992
Kagoshima University
 
 
 - 
1987
Faculty of Medicine, Kagoshima University
 

Published Papers

 
Sagara Y, Takada M, Ohi Y, Ohtani S, Kurozumi S, Inoue K, Kosaka Y, Hattori M, Yamashita T, Takao S, Sato N, Iwata H, Kurosumi M, Toi M
Breast cancer research and treatment   171(3) 675-683   Oct 2018   [Refereed]
Guestini F, Ono K, Miyashita M, Ishida T, Ohuchi N, Nakagawa S, Hirakawa H, Tamaki K, Ohi Y, Rai Y, Sagara Y, Sasano H, McNamara KM
Breast cancer research and treatment      Oct 2018   [Refereed]
Shimazu K, Sato N, Ogiya A, Sota Y, Yotsumoto D, Ishikawa T, Nakamura S, Kinoshita T, Tsuda H, Ohi Y, Akiyama F, Noguchi S
Annals of surgical oncology   25(9) 2603-2611   Sep 2018   [Refereed]
Umekita Y, Ohi Y, Iwaya O, Souda M, Sagara Y, Tamada S, Yotsumoto D, Tanimoto A
Histopathology      Jul 2018   [Refereed]
Honjo K, Hamada T, Yoshimura T, Yokoyama S, Yamada S, Tan YQ, Leung LK, Nakamura N, Ohi Y, Higashi M, Tanimoto A
Oncotarget   9(51) 29619-29633   Jul 2018   [Refereed]
Sasaki M, Tozaki M, Kubota K, Murakami W, Yotsumoto D, Sagara Y, Ohi Y, Oosako S, Sagara Y
Japanese journal of radiology   36(2) 122-133   Feb 2018   [Refereed]
Kikuchi K, McNamara KM, Miki Y, Moon JY, Choi MH, Omata F, Sakurai M, Onodera Y, Rai Y, Ohi Y, Sagara Y, Miyashita M, Ishida T, Ohuchi N, Sasano H
Breast cancer research and treatment   166(3) 709-723   Dec 2017   [Refereed]
Tanaka K, Tokunaga E, Yamashita N, Sagara Y, Ohi Y, Taguchi K, Ohno S, Okano S, Oda Y, Maehara Y
Breast cancer (Tokyo, Japan)   24(3) 384-392   May 2017   [Refereed]
Hirano H, Kawahara T, Niiro M, Yonezawa H, Takajyou T, Ohi Y, Kitazono I, Sakae K, Arita K
Molecular and clinical oncology   6(3) 321-326   Mar 2017   [Refereed]
Nishimura R, Toh U, Tanaka M, Saimura M, Okumura Y, Saito T, Tanaka T, Teraoka M, Shimada K, Katayama K, Koga T, Kurashita K, Hasegawa S, Todoroki H, Kai Y, Ohi Y, Toyoshima S, Arima N, Mitsuyama S, Tamura K
Oncology   93(1) 51-61   2017   [Refereed]
Sagara Y, Ohi Y, Matsukata A, Yotsumoto D, Baba S, Tamada S, Sagara Y, Matsuyama Y, Ando M, Rai Y, Sagara Y
Breast cancer (Tokyo, Japan)   20(2) 181-186   Apr 2013   [Refereed]
Hida AI, Sagara Y, Yotsumoto D, Kanemitsu S, Kawano J, Baba S, Rai Y, Oshiro Y, Aogi K, Sagara Y, Ohi Y
Breast cancer research and treatment   158(1) 1-9   Jul 2016   [Refereed]
Takagi M, Miki Y, Miyashita M, Hata S, Yoda T, Hirakawa H, Sagara Y, Rai Y, Ohi Y, Tamaki K, Ishida T, Suzuki T, Ouchi N, Sasano H
Breast cancer research and treatment   156(1) 45-55   Feb 2016   [Refereed]
Niikura N, Sakatani T, Arima N, Ohi Y, Honma N, Kanomata N, Yoshida K, Kadoya T, Tamaki K, Kumaki N, Iwamoto T, Sugie T, Moriya T
Breast cancer (Tokyo, Japan)   23(1) 92-100   Jan 2016   [Refereed]
Nakagawa S, Miki Y, Miyashita M, Hata S, Takahashi Y, Rai Y, Sagara Y, Ohi Y, Hirakawa H, Tamaki K, Ishida T, Watanabe M, Suzuki T, Ohuchi N, Sasano H
Breast cancer research and treatment   155(1) 65-75   Jan 2016   [Refereed]
Polley MY, Leung SC, Gao D, Mastropasqua MG, Zabaglo LA, Bartlett JM, McShane LM, Enos RA, Badve SS, Bane AL, Borgquist S, Fineberg S, Lin MG, Gown AM, Grabau D, Gutierrez C, Hugh JC, Moriya T, Ohi Y, Osborne CK, Penault-Llorca FM, Piper T, Porter PL, Sakatani T, Salgado R, Starczynski J, Lænkholm AV, Viale G, Dowsett M, Hayes DF, Nielsen TO
Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc   28(6) 778-786   Jun 2015   [Refereed]
Yoda T, McNamara KM, Miki Y, Takagi M, Rai Y, Ohi Y, Sagara Y, Tamaki K, Hirakawa H, Ishida T, Suzuki T, Ohuchi N, Sasano H
Cancer science   105(11) 1503-1509   Nov 2014   [Refereed]
Hamada T, Souda M, Yoshimura T, Sasaguri S, Hatanaka K, Tasaki T, Yoshioka T, Ohi Y, Yamada S, Tsutsui M, Umekita Y, Tanimoto A
Oncotarget   5(15) 6076-6086   Aug 2014   [Refereed]
Nishimura R, Arima N, Toyoshima S, Ohi Y, Anan K, Sagara Y, Mitsuyama S, Tamura K
Molecular and clinical oncology   1(1) 47-52   Jan 2013   [Refereed]
Ohi Y, Umekita Y, Sagara Y, Rai Y, Yotsumoto D, Matsukata A, Baba S, Tamada S, Matsuyama Y, Ando M, Sagara Y, Sasaki M, Tsuchimochi S, Tanimoto A, Sagara Y
British journal of cancer   107(8) 1239-1243   Oct 2012   [Refereed]

