中馬 孝容

J-GLOBALへ         更新日: 08/03/19 00:00
 
アバター
研究者氏名
中馬 孝容
 
チュウマ タカヨ
所属
北海道大学
部署
北海道大学病院
職名
医師
その他の所属
北海道大学

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1990年
奈良県立医科大学 医学部 医学
 

Misc

 
磁気刺激による筋収縮パタ-ンの検討
第33回.日本リハビリテ-ション医学学会.口頭発表   
総合リハビリテ-ション (医学書院)   23(8) 679-683   1995年
小脳性運動失調のメカニズム
1(3) 7   1996年
スモンにおけるVisual Analogue Scale of Happinessによる評価
厚生省特定疾患スモン調査研究班平成6年度研究報告書      1995年
慢性関節リウマチの温泉浴がCD8、NK細胞に与える効果
臨床リウマチ   8 254-259   1996年

書籍等出版物

 
失調症、分類と鑑別、評価
神経症候・疾患の臨床評価マニュアル(ライフサイエンス出版)   1996年   
第20章神経疾患、pp257-262(前島伸一郎、前島悦子:エクササイズ、疾患予防のための運動)
エルゼビア・ジャパン   2004年   
脊髄小脳変性症、pp762-766(水島裕、黒川清:疾患・症状別、今日の治療と看護)
南江堂   2004年   
5パーキンソン病の治療(5)非薬物療法、pp160-173(水野美邦、近藤智善:よくわかる パーキンソン病のすべて)
永井書店   2004年   
第ⅩⅤ章 リハビリテーション、看護・介護、補助制度、支援、pp393-399(脳の科学編集委員:パーキンソン病のすべて)
星和書店   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
磁気刺激による筋収縮のパタ-ン
磁気刺激における脊髄小脳変性症の検討
パーキンソン病への経頭蓋連続磁気刺激の効果に関する運動学的解析
随意運動遂行障害に対する連続経頭蓋磁気刺激を用いた臨床応用
研究期間: 2004年 - 2005年