塚本 昌則

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/31 23:25
 
アバター
研究者氏名
塚本 昌則
 
ツカモト マサノリ
所属
東京大学
部署
大学院人文社会系研究科 言語文化学科
職名
教授
学位
文学修士(東京大学), 課程博士(パリ第12大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1987年
東京大学 人文科学研究科 仏語仏文学
 
 
 - 
2000年
パリ第12大学(UNIVERSITIE PARIS XII) 文学(LETTERS) フランス文学(LITTERATURE FRANCAISE)
 
 
 - 
1982年
東京大学 文学部 フランス語フランス文学
 

委員歴

 
 
   
 
日本フランス語フランス文学会  幹事(1994-1996)、常任幹事(2006-2007)、編集委員(2007-2011)、幹事長(2011-2012)、総務(2012-2013)
 

受賞

 
2011年
第48回日本翻訳文化賞
 
2001年
第8回日仏翻訳文学賞
 
2000年
第17回渋沢クローデル賞ルイ・ヴィトン・ジャパン特別賞
 

論文

 
放心の幾何学──20世紀フランス文学における眠りと夢 (3)──
塚本 昌則
思想   (1115)    2017年3月
La photographie dans l’œuvre critique de Valéry
塚本 昌則
Textimage, n° 8 : Poésie et image à la croisée des supports      2017年1月
放心の幾何学──20世紀フランス文学における眠りと夢 (2)──
塚本 昌則
思想   (1112) 110-132   2016年12月
放心の幾何学──20世紀フランス文学における眠りと夢 (1)──
塚本 昌則
思想   (1108) 78-96   2016年8月
オートフィクションと写真──〈本物〉とは異なる価値観形成に向けて
塚本 昌則
『〈生表象〉の近代──自伝・フィクション・学知』森本淳生編、水声社   409-426   2015年10月
ヴァレリーと写真
塚本 昌則
『詩とイメージ──マラルメ以降のテクストとイメージ』マリアンヌ・シモン=及川編、水声社   213-226   2015年6月
まどろみの詩学──プルーストとヴァレリーにおける夢
塚本 昌則
『言語文化』明治学院大学言語文化研究所   59-77   2015年3月
ヴァレリーと石川淳──〈精神〉をめぐって
塚本 昌則
日仏翻訳交流の過去と未来──来るべき文芸共和国に向けて』西永良成・三浦信孝・坂井セシル編、大修館書店   73-90   2014年11月
La conscience comme événement — une relecture de L’Ange
塚本 昌則
Forschungen zu Paul Valery   (24 (2011)) 53-70   2013年12月   [招待有り]
〈さすらい〉の詩学──マルグリット・デュラス監督『トラック』を中心に
塚本 昌則
『文学と映画のあいだ』野崎歓編   61-82   2013年12月
「夢の圧力」──プルーストとヴァレリーにおける眠りと夢について──
塚本 昌則
思想   (1075) 103-123   2013年11月
ヴァレリーとフロイト──奇妙なまなざしをめぐって
塚本 昌則
思想   (1068) 243-261   2013年4月
デッサンの度合い──ヴァレリーにおける夢の詩学
塚本 昌則
『絵を書く』マリアンヌ・シモン=及川編、水声社   203-233   2012年
散文芸術としての『シルトの岸辺』
塚本 昌則
別冊水声通信 ジュリアン・グラック   116-136   2011年12月
内なる対話──ヴァレリーからベケットへ
塚本 昌則
仏語仏文学:田村毅先生退官記念特集号   (42) 155-169   2011年5月
Littérature et langage indirect chez Valéry
TSUKAMOTO Masanori
Valéry et l’idée de littérature, Fabula : la recherche en littérature, « Colloques en ligne »      2011年
言葉と写真──ロラン・バルトの『明るい部屋』を中心に
『文化交流研究』   (24) 91-104   2011年
« La bêtise n’est pas mon fort » — la notion de bêtise chez Valéry et chez Flaubert
Masanori Tsukamoto
立教大学フランス文学   (40) 67-79   2011年3月   [査読有り]
Qu’est-ce que le dehors ?— une lecture du « Retour de Hollande » de Paul Valery
Masanori Tsukamoto
「旅行記と文学創造──フランス文学の場合」、科学研究費補助金(平成19-21年度基盤研究(B):研究代表者・中地義和)研究成果報告書   59-70   2010年
二十世紀フランス文学と死──類型化の試み
塚本昌則
『死生学研究』   (11) 111-146   2009年
Les Paradis artificiels et Monsieur Teste : la théâtralisation de la conscience
Masanori Tsukamoto
La Licorne : « Baudelaire et les formes poétiques »   (83) 193-203   2008年
La modernité et la simulation chez Valéry — les puissances de l’inachèvement
