江口 正

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 03:36
 
アバター
研究者氏名
江口 正
 
エグチ タダシ
所属
福岡大学
部署
人文学部日本語日本文学科
職名
教授
学位
文学修士(九州大学)
科研費研究者番号
20264707

研究分野

 
 

経歴

 
1993年
 - 
1995年
愛知県立大学外国語学部 講師
 
1995年
 - 
2001年
愛知県立大学外国語学部 助教授
 
2001年
 - 
2009年9月
福岡大学人文学部 助教授
 
2005年10月
   
 
福岡大学人文学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
九州大学 文学部 文学科言語学専攻
 
 
 - 
1993年9月
九州大学 文学研究科 言語学
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
2021年5月
日本語学会  大会企画運営委員
 
2018年4月
 - 
2021年3月
日本言語学会  常任委員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
日本言語学会  編集委員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本語文法学会  学会誌委員
 
2009年12月
 - 
2021年3月
日本言語学会  評議員
 

論文

 
江口 正
日本語の研究   14(2) 34-50   2018年4月   [招待有り]
選択候補句の統語論的性質
福岡大学研究部論集 A:人文科学編   17(4) 59-62   2017年12月
大分市方言の終助詞「エ・デ」とその関連表現
福岡大学研究部論集 A:人文科学編   10(7) 207-212   2010年12月
形式名詞「分」の名詞用法
江口 正
語学教育フォーラム   (16) 375-389   2008年10月
文末表現「モノカ」についての考察
塩塚香織、江口正
福岡大学日本語日本文学   (16) 249-264   2006年12月

書籍等出版物

 
「分」の副詞用法と名詞用法
江口 正
藤田保幸・山崎誠編『形式語研究の現在』和泉書院   2018年5月   ISBN:978-4-7576-0876-4
準体形式・断定辞の機能と条件文
有田節子編『日本語条件文の諸相-地理的変異と歴史的変遷ー』くろしお出版   2017年11月   ISBN:978-4874247464
主節の名詞句と関係づけられる従属節のタイプ
益岡隆志・大島資生・橋本修・堀江薫・前田直子・丸山岳彦編『日本語複文構文の研究』ひつじ書房   2014年1月   ISBN:978-4-89476-675-4
集合操作表現の文法的性質
藤田保幸編『形式語研究論集』和泉書院   2013年10月   ISBN:9784757606753
形式名詞から形式副詞・とりたて詞へ  〜数量詞遊離構文との関連から
青木博史編『日本語の構造変化と文法化』(ひつじ書房)   2007年7月   

講演・口頭発表等

 
江口 正
「日本語疑問文の通時的・対照言語学的研究」研究発表会   2015年12月19日   金水 敏
佐賀方言と城島方言における条件節と時制の機能について
有田節子,江口正
日本方言研究会   2012年11月2日   
集合操作表現の文法的性質―「をはじめ/に加え/を除き/を含み」等の分析―
日本語文法学会第11回大会   2010年11月7日   
佐賀方言の条件節における時制の機能について
有田 節子
日本語学会2010年秋季大会   2010年10月24日   
方言文末詞の記述方法について〜九州方言モダリティ研究の提案と大分市方言による事例研究〜
九州方言研究会   2010年7月3日