小川 早百合

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/31 05:05
 
アバター
研究者氏名
小川 早百合
 
オガワ サユリ
所属
聖心女子大学
部署
文学部 国際交流学科
職名
教授
学位
文学修士(国際基督教大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
聖心女子大学 文学部 教授
 
1995年4月
 - 
2007年3月
聖心女子大学 文学部 助教授
 
1985年9月
 - 
1990年11月
国際基督教大学 教養学部 語学科(日本語科) 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1985年
国際基督教大学 大学院 比較文化研究科博士後期課程
 
1978年4月
 - 
1980年3月
国際基督教大学 大学院 比較文化研究科博士前期課程
 

委員歴

 
2016年12月
 - 
現在
キリシタン文化研究会  監事
 
2015年10月
 - 
現在
日本語ジェンダー学会  編集委員
 
2010年9月
 - 
現在
キリスト教史学会  理事
 
2015年7月
 - 
2017年6月
小出記念日本語教育学会  監査
 
2008年11月
 - 
2014年10月
比較文明学会  理事
 

論文

 
ヴァリニャーノの適応主義と神道―ケンペルの神道理解と対比してみえるもの―
キリスト教史学   (65) 59-85   2011年
キリシタン時代のイエズス会宣教師が記述した日本の宗教
聖心女子大学論叢   (第112集) 215-260   2009年
明治末期カトリック教会の神道への対応―熊本発コール神父の書簡を中心に―
キリスト教史学   (63) 37-60   2009年
ロシア正教会宣教師ニコライの日本伝道方針についての考察
宗教と文化   (25) 1-14   2007年
日本における文明の光と影 ―近世初期日本におけるヨーロッパ文明の軌跡―
比較文明   (23) 25-44   2007年
日欧思想交渉の研究動向と展望 −日本におけるキリスト教受容を中心として−
ANIS ?Congresso Internacional de estudos Japoneses no Brasil, XVI Encontro Nacional de Professores Universit?rios de L?ngua, Literatura e Cultura Japonesa   (57) 181-190   2005年
話し言葉の男女差 −定義・意識・実際
日本語とジェンダー   (4) 26-39   2004年
ニューカマーの子どもに対する日本語教育、母語教育、母文化保持教育
群馬県太田・大泉の小中学校国際化の実態と求められる教員資質の総合的研究   1-22   2002年
文化“知識”としての“日本事情”再考
21世紀の「日本事情   (4) 52-66   2002年
現代日本語における男女差の現れと日本語教育-意識・実態調査-(共著)
小出記念日本語教育研究会論文集   (7) 73-90   1999年
欧文史科にみる宣教師シドッティ
キリスト教史学   (52) 11-32   1998年
現代若者会話における文末表現の男女差
日本語教育論文集−小出詞子先生退職記念−   205-219   1997年
一九世紀西欧における琉球情報と宣教師
キリシタン史の新発見   113-161   1996年
キリシタンの奴隷救済活動について
キリシタン文化研究会報   24(2) 44-61   1984年

Misc

 
新刊紹介 清水有子著『近世日本とルソン―「鎖国」形成史再考』
小川 早百合
キリスト教史学   (67) 203-204   2013年7月
新刊紹介 川村信三著『戦国宗教社会=思想史―キリシタン事例からの考察』
小川 早百合
キリスト教史学   204-205   2012年7月
新刊紹介 塩野和夫・今井尚生編『神と近代日本−キリスト教の受容と変容−』
キリスト教史学   (60) 194-196.   2006年
連想を利用したことばの意味の新しい記述方法とその応用についての試論
ことばの意味の文化的背景を記述するための語連想研究   151-158   2006年
シドッティとはどんな人物だったのか
カトリック生活   2008年(10月) 4-8   2008年
『日本語とジェンダー』研究の軌跡と、今後への期待
日本語とジェンダー   Ⅶ 52-56   2007年
新刊紹介 折井善果著『キリシタン文学における日欧文化比較―ルイス・デ・グラナダと日本―』
キリスト教史学   (65) 204-205
新刊紹介 塩野和夫・今井尚生編『神と近代日本-キリスト教の受容と変容-』
キリスト教史学   (60) 194-196.   2006年
新刊紹介 村井早苗著『キリシタン禁制と民衆の宗教』
キリスト教史学   (57) 158-160.   2003年

