NISHIO Toshiyuki

J-GLOBAL         Last updated: Apr 2, 2019 at 03:04
 
Avatar
Name
NISHIO Toshiyuki
E-mail
nishio.toshiyukinihon-u.ac.jp
URL
http://www.brs.nihon-u.ac.jp/~bioorg/
Affiliation
Nihon University
Section
College of Bioresource Sciences, Department of Chemistry and Life Science
Job title
Professor
Other affiliation
Nihon UniversityNihon University
Research funding number
10256836

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1983
 - 
May 1989
Applied and Development Institute, Sapporo beer Co. Ltd., Researcher
 
Jun 1989
 - 
Jul 1991
Tokyo University, Researcher
 
Aug 1991
 - 
Mar 1993
Pharmaceutical Development Institute, Sapporo beer Co. Ltd., Researcher
 
Apr 1993
 - 
Mar 1994
College of Bioresource Sciences, Nihon University, Assistant
 
Apr 1994
 - 
Mar 1999
College of Bioresource Sciences, Nihon University, Lecturer
 

Education

 
 
 - 
1981
生体制御, Faculty of Science, Saitama University
 
 
 - 
1983
農芸化学, Graduate School, Division of Agriculture, Tokyo University of Agriculture and Technology
 

Awards & Honors

 
Sep 2015
糖質関連酵素の機能を活用した特殊オリゴ糖の作出とその利用, 平成27年度日本応用糖質科学会学会賞, The Japanese Society of Applied Glycoscience
 
Sep 2001
糖水酸基がα-グリコシダーゼとリパーゼの活性と特異性に及ぼす影響について, Prise of The Japanese Society of Applied Glycoscience, 日本応用糖質科学会
 

Published Papers

 
スクロースアナログ二糖のヒト腸内細菌由来ビフィズス菌および乳酸菌における増殖効果
保坂浩貴、永嶋 誠、平野貴子、袴田 航、西尾俊幸
精糖技術研究会誌   64 5-10   2018   [Refereed][Invited]
Identification of small-molecule inhibitors of human golgi mannosidase via a drug repositioning screen.
Ryosuke Koyama, Wataru hakamata, Takako Hirano, Toshiyuki Nishio
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   66(6) 678-681   2018   [Refereed]
Hiroki Hosaka, Saori Mizoguchi, Mitsuru Tashiro, Takashi Fujimoto, Takako Hirano, Wataru Hakamata, Toshiyuki Nishio
Enzyme and Microbial Technology   110 53-60   2018   [Refereed]
Asaki Uehara, Narumi Takahashi, Mei Moriyama, Takako Hirano, Wataru Hakamata, Toshiyuki Nishio
Applied Biochemistry and Biotechnology   184 673-684   2018   [Refereed]
スクロース構造に着目した特殊二糖の酵素合成
保坂浩貴、溝口早織、平野貴子、袴田 航、西尾俊幸
精糖技術研究会誌   63 11-15   2017   [Refereed][Invited]

Misc

 
糖質関連酵素の機能を活用した特殊オリゴ糖の作出とその利用
西尾俊幸
応用糖質化学   6(1) 2-14   Feb 2016   [Refereed][Invited]
Wataru Hakamata, Ryosuke Koyama, Mizuki Tanida, Tomomi Haga, Takako Hirano, Makoto Akao, Hitomi Kumagai, Toshiyuki Nishio
Journal of Agricultural and Food Chemistry   63(50) 10778-10784   Dec 2015   [Refereed]

Books etc

 
食と微生物の事典 -グリコシダーゼで機能性オリゴ糖を作る-
西尾俊幸 (Part:Joint Work, 第3章 194-195)
朝倉書店   Jul 2017   
機能性糖質素材・甘味料の開発と市場
西尾俊幸 (Part:Joint Work, 第3章 21-33)
シーエムシー出版   Jun 2017   
生物有機化学入門
奥 忠武、北爪智哉、中村 聡、西尾俊幸、河内 隆、廣田才之 (Part:Joint Work, 1(巻) 35-53, 155-168)
講談社サイエンティフィック   Mar 2006   
生体分子化学
秋久俊博、浅田泰男、石塚盛雄、小池一男、神野英毅、長田洋子、西尾俊幸、宮沢三雄 (Part:Joint Work, 1(巻) 92-106,181-190)
共立出版   Apr 2005   
Organic Chemistry for Life Science
川井 悟、河内 隆、北野克和、多田全弘、永野 肇、西尾 俊幸、芳賀尚樹、薮田五郎 (Part:Joint Work, 1(巻) 1(号) 283-311)
Senkyousha   Nov 2004   

