吉川 徹

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/06 16:26
 
アバター
研究者氏名
吉川 徹
 
ヨシカワ トオル
URL
http://www.comp.tmu.ac.jp/yoshikawa/index-e.html
所属
首都大学東京
部署
都市環境科学研究科 建築学域
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学), 工学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1990年
東京都立大学 助手
 
1990年
 - 
1993年
東京都立大学 講師
 
1993年
 - 
2005年
東京都立大学 助教授
 
2005年
 - 
2006年
首都大学東京 助教授
 
2006年
 - 
2009年
首都大学東京 准教授
 
2009年
 - 
現在
首都大学東京 教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京大学 工学系研究科 都市工学
 
 
 - 
1985年
東京大学 工学部 都市工学科
 

受賞

 
2002年
法政大学多摩地域研究奨励賞本賞
 

論文

 
安達 諒, 讃岐 亮, 吉川 徹
日本建築学会技術報告集   25(59) 413-418   2019年
<p>This paper studied the influence of the diversity of the direction of pedestrians ("DDP") on the feeling of vibrancy. Sixteen processed images, which have different situations of the DDP, the number of people, the presence of shops, and the wid...
安池 健, 吉川 徹, 讃岐 亮
日本建築学会技術報告集   (57)    2018年6月
KONDO Takehiro, YOSHIKAWA Tohru
Urban and Regional Planning Review   5(0) 1-24   2018年
<p>This paper calculates the optimal urban form for a given total floor area with minimization of the total travel cost and studies the impact of changing various factors, by assuming the presence of multiple floors in three-dimensional cities hav...
対馬 銀河, 吉川 徹, 讃岐 亮
日本建築学会技術報告集 = AIJ journal of technology and design   23(54) 667-670   2017年6月
近藤 赳弘, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   82(733) 677-687   2017年
&nbsp;This article developed a new method to obtain optimum urban forms minimizing the moving cost from each point to the central district center with consideration of floor height. By applying the method to linear cities including hierarchical sp...
伴 宣久, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   82(735) 1211-1219   2017年
&nbsp;The Act on Special Measures Concerning Urban Renaissance to improve the civic functions and living environment came into force in June 2002 in response to changes in socio-economic situation such as rapid computerization, internationalizatio...
湖城 琢郎, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   82(742) 3181-3191   2017年
&nbsp;This article aims at developing a method to analyze the location potential distribution of retail stores, formed by population distribution and major road, and analyzes a case with a bypass in a local city to circumvent the urban area.<br>&n...
LE Phong Nguyen, 吉川徹
日本建築学会計画系論文集   (725) 1579‐1588   2016年7月
湖城琢郎, 吉川徹, 讃岐亮
都市計画論文集(CD-ROM)   50(2-3) ROMBUNNO.VOL.50NO.3,7   2015年10月
磯部 孝之, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   80(707) 145-155   2015年
This article analyzes the time required to arrive at the spot for first aid in recent large-scale urban facilities with skyscrapers in preparation for super aged society of Japan. For the horizontal movement time, a formula was constructed by comb...
Suzuki Tatsuya, Yoshikawa Tohru, Sanuki Ryo
Journal of Asian Architecture and Building Engineering   14(2) 355-362   2015年
This paper aims to formulate a quantitative method of evaluating accessibility to the various food facilities, which share the same purpose as meal suppliers but different characteristics, by a common index, for analysis of population distribution...
福島 紘子, 讃岐 亮, 吉川 徹, 市川 憲良, 上野 淳
日本建築学会計画系論文集   79(699) 1163-1170   2014年
This study aims at evaluating living convenience by accessibility on foot from dwelling units of super high-rise residential buildings to facilities. It chose Musashikosugi, Hashimoto and Musashikoganei as target areas. The analysis was based on t...
松井 紀莉子, 讃岐 亮, 吉川 徹, 市川 憲良, 上野 淳
日本建築学会計画系論文集   79(699) 1139-1148   2014年
This study aims at clarifying the relations of soundscape and smellscape with the elements constituting urban space in residential area. To this end, this study compared the characteristics of sounds and smells with those of urban space elements i...
藤井 和哉, 吉川 徹, 讃岐 亮, 市川 憲良, 上野 淳
