三佐川 亮宏

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/27 15:01
 
アバター
研究者氏名
三佐川 亮宏
 
ミサガワ アキヒロ
所属
東海大学
部署
文学部 歴史学科 西洋史専攻
職名
教授
学位
博士(文学)(北海道大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
1979年
 - 
1983年
北海道大学 文学部 史学科西洋史専攻
 
1983年
 - 
1986年
北海道大学 文学研究科修士課程 西洋史専攻
 
1986年
   
 
北海道大学 文学研究科博士課程 西洋史専攻 入学 
 
1987年
 - 
1990年
ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生としてボン大学に留学  
 
 
 - 
1991年
北海道大学 文学研究科博士課程 西洋史専攻中途退学
 
2011年
   
 
北海道大学大学院文学研究科において博士号(文学)を取得  
 

経歴

 
1991年
 - 
1994年
北海道大学文学部西洋史学専攻助手
 
1994年
 - 
1999年
東海大学文学部歴史学科西洋史専攻講師
 
1999年
 - 
2009年
同、助教授/准教授
 
2009年
 - 
現在
同、教授
 
2011年
 - 
2012年
ウィーン大学オーストリア史研究所、ベルリン・フンボルト大学比較中世史研究所に客員研究員として滞在
 
 
   
 
この間、富山大学人文学部(1996年、集中講義)、名古屋大学文学部(2006年、同)、一橋大学経済学部(2015年)で、非常勤講師を歴任
 

受賞

 
2017年1月
東海大学 2016年度松前重義学術賞 「ドイツ史の始まり―中世ローマ帝国とドイツ人のエトノス生成」に関する研究
 
2018年6月
日本学士院 第108回日本学士院賞 『ドイツ史の始まり―中世ローマ帝国とドイツ人のエトノス生成』創文社、2013年
 

書籍等出版物

 
三佐川 亮宏
刀水書房   2018年   ISBN:9784887084377
Widukind von Korvei ca.ca. 973, 三佐川 亮宏
知泉書館   2017年   ISBN:9784862852564
三佐川 亮宏
創文社   2016年   ISBN:9784423460733
ドイツの歴史を知るための50章
三佐川 亮宏 (担当:共著)
明石書店   2016年   
三佐川 亮宏
創文社   2013年   ISBN:9784423460689
ハインツ・トーマス, 三佐川 亮宏, 山田 欣吾監訳
創文社   2005年   ISBN:4423460610
ヨーロッパ社会の成立
カール・ボーズル(共訳)
東洋書林   2001年   

論文

 
ドイツ史の始まり-中世ローマ帝国とドイツ人のエトノス生成
三佐川 亮宏
北海道大学大学院文学研究科・博士論文      2011年3月
ナチズム期における中世史研究-「ドイツ史の始まり」をめぐる議論から
三佐川 亮宏
『近現代史研究会会報』   66 1-9   2009年7月
三佐川 亮宏
東海大学紀要. 文学部   84 39-66   2006年3月
Im zweiten Teil des Forschungsberichtes geht es hauptsachlich um die Forschungsgeschichte des Wortes deutsch seit dem 19. Jahrhundert. Jakob Grimm, der im Jahre 1840 mit dem ,Exkurs uber Germanisch und Deutsch" den Grund fur die weitere Forschung ...
三佐川 亮宏
東海大学紀要. 文学部   83 17-44   2005年9月
"Der Ursprung und die fruhe Geschichte des Wortes und spateren Namens deutsch gehoren zu jenen Problemen, die aller Wahrscheinlichkeit nach nie eine allseits akzeptierbare Losung finden werden" (Heinz Thomas, 1988). Seit Jakob Grimms Deutscher Gra...
三佐川 亮宏
歴史學研究   745 34-51,63   2001年
三佐川 亮宏
東海大学紀要. 文学部   75 1-28   2001年
"Der Begriff eines deutschen Reiches hat sich wohl am fruhesten in Italien ausgebildet ; im Beginne des 11. Jahrhunderts begegnet er zuerst. Mehr als in Italien ist in Deutschland der Ausdruck ublich, und noch in der Zeit Heinrichs IV....ist er in...
三佐川 亮宏
東海大学紀要. 文学部   76 1-28   2001年
H.Grundmann hat in seinen Uberblick uber "Volksgeschichte (Origo gentis)" festgestellt : "Deutschland aber bekam im Mittelalter keine Darstellung seiner Volksgeschichte, als fehlte ihm der Blick auf eine gemeinsame Vergangenheit. Jeder Stamm hatte...
三佐川 亮宏
東海大学紀要. 文学部   65 37-104   1996年
Die Groβen Salzburger Annalen ("Annales Iuvavenses maximi") berichten zum Jahre 920 : Bawarii sponte se reddiderunt Arnulfo duci et regnare eum fecerunt in regno Teutonicorum. Uber dieses wichtige Zeugnis, das die Existenz einer deutschen Reichsau...
三佐川 亮宏
北海道大学文学部紀要   42(1) p75-125   1993年11月
三佐川 亮宏
北海道大学文学部紀要   41(1) p127-156   1992年9月
三佐川 亮宏
北海道大学文学部紀要   40(2) p133-147   1992年2月
三佐川 亮宏
北大史学   (31) p1-16   1991年8月

Misc

 
書評 Anastasia Brakhman, Außenseiter und ‚Insider‘. Kommunikation und Historiografie im Umfeld des ottonischen Herrscherhofes, [Historische Studien, Bd.509], Husum, Matthiesen Verlag, 2016.
三佐川 亮宏
『西洋中世研究』   9 169-170   2017年12月
書評 Tina Bode, Koenig und Bischof in ottonischer Zeit. Herrschaftspraxis - Handlungsspielraeume - Interaktionen, [Historische Studien, Bd.506], Husum, Matthiesen Verlag, 2015.
三佐川 亮宏
『西洋中世研究』   8 248-249   2016年12月
辞典項目「アインハルト」他、ドイツ史関連、計150項目
三佐川 亮宏
『岩波世界人名大辞典』      2013年12月
三佐川 亮宏
創文   (506) 19-22   2008年3月
三佐川 亮宏
史學雜誌   114(5) 九〇九-九一四   2005年5月

競争的資金等の研究課題

 
紀元千年の皇帝権とキリスト教終末論
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C)): 
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 三佐川 亮宏
中世ヨーロッパ世界における統治理念と社会制度の比較史的統合の研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 河原 温
ドイツ:その起源と前史
文部科学省: 科学研究費補助金(研究成果公開促進費)
研究期間: 2015年       代表者: 三佐川 亮宏
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 渡辺 節夫
「追加採択」のためスタートが遅れたが、この科研の共同研究は基本的に「ヨーロッパ中世史研究会」(1995年結成)をテーマ的にも、メンバー構成においてもベースとしているため、実質的には年度当初から着実に共同研究としての実績を挙げてきたと言える。具体的には、斬新かつ先端的な研究を積極的に推進する観点から、先ず、近年我が国で刊行された本格的な当該分野、特にヨーロッパ中世の権力構造に関する研究書を5点選び、著者を招き評者を二人配し、徹底した質疑・応答を通して、問題の本質と、研究の方向性を見出すことが...
ドイツ史の始まり : 中世ローマ帝国とドイツ人のエトノス生成
文部科学省: 科学研究費補助金(研究成果公開促進費)
研究期間: 2012年       代表者: 三佐川 亮宏

その他

 
2018年5月
毎日新聞インタビュー記事「中世ドイツから見る現在」