津下 誠治

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/22 21:34
 
アバター
研究者氏名
津下 誠治
 
ツゲ セイジ
eメール
s_tsugekpu.ac.jp
所属
京都府立大学
部署
生命環境科学研究科
職名
准教授
学位
農学博士(農学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
京都府立大学 生命環境科学研究科 准教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
京都府立大学 農学研究科 准教授
 
2001年4月
 - 
2007年3月
京都府立大学 農学研究科 講師
 
2001年1月
 - 
2001年3月
京都府立大学 農学部 講師
 
1993年11月
 - 
2000年12月
京都府立大学 農学部 助手
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1993年10月
京都大学 農学研究科 農林生物学専攻
 
1983年4月
 - 
1987年3月
京都大学 農学部 農林生物学科
 

委員歴

 
2018年1月
 - 
現在
日本植物病理学会  原著編集委員
 
2012年1月
 - 
2015年12月
日本植物病理学会  原著編集委員
 
2008年1月
 - 
2011年12月
日本植物病理学会  編集幹事
 

論文

 
Ikawa Y, Ohnishi S, Shoji A, Furutani A, Tsuge S
Molecular Plant-Microbe Interactions   31 605-613   2018年   [査読有り]
Ishikawa K, Yamaguchi K, Sakamoto K, Yoshimura S, Inoue K, Tsuge S, Kojima C, Kawasaki T
Nature Communications   5 5430   2014年   [査読有り]
Tsuge S, Furutani A, Ikawa Y
Journal of General Plant Pathology   80 303-313   2014年   [査読有り]
Ikawa Y, Furutani A, Ochiai H, Tsuge S
Molecular Plant-Microbe Interactions   27 537-545   2014年   [査読有り]
Yamaguchi K, Yamada K, Ishikawa K, Yoshimura S, Hayashi N, Uchihashi K, Ishihama N, Kishi-Kaboshi M, Takahashi A, Tsuge S, Ochiai H, Tada Y, Shimamoto K, Yoshioka H, Kawasaki T
Cell Host & Microbe   13 347-357   2013年   [査読有り]
Yamaguchi K, Nakamura Y, Ishikawa K, Yoshimura Y, Tsuge S, Kawasaki T
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   77 796-801   2013年   [査読有り]
Inoue Y, Tsuge S
Applied Microbiology and Biotechnology   94 215-222   2012年   [査読有り]
Akimoto-Tomiyama C, Furutani A, Tsuge S, Washington EJ, Nishizawa Y, Minami E, Ochiai H
Molecular Plant-Microbe Interactions   25 505-514   2012年   [査読有り]

Misc

 
津下誠治, RASHID Md Mamunur, 木村安佑, 伊川有美
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2018 144   2018年3月
伊川有美, 津下誠治
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2017 144   2017年4月
伊川有美, 津下誠治
日本植物病理学会報   82(1) 62(J‐STAGE)   2016年
伊川有美, 津下誠治
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2015 162   2015年3月
津下誠治, MAMUNUR Rashid Md., 伊川有美
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2015 162   2015年3月
RASHID Md. Mamunur, 津下誠治, 伊川有美
日本植物病理学会報   81(1) 80‐81   2015年
加治屋太貴, 津下誠治, 安西弘行, 古谷綾子
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2014 168   2014年5月
Xanthomonas属細菌が分泌するタイプIIIエフェクターXopRは植物の基礎免疫を攻撃する
秋本 千春, 古谷 綾子, 津下 誠治, 落合 弘和
日本細菌学雑誌   68(1) 164-164   2013年2月
エフェクター研究の最先端 Xanthomonas属植物病原細菌のタイプIII分泌エフェクターXopRの機能解析
古谷 綾子, 秋本 千春, 落合 弘和, 津下 誠治
日本細菌学雑誌   67(1) 57-57   2012年2月
田中 茂幸, 石濱 伸明, 吉岡 博文, 辻 元人, 津下 誠治, 久保 康之
日本植物病理學會報   74(3)    2008年8月
津下 誠治, 古谷 綾子, 高岡 美菜子, 眞田 春美, 奥 尚, 落合 弘和
日本植物病理學會報   74(3)    2008年8月
古谷 綾子, 津下 誠治, 高岡 美菜子, 眞田 春美, 奥 尚, 落合 弘和
日本植物病理學會報   74(3)    2008年8月
田中 茂幸, 石濱 伸明, 吉岡 博文, 辻 元人, 津下 誠治, 久保 康之
日本植物病理學會報   73(3) 210-211   2007年8月
井上 康宏, 津下 誠治, 松浦 貴之, 落合 弘和, 加来 久敏, 畔上 耕児
日本植物病理學會報   73(3)    2007年8月
古谷 綾子, 川畑 真人, 中山 健, 加来 久敏, 奥 尚, 落合 弘和, 津下 誠治
日本植物病理學會報   73(3)    2007年8月
奥 尚, 高岡 美菜子, 眞田 春美, 南部 羽蘭, 古谷 綾子, 落合 弘和, 加来 久敏, 津下 誠治
日本植物病理學會報   73(3)    2007年8月
手島 光平, 中山 健, 沼田 慎一, 古谷 綾子, 津下 誠治, 加来 久敏, 落合 弘和
日本植物病理學會報   73(3) 274-275   2007年8月
山本 典男, 落合 弘和, 加来 久敏, 津下 誠治, 津野 和宣, 相沢 慎一, 奥 尚
日本植物病理學會報   72(4)    2006年11月
井上 康宏, 津下 誠治, 大西 純, 松浦 貴之, 落合 弘和, 加来 久敏, 畔上 耕児
日本植物病理學會報   72(4)    2006年11月

