横山 吉樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 09:44
 
アバター
研究者氏名
横山 吉樹
 
ヨコヤマ ヨシキ
eメール
yokoyama.yoshikis.hokkyodai.ac.jp
URL
https://kensoran.hokkyodai.ac.jp/huehp/KgApp?kyoinId=ymkkgggggyd
所属
北海道教育大学
部署
教育学部札幌校
職名
理事
学位
文学士(東京外国語大学), 修士(アリゾナ大学), 博士(国際広報メディア)(北海道大学)
科研費研究者番号
70254711

プロフィール

言語学習者がコミュニケーションタスクを行うときの発話や意識(特に,WTC)を分析すること, 多言語環境におけるMOIの観点からイマージョン教育や教室におけるコード・スイッチングなどを研究している。

学歴

 
1975年4月
 - 
1979年3月
東京外国語大学 外国語学部 
 
1986年9月
 - 
1988年12月
アリゾナ大学 英語学部修士課程 第2言語教育
 
2001年4月
 - 
2009年3月
北海道大学 国際広報メディア研究科 国際広報メディア専攻
 

委員歴

 
2000年4月
   
 
北海道英語教育学会  運営委員
 
2001年4月
   
 
全国英語教育学会  紀要編集委員
 
2003年4月
 - 
2004年3月
全国英語教育学会  全国理事
 
2007年4月
 - 
2013年3月
大学英語学会  北海道支部支部 財務幹事
 
2010年
 - 
現在
大学英語学会  紀要編集委員
 

受賞

 
2013年8月
全国英語教育学会 学会賞(学術奨励賞)
 

