武井 正美

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 02:50
 
アバター
研究者氏名
武井 正美
 
タケイ マサミ
eメール
takei.masaminihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
医学部医学科血液膠原病内科学
職名
教授
学位
医学博士(日本大学)
科研費研究者番号
30179600

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1980年
日本大学 医学部 医学科
 
 
 - 
1985年
日本大学 大学院 医学研究科 臨床系内科I
 

受賞

 
1987年
アメリカ全身性エリテマトーデス財団研究奨学金(Lupus Foundation of America Fellowship Award)
 
1984年
日本大学ロバートFケネディ奨学金
 

論文

 
Evaluation of expression of CD15 and sCD15 in non-small lung cancer
International J of Oncology   15
Three cases of malignant lymphoma that developed from the chest wall.
リウマチ科診療マニュアルーリウマチ性疾患におけ る免疫検査法 リンパ球サブセットと可溶性表面マー カー
リウマチ科   27 347ー351
リウマチ科診療マニュアルーリウマチ性疾患におけ る免疫検査法 サイトカイン
リウマチ科   27 352ー359
シェ-グレン症候群の治療戦略のポイント 「シェ-グレン症候群へのstrategy」
先端医学社   14ー19

Misc

 
Sensitive typing of reverse ABO blood groups with a waveguide-mode sensor
Shigeyuki Uno,Torahiko Tanaka,Hiroki Ashiba,Makoto Fujimaki,Mutsuo Tanaka,Yoshihiro Hatta,Masami Takei,Koichi Awazu,Makoto Makishima
Journal of Bioscience and Bioengineering VOL      2018年
Efficacy and safety of minodronic acid hydrate in patients with steroid-induced osteoporosis.
5.Kitamura N, Shiraiwa H, Inomata H, Nozaki T, Ikumi N, Sugiyama K, Nagasawa Y, Karasawa H, Iwata M, Matsukawa Y, Takei M
International Journal of Rheumatic Diseases      2016年
The Diagnostic Role of Cardiac Magnetic Resonance Imaging in Rheumatoid Arthritis.
H Kobayashi, Y Kobayashi, S Ode, K Sugiyama, N Kitamura, M Takei
International Journal of Immunology and Immunotherapy   2378-3672   2016年
A Clinicopathologic Study of Lennert Lymphoma and Possible Prognostic Factors: The Importance of Follicular Helper T-cell Markers and the Association With Angioimmunoblastic T-cell Lymphoma.
Daisuke Kurita, zHiroaki Miyoshi, Noriaki Yoshida, Yuya Sasaki,Seiichi Kato, Daisuke Niino, Yasuo Sugita,Yoshihiro Hatta, Masami Takei, Makoto Makishima, Koichi Ohshima
American Journal of Surgical Pathology   1249-1260   2016年
Lyn, a tyrosine kinase closely linked to the differentiation status of primary acute myeloid leukemia blasts, associates with negative regulation of all-trans retinoic acid (ATRA) and dihydroxyvitamin D3 (VD3)-induced HL-60 cells differentiation.
Noriyoshi Iriyama1*, Bo Yuan2*, Yoshihiro Hatta1, Norio Takagi2, Masami Takei.
Cancer Cell International   1186/s12935-016-0314-5   2016年

書籍等出版物

 
若年性突発性関節炎 今日の整形外科治療指針 第7版(土屋弘行、紺野愼一、田中康仁、田中 栄、松田秀一 編集)
医学書院   2016年   
Evans症候群(臓器特異的自己免疫疾患 自己免疫性血液疾患)
北村 登、武井正美 (担当:共著, 範囲:267-271)
医学雑誌日本臨床社   2015年   
シェーグレン症候群(三森経世編) 今日の治療指針 2015年版—私はこう治療している(山口徹、北原光夫監修、福井次矢、高木誠、小室一成 総編集
武井正美
医学書院   2015年   
シェーグレン症候群(三森経世編)今日の治療指針 2015年版-私はこう治療している(山口徹、北原光夫監修、福井次矢、高木誠、小室一成 総編集)
武井正美
医学書院   2015年   
アレルギー性肉芽腫性血管炎Churg-Strauss症候群(三森経世編)今日の治療指針 2013年版-私はこう治療している(山口徹、北原光尾夫、福井次矢 編集)
武井正美
医学書院   2013年   

講演・口頭発表等

 
経過中に抗apuaporin4抗体陽性視神経炎が合併したSLEの1例
野崎高正,大島正嗣,濱口麻里奈,芳沢昌栄,都築 広,長澤洋介,杉山海太,西脇農真,井汲菜摘,唐澤博美,岩田光浩,原田修次,原岡ひとみ,北村 登,武井正美.
第61回日本リウマチ学会総会・学術集会   2017年4月   
重度の心筋障害を合併した多発性筋炎および皮膚筋炎の2例
長澤洋介, 大島正嗣,濱口麻里奈,芳沢昌栄,都築 広,杉山海太,西脇農真,井汲菜摘,野崎高正,猪股弘武,唐澤博美,原田修次,原岡ひとみ,岩田光浩,北村 登,武井正美.
第61回日本リウマチ学会総会・学術集会   2017年4月   
ビスホスホネートで治療不十分なステロイド性骨粗鬆症患者に対するデノスマブの臨床効果
北村 登, 野崎高正, 杉山海太, 長澤洋介, 都築 広,芳沢昌栄,大島正嗣,唐澤博美,原田修次,岩田光浩,武井正美.
第61回日本リウマチ学会総会・学術集会   2017年4月   
Association of myocardial abnormalities with disease characteristic,N-terminal pro-BNP,and cardivacular inflammatory biomarkers in systemic sclerosis without cardiac symptom as assessed using cardiac magnetic resonance imaging.
Kaita Sugiyama, Hitomi Haraoka,Yosuke Nagasawa,Atuma Nishiwaki,Naysumi Ikumi,Takamasa Nozaki,Hirotake Inomata,Hiromi karasawa,Noboru Kitamura,Mitsuhiro Iwata,Masami Takei,Yasuyuki Kobayashi.
第61回日本リウマチ学会総会・学術集会   2017年4月   
Myocardial Abonormalities are Associated with Corrected QT Interval in Patients with Rheumatoid Arthritis without Cardiac Symptoms Assessd Using Cardiac Maguetic Resonance Imaging
Isamu Yokoe,Hitomi Haraoka,Atsuma Nishiwaki,Noboru Kitamura,Masami Takei.
第61回日本リウマチ学会総会・学術集会   2017年4月   

特許

 
日本 2000-552279 : 慢性関節リウマチの診断法

その他

 
1996年
Newly determineel protein
1996年
IgA nephropatty associated gene
1996年
Study of soluble CD4 binding retrovirus in collagen diseases(1994-1996)
1996年
特許新規蛋白質 国際公開番号WO98-24815 1998.6.11
1996年
膠原病患者へ可溶性CD4分子と結合しているレトロウイルスの解析と単離-平成6〜8年度