高幤 秀知

J-GLOBALへ         更新日: 02/07/04 00:00
 
アバター
研究者氏名
高幤 秀知
 
タカヘイ ヒデトモ
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科
職名
教授
学位
博士(文学),文学修士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1980年
 - 
1981年
東洋大学・日本女子大学・専修大学他 非常勤講師
 
1981年
 - 
1985年
中央大学(法学部)専任講師
 
1985年
 - 
1989年
北海道大学文学部 講師(基礎文化論講座)
 
1988年
   
 
-1896 北海道大学文学部 助教授(基礎文化論講座)
 
1996年
   
 
- 現職
 

学歴

 
 
 - 
1975年
東京大学 人文科学研究科 倫理学
 
 
 - 
1972年
東京大学 教養学部 ドイツ分科
 

委員歴

 
1995年
   
 
社会思想史学会  幹事
 

Misc

 
『社会思想史の展開』城塚登編第2部第1章「社会主義思想の形成と展開」、第2章7節「社会主義思想の変容 東欧」
北樹出版   2(1・2-7) 96-142,206-212   1986年
客観的可能性のカテゴリ--ウェ-バ-から初期ルカ-チへのその発展
日本倫理学会編「倫理学年報」25集、以文社   (25) 145-157   1976年
初期ルカ-チにおける弁証法的方法の成立
社会思想史学会編「社会思想史研究」ミネルヴァ書房   (1) 90-119   1977年
論争「社会科学の論理」によせて-フランクフルト学派の方法と批判的合理主義
思想の科学社「思想の科学」   (124) 106-113   1980年
「歴史と階級意識」の<過渡性>試論
社会思想史学会編「社会思想史研究」北樹出版   (10) 14-32   1986年

書籍等出版物

 
『ルカーチ弁証法の探究』
未来社   1998年   

Works

 
現代の社会哲学研究-技術・社会・文化
1999年 - 2001年
今世紀における社会哲学と科学技術論の批判的研究
1997年 - 2000年
今世紀における社会哲学と科学技術論の思想史的研究
1993年 - 1995年

競争的資金等の研究課題

 
社会哲学と科学技術論の批判的研究