論文

 
Foreigner talk as Audience Design
JACET Bulletin   (22) 135-147   1991年8月   [査読有り]
Politeness strategies in non-native speakers' peer reviews
北海道英語英文学   (37) 65-72   1992年6月   [査読有り]
Japanese and American language behavior: Socio-linguistic approach to language behavior
北海道東海大学紀要 人文社会科学系   (6) 143-152   1994年3月   [査読有り]
一般英語に関しての学生の意識調査(1) -北海道東海大学と他の4年制大学を比較して-
北海道東海大学教育開発センター所報    (6) 27-34   1994年3月   [査読有り]
全道大学英語教育の実態調査-道内12大学の4年目学生アンケート調査を 踏まえて-
西堀ゆり・新井良夫・久保洋子・高井収・皆川治恵・村端五郎・森永正治
北海道大学「言語文化部紀要」   (25) 97-137   1994年3月   [査読有り]
NNS/NNS conversation: Discourse organization in two-way information tasks
The IRLT Bulletin   (8) 37-52   1994年10月   [査読有り]
Drawbacks of the studies of the negotiation of meaning in second language: Reviews of the studies from discourse theories and conversation analysis
北海道東海大学紀要 人文社会科学系   (7) 131-141   1995年3月   [査読有り]
第2言語学習における聴解力教材の利用のプロセス-マルチメディアCALLの新しい利用法を求めて-
北海道東海大学教育開発センター所報   (7) 15-22   1995年3月   [査読有り]
Application of recent narrative poetry to the language classroom
北海道東海大学教育開発センター所報   (8) 65-70   1996年3月   [査読有り]
Individual learner variables in computer-aided language learning
北海道東海大学教育開発センター所報   (9) 43-49   1997年3月   [査読有り]
リスニングのテスト方法に関する研究 -北海道における大学入試に焦点をあてて
高井収・新井良夫・平田洋子・河合 靖・皆川治恵・大場浩正・Torkil Christensen
言語センタ広報 小樽商科大学言語センター    (6) 55-66   1998年3月   [査読有り]
Discourse competence of non-native speakers: two types of reparatory strategies in "one-way" and "two way" tasks
The IRLT Bulletin   (13) 51-67   1999年10月
リスニング・テスト分析モデルの開発 ーコミュニケーション能力の視点からー
西堀ゆり・新井良夫・伊藤優子・大場浩正・河合 靖・平田洋子
北海道大学「言語文化部紀要」   (38) 105-135   2000年3月   [査読有り]
個人学習用CALL教材の考察ー相互作用性, 正当性と自立性の観点からー
北海道教育大学紀要(教育科学編)   51(13) 177-188   2000年9月   [査読有り]
早期英語教育の課題ー総合学習と第2言語習得研究の観点から
年報いわみざわ   (22) 49-58   2001年3月   [査読有り]
岩見沢‐ポカテロ間教育交流ネットワークの構築ー米国理解教育の基盤構築としてー
宮下英明・上野喜孝・小笠原寛和・重久眞貴子・相馬哲也
北海道教育大学米国理解教育プロジェクト報告集 総合的学習の開発研究 アメリカ合衆国理解とその教材開発(1)   137-193   2001年7月
小学校「英会話学習」の指導法 ー TPRとジャズ・チャンツの考察
紅露由佳・額田さやか
北海道教育大学紀要(教育科学編)   52(1) 77-85   2001年9月   [査読有り]
総合的な学習としての国際理解教育ー 電子会議室を利用した国際交流の考察
北海道教育   (153) 14-17   2001年10月   [査読有り]
A Content Analysis of Listening Comprehension Tests in College Entrance Examinations from the Perspective of Communicative Language Ability
Hiroshi Ohba, Yoshio Arai, Yoko Hirata, Yuko Ito, Yasushi Kawai, Yuri Nishihori
HELES Journal   1 49-62   2001年12月   [査読有り]
英語学習者の言語切り替え- 談話分析のフレーミングの観点から
北海道英語教育学会紀要   (1) 63-71   2001年12月   [査読有り]
EFLにおけるタスク学習とコードスイッチングータスク学習の問題点の考察
年報いわみざわ   (23) 61-69   2002年3月   [査読有り]
情報技術と国際理解教育-教育の統合化の観点から
年報いわみざわ   (23) 51-59   2002年3月   [査読有り]
アクションリサーチのためのタスク分析
河合靖・平田洋子・新井良夫・大場浩正
JACET北海道支部15周年記念論文集   (1) 43-54   2002年6月   [査読有り]
学生の意識調査によるティームティーチング及びALT授業評価ーアティチュードよりコンピタンスを目指す指導の提言
北海道英語教育学会紀要   (23) 3-188   2002年12月   [査読有り]
道内学生の意識調査によるALTとTTの授業評価-授業内(外)要素と学習者要素の観点から
北海道英語教育学会紀要   (3) 83-101   2003年11月   [査読有り]
EFL Learners' L1 Use as Reading Strategies:The Effects of L2 Text Types and L2 Reading Proficiency
Yamashita, Junichi
Annual Review of English Language Education in Japan   15 65-81   2004年3月   [査読有り]
The Effects of Task Types on Second Language Speech Production among Japanese University Students: Fluency, Accuracy, Complexity, and Trade-off Effects
Egusa, Chiharu
Annual Review of English Language Education in Japan   15 129-138   2004年3月   [査読有り]
コミュニケーションタスクにおける複雑さの測定方法についてー統語的複雑さと語彙的複雑さの考察
江草千春
北海道英語教育学会紀要   (4) 53-63   2004年12月   [査読有り]
第2言語学習者が用いるリーディングストラテジーの発達についての考察
山下純一
北海道英語教育学会紀要   (4) 65-81   2004年12月   [査読有り]
COLT PartAによるコミュケーションを指向した英語プログラムの授業分析
石塚博規・平田洋子・青木千加子・伊藤優子・河合靖・高井収・新井良夫
Research Bulletin of English Teaching   (2) 41-63   2005年2月   [査読有り]
Gating taskを用いた単語認知過程ーコンテクスト,単語の出現頻度,コホートサイズー
後藤彩
北海道英語教育学会紀要   (5) 3-15   2005年12月   [査読有り]
ナレーションタスクにおけるプランニングの効果についてー事前プランニング活動と時間制限における圧力が流暢さに与える影響ー
柳谷真悠子