日本建築学会計画系論文集   79(700) 1383-1390   2014年
The purpose of this study is to analyze the relationship between spatial organization and means of transportation of large commercial buildings in the metropolitan suburbs. Firstly, we compared the commercial characteristic with means of transport...
鈴木 達也, 吉川 徹, 讃岐 亮
日本建築学会計画系論文集   79(701) 1603-1611   2014年
The purpose of this study is to develop a method for obtaining refined population aggregate units using the information of the adjacent units in the national census. We compared two methods by estimating the aggregate population of 500m unit grids...
野口 雄史, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   79(697) 737-744   2014年
This study analyzes the influence of frequency in the use of convenience facilities, which changes with age, on the location pattern of these facilities and dwellings, considering the difficulties in shifting their location. To this end, this stud...
近藤 赳弘, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   79(703) 1923-1931   2014年
The purpose of this article is to obtain the optimum three-dimensional urban form when compact city system is formed. This article assumed hierarchical district centers and transportation system according to the stage of life needs. As a result, t...
讃岐 亮, 佐藤 栄治, 熊川 寿郎, 吉川 徹
保健医療科学   62 52-61   2013年2月
東日本大震災の発災当時,わが国ではその災害規模に対してしばしば想定外という言葉が用いられた.これに象徴されるように,これまでに積み重ねてきた防災・減災・事前復興というリスクマネジメントの概念による計画のみでは,大災害の備えとして十分でないことが明らかになる中で,クライシスマネジメントの視点から問題を再考することが,今後非常に重要になってくるだろうことは想像に難くない. 周知の通り,災害発生時には様々な地域施設へのアクセシビリティが低下し,災害の規模が大きいほど,その度合いは大きくなる.そし...
鈴木 達也, 讃岐 亮, 吉川 徹
都市計画論文集   48(3) 927-932   2013年
本研究の目的は、人口分布と住宅の機能を代替する施設の立地との関係を分析することである。住宅の機能の中で特に、食事に着目した。施設を使用する際の負荷は、エネルギーとコストの2通りで算出した。GISを用いて、道路距離による施設へのアクセシビリティとともに、それぞれの施設を利用する際の負荷を考慮し、もっとも負荷が小さくなる行動を想定し地図上にその分布を示した。結果は、単身世帯や15歳から45歳と60歳以上の人口の分布と住宅の機能を代替する施設を利用しやすい領域が重なることから、これらの世帯規模、...
讃岐 亮, 佐藤 栄治, 鈴木 達也, 吉川 徹, 牧 紀男
日本建築学会計画系論文集   78(692) 2127-2134   2013年
The purpose of the study is to analyze the effect of establishing places of refuge in commercial facilities in addition to public facilities. To this end, the differences in accessibility to the places of refuge were analyzed in whole Kii Peninsul...
讃岐 亮, 鈴木 達也, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   78(683) 149-157   2013年
The purpose of this study is to analyze the change in accessibility of the residents to gas stations in Iwate and Miyagi prefectures damaged by Great East Japan Earthquake, and to evaluate the effect of temporary small gas stations establishment. ...
小澤 諭, 岩松 俊哉, 鎌田 元康, 吉川 徹, 市川 憲良
日本建築学会環境系論文集   78(684) 135-140   2013年
This paper proposes a new method for evaluating the quantity of water resources considering architectural planning. The conventional evaluation method was only applicable to the quantity of water resources in local areas. We estimated quantities o...
讃岐 亮, 鈴木 達也, 吉川 徹
都市計画論文集   47(3) 859-864   2012年
本研究は、同時多発のガソリン需要を想定したときのガソリンスタンドのアクセシビリティと施設利用可能性を分析することを目的とする。そこで、青森市のガソリンスタンドを対象に、GISで計測した道路距離と施設のキャパシティの観点からケーススタディを行った。本研究では、消費者が順次最近隣の施設に向かうという探索型行動と、消費者が事前に割り当てられた施設に向かうという割当型行動の2つの行動パターンを想定した。また、ガソリン供給量の2段階の制限も想定した。これらの条件の下、ガソリンスタンドのアクセシビリテ...
鈴木 達也, 讃岐 亮, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   77(675) 1131-1137   2012年
The purpose of this article is to analyze the relation between population distribution and locations of facilities that replace the functions of houses in terms of spatio-temporal behavior of people. Among the functions, meal was focused on. In te...
近藤 赳弘, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   77(675) 1087-1093   2012年
The purpose of this article is to obtain the optimum urban form when compact city system is formed. This article assumed that the hierarchical district centers and transportation system are formed according to the stage of life needs. As a result,...
