細萱 伸子

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/26 03:08
 
アバター
研究者氏名
細萱 伸子
 
ホソガヤ ノブコ
eメール
n-hosogasophia.ac.jp
所属
上智大学
部署
経済学部経営学科
職名
准教授
学位
社会学修士(立教大学)
科研費研究者番号
50267382

研究分野

 
 

経歴

 
1994年5月
 - 
1996年3月
立教大学社会学部 助手
 

委員歴

 
2011年8月
 - 
2012年7月
独立行政法人 日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員
 
2011年8月
 - 
2012年7月
独立行政法人 日本学術振興会  国際事業委員会書面審査員
 
2000年9月
 - 
2001年3月
財団法人 高年齢者雇用開発協会  研究委員
 

受賞

 
2001年
研究奨励賞(日本労務学会)
 

論文

 
社会学者の国際経験とアカデミック・キャリア ―2014年世界社会学会議における東アジア出身者をジェンダーの視点から
細萱伸子・菊澤佐江子・篠原千佳
日本の社会学に国際化から日本におけるグローバル(globalized and globalizing)社会学へ   193-202   2018年
日本人女性自発的海外赴任者におけるグローバルなキャリア発達とキャリア自律の関係
細萱伸子・新井範子・竹内明香
『日本労務学会第48回全国大会研究報告論集』   27-34   2018年
学歴別にみた既婚女性の就業率にたいする家庭状況の影響
竹内(野木森)明香・細萱伸子・新井範子・大内 章子
Discussion Paper Series Economic Research Society of Sophia University   1-20   2018年3月
都道府県別データを用いた既婚女性有業率に対する経済変数の影響と学歴別差異の分析
竹内(野木森)明香・竹内真純・細萱伸子・新井範子・大内章子
上智経済論集   (62) 27-43   2017年
「女性のグローバルキャリア形成とSelf-initiated Expatriation;海外移動の類型との関連から」
『日本労務学会第47回 全国大会 研究報告論集(日本労務学会) 』   23-30   2017年

Misc

 
情報の交流・組み合わせとイノベーション-多国籍企業地域統括マネジャーの役割
細萱 伸子
活動記録 2010年度シンポジウム 再論 日本の社会福祉学・社会学の国際化に向けて(オンライン)      2011年1月
「日系企業のアジア地域統括拠点における人事・人材育成支援と規定要因」
細萱 伸子
『日本労務学会第38回全国大会研究報告論集』.   (249-256)   2008年8月
e-learningによる新たな教育手法の推進に向けての提言―Teaching から Learning へ
日本産学フォーラム「知識社会における教育手法研究会」, 細萱伸子[他]
研究会報告   (10)    2004年1月
旅館従業員の就労状況と勤労意識-単館旅館・系列旅館の比較考察
細萱 伸子
『成熟社会における宿泊産業の社会的役割-21世紀の宿泊産業への提言』 (レジャー・サービス産業労働情報センター)   44-58   1994年
外国籍知識労働者の処遇と活用-アジア系知識労働者の場合
細萱伸子
経営哲学   (8集) 51-55   1992年

書籍等出版物

 
『人的資源管理の力』「リーダーシップ」
細萱 伸子
文眞堂   2018年4月   
経営学検定 公式テキスト 中級 人的資源管理/経営法務
細萱 伸子 (担当:分担執筆)
中央経済社   2018年2月   ISBN:978-4502131417
『社会学の力 -- 最重要概念・命題集』「フォーマル・グループとインフォーマル・グループ」
細萱 伸子
有斐閣   2017年6月   
細萱 伸子
文眞堂   2017年4月   ISBN:978-4-8309-4938-8
トランスナショナリズム
細萱 伸子 (担当:共訳, 範囲:pp.37-74,pp.143-178)
日本評論社   2014年5月   ISBN:978-4-535-5865-4

講演・口頭発表等

 
日本人女性自発的海外赴任者におけるグローバルなキャリア発達とキャリア自律の関係
細萱伸子・新井範子・竹内明香
日本労務学会第48回 全国大会   2018年6月29日   
2015-2017年度上智大学学術研究特別推進費成果公開シンポジウム「みんなのグローバル・キャリア」
2015-2017年度上智大学学術研究特別推進費成果公開シンポジウム   2017年12月11日   上智大学学術研究特別推進費プロジェクト「日本人高学歴女性のキャリア形成プロセス」
グローバルキャリアを構築する日本人女性パネリストを迎え、キャリア形成のプロセスや影響する価値意識、ネットワーク活動などを議論した。
日本人女性自発的海外赴任者のキャリア・コンピテンシー;企業派遣者との相違に着目して
日本マネジメント学会第76回全国研究大会   2017年10月15日   
「制御焦点の違いによるワークライフバランス対処行動への影響」
新井範子・細萱伸子・竹内明香
『産業・組織心理学会第33回大会』   2017年9月   
女性のグローバルキャリア形成とSelf-initiated Expatriation;海外移動の類型との関連から
細萱伸子、新井範子、竹内明香
日本労務学会第47回 全国大会   2017年7月15日   

競争的資金等の研究課題

 
日本人女性SIEsにおけるグローバルキャリアの発展と行動特性の関連に関する研究
公益財団法人三菱財団: 第47回(平成30年度)三菱財団人文科学研究 助成
研究期間: 2018年10月 - 2019年9月    代表者: 細萱伸子
グローバルキャリア段階的成長モデルの構築:SIEsのコンピテンシーと心理特性より
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
人的資源管理制度の”強度”に関する国際比較研究:日本、アジア、中南米間の比較
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 白木三秀
日本人高学歴女性のキャリア形成プロセス:グローバルなキャリアとドメスティックなキャリアの比較
上智大学: 学術研究特別推進費 自由課題研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
大卒女性専門職の「納得のいくキャリア」とその形成支援:戦力化に向けた雇用管理
日本学術振興会: 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月

その他

 
2014年3月
平成25年度千代田学研究報告書「子育て世代のワークライフバランスと子育て支援―利用者の視点から見た地域別民営事業所の課題と行政の役割」