北海道英語教育学会紀要   (5) 49-63   2005年12月   [査読有り]
The Effects of Planning and Proficiency in EFL Writing
Oikawa, Tokiko
Annual Review of English Language Education in Japan   17 81-90   2006年3月   [査読有り]
Lexical awareness and retention in two types of intervention activities
Okabe, Hirokazu
Research Bulletin of English Teaching   (4) 63-79   2007年1月   [査読有り]
どのように作文課題の修辞法が学習者の注意と問題解決方略に影響をあたえるのか
沢谷佑輔
北海道英語教育学会紀要   7 3-16   2007年1月   [査読有り]
英語教科書におけるコミュニケーションタスクの傾向分析と第2言語習得研究からの考察
江草千春
Research Bulletin of English Teaching   (4) 1-24   2007年1月   [査読有り]
間違い探しタスクにおける事前プランニング活動の意味交渉への影響-逐次分析の観点から
小関 隼
北海道英語教育学会紀要   7 17-36   2007年1月   [査読有り]
COLT Part Bによる観察方法とその問題点
河合 靖・酒井 優子・石塚博規・青木千加子
メディア・コミュニケーション研究   53 99-113   2007年12月   [査読有り]
COLT Part Bによるコミュニケーションを指向した英語プログラムの授業分析
青木 千加子・石塚 博規・酒井 優子・河合 靖
Research Bulletin of English Teaching   5 1-25   2008年1月   [査読有り]
中学校,高等学校,ESLの教科書分析ー社会言語学的能力,談話的能力,方略的能力の観点から
江草 千春
Research Bulletin of English Teaching   5 27-49   2008年1月   [査読有り]
物語タスクにおける自己修正の分析ー帳尻合わせ効果のメカニズムの考察
江草 千春
Research Bulletin of English Teaching   5 51-72   2008年1月   [査読有り]
EFL Learners' Code-switching Strategies in Communication Tasks
Unpublished doctoral disseration      2009年3月   [査読有り]
教科書におけるスピーキング活動のタスク性に関する分析
臼田悦之・山下純一・中村洋
北海道英語教育学会紀要   9 17-32   2009年12月   [査読有り]
中学校の教科書5種(15冊)にあるスピーキング活動をタスク度を表す5つの指標でレーティング。結果は,教科書会社によってタスク度は大きく異なり,それが高い教科書会社のものではタスク度が学年毎に増加する。一方,低い教科書会社のものは,そういった傾向は見られなかった。
EFL Learners' Peer Review Sessions from the Perspectives of a Reviewer and a Writer
Yusuke Sawaya Michelle La Fay
Journal of Hokkaido University of Education, Education   60(2)    2010年3月   [査読有り]
EFL learners' reading strategies: their development and the effect of text modification
Junichi Yamashita
Research Bulletin of English Teaching   8 19-41   2011年3月   [査読有り]
eラーニングによる学習効果の検討-Moodle上での学習データと意識調査の分析
石塚博規 尾田智彦 竹内典彦 中村香恵子 白鳥亜矢子 山岸拓
北海道英語教育学会紀要   11 33-50   2011年11月   [査読有り]
Assessing student evaluation of English activities using the COLT observation scheme
La Fay, M., Ishizuka, H., Kawai, Y., Aoki, C.
Research Bulletin of English Teaching   9 23-44   2012年3月   [査読有り]
Using classroom corpora to train preservice language teachers in dysfluencies and feedback
Katagir, N., Kawai, G.
HELES Journal   12 3-20   2012年12月   [査読有り]
スピーキング活動のタスク性調査-中学校新旧教科書を比較した場合
臼田悦之, 中村洋,山下純一,竹内典彦,河上昌志
HELES Journal   12 21-36   2012年12月   [査読有り]
The role of L2 learners' writing ability in peer review sessions from the perspectives of a reviewer and a writer.
Sawaya, Yusuke
ARELE   24 235-250   2013年3月   [査読有り]
カナダと香港のイマージョンプログラムを比較して
小学校外国語活動と小中連携の理論と実践   152-157   2013年3月
Influences of international attitudes and possible selves on willingness to communicate in English: A comparative analysis of models for Japanese high school and university learners of English.
Sugawara, K., Sano, A., Kawai, Nakamura, K., & Mitsugi, M. (2013).
JACET Journal   57 21-40   2013年10月   [査読有り]
コミュニケーション活動のタスク性分析―学習指導要領改訂後の中学校教科書を比較した場合―
臼田悦之,中村洋,山下純一,竹内典彦,河上昌志,白鳥亜矢子
HELES Journal   (13) 3-20   2014年1月   [査読有り]
3大学の英語授業におけるeラーニングによる動機づけと学習効果
志村昭暢 尾田智彦 石塚博規 中村香恵子 竹内典彦
工学教育   62(3) 40-46   2014年5月   [査読有り]
語の意味カテゴリー能力と多義語の語彙知識の関連性
三ツ木真実
北海道教育大学紀要 教育科学編   65(1) 279-292   2014年8月   [査読有り]
多様な大学環境でのeラーニングによる英語学習―学習効果,動機づけ,重要決定要因について
尾田智彦 石塚博規 中村香恵子
HELES Journal   14 43-62   2015年2月   [査読有り]
Combining MOLT Perspecitives to COLT Schemes in Assessing Instructional Events
Akinobu Shimura, Aiko Sano, Yuko Sakai, Kawai Yasushi
Research Bulletin of English Teaching   12 1-25   2015年3月   [査読有り]
小学校外国語活動教材と中学校英語教科書のコミュニケーション活動の比較―タスク性と動機づけを高める要素を中心に―
志村昭暢 山下純一 臼田悦之 萬谷隆一 中村洋 竹内典彦 河上昌志
JES Journal   15 111-124   2015年3月   [査読有り]
タスク性からみた中学校英語教科書のコミュニケーション活動についてー教科書間の比較とタスク性に差が出る要因ー
山下純一 志村昭暢  臼田悦之 竹内典彦 河上昌志 中村洋 小山友花里 沢谷佑輔 萬谷隆一
北海道英語教育学会紀要   16 19-34   2017年3月   [査読有り]

