田巻 弘之

J-GLOBALへ         更新日: 13/03/11 08:46
 
アバター
研究者氏名
田巻 弘之
 
タマキ ヒロユキ
所属
新潟医療福祉大学
部署
医療技術学部 理学療法学科
職名
教授
学位
修士(体育学)(鹿屋体育大学 (NIFS)), 博士(医学)(鹿児島大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
1998年
カリフォルニア大学ロサンゼルス校 研究員
 

学歴

 
1994年4月
 - 
2001年10月
鹿児島大学 医学部 
 
 
 - 
1993年
鹿屋体育大学 (NIFS) 体育学研究科 スポーツ科学
 
 
 - 
1991年
鹿屋体育大学 (NIFS) 体育学部 体育・スポーツ
 

委員歴

 
2001年
   
 
- 日本体力医学会評議員
 
2003年
   
 
- 日本運動生理学会評議員
 
2003年
   
 
- 日本生理学会評議員
 
2007年
 - 
2008年
 日本学術振興会科学研究費委員会専門委員
 
2009年
 - 
2010年
 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員
 

受賞

 
2009年
第64回日本体力医学会大会研究奨励賞
 

Misc

 
最大随意収縮および電気刺激による母指内転運動の張力・速度関係(共著)
スポーツサイエンス   10(12) 828-834   1991年
電気刺激及び最大随意収縮における速度と張力(共著)
体力科学   39(6) 693   1993年
骨格筋β受容体密度は運動によって変化するか?(共著)
体力科学   40(6) 683   1991年
足関節運動時における単一運動単位の活動様式(共著)
体力科学   41(6) 723   1992年
短縮性および伸張性収縮における単一運動単位の活動参加順序の変化(共著)
体力科学   41(6) 722   1992年
野球のティーバッティングにおける踏み込み足の床反力(共著)
体力科学   41(6) 819   1992年
肩関節における身体空間知覚に対する目標指示速度の影響(共著)
体力科学   41(6) 757   1992年
等速性脚伸展能力と外側広筋の運動単位の収縮特性の関係について(共著)
日本体育学会第42回大会号   314   1991年
足関節における短縮性および伸張性収縮時の下腿三頭筋の活動パターン(共著)
九州体育学会第41回大会大会号   79   1992年
片足着地時の緩衡機構とその補助要因
日本体育学会第43回大会大会号   1992 
田巻 弘之, 北田 耕司, 倉田 博
体力科学   42(3) 292-300   1993年
足関節運動における角速度変化とヒト外側腓腹筋の単一運動単位の活動様式(共著)
体力研究   82(1) 59-66   1993年
歩行運動の着地時における中足指節関節の緩衡作用 (共著)
体力研究   82(1) 51-58   1993年
着地衡撃に対する足関節障害の積極的予防(共著)
第18回運動療法研究会講演論文集   29-34   1993年
一流長距離選手における足関節運動時の下腿三頭筋の活動様式(共著)
体力科学   42(6) 591   1993年
収縮状態における筋疲労時の筋硬度変化(共著)
体力科学   42(6) 590   1993年
一流長距離選手における足関節等速性運動時の下腿三頭筋の活動様式
鹿屋体育大学研究紀要   11 79-87   1994年
筋疲労による収縮時の筋硬度変化
13(2) 273-280   1994年
水中ウォーキングが筋・神経系に及ぼす運動生理学的研究-歩行速度の上昇における下腿筋の選択的活動-
鹿屋体育大学研究紀要   12 19-26   1994年
中高年消防官の体力づくり効果の推移
九州スポーツ医・科学会誌   6 111-118   1994年
田巻弘之, 北田耕司, 倉田博
体力科学   44(4) 457-464   1995年
北田 耕司, 田巻 弘之, 倉田 博
体力科学   45(1) 227-236   1996年
持続的運動がラット小腸におけるカルシウム吸収能及び骨形成に及ぼす影響
体力研究   91 101-108   1996年
短縮性および伸張性収縮速度制御時におけるヒト単一運動単位の活動様式
体育学研究   40(6) 371-380   1996年
神経筋協調能からみた少年サッカー選手のトレーニング効果
九州スポーツ医・科学会誌   9 101-106   1997年
シューズ底の硬度が歩行運動に与える影響
九州スポーツ医・科学誌   8 13-18   1996年
種々の方向と距離におけるバスケットボールのジャンプシュートの成功率
   1996年
木目 良太郎, 白澤 葉月, 田巻 弘之, 倉田 博, 佐古 隆之, 浜岡 隆文, 勝村 俊仁, 下光 輝一
体力科学   47(1) 103-117   1998年
下腿三頭筋における随意的等尺性収縮持続時の活動様式
九州スポーツ医・科学会誌   10 23-31   1998年
EHDP投与に続くランニングトレーニングが卵巣摘出ラットの骨塩量に及ぼす効果
九州・山口スポーツ医・科学会雑誌   11 41-47   1999年
種々の一定負荷における随意的等尺性収縮中の下腿三頭筋の筋電図パターン
体育学研究   4 164-175   1998年
神経・筋の活動からみた動きのコツ
体育の科学   49(11) 874-878   1999年
筋肉の利用方法の違いが疲労の発生と翌日の仕事量に及ぼす影響
デサントスポーツ科学   21 170-176   2000年
自転車エルゴメータによるウォーミングアップが上肢の素早い筋力発揮能力に及ぼす影響
トレーニング科学   12 111-120   2000年
サンダルの形状的差異が歩行時の地面反力および下肢筋活動に及ぼす影響
ウォーキング科学   4 89-94   2000年
大学スポーツ選手における体脂肪量変化の推移
九州スポーツ医・科学会誌   7 23-30   1995年
女子大学生にたいするトレーニング強度の決定法
九州スポーツ医・科学会誌   7 31-38   1995年
大学生女子選手のアネロビック・パワーとそれに関連する運動能力
九州スポーツ医・科学会誌   7 39-46   1995年
Alternate activity in the synergistic muscles during prolonged low-level contractions.
J. Appl. physiol   84, 1943-1951    1998年
Hindlimb locomotor and postural training modulates glycinergic inhibiton in the spinal cord of the adult spinal cats
Journal of Neurophysiology   82 359-369   1999年
New approach for analysis of muscle oxygen consumption : Deoxygenation rate/motor unit activity ratio.
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   50 73-75   2001年
筋肉のふるえを利用した持久性運動中の疲労回復のコツ
デサントスポーツ科学   24, 38-43    2003年
静的筋収縮時の生理的振戦による筋放電活動並びに循環系応答の変化
日本生理学雑誌   65, 397-405    2003年
競泳パフォーマンスの限定要因に関する検討 -MADシステムを用いた力学的・代謝的解析より-
デサントスポーツ科学   25, 122-130    2004年
異なる負荷強度での等尺性収縮持続時の協働筋の活動様式
日本生理人類学会誌   9, 53-58    2004年
筋疲労を遅延させるための神経-筋の戦略
バイオメカニクス研究   8, 106-111    2004年

競争的資金等の研究課題

 
運動制御の神経一筋機序
筋骨格系に対する運動と薬物の効果