書籍等出版物

 
植物防疫 72 (5)
津下誠治 (担当:分担執筆, 範囲:植物防疫講座 病害編-5 イネ白葉枯病の発生生態と防除)
日本植物防疫協会   2018年5月   
植物病理学
眞山滋志・難波成任 (担当:分担執筆, 範囲:第6章 病原体の病原性発現機構 4.細菌の病原性発現機構)
文英堂出版   2010年2月   

講演・口頭発表等

 
糖を介した稲白葉枯病菌hrp遺伝子群の発現制御 [招待有り]
伊川有美,Md. Mamunur Rashid,津下誠治
第28回 植物細菌病談話会   2018年8月   
The mechanism of xylose-dependent expression of hrp genes in a reice pathogen Xanthomonas oryzae pv. oryzae
Ikawa Y, Tsuge S
11th International Congerss of Plant Pathology   2018年8月   
A novel regulatory pathway of hrp gene expression in Xanthomonas oryzae pv. oryzae: quantitative regulation of a key hrp regulator HrpX by the regulator controlling xylan/xylose metabolism-related genes
Ikawa Y, Ohnishi S, Shoji A, Furutani A, Tsuge S
6th Xanthomonas Genomics Conference & 2nd Annual EuroXanth Conference   2018年7月   
イネ白葉枯病菌におけるtype III分泌装置構成遺伝子hrpの糖依存的発現制御機構
伊川有美, 津下誠治
第27回 植物微生物研究会研究交流会   2017年9月   
イネ白葉枯病菌におけるキシロース代謝制御因子によるIII 型分泌システム構成タンパク質遺伝子の発現制御
伊川有美・津下誠治
第90回日本細菌学会総会   2017年3月   
Importance of sugars and sugar metabolisms in hrp gene expression in Xanthomonas oryzae pv. oryzae [招待有り]
Tsuge S, Ikawa Y
5th International Conference on Bacterial Blight of Rice   2016年10月   
Importance of sugars and sugar metabolism-related genes in hrp gene expression and virulence of the rice pathogen Xanthomonas oryzae pv. oryzae [招待有り]
Tsuge S, Rashid MM, Ikawa Y
6th International Conference on “Plant Pathogens and Peoples”.   2016年2月   
Identification of two novel negative regulators for hrp gene expression in Xanthomonas oryzae pv. oryzae [招待有り]
Tsuge S, Ikawa Y, Majima A, Furutani A
4th International Conference on Bacterial Blight of Rice   2013年12月   
Lon protease functions as a negative regulator for hrp gene expression in Xanthomonas oryzae pv. oryzae. [招待有り]
Tsuge S
Sino-Japan Joint Symposium of Plant Pathology   2013年9月   
Lon is involved in negative regulation of hrp gene expression in Xanthomonas oryzae pv. oryzae.
Tsuge S, Kametani-Ikawa Y, Majima A, Furutani A
10th International Conference of Plant Pathology   2013年8月   

競争的資金等の研究課題

 
イネ紋枯病菌の病原性機構解明―エフェクタータンパク質の同定―
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 能年義輝
イネ白葉枯病菌の病原性関連遺伝子群hrpにおける糖依存的な新規発現制御機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 津下誠治
TALエフェクターを介したイネ白葉枯病菌の宿主感受性誘導機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 津下誠治
植物・細菌両細胞で機能する白葉枯病菌タンパク質LrpXによる植物抵抗性の抑制機構
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 津下誠治
イネ白葉枯病菌の病原性遺伝子hrpの発現誘導に関わる植物シグナル受容機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 津下誠治
イネ白葉枯病菌の病原性関連遺伝子hrpの感染特異的発現制御ネットワークの解明
日本学術振興会: 二国間共同研究(米国)
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 津下誠治
感染成立過程における植物―細菌間の分子応答機構に関する研究―とくに病原性関連遺伝子の発現誘導機構の解明― 
倉田記念日立科学技術財団: 倉田奨励金
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 津下誠治
イネ白葉枯病菌病原性関連因子の感染特異的発現機構の解析
三島海雲記念財団: 三島海雲記念財団学術奨励金
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 津下誠治
植物との相互作用に関与するイネ白葉枯病菌の分泌タンパク質の単離と同定
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 津下誠治
イネ白葉枯病菌の病原性・非病原性関連遺伝子の機能に関する分子生物学的解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 奥  尚