Masanori Tsukamoto
Paul Valéry : « Regards sur l’histoire », Presse Universitaire Blaise-Pascal   327-334   2008年   [招待有り]
ヴァレリーと反復──〈モーリーの夢〉をめぐって
塚本昌則
『フランス文学における時間意識の変化』科学研究費報告書、平成16-18年度基盤研究(B)(2)   479-489   2007年
『シュルレアリスム宣言』とテスト氏──ヴァレリーとブルトンをめぐって
塚本昌則
『水声通信』20号「思想史のなかのシュルレアリスム」   56-65   2007年
紋切り型について──フロベール『ボヴァリー夫人』を中心に
塚本昌則
『文学と笑い』白百合女子大学 言語・文化研究センター編、弘学社   117-134   2007年
« Mon Faust » : l'instant et la répétition
Masanori Tsukamoto
『フランス文学における時間意識の変化』科学研究費報告書、平成16-18年度基盤研究(B)(2)   163-170   2007年
« La main de Pascal » : Ecriture et Détresse
Masanori Tsukamoto
L'Autre de l'œuvre, Presses Universitaires de Vincennes   213-223   2007年
アルベール・カミュ『異邦人』──沈黙の翻訳
塚本昌則
『翻訳の地平──フランス編』白百合女子大学 言語・文化研究センター編、弘学社   99-115   2006年
見えない写真──心のなかのフレーム
塚本 昌則
『写真との対話』(近藤耕人・管啓次郎編)、国書刊行会   185-197   2005年2月
Les traces d'un autre — Le reve et le langage dans les Cahiers de Valery
塚本昌則
『フランス近現代文学における眠りの表象』、科学研究費報告書、平成13・14年度基盤研究(C)(2)   55-77   2003年
Le récepteur productif — Pour une esthétique de la simulation chez Valéry
Masanori Tsukamoto
Forchungen zu Paul Valéry   (16) 105-118   2003年   [招待有り]
« L'éternellement provisoire » — une poétique du fragment chez Paul Valéry
Masanori Tsukamoto
Litterature   (125) 73-79   2002年   [招待有り]
Le provisoire — une étude sur l'écriture fragmentaire chez Valéry
Masanori Tsukamoto
Bulletin des Etudes Valéryennes   (88/89) 163-174   2001年   [招待有り]
La recherche sur le rêve chez Paul Valéry
Masanori Tsukamoto
thèse de doctorat presentée à l'Université Paris XII   410   1998年   [査読有り]
Valéry et les choses vagues
Masanori Tsukamoto
Paul Valéry : dialogue Orient & Occident, Textes réunis et presentés par Kunio TSUNEKAWA, Minard   93-99   1998年   [招待有り]
Le souvenir de ce qui n'a jamais été
Masanori Tsukamoto
Paul Valery : « Ovide chez les Scythes », Textes reunis par Huguette LAURENTI, Université Paul-Valéry   93-96   1997年   [招待有り]
Aux limites de l'"implexe" — La notion de l'implexe dans le cahier n.240
Masanori Tsukamoto
Paul Valéry : Se faire ou se refaire : Lecture génétique d'un cahier (1943), Université Blaise-Pascal Clermont-Ferrand II   97-107   1996年   [査読有り]
L'écriture et la simulation dans Agathe
Masanori Tsukamoto
Rémanances ("Paul Valéry : L'avenir d'une écriture")   (4/5) 131-140   1995年   [招待有り]
« A l'etat NAISSANT, tout est rêve. » — Le rêve et la poésie chez Valéry
Masanori Tsukamoto
Etudes de Langue et Litterature Francaises   (66) 127-140   1995年   [査読有り]
疎遠さについて──ヴァレリーと天使
塚本昌則
現代思想   22(12) 198-209   1994年
マンディアルグ素描──マンディアルグがマンディアルグになるまで-
塚本昌則
ユリイカ   24(9) 190-205   1992年
ロンドン橋のポール・ヴァレリー
塚本昌則
仏語仏文学研究   (7) 65-98   1991年

