坂元 ひろ子

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/16 10:22
 
アバター
研究者氏名
坂元 ひろ子
 
サカモト ヒロコ

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
一橋大学 社会学研究科 教授
 
2000年
   
 
- 一橋大学社会学研究科 教授
 
1974年
 - 
1978年
 『禅学大辞典』編纂所- -
 
1988年
 - 
1993年
 山口大学教養部 助教授
 
1993年
 - 
1998年
 東京都立大学人文学部 助教授
 

委員歴

 
1994年
 - 
2008年
日本現代中国学会  理事長 理事
 
1993年
 - 
2010年
中国社会文化学会  理事
 
2001年
 - 
2008年
日本中国学会  評議員
 

Misc

 
譚嗣同的《仁学》和鳥特亨利的《治心免病法》(中国語)
坂元 ひろ子
『中国哲学』(中国) 人民出版社   (13) 264-275   1985年
章炳麟の個の思想と唯識仏教-中国近代における万物一体論の行方-
坂元 ひろ子
『思想』 岩波書店   (747) 92-112   1986年
熊十力『新唯識論』哲学の形成-二十世紀前半の中国思想世界を通して-
坂元 ひろ子
東洋文化研究所紀要   (104) 87-174   1987年
民国期における梁漱溟思想の位置づけ-「現代新儒家」規定を超えて
坂元 ひろ子
中国-社会と文化   (5) 103-120   1990年
JKFの中国
坂元 ひろ子
『月刊百科』 (平凡社)   (383) 18-25   1994年

書籍等出版物

 
仁学-清末の社会変革論(原著:譚嗣同)共訳
岩波書店(岩波文庫)   1987年   
T'an Ssu-tung's "Jenhsueh-Learning of Humanity"
Iwanami Publisher   1987年   
岩波講座 『現代思想 15 脱西欧の思想』 中国の文化心理構造(原著:李沢厚)共訳
平凡社   1989年   
岩波講座 『東洋思想』6  知と行 (共著)
岩波書店   1990年   
欧米の中国認識
岩波書店   1994年   

講演・口頭発表等

 
梁啓超におけるナショナル・アイデンティティ形成とジェンダーの関係
国際会議 "The Role of Japan in the Reception of Modern Western Civilization in China"   1998年   
章炳麟における伝統の再評価
京都大学人文科学研究所創立70 周年記念国際学術シンポジウム   1999年   
厳安生基調報告へのコメント
シンポジウム:「人類館事件」再考   2004年   
中国近代思想史上的性別問題-以梁啓超為主
第一回中国近代思想史国際学術研討会   2004年   
Modern eyes drawn on Chinese Women's feet: Bound feet represented in postcards
Representations of the body   2004年   

Works

 
中国文化批判運動に関する総合的研究
1999年 - 2002年
グローバル・プロジェクトの比較研究
2000年 - 2003年
「人種」の概念と実在性をめぐる学術的基礎研究
2001年 - 2004年
戦後東アジアプロジェクト
2003年 - 2007年
東アジアにおける植民地的近代とモダンガール
2004年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
中国近現代における知の組み替えと仏教思想の関係
研究期間: 1978年   
中国近現代における種族およびジェンダー観念の歴史的考察
研究期間: 1978年   
中国近代のナショナル・アイデンティティについて
研究期間: 1978年   
中国近代にみえるアジア間思想文化連鎖の、ジェンダー軸による研究
研究期間: 2004年 - 2007年