書籍等出版物

 
近代日本のキリスト教と女子教育
小川 早百合 (担当:共著, 範囲:第5章 カトリック修道会による女子高等教育―聖心会の教育を中心に)
教文館   2016年8月   
1865年プティジャン書簡-原文・翻刻・翻訳 -「エリア写本」より- 「信徒発見150周年」記』(長崎純心大学長崎学研究所 ; 第13輯 )
小川 早百合 (担当:共訳, 範囲:共同翻刻・翻刻翻訳)
長崎純心大学博物館   2015年3月   
明治時代史大辞典(共著)
小川 早百合 (担当:共著, 範囲:項目執筆)
吉川弘文館   2011年3月   ISBN:9784642014625
キリスト教をめぐる近代日本の諸相――響鳴と反撥(共著)
オリエンス宗教研究所   2008年   ISBN:978-4-87232-061-9
日本語とジェンダー(共著)
ひつじ書房   2006年   ISBN:4894762749
インタビュー・プロジェクト-日本人の価値観発見(共著)
くろしお出版   1994年   ISBN:4874240909
日本、キリスト教との邂逅―二つの時代に見る受容と葛藤(共著)
オリエンス宗教研究所   2004年   ISBN:4872320409
日本史小百科 キリシタン(共著)
東京堂出版   1999年   ISBN:4490203799
幕末日仏交流記-フォルカード神父の琉球日記(共著)
中央公論社   1993年   ISBN:4122019877
新カトリック大事典 第4巻(共著)
研究社   2009年   ISBN:978-4-7674-9013-7

講演・口頭発表等

 
カトリック修道会による女子高等教育―聖心会の教育を中心に
小川 早百合
キリスト教史学会 第66回大会シンポジウム   2015年9月18日   
明治期キリスト者による神道論―土着化を捉え直した新たな視点から
小川 早百合
キリスト教史学会   2013年9月14日   
宣教師の神道への対応 ―宣教師以外の視点での日本考察と比較しつつ―
キリスト教史学会第61回大会   2010年   
1920年代以降(昭和初期)のカトリックの神道対応の基礎作りの時代:カトリック宣教師の見た1900年代 (明治末)の神道―キリスト教と神道の思想交渉史の中の位置づけ―
キリスト教史学会第59回大会   2008年   
神道からキリストへの道-日本ハリスト正教会最初の日本人司祭、沢辺琢磨の場合
オリエンスセミナー 第25回   2006年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
「未来をつくる研究」としての外国人児童生徒教育研究‐台湾の「新南向政策」分析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成金)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 志賀 幹郎
異文化対応能力育成教育と外国人児童の就学促進―先進諸国の多文化的教室の現場から―
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(科学研究費補助金)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 所澤 潤
グローバル人材のための文字教育の開発-漢字を「むずかしい」から「楽しい」へ
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 小川 早百合
外国籍児童生徒の就学義務に関する法的基盤と制度的支援
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 所澤潤
ニューカマーの子どもに対する日本語教育、母語教育、母文化保持教育
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 所澤 潤

社会貢献活動

 
日欧思想交渉の研究動向と展望 -日本におけるキリスト教受容を中心として-
【パネリスト】  全伯日本語・日本文学・日本文化学会  第3回ブラジル日本研究国際シンポジウム  2005年9月8日
聖心女子大学教養セミナー2004講師「日本におけるキリスト教受容 -思想交渉の視点から-」
【講師】  聖心女子大学  2004年10月 - 2004年11月
NHK日本語講座 やさしい日本語
【助言・指導, 企画】  日本放送協会  語学講座  1996年4月 - 1998年9月
キリスト教の日本再布教における琉球の位置
【パネリスト】  日本フランス語・フランス文学会  1997年秋季大会シンポジウム  1997年11月1日