相良 康弘

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/21 04:29
 
アバター
研究者氏名
相良 康弘
 
サガラ ヤスヒロ
所属
中村学園大学
部署
教育学部 児童幼児教育学科
職名
教授
学位
理学博士(九州大学), D.Sc.(Kyushu University)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
   
 
中村学園大学教育学部 教授
 
2003年
 - 
2011年
中村学園大学人間発達学部 教授
 
1993年
 - 
2003年
高知医科大学医学部 助教授
 
1983年
 - 
1993年
九州大学薬学部 助手
 
1990年
 - 
1991年
米国テキサス大学 Southwestern Medical Center 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
1982年
九州大学大学院 理学研究科 生物学専攻
 
 
 - 
1977年
九州大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2004年
   
 
日本生化学会  九州支部 評議員
 
1994年
   
 
日本生化学会  中国・四国支部 幹事
 
1988年
   
 
日本生化学会  九州支部 幹事
 

論文

 
福岡市の幼稚園・保育園の立地環境条件からみた園庭での自然とのふれあいに関する一考察 —城南区あさひ幼稚園での実践 —
新井しのぶ、志水陽子、平田繁、相良康弘
中村学園大学・中村学園大学短期大学部研究紀要   (51) 119-127   2019年   [査読有り]
幼児・初等教育教員志望学生を対象とする自然科学系の授業に向けた教材動植物園の整備と活用
石田靖弘、新井しのぶ、長濱春佳、相良康弘
中村学園大学・中村学園大学短期大学部研究紀要   (51) 213-220   2019年   [査読有り]
Fine-scale geographic clustering pattern of human of human T-cell leukemia virus type 1 among blood donors in Kyushu-Okinawa, Japan.
Sagara Yasuko, Iwanaga M, Morita M, Sagara Yasuhiro, Nakamura H, Hirayama H, Irita K
Journal of Medical Virology   90(10) 1658-1665   2018年   [査読有り]
教員養成系学部に所属する大学1年次の大学での学業的遂行、達成動機および学習行動に関する基礎調査
笠原正洋、相良康弘、島内博行、田村孝洋、ブリテン, J.B.
中村学園大学・中村学園大学短期大学部研究紀要   (42) 39-53   2010年   [査読有り]
Sagara Yasuko, Inoue Y, Sagara Yasuhiro, Kashiwagi S
Cancer Science   100(3) 490-496   2009年   [査読有り]

書籍等出版物

 
cDNA cloning and characterization of rat adrenodoxin reductase: Effect of pI on the interaction              with adrenodoxin.
Sagara Y, Watanabe Y, Aramaki H
Molecular Steroidogenesis (Okamoto, M. et al. eds), pp. 113-114, Universal Academy Press, Tokyo   2000年   ISBN:4-946443-54-1
Site-directed mutagenesis of adrenodoxin: Mutations of amino acid close to the iron-sulfur center.
Hara T, Kondo Y, Higuchi Y, Sagara Y
Molecular Steroidogenesis (Okamoto, M. et al. eds), pp. 117-118, Universal Academy Press, Tokyo,   2000年   ISBN:4-946443-54-1
Bacterial P-450 Enzymes.
Horiuchi T, Koga H, Sagara Y
Cytochrome P-450, Second Edition, pp.186-205, Kodansha   1993年   
Gene structure of bovine adrenodoxin and adrenodoxin reductase.
Sagara Y, Takata Y, Sawae H, Kimura A, Horiuchi T
Drug Metabolizing Enzymes: Genetics, Regulation and Toxicology (Ingelman-Sundberg, M., Gustafsson, J-A. and Orrenius, S. eds.) p.50, Karolinska Institutet, Stockholm   1990年   ISBN:91-85910-562
遺伝子組換え実験の実際 (Practice of Gene Cloning)
相良康弘、堀内忠郎
蛋白工学研究法、pp.49-95、広川書店   1989年   

