安藤 隆男

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/05 02:52
 
アバター
研究者氏名
安藤 隆男
 
アンドウ タカオ
所属
筑波大学
部署
人間系
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
   
 
明治学院大学大学院 修士課程教育発達学専攻 非常勤講師「肢体不自由者教育学特講」
 
1981年4月
 - 
1993年3月
筑波大学 附属桐が丘養護学校 文部教官教諭
 
1983年4月
 - 
1994年3月
群馬大学 教育学部 非常勤講師「肢体不自由教育要論」担当
 
1989年4月
 - 
1993年3月
広島大学 学校教育学部 非常勤講師「肢体不自由心理」
 
1993年4月
 - 
1993年7月
筑波大学 学校教育部 講師
 

学歴

 
 
 - 
1978年
東京教育大学 教育学部 特殊教育
 
 
 - 
1980年
筑波大学 教育研究科 障害児教育
 

委員歴

 
2013年12月
 - 
2015年11月
独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会委員
 
2016年6月
   
 
独立行政法人国立特別支援教育総合研究所  運営委員
 
2016年6月
   
 
教育関連学会連絡協議会  社員
 
2016年6月
   
 
一般社団法人日本心理学諸学会連合  社員
 
2016年4月
   
 
茨城県教育委員会  特別支援教育推進会議委員
 

論文

 
自立活動の指導の新たな展開に向けての課題
安藤,隆男
肢体不自由教育   240 4-9   2019年5月
Takao, Ando;Yukari, Utsumi
Journal of Special Education Research   7(2) 79-88   2019年2月   [査読有り]
<p>In this study, teacher requirements for Jiritsu-Katsudo instruction in special needs schools for children with physical disabilities were explored. Furthermore, fundamental data to contribute to the professional development of teachers w...
肢体不自由特別支援学校のティーム・ティーチングにおける教師の意思決定過程の分析と授業改善
内海友加利・安藤, 隆男
特殊教育学研究   56(4)    2018年12月   [査読有り]
本研究は,肢体不自由特別支援学校のティーム・ティーチングに着目して,教師の意思決定過程を分析し,その結果を授業改善に活かすことを目的とした。授業分析は2回行った。第1回は,安藤(2009)が提起し,展開したティーム・ティーチングにおける教師の意思決定を参考に,授業デザインと実施のズレに対する教師間の意思決定の位相を分析した。第2回は,分析結果に基づき効果的な意思決定を行うための授業を再デザインし,授業の実施,分析を行った。第1回授業分析では,教師間の意思決定の過程にズレがあることが明らかに...
左藤, 敦子;安藤, 隆男;四日市, 章
障害科学研究   42(1) 217-226   2018年3月   [査読有り]
<p>国際教育協力機構および筑波大学附属特別支援学校5 校との連携のもと、ボリビア多民族国の研修員を対象に2012年度に教育実践型の本邦研修を実施した。本稿においては、帰国後の研修成果を検証するために、プログラムに参加した研修員を対象に研修の評価にかかわる質問紙調査を行った。その結果、研修の目的としていた「指導案の作成」「個別の指導計画作成」「子どもの実態把握」「教材教具の活用」「授業研究」等については、帰国後も継続されていることが明らかとなり、教員の専門性の向上に努める姿勢がうかがえた。...
新学習指導要領における「自立活動」の重点
安藤,隆男
特別支援教育の実践情報   (2018年12/1月号1) 4-5   2017年11月

書籍等出版物

 
「自立活動の指導」のデザインと展開 -悩みを成長につなげる実践32-
安藤,隆男
ジアース教育新社   2019年9月   ISBN:9784863715134
やわからアカデミズム・<わかる>シリーズ
安藤隆男/藤田継道 (担当:編者, 範囲:よくわかる肢体不自由教育)
ミネルヴァ書房   2015年4月   ISBN:9784623072507
平成29年度学習指導要領改訂のポイント特別支援学校
安藤,隆男 (担当:分担執筆, 範囲:自立活動の内容の改善・充実の方向性とその評価/重度・重複障害のある子どもの指導で求められること)
明治図書   2017年5月   
特別支援教育の到達点と可能性
安藤,隆男 (担当:分担執筆, 範囲:特別支援教育推進と今後求められる学術研究―日本特殊教育学会から―)
金剛出版   2017年9月   
平成29年版 小学校新学習指導要領の展開 総則編
安藤隆男/内海友加利 (担当:分担執筆, 範囲:4章 特別な配慮を必要とする児童への指導,1-障害のある児童などへの指導)
明治図書   2017年10月   

講演・口頭発表等

 
学会企画実践ワークショップ「各障害の専門性に基づく連携協働型実践研究の意義と展開について」
安藤,隆男
日本特殊教育学会第50回大会   2012年9月30日   日本特殊教育学会
STUDY OF HYDROGEN ICE PELLET ABLATION DURING EC AND NBI HEATING IN GAMMA-10
Yoneda, Yoshitaka;Yoshikawa, Masayuki;Nakashima, Yousuke;Nishino, Nobuhiro;Noto, Masamitsu;Kawano, Hirokazu;Higashizono, Yuta;Ando, Takao;Miyata, Yoshiaki;Ito, Marie;Morimoto, Naoyuki;Yonenaga, Ryo;Imai, Tsuyoshi
7th International Conference on Open Magnetic Systems for Plasma Confinement   2008年7月15日   

競争的資金等の研究課題

 
21世紀の特殊教育に対応した教育課程の望ましいあり方に関する基礎的研究
国内共同研究
研究期間: 2001年 - 2003年
特別支援学校教員養成における機関連携モデル構築に関する研究
文部科学省: 出資金による受託研究
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 安藤隆男
先導的大学改革推進委託
障害児教育分野における海外青年協力隊派遣現職教員サポート体制の構築-現職教員研修事業とテレビ会議システムの活用-
文部科学省: 出資金による受託研究
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 前川久男
文部科学省拠点システム構築事業「国際教育協力イニシアティブ」(平成18年~20年)