古川 壽亮

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/21 09:16
 
アバター
研究者氏名
古川 壽亮
 
フルカワ トシアキ
URL
http://ebmh.med.kyoto-u.ac.jp/
所属
京都大学大学院医学研究科
部署
健康増進・行動学分野
職名
教授
学位
博士(医学)
Twitter ID
Toshi_FRKW

研究分野

 
 

経歴

 
2010年7月
 - 
現在
京都大学大学院医学研究科 健康増進・行動学分野 教授
 
1999年9月
   
 
名古屋市立大学 大学院医学研究科 精神・認知・行動医学分野 教授
 
1995年4月
   
 
名古屋市立大学医学部精神医学講座助手となる
 
1997年1月
   
 
名古屋市立大学医学部精神医学講座学内講師となる
 
1997年7月
   
 
-11月 カナダMcMaster大学医学部精神科客員教授併任
 

学歴

 
 
 - 
1985年
東京大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
1998年
   
 
日本精神科診断学会  評議員
 
1996年
   
 
多文化精神医学会  世話人
 
2001年
   
 
日本認知療法学会  幹事
 
2001年
   
 
日本神経精神医学会  評議委員
 
 
   
 
日本サイコオンコロジー学会  世話人
 

受賞

 
1997年
上原記念科学財団スカラーシップ
 

論文

 
Bighelli I, Salanti G, Huhn M, Schneider-Thoma J, Krause M, Reitmeir C, Wallis S, Schwermann F, Pitschel-Walz G, Barbui C, Furukawa TA, Leucht S
World psychiatry : official journal of the World Psychiatric Association (WPA)   17(3) 316-329   2018年10月   [査読有り]
Leucht S, Levine SZ, Samara M, Cipriani A, Davis JM, Furukawa TA
European archives of psychiatry and clinical neuroscience   268(7) 621-623   2018年10月   [査読有り]
Fujikawa S, Ando S, Nishida A, Usami S, Koike S, Yamasaki S, Morimoto Y, Toriyama R, Kanata S, Sugimoto N, Sasaki T, Furukawa TA, Hiraiwa-Hasegawa M, Kasai K
Journal of adolescence   68 207-216   2018年10月   [査読有り]
Akio Mantani, Tadashi Kato, Toshi A. Furukawa, Masaru Horikoshi, Hissei Imai, Takahiro Hiroe, Bun Chino, Tadashi Funayama, Naohiro Yonemoto, Qi Zhou, Nao Kawanishi
Journal of Medical Internet Research   20(8) e11702   2018年8月   [査読有り]
Furukawa TA, Kato T, Akechi T, Shimodera S, Okada N, Yanai I, Ozaki K, Kinou K
Psychotherapy and psychosomatics   1-3   2018年8月   [査読有り]
Kotaro Imamura, Toshi A Furukawa, Yutaka Matsuyama, Akihito Shimazu, Kazuto Kuribayashi, Kiyoto Kasai, Norito Kawakami
Journal of Medical Internet Research   20(8) e10231   2018年8月   [査読有り]
Akio Mantani, Tadashi Kato, Toshi A. Furukawa, Masaru Horikoshi, Hissei Imai, Takahiro Hiroe, Bun Chino, Tadashi Funayama, Naohiro Yonemoto, Qi Zhou, Nao Kawanishi
   2018年7月   [査読有り]
Kato T, Furukawa TA, Mantani A, Kurata K, Kubouchi H, Hirota S, Sato H, Sugishita K, Chino B, Itoh K, Ikeda Y, Shinagawa Y, Kondo M, Okamoto Y, Fujita H, Suga M, Yasumoto S, Tsujino N, Inoue T, Fujise N, Akechi T, Yamada M, Shimodera S, Watanabe N, Inagaki M, Miki K, Ogawa Y, Takeshima N, Hayasaka Y, Tajika A, Shinohara K, Yonemoto N, Tanaka S, Zhou Q, Guyatt GH, SUN☺D Investigators.
