渡部 敏明

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/28 02:42
 
アバター
研究者氏名
渡部 敏明
 
ワタナベ トシアキ
eメール
watanabeier.hit-u.ac.jp
URL
http://www.ier.hit-u.ac.jp/Japanese/faculty/twatanabe.html
所属
一橋大学
部署
経済研究所 経済・統計理論研究部門
職名
教授
学位
博士 (Ph.D.)(イエール大学)
その他の所属
日本銀行一橋大学一橋大学一橋大学一橋大学
科研費研究者番号
90254135

研究分野

 
 

経歴

 
1993年7月
 - 
1994年3月
東京都立大学 経済学部 講師
 
1994年4月
 - 
2001年9月
東京都立大学 経済学部 助教授
 
2001年10月
 - 
2005年3月
東京都立大学 経済学部 教授
 
2005年3月
 - 
現在
日本銀行 金融研究所 シニアフェロー
 
2006年4月
 - 
2015年3月
一橋大学 経済研究所 経済システム解析研究部門 教授
 

学歴

 
1986年9月
 - 
1993年12月
イエール大学大学院 経済学研究科 
 
 
 - 
1986年3月
東京大学 経済学部 経済学科
 

受賞

 
2011年11月
景気循環学会 景気循環学会中原奨励賞
 
2012年9月
日本統計学会 日本統計学会研究業績賞
 

論文

 
Toshiaki Watanabe
Journal of Applied Econometrics   14(2) 101-121   1999年3月   [査読有り]
Toshiaki Watanabe
Journal of Business & Economic Statistics   18(2) 199-210   2000年4月   [査読有り]
Toshiaki Watanabe
Applied Economics Letters   7(6) 353-355   2000年6月   [査読有り]
Toshiaki Watanabe
Statistics & Probability Letters   52(2) 177-181   2001年9月   [査読有り]
Toshiaki Watanabe
Applied Financial Economics   11(6) 651-658   2001年12月   [査読有り]

Misc

 
大森裕浩・渡部敏明
『経済セミナー』   (2018年4・5月)    2018年4月
大森裕浩・渡部敏明
『経済セミナー』   (2018年6・7月)    2018年5月
大森裕浩・渡部敏明
『経済セミナー』   (2018年8・9月)    2018年7月
大森裕浩・渡部敏明
『経済セミナー』   (2018年10・11月)    2018年9月

書籍等出版物

 
ボラティリティ変動モデル
渡部 敏明
朝倉書店   2000年5月   ISBN:4-254-27504-8C3550
ファイナンス・景気循環の計量分析 (共編著)
浅子和美, 渡部敏明 (担当:共編者)
ミネルヴァ書房   2011年12月   ISBN:9784623060474

講演・口頭発表等

 
Bayesian analysis of structural changes in ARFIMA models with an application to realized volatility
渡部 敏明
日本統計学会   2007年9月1日   
DSGEモデルとVARモデルの計量分析-MCMCのマクロ金融政策への応用
渡部 敏明
2009年度統計関連学会連合大会チュートリアルセッション   2009年9月6日   同志社大学
Bayesian Analysis of Time-Varying Parameter Vector Autoregressive Model for the Japanese Economy and Monetary Policy
渡部 敏明
グローバルCOE Hi-Stat 経済統計若手研究会「MCMCの経済データへの応用」   2009年9月15日   
Bayesian Analysis of Structural Changes in ARFIMA Models with an Application to Realized Volatility
Toshiaki Watanabe
International Workshop on Bayesian Econometrics and Statistics   2010年2月4日   
動学的マクロモデルの計量分析
藤原一平, 渡部敏明
日本経済学会2010 年度春季大会   2010年6月5日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ボラティリティ変動モデルの開発と金融リスク管理への応用
研究期間: 1993年7月 - 現在
科学研究費助成事業
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月
マルコフスイッチングモデルの拡張と景気循環への応用
研究期間: 2001年4月 - 現在
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月
高頻度データを用いた日本の証券市場の計量分析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月