草原 真知子

J-GLOBALへ         更新日: 15/07/04 02:55
 
アバター
研究者氏名
草原 真知子
 
クサハラ マチコ
URL
http://www.f.waseda.jp/kusahara/media
所属
早稲田大学
部署
文学学術院
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2003年4月
   
 
ー 早稲田大学文学部教授(現在は文学学術院・文化構想学部)
 
2002年4月
 - 
2007年6月
 UCLA 客員教授
 
1998年4月
 - 
2003年4月
神戸大学大学院自然科学研究科助教授(工学部兼任)
 
1996年4月
 - 
2009年3月
 岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)非常勤講師
 
1994年
 - 
1998年
東京工芸大学芸術学部助教授
 

委員歴

 
2003年
 - 
2005年
文化庁若手芸術家海外派遣制度 審査委員 2003 - 2005
 
2005年
   
 
芸術選奨 推薦委員 2005 -
 
2007年
   
 
芸術選奨 審査委員 2007-
 
2006年
 - 
2007年
RE:PLACE International Board Member 2006 - 2007
 
2004年
 - 
2005年
RE:FRESH! international Program Committee 2004 - 2005
 

Misc

 
ディジタル表現の今
草原真知子
3Dフォーラム 公開シンポジウム      2006年
Peeping into Panorama: From the End of Panorama to Contemporary Media Art in Japan
Machiko Kusahara
International Panorama Conference      2006年
Device Art: A New Form of Media Art from a Japanese Perspective
Machiko Kusahara
ISEA06      2006年
Device Art: A New Form of Media Art from a Japanese Perspective
Machiko Kusahara
Intelligent Agent   6(2) N/A-N/A   2006年
Panorama's in Japan
Machiko Kusahara
Het Fenomeen Panorama, Mesdag Panorama   82-88   2006年

書籍等出版物

 
Device Art 2014, Ars Electronica
Springer   2014年   
デバイスアートの15年史、『メディア芸術アーカイブ:アート&エンターテインメントの15年史」pp.14-17
BNN   2012年   ISBN:978-4-86100-817-7
Sense of Fun and Experimental Spirit: The Prehistory of Media Arts in Japan, Japan Media Arts Festival Singapore 2008, pp.99-103
Singapore Art Museum   2009年   
The Art of Creating Subjective Reality: An Analysis on Japanese Digital Pets, LEONARDO, Volume 34. Issue 4
MIT PRESS   2001年   
Assembling Art, Design, Technology and Media Culture: The Challenge of Japanese Device Art, pp. 136-158, Coded Cultures:New Creative Practices out of Diversity
SpringerWienNewYork, edited by Russegger, Tarasiewicz and Wlodkowski   2011年   

講演・口頭発表等

 
ニューメディアの視聴覚性における日本的要素
2008年   
Sushi as media
Nowcasting: Design THeory + Digital Humanities (UCLA)   2009年   
Image of Ketai
Mobile Media (UCLA)   2009年   
Robot, Device Art and Japanese Culture
InterPraxis (Toronto)   2008年   
Device Art
Ars Electronica 2009   2009年   

Works

 
身体的インタフェースのアート・エンターテイメントへの応用(Fautastic Phantom Slipperのデザインと制作)
インタラクティブ・アートの評価方法(Ars Electronica97,98の審査等を通じて)
日本の視覚文化がアニメ、コミック、ゲームに及ぼした影響の分析(フィールドリサーチとそれに基づく国内外での一連の講演)
日本的身体表現と西欧的身体表現の仮想空間への反映の違い(海外アーティスト、VR研究者を交えた研究会・実演を通じて)
日本文化がディジタルアートにおけるオリジナリティの概念に及ぼした影響

競争的資金等の研究課題

 
アート、サイエンス、テクノロジーと固有の文化と相互関係と、その社会に及ぼす影響
メディアアート史
研究期間: 2005年   
思想としての人工生命
デバイスアートにおける表現系科学技術の創成(CREST)
研究期間: 2004年 - 2010年
日本のメディアアートの現在とその成立基盤
研究期間: 2012年 - 2014年
日本のメディアアートの現在と、その源流としての近代以降の日本の美術史及び戦後前衛芸術を検証する