木村 三郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/20 20:11
 
アバター
研究者氏名
木村 三郎
 
キムラ サブロウ
eメール
NBB02571nifty.com
URL
http://homepage3.nifty.com/saburo-kimura/TOP.htm
所属
日本大学
職名
研究員
学位
文学博士
その他の所属
金沢美術工芸大学
科研費研究者番号
00130477

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
日本大学 芸術学部芸術教養課程 教授
 
1988年4月
 - 
2013年3月
東京外国語大学非常勤講師
 
1991年4月
 - 
1992年3月
放送大学客員助教授
 
1991年4月
 - 
1992年3月
女子美術大学非常勤講師
 
1992年4月
 - 
1999年3月
放送大学客員教授
 

学歴

 
 
 - 
1972年
東京大学 文学部 仏語仏文学科
 
 
 - 
1981年
パリ第4大学大学院 美術考古学研究所 西洋美術史
 

委員歴

 
2016年
   
 
名古屋大学  博士学位審査委員会委員
 
2015年12月
   
 
フランス政府  フランス政府給費留学生試験・面接審査委員
 
2009年
 - 
2010年
日本学術振興会・科学研究費委員会・審査委員
 
2007年
   
 
東京都立小石川高等学校・21開拓委員会委員
 
2007年
   
 
東京都立小石川高等学校・評価委員会委員長
 

受賞

 
2008年6月
アート・ドキュメンテーション推進賞(アートドキュメンテーション学会)
 
1988年
渋沢クローデル賞
 

書籍等出版物

 
イメージ制作の場と環境—西洋近世・近代美術史における図像学と美術理論
木村 三郎 (担当:共著, 範囲:ニコラ・プッサンの、パリ在住、二十代の青春・・・アンドレ・フェリビアンの著作『対話』を物語画制作の視点から読む)
中央公論美術出版   2018年11月   
編集幹事・望月典子・栗田秀法・出羽尚
フランス近代の図像学
木村 三郎
中央公論美術出版   2018年1月   
描かれたザビエルと戦国日本
木村 三郎 (担当:共著, 範囲:サン・ロケ教会所蔵、「フランシスコ・ザビエルの生涯」連作の絵画様式; 祭壇画としての《マリア十五玄義図》について・・・「とりなし図像」の視点から考える)
勉誠出版   2017年1月   
学芸員養成と情報技術教育を考える
木村 三郎 (担当:共著)
2017年1月   
日本大学芸術学部共同研究・公開シンポジウム・報告書
平成28年度日本大学芸術学部共同研究「アート・アーカイヴ構築に向けての研究(学芸員養成とデジタル・アーカイヴ教育)
エンブレムの諸相
木村 三郎 (担当:共著)
2015年3月   
科学研究費(基盤研究C)「近代英国を中心としたエンブレムにおける聖と俗の表象に関する学際的研究」(2009ー2011年)・「近代英国を中心とするエンブレムにおける宗教と科学に関する学際的研究」(2012ー2015年)研究成果報告書、研究代表者・植月恵一郎、研究分担者、伊藤博明、出羽尚、松田美作子、山本真司、
旅の書物/旅する書物
木村 三郎
慶応義塾大学出版会   2015年   
日本大学芸術学部・共同研究{アート・アーカイヴ構築に向けての基礎研究}研究成果報告書
木村 三郎
2014年1月   
研究代表者・木村三郎、研究分担者・植月恵一郎、須藤温子、向井知子・細谷誠、連携研究者・川上央、2014年1月30日、編集人・木村三郎
17世紀フランスにおけるイエズス会の挿絵本と絵画の関係についての総合的研究・17世紀フランスにおける歴史画と挿絵本との関係についての総合的研究
木村 三郎 (担当:共著, 範囲:p.4-54)
2013年9月   
研究分担者(小野崎康裕、栗田秀法、安室可奈子)、研究協力者(新畑泰秀、鯨井秀伸)
デジタル・ミュージアム研究プロジェクト・報告書
木村 三郎 (担当:共著)
2010年3月   
日本大学総合学術情報センター