Misc

 
児童が生命の尊さを実感できる「着床」模式図の提案
新井しのぶ、石田靖弘、相良康弘
生物教育   58(3) 152-154   2017年   [査読有り]
ゼブラフィッシュを教材とした小学校向け胚発生観察手順書と発生ステージ図の作成
新井しのぶ、石田靖弘、相良康弘
中村学園大学 教職教育研究   (1) 19-22   2017年
17beta-estradiol (E2) abrogated osteolysis induced by HTLV-1 Env protein in vivo.
Sagara Yasuko, Sagara Yasuhiro, Hara T, Harada N, Inoue Y, Goto N, Kiyokawa H
Retrovirology   8(Suppl. 1) 54-55   2011年
ATL発症とその病態に伴う血中17β−Estradiolレベルの動態に基づく新規治療法の可能性
相良康子、相良康弘、原 孝之、原田信広、井上由紀子、後藤信代、清川博之
厚生労働省2010年度HTLV-1関連合同班会議ワークショップ      2011年
Epitopes of anti-197 antibody may correlate to the onset of HTLV-1-associated diseases.
Kojima E, Sagara Yasuko, Inoue Y, Sagara Yasuhiro, Kashiwagi S
AIDS Rsearch and Human Retroviruses   23(4) 644   2007年
シトクロムb5 構造と機能の多様性(指吸俊次 著)
相良康弘
生化学   77(3) 280-281   2005年
Cystathionine metabolism in patients with cystathioninuria and effect of priming of cystathionine metabolites on superoxide generation in human neutrophils.
Kodama, H., Zhang, J., Sugahara, K., Sagara Y. and Masuoka, Y.
Recent Research Developments in Biophysics and Biochemistry   1 189-199   2001年
細菌のチトクローム P-450
安河内孝徳、古賀秀雄、相良康弘、堀内忠郎
日本農芸化学会誌   66(2) 145-148   1992年
Control of expression of the cytochorome P-450cam operon and purification of the cam repressor (camR) of Pseudomonas putida PpG1.
Aramaki H, Koga H, Sagara Y, Hosoi M, Horiuchi T
Journal of Pharmacobio-Dynamics   14(s) 139   1991年
Relationship between the structure and activity of the cytochrome P-450cam —Purification and characterization of the mutant cytochromes P-450cam.
Koga H, Yaoi T, Sagara Y, Horiuchi T, Makino R, Shimada H, Ishimura Y
Journal of Pharmacobio-Dynamics   13(s) 30   1990年

講演・口頭発表等

 
HTLV-1水平感染における中高年齢層の易感染性について
相良康子、中村仁美、相良康弘、原田信宏、島村益広、松山博之、入田和男
第6回日本HTLV-1学会学術集会   2019年   
献血者におけるHTLV-1プロウィルス量の推移について
相良康子、中村仁美、木原紗耶香、岩永正子、相良康弘、島村益広、松山博之、入田和男
第67回日本輸血・細胞治療学会学術集会   2019年   
献血者から見出された抗体陰性HTLV-1キャリア
相良康子、中村仁美、倉光 球、相良康弘、松永克希、平山秀明、島村益広、岩永正子、大隈 和、浜口 功、入田和男
第5回日本HTLV-1学会学術集会   2018年   
保幼小連携のための幼児向け科学絵本の開発と検証 – 月の満ち欠けの規則性についての科学絵本の開発 –
新井しのぶ、白石理恵、石田靖弘、荒木信行、相良康弘
日本理科教育学会九州支部大会   2018年   
Geographical Distribution of HTLV-1 Carriers in Kyushu, an Endemic Area in the Southwestern Part of Japan.
Morita, M., Sagara, Y., Iwanaga, M., Sagara, Y., Inoue, Y., Nakamura, H., Goto, N., Hirayama, H., and Irita, K.
17th International conference on human retrovirology; HTLV-1 and related viruses   2017年   

競争的資金等の研究課題

 
本学自然科学系の授業に向けた学内ビオトープの有効活用
中村学園大学: プロジェクト研究
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 石田靖弘
小学校教員採用試験受験支援のためのe-ラーニング演習の構築
文部科学省: 大学教育・学生支援推進事業 (学生支援推進プログラム)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 藤本 淳
大学生の低学力世代に対する学力向上プログラムの策定に向けた学力実態の解明—入試様式、基礎学力、大学での学力の縦断的調査—
中村学園大学: プロジェクト研究
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 相良康弘
ステロイド代謝を触媒するチトクローム P-450 とその関連酵素の構造-活性相関
文部省: 国際学術研究
研究期間: 1993年 - 1995年    代表者: 大村恒雄
シトクロム P450cam オペロン・リプレッサー(CamR タンパク質)の構造と機能解析
文部省: 科学研究費補助金 重点領域研究(1)DNA 結合蛋白質
研究期間: 1992年       代表者: 堀内忠郎