野畑 健太郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/01 23:59
 
アバター
研究者氏名
野畑 健太郎
 
ノハタ ケンタロウ
所属
豊岡短期大学
部署
こども学科
職名
学長(特任教授)
学位
政治学修士(早稲田大学〔大学院政治学研究科〕), 博士(法学)(日本大学〔大学院法学研究科〕)

プロフィール

【学歴】 
昭和44年:早稲田大学第一政治経済学科政治学科卒業、昭和48~50年:シンガポール共和国南洋大学大学院(亜洲文化研究所政府興行政学系)留学、昭和51年:早稲田大学大学院政治学研究科政治学専攻憲法専修 修士課程修了〔政治学修士取得〕、昭和61年:同大学大学院政治学研究科政治学専攻憲法専修 博士後期課程単位取得後退学。〔平成30年3月12日、博士(法学)取得(日本大学)〕。
【職歴等】 
和歌山県立医科大学医学部教授(平成6~16年)、白鷗大学法学部教授(平成16~22年)・法科大学院教授(平成16~27年)・白鷗大学法科大学院長(平成21~27年)、近大姫路大学(平成28年4月「姫路大学」へと名称変更)教育学部特任教授・副学長(平成27年~現在)を経て、豊岡短期大学学長。憲法学会理事(平成11年~現在)、日本法政学会理事(平成12~27年)・理事長(平成25~27年)・名誉理事(平成28年~)、関西法政治研究会会長(平成27年~現在)。白鷗大学名誉教授(平成27年)。
【主要著書】 
『憲法学事始(第2版)』(共編著、一学舎、平成29年)、『シンガポール憲法史』(単著、一学舎、平成28年)、『看護師をめざす人のための関係法規』(共編著、法律文化社、平成25年)、『日本国憲法入門』(共著、玉川大学出版部、平成25年)、『日本国憲法講義』(共著、成文堂、平成21年)、『憲法学事始』(共編著、一学舎、平成21年)、『法学事始』(共編著、一学舎、平成20年)、『初めての人権』(共著、法律文化社、平成20年)、『人権の条件』(共著、嵯峨野書院、平成19年)、『テキストブック日本国憲法』(共編著、嵯峨野書院、平成17年)、『新・初めての法学』(共編著、法律文化社、平成17年)、『新・初めての憲法』(共編著、法律文化社、平成16年)、他。

研究分野

 
 
  • 法学 / 公法学 / 憲法学・比較憲法学

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
豊岡短期大学 こども学科 学長(特任教授)
 
2016年4月
 - 
2018年3月
姫路大学(旧近大姫路大学) 教育学部 特任教授・副学長
 
2015年4月
 - 
2016年3月
近大姫路大学 教育学部 特任教授(副学長)
 
2004年4月
 - 
2015年3月
白鷗大学法科大学院 教授(2004~2015)・法科大学院長(2009~2015)
 
2004年4月
 - 
2009年3月
白鷗大学法学部・法学研究科 教授(2004~2009)
 
1994年4月
 - 
2004年3月
和歌山県立医科大学医学部(1994~2004) 進学課程・教養部 教授(1998~2001:進学部長・教養部長)
 
1988年
 - 
2000年
早稲田大学社会科学研究所(1988~2000) 特別研究員
 
1986年
 - 
1994年
社団法人日本ミクロネシア協会オセアニア研究所(1986~1994) 主任研究員
 

学歴

 
 
 - 
1969年3月
早稲田大学 第一政治経済学部 政治学科 卒業
 
1973年6月
 - 
1975年3月
シンガポール共和国 南洋大学 (Nanyang Univ.) 大学院 亜洲文化研究所 政府興行政学系 留学
 
1969年4月
 - 
1976年3月
早稲田大学 大学院 政治学研究科修士課程憲法 修了
 
1980年4月
 - 
1986年3月
早稲田大学大学院 政治学研究科博士後期課程 憲法 単位取得満期退学
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
日本法政学会  名誉理事
 
2015年7月
 - 
現在
独立行政法人 国立病院機構 南和歌山医療センター倫理審査委員会  外部委員
 
2000年12月
 - 
2017年12月
日本法政学会  理事、理事長(2015年12月~2017年12月)
 
1999年4月
 - 
現在
憲法学会  理事、常務理事(2005年4月~2014年3月)
 
2009年4月
 - 
2015年3月
白鷗大学法科大学院長(大学院法務研究科長)
 
2005年4月
 - 
2015年3月
自治医科大学附属病院  「臨床研究倫理審査委員会」委員、「医学部ヒトES細胞研究倫理審査委員会」委員
 
2005年4月
 - 
2015年3月
自治医科大学:  「遺伝子解析研究倫理審査委員会」委員、「疫学研究倫理審査委員会」委員
 
2008年
 - 
2012年
関西憲法研究会  会長
 
1999年4月
 - 
2004年3月
和歌山労災病院倫理委員会委員(1999~2004)
 