Misc

 
多層言語社会における教育政策と制度について-香港の後期イマージョン教育の現状と展望-
東アジア圏の複言語主義共同体の構築   68-78   2018年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
新しい英語科教育法-理論と実践のインターフェイス-
青木昭六他61名 (担当:共著)
現代教育社   2002年4月   
新学習指導要領に基づく英語科教育法の構築と展開
青木昭六他62名 (担当:共著)
現代教育社   2002年4月   
Code Alternation in Bilingual and EFL/ESL Settings
2010年3月   
英語科教育のフロンティア-充実した実践を目指して-
青木昭六他31名 (担当:共著)
保育出版社   2012年9月   ISBN:978-4-905493-03-7
英語教師のためのフォーカス・オン・フォーム入門 成功するタスク&帯活動
大塚謙二 (担当:共著)
明治図書   2013年7月   ISBN:978-4-18-091927-7

講演・口頭発表等

 
Negotiation of meaning 研究の分析―Conversation Analysisを踏まえて―
第4回大学英語教育学会北海道支部大会   1989年7月   
英語学習者の談話分析―何が communication breakdown を 引き起こすのか―
第30回大学英語教育学会全国大会   1991年8月   
全道大学英語教育の実態調査―道内12大学の4年目学生アンケート調査を 踏まえて―
西堀ゆり・新井良夫・久保洋子・高井収・皆川治恵・村端五郎・森永正治
第8回大学英語教育学会北海道支部大会   1993年7月   
21 世紀の鍛冶屋―CALLを授業研究の道具に―
第33回大学英語教育学会全国大会   1994年9月   
道内大学入試リスニングテスト分析
高井収・新井良夫・平田洋子・河合 靖・皆川治恵・大場浩正・Torkil Christensen
第36回大学英語教育学会全国大会   1997年9月   

競争的資金等の研究課題

 
遠隔性を持つタスクの言語切り替えに及ぼす効果
基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
言語学習者の英語を外国語として学ぶ環境における言語切り替えについて
研究成果公開促進費(学術図書)
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月
東アジア圏の複言語主義共同体の構築―多言語社会香港からの示唆
基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
タスクとコミュニケーションへの態度(WTC)の研究
基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
小・中・高の英語の教科書・教材におけるスピーキング活動のタスク性からの分析
基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月

社会貢献活動

 
「英語によるコミュニケーション能力・論理的思考力を強化する指導改善の取組」に係わる南後志小中高英語研究協議会 講師
【】  2013年10月 - 2013年10月
岩見沢中学校暗唱大会 審査委員長
【】  2014年10月 - 2014年10月
旺文社LL教室スピーチコンテスト北海道大会 審査委員
【】  2014年12月 - 2014年12月