中島 利博

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/14 17:08
 
アバター
研究者氏名
中島 利博
 
ナカジマ トシヒロ
URL
https://www.synoviolin.jp/
所属
東京医科大学
部署
医学総合研究所
職名
教授
学位
博士(医学)

研究分野

 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
東京医科大学 医学部 教授
 
2004年4月
 - 
2010年3月
聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター ゲノム医科学研究部門 教授
 
2000年12月
 - 
2010年3月
聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター 助教授
 
1997年12月
 - 
2000年11月
筑波大学 応用生物化学系 講師
 
1996年7月
 - 
1997年11月
米国ハーバード大学 医学部 細胞生物学科
 

学歴

 
 
 - 
1994年
米国ソーク研究所  
 
 
 - 
1989年
鹿児島大学 医学部 
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本線維筋痛症学会  副理事長
 
2005年
 - 
現在
日本リウマチ学会  評議員・指導医
 
2005年
 - 
現在
日本臨床リウマチ学会  評議員
 

受賞

 
2015年
キルギス共和国健康大臣 特別栄誉賞
 
1996年
日本内科学科奨励賞
 
2002年
日本リウマチ学会賞
 
2005年
ノバルティス・リウマチ医学賞
 

論文

 
Abatacept in combination with methotrexate in Japanese biologic-naïve patients with active rheumatoidarthritis: a randomised placebocontrolledphase IV study
中島 利博
RMD Open      2018年12月   [査読有り]
Identification of the inhibitory activity of E3 ligase Syvn1 in walnut extract
中島 利博
Mol. Med. Rep      2018年   [査読有り]
An E3 Ubiquitin Ligase, Synoviolin, Is Involved in the Degradation of Homocysteine-Inducible Endoplasmic Reticulum Protein.
中島 利博
Biol. Pharm. Bull   46(6) 915-919   2018年   [査読有り]
The NRF2-PGC-1β pathway activates kynurenine aminotransferase 4 via attenuation of an E3 ubiquitin ligase, Synoviolin, in a cecal ligation/perforation -induced septic mouse model.
中島 利博
Molecular Medicine Reports.      2018年   [査読有り]
中島 利博
Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry.   75 120-127   2017年   [査読有り]
nhibitory effects of ubiquitination of synoviolin by PADI4.
中島 利博
Mol. Med. Rep.      2017年   [査読有り]
中島 利博
J. Hard Tissue Biol.   25(4) 377-382   2016年   [査読有り]
Adverse effects of human papolloma virus vaccination on central nervous system:Neuro-endocrinological disorders of hypothalamo-pituitary axis.
中島 利博
The Autonomic Nervous System   53(1) 49-64   2016年   [査読有り]
中島 利博
Biochem Biophys Res Commun.   473(4) 1276-1280   2016年   [査読有り]
中島 利博
Int J Mol Med.   37 1611   2016年   [査読有り]

Misc

 
線維筋痛症の病態・病因
中島 利博
日本臨牀   76(11) 1921-1926   2018年
ヒト・パピローマ・ウィルスワクチン接種後の多彩な神経症候に関する病態考察 視床下部L1プロテイノパチー仮説
中島 利博
自律神経   54(2) 96-108   2017年
「アレルギーの臨床」に寄せる-885-「関節リウマチ発症因子シノビオリン」
中島 利博
アレルギーの臨床   37(9) 72-78   2017年
医学用語解説 ゲノム編集技術
中島 利博
炎症と免疫   25(2) 168-170   2017年
「アレルギーの臨床」に寄せる-858-「関節リウマチ発症因子シノビオリン」
中島 利博
アレルギーの臨床   37(2) 94-100   2017年

書籍等出版物

 
リウマチをなおす
中島 利博
出版芸術社   2014年12月   
世界の発酵乳 発酵乳の文化・生理機能 モンゴル・キルギスそして健康な未来へ
中島 利博 (担当:共著)
はる書房   2008年7月   

講演・口頭発表等

 
リウマチ滑膜細胞の増殖機構の解明
中島 利博
第 7 回医薬工 3 大学包括連携推進シンポジウム   2018年10月6日   
増殖を指標としたリウマチ滑膜細胞の遺伝子発現解析
中島 利博
第 7 回医薬工 3 大学包括連携推進シンポジウム   2018年10月6日   
女性研究者研究活動支援事業の取組とその後の成果
中島 利博
第 7 回医薬工 3 大学包括連携推進シンポジウム   2018年10月6日   
脳内炎症に関わるキヌレニンの代謝機構の解明
中島 利博
日本線維筋痛症学会第 10 回学術集会   2018年9月29日   
What Rheumatoid synovial cells tell us: apoptosis
中島 利博
APLAR’S EXTENSIVE COURSE ON RHEUMATOLOGY   2018年6月28日   

競争的資金等の研究課題

 
キルギスでのリウマチ熱蔓延の危険因子の分子疫学的解析と拠点集落でのその制圧の試み
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究B・海外学術調査)
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 中島 利博
新規二元的ミトコンドリア制御系によるサルコペニアの病態研究
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究B・一般)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 中島 利博
選択的ユビキチン化阻害剤を用いたミスセンス病の治療法開発
日本学術振興会: 科学研究費(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 中島 利博
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 中島 利博
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 中島 利博
関節リウマチは慢性炎症を基礎とする代表的疾患の1つであり、さらに、多関節において多段階の病的プロセスが進行することにより、時空間的に多様な病態を呈する。われわれはリウマチ滑膜細胞に過剰発現する分子として小胞体に存在するE3ユビキチン化酵素シノビオリンを発見した。シノビオリンは遺伝子改変動物を用いた研究により、少なくともマウスにおいては関節症発症の必要十分因子であることが証明されていた。また、関節リウマチの新薬である抗TNFα製剤の感受性を決定するバイオマーカーの可能性も示されている。さらに...