長岡 貞男


長岡 貞男

J-GLOBALへ         更新日: 15/07/14 10:52
 
アバター
研究者氏名
長岡 貞男
 
ナガオカ サダオ
学位
経済学博士(マサチューセッツ工科大学)

経歴

 
 
   
 
一橋大学 イノベーション研究センター 教授
 
1996年
 - 
1997年
 一橋大学商学部産業経営研究所 教授
 
1997年
   
 
- 一橋大学イノベーション研究センター 教授
 
1975年
 - 
1992年
 通産省- -
 
1986年
 - 
1990年
 世界銀行- エコノミスト
 

学歴

 
 
 - 
1980年
マサチューセッツ工科大学 スローン経営大学院 経営学
 
 
 - 
1990年
マサチューセッツ工科大学大学院 経済学研究科 経済
 
 
 - 
1975年
東京大学 工学部 計数工学科
 

Misc

 
合併は技術開発・利用能力を高めるか? (共著)
長岡 貞男(山内勇)
日本知財学会誌   7(1) 14-27   2010年
合併の研究開発シナジー:発明者データによる共同研究と知識フローの分析 (共著)
長岡 貞男(真保智行)
日本知財学会誌   7(1) 28-36   2010年
日本企業の多角化,事業の関連性及び企業収益率:1991年から2002年の動向
長岡 貞男
経済統計研究   37(3-4) 12-27   2010年
標準をもたらす研究開発と標準に依拠した研究開発:その特徴の分析 (共著)
長岡 貞男(塚田尚稔)
一橋ビジネスレビュー   57(3) 50-65   2009年
ライフサイエンス分野の基幹特許の出願と審査の構造的特徴 (共著)
長岡 貞男(大西宏一郎)
特許研究   (48) 5-18   2009年

書籍等出版物

 
in Hall, Bronwyn H. and Nathan Rosenberg, eds., Handbook of the Economics of Innovation,  Vol. 2 Patent Statistics as an Innovation Indicator (共著)
Oxford: Elsevier   2010年   
in Itami, Hiroyuki, Ken Kusunoki, Tsuyoshi Numagami, and Akira Takeishi, eds., Dynamics of Knowledge, Corporate System and Innovation , Chpater 10 M&As and Corporate Performance in Japan: Transferring vs. Sharing of Control Right (共著)
Berlin; Heidelberg: Springer-Verlag   2010年   
in Canter, Uwe, Jean-Luc Gaffard and Lionel Nesta, eds., Schumpeterian Perspectives on Innovation, Competition and Growth The Structure and the Emergence of Essential Patents for Standards: Lessons from Three IT Standards (共著)
Springer   2009年   
21st Century Innovation Systems for Japan and the United States: Lessons from a Decade of Change: Report of a Symposium (co-edited) (共著)
Washington, D.C.: The National Academies Press   2009年   
in Nagaoka, Sadao, Masayuki Kondo, Kenneth Flamm, and Charles Wessner, eds., 21st Century Innovation Systems for Japan and the United States: Lessons from a Decade of Change: Report of a Symposium Overview (共著)
Washington, D.C.: The National Academies   2009年   

講演・口頭発表等

 
"Initial Results from the Japan Scientists Survey"
US-Japan Workshop on Scientific Collaboration and Productivity, organized by Institute of Innovation Research (IIR) of Hitotsubashi University, National Institute of Science and Technology Policy (NISTEP) and Georgia Institute of Technology   2010年   
「日米欧製薬企業のアライアンスの構造とパフォーマンス」
一橋大学イノベーション研究センター主催産学官連携ワークショップ「半導体・バイオ産業のイノベーション過程を探る:ロードマッピングとアライアンスの視点から」   2010年   
"Contribution of Science to Industrial Innovation in Japan: Overview of Evidence from RIETI Inventor Survey"
Workshop on Science for Innovation: Exploiting and Strengthening the Linkage, organized by Research Institute of Economy, Trade and Industry (RIETI)   2010年   
"Standard-Making R&D and Standard-Using R&D: A First Look at their Characteristics Based on Inventor Survey"
The 1st Asia-Pacific Innovation Conference 2010, hosted by the Intellectual Property Research Institute of Australia (IPRIA), University of Melbourne   2010年   
「知的財産活動調査を利用した「特許の藪」の評価」
知的財産研究所・一橋大学イノベーション研究センター共催国際ワークショップ「PATSTATと特許統計」   2010年   

Works

 
技術取引と研究開発の研究
2003年 - 2006年
研究開発競争と企業のイノベーション・パフォーマンス
2006年 - 2009年
サイエンスにおける知識生産プロセスとイノベーション創出の研究
2009年 - 2013年

競争的資金等の研究課題

 
知的財産権とイノベーション
研究期間: 1949年 - 1949年
研究開発生産性と収益性
研究期間: 1949年 - 1949年
貿易と競争
研究期間: 1949年 - 1949年