佐藤 勝明

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 08:02
 
アバター
研究者氏名
佐藤 勝明
 
サトウ カツアキ
所属
和洋女子大学
部署
人文学部日本文学文化学科
職名
教授
学位
博士(文学)(早稲田大学), 修士(文学)(早稲田大学)
その他の所属
和洋女子大学
科研費研究者番号
60255172

プロフィール

(教員からのメッセージ)
「蕉風俳諧とは何か」「芭蕉はいつからいわゆる“芭蕉”になったのか」という問題を考え続け、ようやく、天和期の芭蕉俳諧の画期性ということが確信できるようになってきました。この点を、さらに追究していくと同時に、前後に視視野を広げていきたいと考えています。

研究分野

 
 

経歴

 
1993年4月
 - 
1997年3月
和洋女子大学文家政学部国文学科専任講師
 
1997年4月
 - 
1998年3月
和洋女子大学文家政学部国文学科助教授
 
1998年4月
 - 
2004年3月
和洋女子大学人文学部日本文学科助教授
 
2004年4月
 - 
2008年3月
和洋女子大学人文学部日本文学科教授
 
2008年4月
 - 
2014年3月
和洋女子大学言語・文学系 和洋女子大学言語・文学系教授
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1993年2月
早稲田大学 文学研究科 日本文学専攻
 
 
 - 
1980年
早稲田大学 教育学部 国語国文学
 

委員歴

 
 
   
 
全国大学国語国文学会  編集委員(2012-)、委員(2013-)
 
 
   
 
早稲田大学国語教育学会  運営委員
 
 
   
 
早稲田大学国文学会  編集委員(1999-2003)、理事(2005-2009)
 
 
   
 
日本近世文学会  委員、編集委員(2007-2008)、常任委員(2010-2013)
 
1982年
   
 
俳文学会  委員、 編集委員(1996-2003,2009-2015)、常任委員(2012-)
 

受賞

 
2012年10月
三重県伊賀市芭蕉翁顕彰会 文部科学大臣賞 雲英末雄監修、佐藤勝明・伊東善隆・金子俊之編『元禄時代俳人大観』全3巻(八木書店)に対して
 
1991年
早稲田大学国語国文学会(窪田空穂)賞
 

論文

 
『おくのほそ道』の越後路前後
佐藤勝明
国語と国文学   95(3) 3-17   2018年3月   [査読有り][招待有り]
『おくのほそ道』の白河前後
佐藤勝明
文学・語学   (215) 63-71   2016年4月   [査読有り][招待有り]
蕪村連句の傾向―『もゝすもゝ』の分析から―
佐藤勝明
文学   17(2) 50-63   2016年3月   [招待有り]
「俳諧の文章」とは何か
佐藤勝明
日本文学   61(10) 47-56   2012年10月   [査読有り]
新出資料六点-貞徳・季吟・宗因・其角・去来-
佐藤勝明
連歌俳諧研究   (118) 22-33   2010年3月   [査読有り]

Misc

 
『ひさご』「木のもとに」歌仙分析
佐藤勝明
和洋女子大学紀要   (58) 1-12   2018年3月   [査読有り]
『猿蓑』春発句考(二)―七草の行事と朧・鶯―
佐藤勝明
和洋国文研究   (53) 18-26   2018年3月
宝永正徳俳人大観(八)
伊藤善隆・金子俊之・佐藤勝明
近世文芸研究と評論   (92) 130-154   2017年6月   [査読有り]
『深川』「青くても」歌仙分析
佐藤勝明・小林孔
近世文芸研究と評論   (92) 98-113   2017年6月   [査読有り]
文の人の理想と価値観―芭蕉の場合を中心として―
佐藤勝明
日本「文」学史第二冊   126-139   2017年6月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
全文を読み切る『奥の細道』の豊かな世界
佐藤勝明
大垣市・大垣市教育委員会   2018年3月   
元禄名家句集略注 小西来山篇
佐藤勝明
新典社   2017年12月   ISBN:978-4-7879-0642-7
続猿蓑五歌仙評釈
佐藤勝明・小林孔 (担当:共著)
ひつじ書房   2017年5月   
俳諧の歴史と芭蕉
佐藤克明
公益財団法人芭蕉翁顕彰会   2015年3月   
松尾芭蕉と奥の細道
佐藤勝明
吉川弘文館   2014年9月   

競争的資金等の研究課題

 
享保・宝暦期俳諧の新研究:芭蕉没後の「かるみ」伝播を軸として
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 佐藤勝明