Misc

 
Her2過剰発現乳癌における超音波像の比較検討
高木 理恵, 持冨 ゆかり, 前田 ゆかり, 大井 恭代, 佐々木 道郎, 雷 哲明, 相良 吉昭
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回 778-778   May 2018
Encapsulated papillary carcinomaのPET/MRI所見
佐々木 道郎, 戸崎 光宏, 相良 吉昭, 大井 恭代, 久保田 一徳
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回 773-773   May 2018
PET/MRIで発見された副病変における細胞診の有用性の検証
前田 ゆかり, 大井 恭代, 永尾 聡子, 皆倉 愛美, 佐々木 道郎, 戸崎 光宏, 雷 哲明, 相良 安昭, 相良 吉昭
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回 658-658   May 2018
トリプルネガティブ乳癌におけるグルココルチコイドの生物学的作用
金井 綾子, McNamara Keely May, Fouzia Guestini, 岩渕 英里奈, 小野寺 好明, 三木 康宏, 宮下 穣, 山口 倫, 大井 恭代, 相良 安昭, 石田 孝宣, 笹野 公伸
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回 580-580   May 2018
DCIS治療の最適化 乳房温存術後のDCISに対する10年間のadjuvant therapyの変遷と臨床病理学因子との関連について
四元 大輔, 大井 恭代, 佐藤 睦, 川野 純子, 寺岡 恵, 木谷 哲, 金光 秀一, 馬場 信一, 相良 吉昭, 松山 義人, 相良 吉厚, 雷 哲明, 相良 安昭
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回 312-312   May 2018
病理診断の現在の課題と展望 液状化細胞診(LBC)による乳腺細胞診標準化の試み
大井 恭代, 前田 一郎, 小塚 祐司, 山口 倫, 皆倉 愛美, 永尾 聡子, 前田 ゆかり, 安毛 直美, 土屋 眞一
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回 299-299   May 2018
HER2陽性原発性乳癌の治療最適化 ER陰性HER2陽性乳癌におけるbasal markerの有用性に関する研究
服部 正也, 相良 安昭, 高田 正泰, 大井 恭代, 黒住 昌史, 大谷 彰一郎, 井上 賢一, 高尾 信太郎, 佐藤 信昭, 山下 年成, 小坂 愉賢, 黒住 献, 森田 智視, 岩田 広治, 戸井 雅和
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回 273-273   May 2018
乳がん早期診断における細胞診の役割 診断に苦慮した乳腺低異型度浸潤癌の細胞像の検討
皆倉 愛美, 前田 ゆかり, 永尾 聡子, 富田 暢子, 板坂 美里, 飛田 陽, 大井 恭代
日本臨床細胞学会雑誌   57(Suppl.1) 167-167   Apr 2018
乳腺LBC細胞診の展望 乳腺LBC検体を使用したクリニカルシークエンスの実践
赤羽 俊章, 西原 広史, 柳田 絵美衣, 山口 朋美, 大井 恭代, 原田 大, 飛田 陽, 谷本 昭英
日本臨床細胞学会雑誌   57(Suppl.1) 134-134   Apr 2018
乳腺LBC細胞診の展望 LBC法における乳腺浸潤性小葉癌の細胞像の検討
今野 和治, 白石 泰三, 杉本 寛子, 小山 英之, 北山 美佳, 柴原 亜希子, 河合 美穂, 矢野 孝明, 大井 恭代, 小塚 祐司
日本臨床細胞学会雑誌   57(Suppl.1) 133-133   Apr 2018
乳腺LBC細胞診の展望 LBC法による乳腺細胞診の標準的診断構築の試み
大井 恭代, 小穴 良保, 北村 隆司, 小塚 祐司, 土屋 眞一, 前田 一郎, 前田 ゆかり, 松澤 こず恵, 松原 美幸, 山口 倫
日本臨床細胞学会雑誌   57(Suppl.1) 131-131   Apr 2018
センチネルリンパ節生検における残された課題の解決に向けて OSNA法における乳癌センチネルリンパ節転移陽性症例に対する郭清省略についての検討