BMC medicine   16(1) 103   2018年7月   [査読有り]
Uwatoko T, Luo Y, Sakata M, Kobayashi D, Sakagami Y, Takemoto K, Collins LM, Watkins E, Hollon SD, Wason J, Noma H, Horikoshi M, Kawamura T, Iwami T, Furukawa TA
Trials   19(1) 353   2018年7月   [査読有り]
J. Breilmann, T. A. Furukawa, T. Becker, M. Koesters
Acta Psychiatrica Scandinavica   137(6) 472   2018年6月   [査読有り]
T. A. Furukawa, K. Maruo, H. Noma, S. Tanaka, H. Imai, K. Shinohara, K. Ikeda, S. Yamawaki, S. Z. Levine, Y. Goldberg, S. Leucht, A. Cipriani
Acta Psychiatrica Scandinavica   137(6) 450   2018年6月   [査読有り]
Toshi A Furukawa
Evidence Based Mental Health   ebmental   2018年5月   [査読有り]
Hisashi Noma, Kengo Nagashima, Kazushi Maruo, Masahiko Gosho, Toshi A. Furukawa
Statistics in Medicine      2018年3月   [査読有り]
Kotaro Imamura, Toshi A Furukawa, Yutaka Matsuyama, Akihito Shimazu, Kazuto Kuribayashi, Kiyoto Kasai, Norito Kawakami
   2018年3月   [査読有り]
Toshi A Furukawa, Andrea Cipriani, Stefan Leucht, Lauren Z Atkinson, Yusuke Ogawa, Nozomi Takeshima, Yu Hayasaka, Anna Chaimani, Georgia Salanti
Evidence Based Mental Health   21(1) 1   2018年2月   [査読有り]
Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Akutagawa M, Ono Y, Furukawa TA
Frontiers in psychiatry   9 390   2018年   [査読有り]
Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Akutagawa M, Ono Y, Furukawa TA
PloS one   13(8) e0202607   2018年   [査読有り]
臨床研究=デザイン×測定×統計解析
古川 壽亮
日本神経精神薬理学雑誌   32 139-141   2012年   [査読有り]
気分障害と神経症関連障害における ethyl loflazepateの作用プロフィールの検討: ホプキンズ症状チェックリスト (SCL-90-R)得点の変化を通して
古川壽亮、中西雅夫、桜井昭夫、鈴木祐一郎、ムーア鈴木ありさ、濱中淑彦
臨床精神医学   25 233-240   1996年   [査読有り]
CISS (Coping Inventory for Stressful Situations)日本語版の信頼性と妥当性: 対処行動の比較文化的研究への一寄与
古川壽亮、鈴木ありさ、斎藤由美、濱中淑彦
精神神経学雑誌   95 602-621   1993年   [査読有り]
古川 壽亮
精神医学   33 1241-1244   1991年   [査読有り]
Clonazepam potentiation: クロナゼパム追加が著効を示した三環系抗うつ剤抵抗性うつ病の2例
古川 壽亮
精神科治療学   6 1307-1310   1991年   [査読有り]
慢性抑うつ状態における抗うつ剤-リチウム併用療法
古川 壽亮
臨床精神医学   19 1103-1108   1990年   [査読有り]
精神科標榜による外来患者の受診行動・意識の変化
古川壽亮、住田征夫、長井真理、小林伊佐男、清水将之
社会精神医学   13 145-151   1990年   [査読有り]
総合病院精神科の役割 (第3報) --- 入院患者の動態から
住田征夫、古川壽亮、小林伊佐男、清水将之
社会精神医学   12 277-285   1989年   [査読有り]
古川 壽亮
精神医学   30 53-59   1988年   [査読有り]
三環系抗うつ剤 dosulepin hydrochloride (Prothiaden 25)の臨床使用経験
鈴木幸子、早稲田直久、市川徳政、滝良明、滝川典子、竹内義次、桑原照茂、伊藤淳、古川壽亮、木村敏
新薬と臨床   35 119   1986年   [査読有り]
多発性硬化症 --- Charcotまで
古川壽亮、岩坪威、岩田誠
神経内科   22 175-184   1985年   [査読有り]