讃岐 亮, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   77(673) 639-648   2012年
The purpose of this article is to evaluate accessibility of the residents in Iwate prefecture to gas stations and to analyze the effects of their closedown. Road distances between the residents and gas stations were calculated on GIS network analy...
羽賀 正和, 吉川 徹
都市計画論文集   46(1) 55-62   2011年
本研究は、都市形態や都市構造に多様な影響を与える地形、特に坂が小売り商店に立地に与える効果に着目し、実際の都市空間における小売り商店の分布を調査して、傾斜角との関連を分析することを目的とする。このために、東京都世田谷区下北沢において、商店街が途切れる傾斜角の値を求めた。始めに、地理情報システムを用いてクランピング法による分析を行ったところ、小売り商店が集合している領域に比べ、小売り商店から離れている領域の傾斜角は大きいことが判明した。さらに、下北沢駅からの距離帯別にAICを用いた統計的分析...
近藤 赳弘, 吉川 徹
都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning   45(3) 139-144   2010年10月
讃岐 亮, 吉川 徹
都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning   45(3) 637-642   2010年10月
柳澤 一希, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   75(657) 2579-2587   2010年
This paper develops a basic tessellation model based on the overlapping calculation of simple Voronoi diagrams to estimate the distance decay pattern of number of users in a spatial demand structure for regional facilities with capacity. Distance ...
讃岐 亮, 吉川 徹, 佐藤 栄治
日本建築学会計画系論文集   75(658) 3011-3019   2010年
The purpose of this article is to analyze the effect of units for population aggregation on calculation precision of the road distances from the residents to the nearest regional facilities. To this end, the distances from the central point of mun...
讃岐 亮, 吉川 徹
都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning   44(3) 769-774   2009年10月
内原 英貴, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   74(642) 1805-1811   2009年
The aim of this study is to respond to the question whether Japanese local cities are heading for compact cities and whether urban planning measures for compact cities are effective. To this end, the population distribution of Hamamatsu and Kanaza...
豊田 正道, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   74(638) 889-896   2009年
The purpose of this study is to verify whether locating community facilities intensively is really effective or not. Many planned residential areas have neighborhood centers where community facilities are located intensively so that the total trav...
佐藤 栄治, 吉川 徹, 山田 あすか
日本建築学会計画系論文集   73(625) 611-618   2008年3月
The purpose of this study is to develop a method for location planning of regional facilities considering topographical condition and aging society. To this end, this article aims to express the regional reconstruction method by using converted di...
中林 綾, 吉川 徹
多摩ニュ-タウン研究   (10) 56-67   2008年
讃岐 亮, 吉川 徹, 饗庭 伸
都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning   42(3) 481-486   2007年10月
覺知 昇一, 吉川 徹, 中林 一樹
日本建築学会計画系論文集   (619) 125-132   2007年9月
The purpose of this study is to get a basic finding concerning the effect of improving turn possibility of fire engines in the intersection by the installation of corner cut and deployment of small fire engines in crowded wooden houses district wi...
谷口 幸平, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   (612) 123-129   2007年2月
The purpose of this research is the development of a model for locating spatial function in human space based on patterns of individual use of spatial function considering the frequency of use and the exclusive character on space. In the model, ev...
佐藤 栄治, 吉川 徹, 山田 あすか
日本建築学会計画系論文集   (610) 133-139   2006年12月
The purpose of this study is to develop a method for location planning of regional facilities. To this end, this article aims at formulating converted walking distance considering resistance of topographical features as well as changes in physical...
中林 綾, 佐藤 栄治, 吉川 徹
都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning   41(3) 677-682   2006年10月
柳澤 一希, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   (607) 111-118   2006年9月