Misc

 
思想の言葉──モンテーニュ再読
塚本 昌則
思想   (1102) 2-6   2016年2月
「存在しない写真へのまなざし」
港千尋・塚本昌則
『マルグリット・デュラス──生誕100年 愛と狂気の作家』   88-100   2014年9月
「無意識」の生成とゆくえ(2)──二〇世紀の「無意識」をめぐって」(多賀茂・鈴木雅雄・立木康介との座談会)
塚本 昌則
思想   (1068) 43-80   2013年4月
〈反逆者〉ではなく〈戦士〉として 二〇一二年秋、東京でのシャモワゾー
塚本 昌則
現代詩手帖   60-65   2013年4月
「トドロフ」(項目執筆)
塚本 昌則
『現代社会学事典』見田宗介・編集顧問、大澤真幸・吉見俊哉・鷲田清一編、弘文堂      2012年12月
「フランス文学」、「カリブ海のフランス語文化(クレオール文化)」(項目執筆)
塚本 昌則
『フランス文化事典』田村毅・塩川徹也・西本晃二・鈴木雅生編、丸善出版      2012年12月
心の中のフレーム
塚本 昌則
水声通信   11-22   2008年11月
「シュルレアリスム的視覚体験とは何か」(鈴木雅雄・齊藤哲雄との鼎談)
鈴木雅雄・齊藤哲雄・塚本昌則(鼎談)
『水声通信』   (27) 45-53   2008年
「ポーラン」(ヴァレリー・キーワード10)
塚本 昌則
現代詩手帖   142-143   2005年10月
生成しつづけるテクストの快楽:ヴァレリーの「現在」(恒川邦夫・山田広昭・森本淳生との座談会)
塚本 昌則
現代詩手帖   22-48   2005年10月
フランス国立図書館草稿部所蔵「ド・ロヴィラ夫人関連資料」──解読と翻訳の試み──(恒川邦夫、今井勉、塚本昌則の共同研究)
恒川邦夫、今井勉、塚本昌則
『ヴァレリー研究』   (3) 23-44   2003年
フランス国立図書館草稿部所蔵「ド・ロヴィラ夫人関連資料」──解読と翻訳の試み──(後篇)(恒川邦夫、今井勉、塚本昌則の共同研究)
恒川邦夫、今井勉、塚本昌則
『ヴァレリー研究』   (4) 59-72   2007年
「エッセーのフランス語」
塚本昌則
『フランスの言語文化—フランス語の文化誌』(田村毅・月村辰雄編)放送大学教育振興会   80-95   2002年

書籍等出版物

 
『声と文学──拡張する身体の誘惑
塚本 昌則(鈴木雅雄との共編著) (担当:共編者)
平凡社   2017年3月   
アンドレ・ジッド/ピエール・ルイス/ポール・ヴァレリー『三声書簡 1888-1890』(松田浩則・山田広昭・森本淳生との共訳)
塚本 昌則
水声社   2016年5月   
カトリーヌ・クレマン『レヴィ=ストロース』(翻訳)
塚本 昌則 (担当:単訳)
白水社   2014年4月   
写真と文学──何がイメージの価値を決めるのか
塚本 昌則 (担当:編者)
平凡社   2013年10月   
ポール・ヴァレリー『レオナルド・ダ・ヴィンチ論』(翻訳)
塚本 昌則
ちくま学芸文庫   2013年9月   
サミア・カッサーブ=シャルフィ『パトリック・シャモワゾー』(中村隆之との共訳)
塚本 昌則
アンスティチュ・フランセ http://issuu.com/ifpub/docs/patrick_chamoiseau_if   2012年10月   
ポール・ヴァレリー「魂と舞踏」「樹についての対話」、『ヴァレリー集成VI』(恒川邦夫/松田浩則編、共訳)
塚本 昌則
2012年7月   
フランス文学講義──言葉とイメージをめぐる12章
塚本 昌則
中公新書   2012年1月   
ポール・ヴァレリー『〈夢〉の幾何学』、『ヴァレリー集成 II』(翻訳)
塚本 昌則
2011年5月   
〈前衛〉とは何か?〈後衛〉とは何か?──文学史の虚構と近代性の時間(鈴木雅雄との共編著)
塚本 昌則(鈴木雅雄との編著) (担当:共編者)
平凡社   2010年4月   
パトリック・シャモワゾー『カリブ海偽典──最期の身ぶりによる聖書的物語』(翻訳)
紀伊國屋書店   2010年   
ロラン・バルト『〈中性〉について』(翻訳)
筑摩書房   2006年   
ジュリア・クリステヴァ『斬首の光景』(星埜守之との共訳)
塚本 昌則
2005年   
ロラン・バルト『記号学への夢 1958-1964』(翻訳)
みすず書房   2005年   
『月光浴──ハイチ短編集』(立花英裕/星埜守之編、共訳)
塚本 昌則
国書刊行会   2003年   
ツヴェタン・トドロフ『日常礼讃──フェルメールの時代のオランダ風俗画』(翻訳)
白水社   2002年   
ラファエル・コンフィアン『コーヒーの水』(翻訳)
紀伊國屋書店   1999年   
E・ル・ロワ・ラデュリー/ミシェル・サカン『図説 天才の子供時代──歴史のなかの神童たち』(二宮敬監訳、共訳)
新曜社   1998年   
J・ロビンソン=ヴァレリー編『科学者たちのポール・ヴァレリー』(菅野昭正、恒川邦夫、松田浩則との共訳)
紀伊国屋書店   1996年   
アントワーヌ・ヴォロディーヌ『アルト・ソロ』(翻訳)
塚本 昌則
白水社   1995年   

競争的資金等の研究課題

 
ポール・ヴァレリー研究