書籍等出版物

 
生活習慣病の認知行動療法. 中尾一和編『最新内分泌代謝学』
古川 壽亮
診断と治療社   2013年   
生活習慣病と精神疾患. 中尾一和編『最新内分泌代謝学』
古川 壽亮
診断と治療社   2013年   
認知行動療法. 山口徹、北原光夫、福井次矢総編集『今日の治療指針2013』
古川 壽亮
医学書院   2013年   
認知行動分析システム療法. 大野裕編『うつ病治療ハンドブック』
中野有美、古川壽亮
金剛出版   2011年   
EBM – 臨床試験の結果を適切に臨床に応用するために. 樋口輝彦、小山司監修、神庭重信、大森哲朗、加藤忠史編集『臨床精神薬理ハンドブック』第2版
古川 壽亮
医学書院   2009年   
Beck & Beckの認知行動療法ライブセッション
古川 壽亮
医学書院   2008年   
エビデンスに基づいた精神医療. 山本保博監修、行岡哲男、太田祥一編集『救急医療の基本と実際:精神・中毒・災害』
船山正、古川壽亮
荘道社   2007年   
EBMからみたSSRIのうつ病への治療効果. 小山司編『SSRIのすべて』
大森一郎、渡辺範雄、古川壽亮
先端医学社   2007年   
臨床精神神経薬理学におけるEBM. 日本臨床精神神経薬理学会専門医制度委員会編『臨床精神神経薬理学テキスト』
渡辺範雄、古川壽亮
星和書店   2006年   
グループ認知行動療法. 坂野雄二・丹野義彦・杉浦義典編『不安障害の臨床心理学』
古川 壽亮
東京大学出版   2006年   
強迫性障害に対する行動療法前後の画像解析とその一例報告. 米田博、上島国利編『強迫性障害の研究7』
山西知愛、佐々木恵、仲秋秀太郎、村田佳江、品川好広、大森一郎、古川壽亮、遠山淳子
星和書店   2006年   
エビデンス精神医療:その意義と課題. 上島国利、三村将、中込和幸、平島奈津子編、『EBM精神疾患の治療』
渡辺範雄、古川壽亮
中外医学社   2006年   
こころを育む脳の働き---育て、守る
NPO法人脳の世紀推進会議編、古川壽亮ほか共著
クバプロ   2005年   
標準精神医学. 第3版
野村総一郎、樋口輝彦編集、古川壽亮ほか共著
医学書院   2005年   
EBMからみた抗うつ薬療法. 山田和夫編集「抗うつ薬の選び方と使い方」
渡辺範雄、古川壽亮
南江堂   2004年   
精神医学と疫学・統計. 精神医学講座担当者会議編「専門医をめざす人の精神医学」
古川 壽亮
医学書院   2004年   
確認強迫と洗浄強迫の患者群における前頭葉機能のパターンの違い. 強迫性障害の研究(5)(OCD研究会編)
仲秋秀太郎、村田佳江、佐藤起代江、小川成、加藤健徳、田中康治、橋本伸彦、鈴木美乃、古川壽亮、杉山通、堀越勝
星和書店   2004年   
薬物療法と精神療法の併用についてのエビデンス:大うつ病とパニック障害についてのメタアナリシス. 新世紀の精神科治療第9巻「薬物療法と心理社会療法の統合」(丹羽真一編)
古川 壽亮
中山書店   2003年   
気分障害の薬物治療アルゴリズム
精神科薬物療法研究会編集
じほう   2003年   
臨床精神薬理ハンドブック
樋口輝彦、小山司、神庭重信編
医学書院   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
気分障害の疫学、精神病理学
委託研究
エビデンス精神医療
パニック障害、社会不安障害の認知行動療法
不安障害と慢性うつ病の認知行動療法
気分障害の治療の系統的レビュー