1998年4月
 - 
2001年3月
和歌山県立医科大学医学部進学部長・教養部長(1998~2001)
 

論文

 
シンガポールの大統領公選制をめぐって―憲法学の視点から―
野畑 健太郎
白鷗大学法科大学院紀要   (7) 11-80   2013年12月
シンガポール選挙区制に関する憲法学的再考―グループ代表選挙区(GRC)制を中心にして―
野畑 健太郎
白鷗大学法科大学院紀要   (5) 105-145   2011年10月
国会法の政党間移動制限規定(109条の2)をめぐる憲法問題
野畑健太郎
白鷗大学法科大学院紀要   (4) 11-31   2010年10月
タイ王国憲法における政党条項をめぐって
野畑健太郎
白鷗大学法科大学院紀要   (3) 13-36   2009年11月
「患者の自己決定権」に関する憲法論上の諸問題
野畑健太郎
憲法論叢   (15) 1-29   2008年12月   [査読有り]

Misc

 
抱喜久雄教授 追悼の辞
野畑 健太郎
関西憲法研究会『憲法論叢』   (19) 1-5   2012年12月
シンポジウム報告「裁判員制度―国民の司法参加―」
野畑 健太郎
日本法政学会『法政論叢』   47(1) 178-184   2010年6月
パラオの外資政策について
野畑健太郎
ミクロネシア   (90) 5-17   1994年
FSMポンペイ州の外資導入状況
野畑健太郎
ミクロネシア   88,31-37    1993年
ミクロネシア連邦の外資政策
野畑健太郎
ミクロネシア   87,21-28    1993年

書籍等出版物

 
憲法学事始(第2版)
野畑 健太郎 (担当:共編者, 範囲:第1章 憲法の観念・人権総論、第3章 包括的基本権と法の下の平等)
一学舎   2017年4月   ISBN:ISBN978-4-904027-17-2
シンガポール憲法史
野畑 健太郎
一学舎   2016年7月   ISBN:ISBN978-4-904027-16-5
わが国においては、アジア地域を対象とした憲法研究は行われているものの、シンガポールの憲法を対象とした体系的な研究はこれまで本格的に行われてこなかった。その理由の一つは、シンガポールの憲法現象が極めて複雑であり、その複雑な憲法現象を体系的に捉えることが極めて困難であるということにほかならない。理由のもう一つは、国家建設の進展過程において単線的ではない発現形態を示すシンガポール憲法現象の複雑性を体系的・史的に捉えるための方法論として、政治権力の制限、制限規範としての憲法に重点を置く「立憲主義」...
看護師をめざす人のための関係法規
野畑 健太郎 (担当:共編者, 範囲:「第1章 医療従事者に関する法律3 医師法・歯科医師法」、「第1章4 コメディカル資格法」、「第2章 医療に関する法律2 臓器の移植に関する法律」、「終章 看護師の法的責任 1 患者の人権」、「終章 2 看護師の法的義務・責任」)
法律文化社   2013年4月   
日本国憲法入門
野畑 健太郎 (担当:分担執筆, 範囲:「第1章 憲法の意義」、「第9章 自由権」)
玉川大学出版部   2013年2月   
インテリジブル比較憲法
野畑健太郎 (担当:分担執筆, 範囲:イギリス)
政光プリプラン   2010年4月   ISBN:978-4-915943-50-8

講演・口頭発表等

 
シンガポール憲法史 [招待有り]
野畑 健太郎
日本大学法学部英米法研究会   2016年12月16日   
シンガポールの憲法と国家建設について [招待有り]
野畑 健太郎
関西法政治研究会   2016年12月3日   
シンガポールの国家建設と憲法―国家建設の過程と立憲制の展開―
野畑 健太郎
日本臨床政治学会研究大会   2014年4月19日   
[臨床医学研究と倫理]「倫理審査―法学者の立場から」
野畑 健太郎
第48回医学系大学倫理委員会連絡会議研究集会   2014年2月1日   
「患者の自己決定権」に関する憲法論上の問題―治療方法の選択・決定をめぐって―
関西憲法研究会   2008年   

担当経験のある科目

 

Works

 
南太平洋地域における国際信託基金に関する研究
1991年 - 1993年
パプア・ニューギニアの投資環境に関する調査
1993年
シンガポールのコミュニティセンターに関する調査
1993年
パプア・ニューギニアの政治・経済・社会事情に関する調査研究
1990年 - 1992年
ミクロネシア連邦の外資政策に関する調査研究
1988年 - 1989年

競争的資金等の研究課題

 
生命倫理と憲法
白鴎大学法政策研究所: 韓国における生殖補助医療の調査研究
研究期間: 2006年1月 - 2006年2月    代表者: 野畑 健太郎
東南アジア諸国憲法
姫路獨協大学: 東南アジア諸国憲法における人権保障研究
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月    代表者: 土居靖美