岩渕 美克


岩渕 美克

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/17 12:01
 
アバター
研究者氏名
岩渕 美克
 
イワブチ ヨシカヅ
eメール
iwabuchi.yoshikadunihon-u.ac.jp
学位
政治学修士(早稲田大学)
科研費研究者番号
70213311

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
日本大学 法学部新聞学科 教授
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1984年3月
早稲田大学 大学院 政治学研究科 政治学
 
1984年4月
 - 
1987年3月
慶應義塾大学 大学院 法学研究科 政治学
 
 
 - 
1982年
慶應義塾大学 法学部 政治
 

委員歴

 
2014年6月
 - 
2016年6月
日本選挙学会  理事長
 
2003年6月
 - 
2004年6月
日本マス・コミュニケーション学会  理事
 

論文

 
政治制度の再検討 - 二院制と選挙制度を中心に ―
政経研究   49(4) 49-69   2013年3月   [査読有り]
補欠選挙の研究
政経研究   49(3) 771-793   2013年1月   [査読有り]
第45回総選挙の分析 - 民主党の勝因とメディア効果ー
ジャーナリズム&メディア   (3) 41-52   2010年3月
メディア政治と世論
政経研究   46(2) 57-77   2009年11月   [査読有り]
世論と世論調査報道
日本大学法学部創設120周年記念論文集   2 309-384   2009年10月   [査読有り]

Misc

 
参議院議員選挙制度改革に関する考察
岩渕美克
ジャーナリズム & メディア   (9) 165-178   2016年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
なぜ日本型統治システムは疲弊したのか -憲法学・政治学・行政学からのアプローチー
ミネルヴァ書房   2016年6月   ISBN:978-4-623-07505-8
比較政治学のフロンティア -21世紀の政策課題と新しいリーダーシップー
ミネルヴァ書房   2015年1月   ISBN:987-4-623-07201-9
演習ノート 政治学
岡澤憲芙、天野慎也、大谷博愛、大山礼子、鍛冶智也、川上和久、川野秀之、木下淑恵、中金聡、宮本満治、毛桂榮、藪長千乃 (担当:共著, 範囲:4-5,32-33,94-95,142-143,146-147,158-159,160-161)
法学書院   2007年1月   ISBN:978-587-31203-9
グローバリゼーションの危機管理論
青木一能 (担当:共著)
 芦書房   2006年6月   
地球型情報化の危機-グローバリゼーションの断面図
青木一能、小松憲治、小阪隆秀、岩渕美克、安藤博文、林 幸博、清水一史、早川 智、黒田和道、金谷尚知、川上高司、松永泰行、六辻彰二、段 瑞聡、エズラ・F・ヴォーゲル. (担当:共著, 範囲:85-102)
芦書房   2005年4月   

講演・口頭発表等

 
第45回総選挙の分析
韓国選挙学会年次大会   2009年11月20日   韓国選挙学会
日本におけるインターネットと政治
日韓国際シンポジウム   2002年   
テレビの政治的役割に関する史的分析
日本マス・コミュニケーション学会研究会   2000年   
日本における選挙キャンペーンとマス・メディア
日本選挙学会   1996年5月   
情報化と政治リーダーー国会議員の情報化調査を踏まえてー
日本マス・コミュニケーション学会   1992年5月