This article investigates the demand structure of regional facilities from the viewpoint of selection process by users. To this end, demand decline by distance is analyzed by computer simulation of two cases. In the first case the users select the...
謝 秉銓, 角田 誠, 竹宮 健司, 吉川 徹, 倉斗 綾子
日本建築学会技術報告集   (23) 305-308   2006年6月
Recently we are paying more attention to global environment, constraints of resources and sustainable development. Repair and reuse are more effective in terms of economy and environment than rebuilding. In Tama City, public facilities were intens...
柳澤 一希, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   (597) 127-133   2005年11月
The purpose of this study is to formulate routes and load of quest for objects based on visual information in urban space. First we defined signs, objects attached to buildings and articles on display as visual information and classified them into...
佐藤 栄治, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   (593) 153-158   2005年7月
The purpose of this research is evaluate the three-dimensional spatial structure of Shiodome area, the urban space which is being constructed through the Urban Renewal of Japanese Government. The analysis is done from the viewpoint of accessibilit...
市川 総子, 阪田 知彦, 吉川 徹
GIS−理論と応用   Vol.12, No.1, pp.47-56(1) 47-56   2004年
The purpose of this study is to evaluate accessibility to spaces for disaster refuge considering danger of street-blockades caused by collapse of buildings on evacuation routes. To this end, a model of street-blockades is developed based on Monte-...
大仏俊泰, 西松照生, 吉川徹
日本建築学会計画系論文集   (564) 203-209   2003年2月
覚知昇一, 吉川徹
日本建築学会計画系論文集   (562) 217-223   2002年12月
飯塚裕介, 吉川徹, 青木義次
日本建築学会計画系論文集   No.559, pp.227-232(559) 227-232   2002年9月
吉川 徹, 田中 利幸
日本建築学会計画系論文集   (556) 273-279   2002年6月
The purpose of this article is to develop a method to analyze characteristics of land use agglomeration using grid data in a small area. To this end, the behavior of a criterion called as Same Edge Ratio (SER), which is the average ratio of edges ...
阪田 知彦, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   (545) 189-196   2001年7月
This paper aimed to analyze the distribution of the existing total floorage of business use in Tokyo wards based on CIS building data and square grid system. It is difficult to acquire the complete and broad-based total floorage data of business u...
堀 彰男, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   (540) 221-227   2001年2月
The purpose of this study is to develop a general method of facility location by Genetic Algorithm based on Co-Evolution. To this end, this article proposes a new method which forms an individual by the following two chromosomes, that is, 'locatio...
阪田 知彦, 吉川 徹
GIS-理論と応用   9(1) 9-18   2001年
This article is to clarify the consistency of building usage by the City Planning Basic Survey. To this end, we compared the Tokyo Metropolitan Government City Planning Map Systems (TMG-GIS) with the digital map data of fixed property tax (FPT-dig...
野坂 正史, 吉川 徹
日本建築学会計画系論文集   (525) 201-208   1999年11月
The aims of this study are to estimate the necessary number and to decide the optimum location of hierarchical day facilities for the elderly in Suwa-Nagayama district, Tama New Town. The population of this area is estimated to be about 20,000 in ...
吉川徹
日本建築学会計画系論文集   (520) 227-232   1999年6月
吉川徹
日本建築学会計画系論文集   (495) 147-154   1997年5月
メッシュ当たりの同一辺数による土地利用の集塊性の分析手法
総合都市研究   (56) 61-72   1995年
多項分布による敷地土地利用転換モデルに関する考察
総合都市研究   (53) 113-121   1994年
吉川 徹
GIS-理論と応用   1,109-119(1) 109-119   1993年
The aim of this study is to develop a method to analyze land use mixture closely based on geographical information systems (GIS). To this end, a function that indicates land use mixture closely ( land use ratio function ) is proposed. First, land ...
敷地単位の土地利用転換に着目したゾーニングの効果分析法
住宅政策理論と都市計画理論の連携のための基礎的研究-そのII   7-15    1993年
首都圏の細密数値情報土地利用データの標準地域メッシュシステムによる集計と図化(共著)
総合都市研究   49,81-94    1993年