Conference Activities & Talks

 
N-型糖鎖におけるゴルジ体βーガラクトシダーゼによる逆行修飾酵素としての可能性
小野寺千尋、三浦一輝、袴田 航、平野貴子、西尾俊幸
日本農芸化学会関東支部2018年度大会   13 Oct 2018   日本農芸化学会関東支部
カルボリン誘導体の小胞体グルコシダーゼII阻害による抗ウイルス活性
恩田桃子、石渡明弘、袴田 航、平野貴子、伊藤幸成、遠矢幸伸、西尾俊幸
日本農芸化学会関東支部2018年度大会   13 Oct 2018   日本農芸化学会関東支部
ヒト腸内細菌によるスクロースアナログ二糖の資化性調査
保坂浩貴、平野貴子、袴田 航、西尾俊幸
日本農芸化学会関東支部2018年度大会   13 Oct 2018   日本農芸化学会関東支部
N-アセチルスクロサミンによるビフィズス菌のグリコシダーゼ生産誘導の解析
石倉葉月、平野貴子、袴田 航、西尾俊幸
日本応用糖質科学会平成30年度大会   11 Sep 2018   日本応用糖質科学会
ヒトGLB1遺伝子由来β-ガラクトシダーゼのリソソームおよびゴルジ体における酵素機能の解明
小野寺千尋、三浦一輝、袴田 航、平野貴子、西尾俊幸
日本応用糖質科学会平成30年度大会   11 Sep 2018   日本応用糖質科学会

Research Grants & Projects

 
スクロース構造を基盤とした特殊2糖の酵素合成と生理機能特性の評価
文部科学省 日本学術振興会: 科学研究費助成事業
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): 西尾 俊幸
グルコース、フルクトース、およびガラクトースの組合せから構成される種々の特殊オリゴ糖に特定の有用生理機能特性が見出されたことから、それらは機能性オリゴ糖として開発され使用されるようになった。本研究では、甘味料や調味料として繁用されている食用オリゴ糖の一つであるスクロースの構造に改めてスポットを当て、糖質加水分解酵素の糖転移作用を利用し、そのグルコース残基を今まで機能性オリゴ糖の構成糖として使われてこなかったアミノ単糖や酸性単糖とそれらの誘導体および希少単糖などに置換し、得られた新規スクロー...
ヒト腸内細菌に対する新規ショ糖アナログ二糖の増殖効果と分解酵素に関する研究
公益法人 三島海雲記念財団: 学術研究奨励金
Project Year: Apr 2018 - Mar 2019    Investigator(s): 西尾 俊幸
未利用バイオマス資源を材料として用いた生物機能性物質開発のための基盤研究
日本大学生物資源科学部: 大型学術助成研究費
Project Year: Apr 2015 - Mar 2017    Investigator(s): 西尾 俊幸
N-アセチルアミノ糖に着目したヘテロオリゴ糖の機能特性研究
文部科学省 日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): 西尾 俊幸
ヒトミルクオリゴ糖に関する研究例から、N-アセチルグルコサミン(GlcNAc)のようなN-アセチルアミノ糖を含む種々のヘテロオリゴ糖には有用生理機能が期待される。このようなタイプのオリゴ糖の開発は、原料となるN-アセチルアミノ糖が高価であったため今まで積極的に行なわれてこなかった。しかし、 GlcNAcの有用生理機能特性が確認されるにつれてバイオマス・キチンからの生産が本格的に行なわれるようになり、大量かつ安価に入手できるようになった。このような状況のもと、本研究ではGlcNAcを含むヘテ...
高機能性食品創出をめざしたN.FOODイノベーション拠点の構築と地域連携展開
日本大学生物資源科学部: 生物資源科学部学術助成研究費(大型研究)
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): 森永 康
藤沢市に位置する本学部湘南キャンパスの先端食機能研究センター、食品加工実習センターをコアとする「N. FOODイノベーション拠点(仮称)」と食・農・林・畜産連携の実践の場としての富士宮市の富士自然教育センター、及び食・水産連携の実践の場としての下田市の海洋生物資源教育研究センターを結ぶ神奈川県中部から静岡県東部・南東部にかけての地域は、首都圏への一大食糧供給エリアであることから、本学部が当該地域の食品企業や農林水産業関連機関との連携を通して食品イノベーションの中核となることは非常に意義が大...

Patents

 
特願2015-036259 : 資化性菌のスクリーニング方法
西尾俊幸、小田宗宏、木村勝紀
特願2011-179674 : コウジ菌菌糸固定化担体を用いるオリゴ糖の製造方法
西尾俊幸、平野貴子、袴田航
WO06082992 : 新規高等植物の作出方法及び高等植物の成長促進方法
奥 忠武、西尾俊幸、河内 隆、千田浩隆、中沢愛子
特開2006-061085 : New beta-N-acetylhexosaminidase
西尾俊幸、別府輝彦、上田賢志、奥 忠武、河内 隆、小川真弘
特開2005-068109 : 一酸化窒素捕捉剤
奥 忠武、西尾俊幸、河内 隆、駿河康平