吉岡 直樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/27 03:00
 
アバター
研究者氏名
吉岡 直樹
 
ヨシオカ ナオキ
eメール
yoshiokaapplc.keio.ac.jp
URL
http://www.applc.keio.ac.jp/~yoshioka/
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部応用化学科
職名
教授
学位
工学 (早稲田大学)
科研費研究者番号
30222392

研究分野

 
 

経歴

 
1990年4月
 - 
1992年3月
早稲田大学/日本学術振興会(理工学部) ,特別研究員
 
1992年4月
 - 
1993年3月
日本学術振興会(Massachusetts大学) ,海外特別研究員
 
1993年4月
 - 
1996年3月
慶應義塾大学(理工学部) ,助手
 
1996年4月
 - 
1999年3月
慶應義塾大学(理工学部) ,専任講師
 
1999年4月
   
 
慶應義塾大学(理工学部) ,助教授
 

委員歴

 
2010年4月
 - 
2012年3月
高分子学会 超分子研究会  運営委員
 
2009年7月
 - 
2009年11月
The 3rd Japanese-Russian Workshop on Open Shell Compounds and Molecular Spin Devices  国内組織委員
 
2017年3月
 - 
2018年2月
日本化学会 有機結晶部会  幹事
 
1998年7月
 - 
1998年10月
第8回高分子錯体国際会議(MMC-8 Tokyo)  実行委員
 
1995年8月
 - 
1997年8月
錯体化学若手の会 関東支部  世話人
 

受賞

 
1990年3月
早稲田大学水野賞
受賞者: 吉岡 直樹
 

論文

 
鈴木 良太, 多田 励起, 三浦 洋平, 吉岡 直樹
Journal of Molecular Structure   1106 399-406   2016年2月   [査読有り]
Three dihydroacridine analogues, 2,7-dimethoxy-9,10-dihydro-9,9-diphenylacridine (1-C), 2,8-dimethoxy-10,10-diphenyl-5,10-dihydrophenazasiline (1-Si), and 2,8-dimethoxy-10,10-diphenyl-5,10-dihydrophenazagermine (1-Ge), and corresponding nitroxide ...
鈴木 良太, 多田 励起, 細田 拓見, 三浦 洋平, 吉岡 直樹
New Journal of Chemistry   40(3) 2920-2926   2016年1月   [査読有り]
Three dihydroacridine derivatives, 2,7-bis(4-methoxycarbonylphenyl)-9,9-diphenyl-9,10-dihydroacridine (1), 2,8-bis(4-methoxycarbonylphenyl)-10,10-diphenyl-5,10-dihydrophenazasiline (2), and 2,7,9,9-tetraphenyl-9,10-dihydroacridine (3), were prepar...
前田 千尋, 栗原 宏佑, 増田 幹, 吉岡 直樹
Organic & Biomolecular Chemistry   13(46) 11286-11291   2015年9月   [査読有り]
The synthesis and photophysical properties of cyano and ethynyl substituted carbazole-based porphyrins were investigated. The introduction of ethynyl groups induced red shifts, while that of cyano groups induced blue shifts of their absorption ban...
吉岡 直樹
Chemical Physics Letters   626(17) 11-14   2015年4月   [査読有り]
髙橋 祐典, 三浦 洋平, 吉岡 直樹
New Journal of Chemistry   39(6) 4783-4789   2015年4月
A novel benzotriazinyl radical, 3-tert-butyl-7-trifluoromethyl-1,4-dihydro-1-phenyl-1,2,4-benzotriazin-4-yl (2), was prepared and its magneto-structural correlation was investigated. An X-ray crystallographic analysis revealed that 2 forms a 1D co...

書籍等出版物

 
Advances in Organic Crystal Chemistry
吉岡 直樹
Springer-Verlag GmbH   2015年8月   ISBN:978-4-431-55554-4
Magnetic Properties of Organic Materials
吉岡直樹、井上秀成 (担当:共著, 範囲:553-572)
Marcel Dekker   1999年5月   
水素結合を駆動力とした自己集積型安定有機ラジカルのデータをもとに強磁性有機固体の構築を目指した分子配列の制御法について解説した。
電子機能
西出宏之, 吉岡直樹, 土田英俊 (担当:共著, 範囲:125-156)
学会出版センター   1990年4月   
高分子金属錯体をスピン化学の立場から分類し、分子性化合物におけるスピン整列のメカニズムおよび分子性磁性材料の設計法を総論的に解説した。

講演・口頭発表等

 
非対称置換型ジヒドロアクリジン誘導体の合成と蛍光特性
星野 秀尭、三浦 洋平、吉岡 直樹
日本化学会第97春季年会   2017年3月19日   
純有機ビラジカルおよびジラジカル液晶の磁性
武元 佑紗、Elana Zaytseva、吉岡 直樹、鈴木 克明、内田 幸明、下野 智史、加藤 立久、Dmitrii G. Mazhukin、田村 類
日本化学会第97春季年会   2017年3月18日   
5,12-ジアセチル-5,12-ジヒドロキノキサリノ[2,3-b]キノキサリン誘導体のThermosalient効果
渡邉 純大、三浦 洋平、吉岡 直樹
日本化学会第97春季年会   2017年3月18日   
Schiff塩基錯体の集積挙動に及ぼす配位子構造の影響
小林 由貴子、西川 大裕、三浦 洋平、吉岡 直樹
日本化学会第97春季年会   2017年3月18日   
フェニルエチニル骨格で連結したフェルダジルバイラジカルの合成と構造-磁性相関
宮代祥伍、三浦 洋平、吉岡 直樹
日本化学会第97春季年会   2017年3月18日   

競争的資金等の研究課題

 
自己集積型有機ラジカルの化学修飾による高次元スピンネットワークの構築
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 基盤研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
リチウムイオン二次電池の安全性を高めるレドックス・シャトル剤の分子設計と電解質への応用
研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) フィージビリティスタディ(シーズ顕在化)
研究期間: 2010年11月 - 2011年10月

特許

 
特許第5996255号 : 光電変換素子及びΠ共役型有機ラジカル化合物
松岡 直樹・吉岡 直樹