鈴木 功

J-GLOBALへ         更新日: 09/12/16 00:00
 
アバター
研究者氏名
鈴木 功
 
スズキ イサオ
所属
旧所属 日本大学 生物資源科学部 食品生命学科
職名
教授,学科主任
学位
工学博士(東京都立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1994年
   
 
- 日本大学農獣医学部 食品工学科 教授
 
1966年
 - 
1994年
 千代田化工建設(株)主に研究開発部門に所属
 

学歴

 
 
 - 
1964年
日本大学 理工学部 工業化学
 

委員歴

 
 
   
 
食品工学会  評議員
 
 
   
 
日本食品科学工学会  評議員
 
 
   
 
分離技術会  幹事
 
 
   
 
化学工学会  CPD副委員長
 

Misc

 
UEHARA Aki, IMAI Masanao, SUZUKI Isao
Collids and Surfacea A; Physicochemical and Engineering Aspects   324(1-3) 79-85   2008年
TAKAHASHI Tomoki, IMAI Masanao, SUZUKI Isao, SAWAI Jun
Biochemical Engineering Journal   40(3) 485-491   2008年
Cellular structure in an N-acetyl-chitosan membrane regulate water permeability   in press   2008年
Water Solubilization Capacity and Mean Emulsion Size of Phospholipid-Based Isooctane-Alcohole W/O Nano-Scale Emulsion,Colloid and Surfaces
A;Physocochemical Engineering Aspects   Manuscript No COLSUA-D-06=00103   2006年
食品分野における超臨界流体の新しい応用技術
食品と開発   41(9) 4-6   2006年

書籍等出版物

 
キャンパスの知的好奇心
昭晃堂   2004年   
Reaction characterization of phospholipaseA2 on hydrolysis of phospholipid in W/O microemulsionモ
Advanced Researches of Plant Lipidsモ Kluwer Academic Publishers   2003年   
混練・分散の基礎と先端的応用技術;エクストルーダへの超臨界二酸化炭素の注入
テクノシステム   2003年   
Hydrophobic nano-interfacial activation and molecular structure change of phospholipaseA2 in W/O microemulsion on phospholipid hydrolysis
International Union of Material Research Societies, Yokohama, Japan, October 2003   2003年   
SCFのすべて、応用編第1章第1節「3グリセリドの濃縮分離」
テクノシステム   2002年   

Works

 
(テクノシステム) 混練・分散の基礎と先端的応用技術、エクストルーダへの超臨界二酸化炭素の注入
2003年
(化学工学会 NEDO-HR-0091) 平成12年度化学技術者生涯教育システム調査
2001年
「分離操作」の監修と「蒸留」編の製作 JST WEB教材
2001年
鹿資源利用開発調査研究補助事業平成11年度報告書(全日本養鹿協会)
2000年
平成11年度産業技術戦略策定基盤調査
2000年

競争的資金等の研究課題

 
食品の分離・精製操作に関する研究
食品の熱的操作に関する研究