TSUKAMOTO Satoru

J-GLOBAL         Last updated: Dec 3, 2019 at 02:47
 
Avatar
Name
TSUKAMOTO Satoru
E-mail
tukamotochs.nihon-u.ac.jp
URL
http://dep.chs.nihon-u.ac.jp/english_lang/tukamoto/index_e.html
Affiliation
Nihon University
Section
College of Humanities and Sciences, Department of English Language and Literature
Job title
Professor
Research funding number
00256786

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1986
英文学, Faculty of Liberal Arts and Science (Humanities), Nihon University
 
 
 - 
1992
英文学, Graduate School, Division of Letters, Nihon University
 

Awards & Honors

 
Oct 2006
英語コーパス学会第5回学会賞
 

Published Papers

 
構文解析コーパスによる格付与能力の検証ー中英語Double Object生起からの推定
塚本 聡
英語コーパス研究シリーズ コーパスと英語史   31-57   Apr 2019
Review: Alcaraz-Sintes, Alejandro and Salvador Valera-Hernandez (eds) Diachrony and Synchrony in English Corpus Linguistics
Satoru Tsukamoto
English Linguistics: Journal of the English Linguistic Society of Japan   34 387-397   Mar 2018   [Refereed]
Defining Periods of Middle English by Measuring Rates of Language Change
Yamazaki, S. and R. Sigley eds.
Approaching Language Variatin through Corpora   307-322   Apr 2013   [Refereed]
Book Review: Irma Taavitsainen, Merja Kyto, Claudia Claridge, and Jeremy Smith eds. Developments in English: Expanding Electronic Evidence
Satoru Tsukamoto
Studies in Medieval English Language and Literature   (33) 67-72   Jul 2018   [Refereed]
英語研究におけるコーパス利用について
塚本 聡
ドイツ語情報処理研究   (26) 1-21   2016   [Invited]

Books etc

 
コーパス言語学-言語構造と用法の研究(共訳)
齊藤俊雄 朝尾幸次郎 山崎俊次 新井洋一 梅咲敦子 (Part:Joint Work)
南雲堂   Oct 2003   
Excelで学ぶ情報処理
大塚 友美, 谷口 郁生 (Part:Joint Work)
文眞堂   Apr 2008   

Conference Activities & Talks

 
英語史的コーパスによる言語変化速度の測定
英語コーパス学会第44回大会   6 Oct 2018   Japan Association for English Corpus Studies
MEにおける句動詞の変遷―PPCME2を利用して
英語コーパス学会東支部 研究会コーパスの言語学諸分野における活用(2) 歴史言語学   11 Mar 2017   Japan Association for English Corpus Studies
英語は、古英語から中英語にかけてOV言語からVO言語に変化したといわれている。不変化詞を伴う句動詞は、OV言語では動詞に前接するが、VO言語では後続する。前接の現象は現代英語では見られないが、中英語では見られる。(3) Wyth that sir Raynolde gan up sterte with his hede all blody (CMMALORY,200.3145)(4) And sir Galahad sterte up behynde hym ...
コーパスから見えるif ... were (was) to / should ... の特徴
日本大学英文学会10月英語学シンポジウム   14 Oct 2017   日本大学英文学会
近代英語コーパスの代表性-3コーパスの比較検討
英語コーパス学会第41回大会   3 Oct 2015   Japan Association of English Corpus Studies
塚本 聡
私の研究テーマにおけるコーパス利用   26 Apr 2014   英語コーパス学会
英語の時代区分は、一般的に外史的基準によっている。しかし、社会的状況の変化と言語実態とは必ずしも一致しないとの見解もある (Hogg 1992, Blake 1992, Lass 1999)。通時的統語解析コーパスにおける文法項目の生起数の変化から、外史基準とは異なる時代区分を設定することができる。本発表では、PPCME2, PPCEME, PPCMBEの一連のPPCコーパス、およびCLMETを使用し、時代の変化をどのようにとられることができるのか提示する。