風間 信隆

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/22 03:23
 
アバター
研究者氏名
風間 信隆
所属
明治大学
部署
商学部
職名
専任教授
学位
博士(商学)(明治大学), 経済学士(武蔵大学), 商学修士(明治大学)

委員歴

 
2015年3月
 - 
2018年3月
経営関連学会  理事長
 
2014年9月
 - 
現在
工業経営研究学会  会長
 
2012年3月
 - 
2015年3月
経営関連学会  理事
 
2012年1月
 - 
2014年9月
工業経営研究学会  学会監事
 
2011年5月
   
 
比較経営学会  プログラム委員長
 

受賞

 
1998年
工業経営研究学会「学会賞」
 

論文

 
社会・技術システム論と「自律的作業集団」
明大商学論叢   64 5・6   1981年
課業設計の不確実性と作業組織の編成原理
明治大学商学研究所商学論叢   66巻(1,2号) 95-136   1983年
ソシオ・テクニカル・システムズ・セオリーの展開と問題点
明治大学社研紀要   22巻    1984年
職務設計の条件適応的展開
明治大学商学研究所商学論叢   66巻(3.4号) 125-167   1984年
イギリスにおける「労働生活の質」(QWL)の動向
明治大学商学研究所商学論叢   67巻2-7号 511-574   1985年

Misc

 
コンティンジェンシー・セオリーに基づく「包括的理論構想」をめぐって
明治大学商学研究所商学論叢   第63巻(4号)    1980年
巨大株式会社とアメリカ社会 -その権力とアメリカ社会(共訳)
文眞堂P.I.ブランバーグ著(中村瑞穂監訳) pp.233
   1980年
社会・技術システム論と自律的作業集団
明治大学商学研究所商学論叢   63巻(5,6号) 83-117   1981年
株式会社と現代社会(翻訳分担)
文眞堂J.スコット著(中村瑞穂・植竹晃久監訳) pp.26-47
   1983年
社会・技術システム論
日本評論社経営社会学(村田稔編著)   91-126   1985年

書籍等出版物

 
企業の「多角化」と「多国籍化」と企業の管理論
日本評論社『経営学原理』 野口祐編著   1980年   
タヴィストック学派の社会・技術システム論
千倉書房『80年代の企業経営』 日本経営学会編   1981年   
日本的「労働の人間化」方策の実態と特質
"黒田兼一,黒田勉" (担当:共著)
労働旬報社『現代日本企業と人事管理』 木元進一郎編   1981年   
社会・技術システム論
経営社会学(日本評論社)   1985年   
企業形態と経営活動
中村瑞穂(教授) (担当:共著)
ミネルヴァ書房『現代の企業経営』 中村・権・丸山編著   1989年   

講演・口頭発表等

 
タヴィストック学派の社会・技術システム論
第54回全国大会自由論題報告   1980年   日本経営学会
実質生活の改善と日本の企業社会
第78回全国大会・統一論題コメンテーター   1988年   日本労務学会
西ドイツ自動車産業の発展と現代化戦略
第62回全国大会自由論題報告   1988年   日本経営学会
QWLの国際比較
第65回全国大会・ワークショップ報告   1991年   日本経営学会
日本的経営とドイツ的経営の比較
第67回全国大会・ワークショップ報告   1993年   日本経営学会

競争的資金等の研究課題

 
国際比較経営
研究期間: 2011年   
グローバリゼーションの進展とドイツのコーポレート・ガバナンス
研究期間: 2009年 - 2012年
ドイツ自動車産業の生産合理化
研究期間: 2009年   
経営品質の学際的研究
研究期間: 2007年 - 2011年