木村が、執筆と、編集責任者
ニコラ・プッサンとイエズス会図像の研究
中央公論美術出版   2007年   
17世紀フランスにおけるオウディウスの挿絵と絵画の関係についての総合的研究
木村 三郎
2006年3月   
平成15年度~17年度 科学研究費補助金「基盤研究(B) 一般(Ⅰ)、研究成果報告書、2006年3月、研究代表者 木村三郎
日藝アート・アーカイブを考える
木村 三郎
2005年3月   
日藝アート・アーカイブシンポジウム報告書「アート・アーカイブ構築に向けての基礎研究」研究会 2005年3月(編集人)
ヴァン・ダイクと17世紀のフランドル美術・国際シンポジウム報告書
木村 三郎
2003年3月   
2003年、3月、日本大学芸術学部芸術研究所、編集・木村三郎・植月恵一郎
17世紀フランスにおける挿絵と絵画の関係についての総合的研究
木村 三郎
2002年3月   
(平成12-14年度科学研究費補助金基礎研究(B)(1)・一般(1):研究成果報告書),2003年、3月
大ザビエル展
木村 三郎 (担当:共著, 範囲:、p.231-236/262-263(資料・参考文献))
1999年1月   
(川崎市民ミュージアム)、カタログ、1999年、1月、p.231-236/262-263(資料・参考文献)
写真資料に基づく西洋近世絵画における図像学研究
木村 三郎
1997年3月   
『平成6~8年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書』1997年、3月、
Nicolas Poussin
木村 三郎 (担当:共著, 範囲:《A propos de Camille et le maître d'école de Faléries:aspects iconographiques》)
La documentation Française   1996年   
Georges de La Tour ou la nuit traversé
木村 三郎 (担当:共著, 範囲:Saint François-Xavier prêchant aux Indiens,quelques aspects iconographiques p.133-143,pl.31-33)
Serpenoise   1994年5月   
mai 1994,Actes du colloque organisé à Vic-sur-Seille du 9 au 11 septembre 1993 à l'occasion du IVe centenaire de la naissance de Georges de La Tour
名画を読み解くアトリビュート
淡光社   2002年12月   
写真資料に基づく西洋近世絵画における図像学研究(平成6-8年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書)
科学研究費報告書   1997年3月   

講演・口頭発表等

 
詩人マリーノと版画家ブリオ・・プッサンとその初期作品の諸問題
国立西洋美術館   2009年4月4日   
日本大学総合学術情報センターにおけるデジタル・アーカイブ作成についての研究成果と展望
日本大学総合学術情報センタープロジェクト研究成果報告会   2009年3月13日   
西洋近世図像学ドキュメンテーションの現在・・・日本大学芸術学部図書館における博士論文指導のための試みから
アート・ドキュメンテーション学会   2008年1月12日   
挿絵・図像・出版文化・・・オウィディウス『変身物語』(1559 伊訳版、1651仏訳版)のデジタル・アーカイブ化の試みから
日仏美術学会   2007年9月30日   
日本大学学術情報センターにおける試みとデジタル・アーカイブ
駿河台大学 シンポジウム(大学ミュージアム=アーカイブズを考える)   2005年11月15日   

担当経験のある科目

 
 
  • フランス語 (日本大学)
  • 西洋美術史 (日本大学,放送大学,名古屋大学,神戸大学,東京大学,金沢美術工芸大学,女子美術大学)

競争的資金等の研究課題

 
18-19世紀文学におけるエンブレムの受容と変容に関する横断的研究
科学研究費
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 出羽 尚
研究代表者
出羽 尚 宇都宮大学, 国際学部, 准教授
(00434069)
研究分担者 木村 三郎 日本大学, 研究員 (00130477)
植月 恵一郎 日本大学, 芸術学部, 教授 (10213373)
松田 美作子 成城大学, 文芸学部, 教授 (10407611)
時田 郁子 成城大学, 文芸学部, 専任講師 (60757657)
伊藤 博明 専修大学, 文学部, 教授 (70184679)
山本 真司 青山学院大学, 准教授 (80434976)
フランス近代の図像学
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 木村 三郎
学術図書
17世紀フランスにおける歴史画と挿絵本との関系についての総合的研究
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 木村 三郎
近代英国を中心としたエンブレムにおける聖と俗の表象に関する学際的研究
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 植月恵一郎
17世紀フランスにおけるイエズス会の挿絵と絵画の関係についての総合的研究
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 木村 三郎

その他

 
1995年
美術史と美術理論 ヴィデオ作品