四元 大輔, 山口 美樹, 田中 眞紀, 山口 倫, 鈴木 真彦, 郡山 千早, 大井 恭代, 佐藤 睦, 川野 純子, 寺岡 恵, 木谷 哲, 金光 秀一, 馬場 信一, 相良 吉昭, 松山 義人, 相良 吉厚, 雷 哲明, 相良 安昭
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 465-465   Apr 2018
Triple negativeおよびHer2陽性乳癌における検診精査基準の有効性についての検討
高木 理恵, 持冨 ゆかり, 前田 ゆかり, 大井 恭代, 佐々木 道郎, 雷 哲明, 相良 吉昭
乳腺甲状腺超音波医学   7(2) 109-109   Mar 2018
永尾 聡子, 前田 ゆかり, 皆倉 愛美, 北園 暢子, 畑中 一仁, 梅北 善久, 大井 恭代
日本臨床細胞学会雑誌   56(6) 283-288   Nov 2017
目的:標準化された標本作製法である液状化検体細胞診(liquid based cytology;LBC)法を用いた乳腺粘液癌の細胞診断を確立する。方法:2013年9月から2015年12月までの間に穿刺吸引細胞診が実施され、当院にて粘液癌純型と組織学的に確定診断された10例のうち、LBC標本上に十分な上皮細胞集塊が観察された7例を対象とした。LBC標本は直接塗抹後にBDサイトリッチレッド保存液にて針内洗浄し作製した。検討項目は粘液・上皮細胞集塊・血管それぞれの出現様式と腫瘍細胞像である。成績...
LBCによる乳腺細胞診診断の標準化を目指して solid papillary carcinoma 3症例の検討
永尾 聡子, 前田 ゆかり, 皆倉 愛美, 北園 暢子, 板坂 里美, 大井 恭代
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.2) 848-848   Oct 2017
コンジローマ様癌と鑑別を要しレーザー蒸散術が奏功した子宮頸部異形成の一例
辻 隆広, 前田 ゆかり, 永尾 聡子, 皆倉 愛美, 北園 暢子, 板坂 美里, 畑中 一仁, 大井 恭代
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.2) 694-694   Oct 2017
乳腺細胞診の現状と新知見 乳腺液状化細胞診による新たな診断アプローチの検討
大井 恭代, 前田 ゆかり, 永尾 聡子, 皆倉 愛美, 北薗 暢子, 飛田 陽
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.2) 636-636   Oct 2017
cN+乳癌患者における術前化学療法後の病理学的腋窩リンパ節転移陰性についての検討
四元 大輔, 佐々木 道郎, 大井 恭代, 佐藤 睦, 川野 純子, 寺岡 恵, 木谷 哲, 金光 秀一, 馬場 信一, 相良 吉昭, 松山 義人, 安藤 充嶽, 相良 吉厚, 雷 哲明, 相良 安昭
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P120-5   Oct 2017
Pegfilgrastimの、TC(Docetaxel+Cyclophosphamide)療法に対する有用性の検討
木谷 哲, 四元 大輔, 相良 安昭, 金光 秀一, 佐藤 睦, 川野 純子, 寺岡 恵, 松山 義人, 安藤 充嶽, 大井 恭代, 相良 吉昭, 相良 吉厚, 雷 哲明
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P16-1   Oct 2017
トリプルネガティブ乳がん(TNBC)におけるグルココルチコイドの動態とその臨床的重要性
熊田 理名, マクナマラ・キーリー, 金井 綾子, 小野寺 好明, 菊池 杏子, 宮下 穣, 相良 吉昭, 雷 哲明, 大井 恭代, 山口 凛, 石田 孝宣, 大内 憲明, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   76回 P-2186   Sep 2017

Research Grants & Projects

 
Study on carcinogenesis and growth of mammary carcinoma
Study on histopathology of breast