Misc

 
安留佳佑, 吉川徹
都市計画報告集(CD-ROM)   (15) 101‐106   2017年4月
吉川 徹, 羽藤 英二, 伊藤 香織, 福田 大輔
都市計画 = City planning review   66(2) 12-17   2017年3月
吉川 徹
多摩ニュータウン研究 = Studies on Tama newtown   (19) 111-116   2017年
鈴木 雅之, 大友 直樹, 吉川 徹, 長谷川 洋, 鎌野 邦樹, 廣田 信子, 小林 秀樹, 齊藤 広子, 花房 博文
マンション学 : 日本マンション学会誌   (55) 72-80   2016年
SANUKI Ryo, SATOH Eiji, KUMAKAWA Toshiro, YOSHIKAWA Tohru
保健医療科学   62(1) 52-61   2013年2月
吉川 徹
改革者   52(5) 52-55   2011年5月
吉川 徹
日本不動産学会誌   23(4) 54-59   2010年
島田 由起, 吉川 徹, 阪田 知彦, 青木 隆道, 堀 彰男
総合都市研究   71 165-174   2000年3月
本研究は、地理情報システム(GIS) 技術を利用して、防災の観点を考慮しつつ、土地と建物の両面から東京の市街地の密集状態を把握することを目的として行った。この目的のため、まず東京23区を中心とした東京都東部の土地利用を分析した。分析にあたっては1989、94年の国土地理院細密数値情報の10メートルメッシュデータを用いた。対象地域は500メートル四方のグリッドに分割して、集計単位とした。分析対象とする土地利用は工業用地、一般低層住宅地、密集低層住宅地、空地とした。そして土地利用構成比、時系列...
吉川 徹, 岡部 篤行
総合都市研究   (43) p99-105   1991年9月
この研究の目的は,一定の長さの線分をある分布に従ってランダムに分布する点で分割してつくった区間の長さの統計学的な性質について解析することにある。この目的のため,まず,ひとつの区間の長さの確率密度関数の持っている性質について検討した。この結果,この確率密度関数はランダムな点の確率密度関数を含んだ積分式のかたちに書きあらわされることがわかった。つづいて,長さの異なる2本の線分をおのおの一様ランダムな点で分割してつくった区間から,それぞれ1個づつを取り出したときに,その長さの比に関する指標の確率...
吉川 徹, 岡部 篤行
地学雑誌   99(6) 659-664   1990年
吉川 徹
総合都市研究   (1989) p25-33   1989年12月
この論文の目的は,ある区域にいくつかのあらかじめ固定された線分や多角形があるときに,ランダムな点からもよりの線分や多角形までの最短距離(最近隣距離)の確率密度関数の高次モーメントを求めることである。このため,まず区域内に線分のボロノイ図を生成し,そのボロノイ図を4種類の単位領域に分解する。最近隣距離の確率密度関数はおのおのの単位領域に対応する項の和であることが知られている。続いてこの各項の式をもとにして,積分によってモーメントを求める。最後に境界の取り扱い方について触れる。The obje...

書籍等出版物

 
土地利用
都市研究叢書11,都市の環境創造,東京都立大学都市研究所発行   1995年   
GISと土地利用
都市研究業書12、都市をとらえる-地理情報システム(GIS)の現在と未来-、東京都立大学都市研究所発行   1996年   

講演・口頭発表等

 
吉川徹
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2017年7月20日   
LE Phong Nguyen, 吉川徹
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2017年7月20日   
吉岡一朗汰, 吉川徹, 讃岐亮
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2017年7月20日   
朝隈暉, 吉川徹, 讃岐亮
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2017年7月20日   
安池健, 吉川徹, 讃岐亮
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2017年7月20日   
磯部孝之, 吉川徹
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2017年7月20日   
隣誠也, 吉川徹, 讃岐亮
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2017年7月20日   
石井 健太郎, 吉川 徹, 讃岐 亮
学術講演梗概集   2013年8月30日   
松川 優, 吉川 徹, 讃岐 亮
学術講演梗概集   2013年8月30日   
足立 卓也, 吉川 徹
学術講演梗概集   2013年8月30日   
川村 洋介, 吉川 徹
学術講演梗概集   2013年8月30日   
相吉 こづえ, 吉川 徹, 讃岐 亮
学術講演梗概集   2013年8月30日   

Works

 
地域情報共有プラットフォーム構築研究
2004年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
土地利用解析
都市空間解析
地域施設計画
都市解析