山倉 和紀

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 02:41
 
アバター
研究者氏名
山倉 和紀
 
ヤマクラ カズノリ
eメール
yamakura.kazunorinihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
商学部商業学科
職名
教授
学位
修士(商学)(日本大学)
科研費研究者番号
10267007

研究分野

 
 

経歴

 
2016年
   
 
日本大学商学部教授
 
2004年4月
 - 
2005年9月
Visiting Fellow, The University of Liverpool Management School
 

学歴

 
 
   
 
日本大学 大学院 商学研究科 
 

論文

 
ジョン・フォスターとアクト・オブ・ユニオンの財政条項の含意
エール(アイルランド研究)   36    2017年3月   [査読有り]
19世紀初期の英愛為替関係と為替安定化政策論-戦時財政と為替オペレーションの実施主体について-
商学集志   85(3) 49-76   2015年12月   [査読有り]
アイルランド為替論争におけるアイルランド銀行批判の含意-ユニオン後の金融・財政・政治-
エール(アイルランド研究)   (34) 3-23   2015年3月   [査読有り]
パーネルとアイルランド為替問題-『所見』(1804年)の文献史的考察-
商学集志   82(4) 23-46   2013年3月   [査読有り]
ソーントン『キング評注』とアイルランド為替問題
商学集志   82(2・3) 45-70   2012年12月   [査読有り]

Misc

 
ユニオン前後の英愛間為替関係史-アイルランド為替論争と財政問題-
エール(アイルランド研究)   (35)    2016年3月
19世紀初頭のアイルランド為替論争と為替安定化政策の形成
経済学史学会大会報告集   54-59   2013年5月
アイルランド通貨報告(1804年)
山倉和紀[訳]
商学集志   78(4) 35-55   2006年3月   [査読有り]
真正手形学説と還流法則の異同について
証券経済学会年報   (36) 104-108   2001年5月
投機的期待とシャックルの不確実性理論
金融経済研究   (13・14) 103-105   1997年11月

書籍等出版物

 
金融と経済―理論・思想・現代的課題―
佐藤猛・山倉和紀(共編) (担当:共編者, 範囲:i-iii,3-36)
白桃書房   2017年3月   ISBN:9784561961369
国際金融論
宅和公志・山倉和紀(共編) (担当:共編者, 範囲:i-ii,47-92,145-179,221-251)
日本大学通信教育部   2010年4月   ISBN:2110000004323
ワークショップ金融システム
日本大学大学院商学研究科ビジネスコース編集委員会(編)(宅和公志・山倉和紀・湯本雅士,その他,合計10名)
ダイヤモンド社   2000年5月   ISBN:9784478731796

講演・口頭発表等

 
Henry Thornton’s Thoughts on Monetary Policy 1802-1811
International Workshop on Classical Economists and Classical Monetary Theory 2017, Held in 14th and 15th March 2017   2017年3月15日   
戦時財政と『アイルランド通貨報告』(1804年)について
リカードウ研究会 第33回研究会   2016年7月30日   
アクト・オブ・ユニオンとアイルランドの財政管理
科学研究費基盤研究(B)「日本におけるアイルランド認識と植民地統治」プロジェクト・第3回研究会   2016年2月26日   
ユニオン前後の英愛間為替関係史―アイルランド為替論争と財政問題―
日本アイルランド協会 2014年度アイルランド研究年次大会   2014年11月23日   
19世紀初期アイルランド為替論争とアイルランド銀行批判について
日本アイルランド協会 歴史研究会(10月例会)   2013年10月12日