野中 成晃

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/12 18:33
 
アバター
研究者氏名
野中 成晃
 
ノナカ ナリアキ
URL
http://133.87.224.209/index.html
所属
宮崎大学
部署
農学部 獣医学科
学位
博士(Ph.D.)(米国ミシガン州立大学), 獣医学修士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
宮崎大学 農学部 獣医学科 講師
 
1993年
 - 
1996年
 日本学術振興学 特別研究員
 
1996年
 - 
2004年
北海道大学 助手
 
2004年
 - 
現在
北海道大学講師
 

学歴

 
 
 - 
1993年
ミシガン州立大学大学院 獣医学研究科 大動物臨床学
 
 
 - 
1985年
北海道大学 獣医学部 獣医学
 

委員歴

 
2004年
   
 
日本寄生虫学会  評議員
 
2004年
   
 
日本寄生虫学会北日本支部会  評議員
 

書籍等出版物

 
Control and management of parasitic zonooses maintained in wildlife: A trial of Hokkaido University against echinococcosis
Technology innovation and its relations to humanities and social sciences   2003年   
A diagnostic method for the definitive host of Echinococcus multilocularis by coproantigen detection
Alveolar Echinococcosis ; Strategy for Eradication of Alveolar Echinococcosis of the Liver (Fujishoin)   1996年   
Helminths of Wildlife. 12. Japan
Science Publishers Inc., Enfield(USA)   2001年   
鉤虫症,共通感染症ハンドブック
日本農村情報システム協会,東京   2004年   
主要な消化管内寄生虫病一覧,主要症状を基礎にした猫の臨床
デーリィマン,札幌   2004年   

Works

 
ウルグアイにおける単包条虫終宿主に対する診断法の開発と疫学調査
1995年
アラスカにおける多包条虫疫学調査
1989年
ブラジル・サルバドールにおけるブタ有鉤(]J2276[)虫感染の疫学調査
1997年
ホンジュラス・オランチョ県におけるブタ有鉤嚢虫の疫学調査
1999年
ウルグアイ・アルゼンチンにおける単包条虫の疫学調査
1999年

競争的資金等の研究課題

 
エキノコックス終宿主診断
地域先端技術共同研究開発
研究期間: 1993年 - 2005年
エキノコックス症の疫学調査とその対策
地域先端技術共同研究開発
研究期間: 1993年 - 2010年
エキノコックス終宿主における免疫反応の解明
地域先端技術共同研究開発
研究期間: 1993年 - 2010年