眞野 泰

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/10 12:52
 
アバター
研究者氏名
眞野 泰
 
マノ ヤスシ
通称等の別名
真野 泰
eメール
yasushi.manogakushuin.ac.jp
所属
学習院大学
部署
文学部 英語英米文化学科
職名
教授
学位
学術修士(地域)(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
 - 
1994年
:東京大学教養学部助手
 
1994年
 - 
2001年
:東洋大学文学部講師
 
2001年
 - 
2007年
:学習院大学文学部助教授
 
2007年
   
 
-:学習院大学文学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1989年
東京大学 教養学部 地域文化研究
 
 
 - 
1991年
東京大学 総合文化研究科 地域文化研究
 

Misc

 
Question Box: 「掴み」あるいはattention grabberについて
眞野 泰
大修館   Vol. 62(No. 12) 79頁   2014年
Question Box: A’s Bか,B of Aか
眞野 泰
大修館   Vol. 62(No. 11) 77頁   2014年
Question Box: 主格補語として働く前置詞句
眞野 泰
大修館   Vol. 62(No. 10) 80頁   2013年
Question Box: this time aroundとthis timeの違い
眞野 泰
大修館   Vol. 62(No. 9) 77頁   2013年
Question Box: 定冠詞か無冠詞か
眞野 泰
大修館   Vol. 62(No. 7) 77頁   2013年

書籍等出版物

 
アーサーとジョージ
ジュリアン・バーンズ (担当:共訳)
中央公論新社   2016年   
学習英文法を見直したい
大津由紀雄ほか (担当:共著)
研究社   2012年   
英語のしくみと訳しかた
真野泰
研究社   2010年   
20世紀英語文学辞典
上田和夫ほか (担当:分担執筆)
研究社   2005年   
最後の注文
グレアム・スウィフト (担当:単訳)
新潮社   2005年   

講演・口頭発表等

 
訳読でなく読訳を―訳す前によく読もう [招待有り]
真野 泰
岡山大学全学教育・学生支援機構基幹教育センター外国語教育部門   2016年6月15日   
見えているのか、いないのか [招待有り]
真野 泰
日本英文学会第88回大会   2016年5月28日   
理想の翻訳と訳読の現実 [招待有り]
真野 泰
日本英文学会第86回全国大会の特別シンポジアム   2014年   
英語リーディング教授法の多様化のなかで――文学研究者に存在意味はあるのか [招待有り]
真野 泰
日本英文学会中国四国支部第65回大会のシンポジウム   2012年   
「訳読式」の功罪 [招待有り]
真野 泰
日本英文学会第83回大会のシンポジウム   2011年   

Works

 
イギリス文学における精神の表象形式に関する史的文体論的研究
2000年 - 2002年
日本英文学会関東支部編集委員会委員
2008年4月 - 2010年3月

競争的資金等の研究課題

 
職業作家サミュエル・ジョンソンの研究
現代イギリス小説
翻訳