近藤 満

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/16 02:42
 
アバター
研究者氏名
近藤 満
 
コンドウ ミツル
eメール
kondo.mitsurushizuoka.ac.jp
URL
http://www.kondolab-shizdai.sakura.ne.jp
所属
静岡大学
部署
グリーン科学技術研究所 - グリーンケミストリー研究部門
職名
教授
学位
博士(理学)(大阪大学), 理学修士(大阪大学)
その他の所属
静岡大学静岡大学

研究分野

 
 

経歴

 
1993年
 - 
1998年
東京都立大学理学部 助手
 
1998年
 - 
2001年
京都大学大学院工学研究科 助手
 
2001年
   
 
- 静岡大学理学部 助教授
 
2007年
   
 
- 静岡大学機器分析センター 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1993年
大阪大学 理学研究科 高分子学
 
 
 - 
1988年
島根大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
2019年3月
静岡市立校等学校SSH運営指導委員会 委員長
 
2017年1月
 - 
2018年3月
静岡市立校等学校SSH運営指導委員会 委員長
 
2016年4月
 - 
2017年3月
静岡市立校等学校SSH運営指導委員会 委員長
 
2015年6月
   
 
静岡市立高等学校SSH運営指導委員会 委員長
 
2014年1月
   
 
静岡市立高等学校SSH運営指導委員会 副委員長
 

受賞

 
2008年11月
Poster Presentation Second Place Award (課題名:Removals of BF4- and PF6- anions from dilute aqueous solutions by the capturing in the anion-templated self-assembled cages)
 
2004年3月
矢崎学術賞(奨励賞) (課題名:新規高分子多孔体を用いた気体分子固定と活性化に関する研究)
 
1998年1月
錯体化学研究会研究奨励賞
 

論文

 
Coordination Helical Nano-tubes Constructed by Metal(II) Ions with the Indicator Chrome Pure Blue BX
[責任著者]Mitsuru Kondo [共著者]Akiko Sohmiya,Tadashi Okuyama,Ryohei Suzuki,Katsunori Yamanishi,Kunihisa Sugimoto
Chemistry Letters   46 485-488   2017年3月   [査読有り]
Cationic M2L4 cages for perchlorate removal from aqueous solutions and preferential perchlorate incorporation in hydrophilic solutions
[責任著者]Mitsuru Kondo [共著者]Eriko Sone,Moeko Sato,Masaru Mochizuki,Chihiro Kamio,Katsunori Yamanishi
CrystEngComm   18((num)) 5004-5011   2016年7月   [査読有り]
Self-assembled Construction of a Sheet-type Coordination Polymer Bearing Cationic M2L4 Cages: Creation of a Channel-like Space for Removal of ClO4– and NO3– from Aqueous Solutions
[責任著者]Mitsuru Kondo [共著者]Eriko Sone,Katsunori Yamanishi,Chirhiro Kamio,Hiroyuki Takemoto
Dalton Transactions   45((num)) 894-898   2016年1月   [査読有り]
Preferential Removal of Perchlorate ion from Water by Self-assembled Construction of Cationic 3D Coordination Frameworks with Methylene Units
[責任著者]Mitsuru Kondo [共著者]Aya Murakami,Katsunori Yamanishi,Eriko Sone
Chemistry Letters   44(7) 1007-1009   2015年6月   [査読有り]
Efficient removal of perchlorate ion from water by a water-insoluble M2L4 type compound
[責任著者]Mitsuru Kondo [共著者]Masaru Mochizuki,Tatsunari Inoue,Katsunori Yamanishi,Shiori Koike,Liang Zhang
Dalton Transactions   43((num)) 17924-17927   2014年11月   [査読有り]

Misc

 
N Glucosides of Fairy Chemicals, 2 Azahypoxanthine and 2 Aza-8-oxohypoxanthine, in Rice
[責任著者]Hirokazu Kawagishi [共著者]J.-H. Choi,J. Wu,A. Sawada,S. Takeda,H. Takemura
Organic Letters   20((num)) 312-314   2018年4月
Synthetic Study on Pactamycin: Stereoselective Synthesis of the Cyclopentane Core Framework
[責任著者]T. Kan [共著者]A. Goto,S. Yoshimura,M. Inai,T. Asakawa,M. Egi
Organic Letters   19((num)) 3358-3361   2017年10月
Erinaceolactones A to C, from the Culture Broth of Hericium erinaceus
[責任著者]Hirokazu Kawagishi [共著者]Jing Wu,Taiki Tokunaga,Mitsuru Kondo,Hirofumi Hirai,Hirokazu Kawagishi
Journal of Natural Products   78(1) 155-158   2015年1月

書籍等出版物

 
Functions Based on Dynamic Structural Changes of Coordination Polymers Supramolecular Chemistry from molecule to nanomaterials Eds. P. A. Gale and J. W. Steed. Section 7: Soft Matter, pp. 3205-3220
Mitsuru Kondo
Wiley   2012年4月   

講演・口頭発表等

 
The M2L4 complexes for Perchlorate Ion
Mitsuru Kondo
43rd International Conference on Coordination Chemistry, 2018   2018年8月   
New Porous Coordination Polymer that has Negative Charges in the Channel Surface
Toya Kobayashi, Akiko Sohmiya, Yoshiki Nakayama, Maya Nakanishi, MItsuru Kondo
43rd International Conference on Coordination Chemistry, 2018   2018年8月   
M2L4 and M2L2 cages constructed by bis-imidazole ligands with bulky substituent
Ryo Narukawa, Kazuki Yamaguchi, Mitsuru Kondo
43rd International Conference on Coordination Chemistry, 2018   2018年8月   
Synthesis and structure of coordination polymer with urea units in the channel framework
Saki Shimizu, Moeko Sato, Mitsuru Kondo
43rd International Conference on Coordination Chemistry, 2018   2018年8月   
Syntheses and structures of the multi-nuclear metal complexes by tetrakis-imidazole ligand
Yuna Suzuki, Mao Kono, Tatsunari Inoue, Mitsuru Kondo
43rd International Conference on Coordination Chemistry, 2018   2018年8月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
カプセル分子に変換する配位高分子の合成と機能
基盤研究(C)
研究期間: 2015年5月 - 2018年3月
水溶液中でも機能するアニオンレセプターの開発とその特性を活かした機能発現
挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月
チューブ状チャンネルに固有な機能発現を目的とした配位高分子の合成
基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月   
チューブ状チャンネルに固有な機能発現を目的とした配位高分子の合成
基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月   
金属錯体の多核化による電子的、構造的ダイナミクスの発現
特定領域研究
研究期間: 2009年4月   

特許

 
特願22014-187979 : 配位高分子化合物、多孔質材料、陰イオン除去剤、及び陰イオン除 去方法    特願22014-187979  出願日 平成26年9月16日
特願2011-16235 : カプセル型化合物、陰イオン除去剤、及び陰イオン除去方法
特願2011-174834 : アニオンセンサー及びそれを用いたアニオン検出キット
特願2010-031792 : 複素環置換芳香族化合物、分子検出剤、分子検出方法、及び分子捕捉方法
特願2010-168588 : テトラフルオロホウ酸イオン検出剤、テトラフルオロホウ酸イオン検出キット、及びテトラフルオロホウ酸イオン検出方法