楠 正暢

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/07 13:21
 
アバター
研究者氏名
楠 正暢
 
クスノキ マサノブ
URL
http://www.waka.kindai.ac.jp/tea/kusu/
所属
近畿大学
部署
生物理工学部 人間環境デザイン工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
20282238

研究分野

 

経歴

 
1996年
 - 
2003年
山形大学 助手
 
1999年
 - 
2000年
ライプツイヒ大学 招聘研究員
 
2003年
 - 
2005年
近畿大学 講師
 
2005年
 - 
2011年
近畿大学 助教授・准教授
 
2011年
 - 
現在
近畿大学 生物理工学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1996年
名古屋大学大学院 工学研究科 電子工学専攻
 
 
 - 
1991年
名城大学 理工学部 電気電子工学科
 

受賞

 
2001年
応用物理学会講演奨励賞
 
2003年
インテリジェントコスモス奨励賞
 

論文

 
Masanobu Kusunoki, Takeshi Kohama, Yoshifumi Yamada, Eiji Fujita, Soichi Okada, Akira Maeda & Nobuo Takeshima
DISABILITY AND REHABILITATION: ASSISTIVE TECHNOLOGY      2018年3月   [査読有り]
Development of Objective ADL Assessment Particularly in Frail Older Adults Using a Kinect Sensor
Takeshima Nobuo, Kohama Takeshi, Kusunoki Masanobu, Ogayu Takashi, Okada Soichi, Fujita Eiji, Islam Mohammod M., Brechue William F.
JOURNAL OF AGING AND PHYSICAL ACTIVITY   24 S41   2016年6月   [査読有り]
Naoki Fujita, Takayuki Makino, Yasuhiro Sakoishi, Katsuya Asano and Masanobu Kusunoki
Crystal Research and Technology   51(3) 215-219   2016年3月   [査読有り]
KOTANI Katsumi, MIYAKE Tomoki, YAMASHITA Taro, MIKI Shigehito, TERAI Hirotaka, KUSUNOKI Masanobu
Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ   (36) 1-7   2015年9月   [査読有り]
HASHIMOTO YOSHIYA, NISHIKAWA HIROAKI, KUSUNOKI MASANOBU, LI PEIQI, HONTSU SHIGEKI
Dent Mater J   34(3) 345-350 (J-STAGE)-350   2015年1月   [査読有り]
© 2015, Japanese Society for Dental Materials and Devices. All rights reserved. Cell sheet technology is a scaffold-free method for tissue reconstruction. A sheet-shaped scaffold would be suitable for the regeneration of periodontal membrane. We d...
KATO NOBUHIRO, ISAI ARATA, YAMAMOTO EI, NISHIKAWA HIROAKI, KUSUNOKI MASANOBU, YOSHIKAWA KAZUSHI, YASUO KENZO, YAMAMOTO KAZUYO, HONTSU SHIGEKI
Key Eng Mater   631 258-261   2015年1月   [査読有り]
© (2015) Trans Tech Publications, Switzerland. Dentin hypersensitivity is induced by mechanical stimuli or heat stimuli applied via dentin tubules exposed by lost of dental enamel or gingival recession. Common treatments for dentin hypersensitivit...
小濱剛, 楠正暢, 岡田壮市, 竹島伸生
体力科学   64 12-12   2015年   [査読有り]
本津茂樹, 加藤暢宏, 山本衛, 吉川一志, 橋本典也, 西川博昭, 楠正暢
バイオインテグレーション学会誌   4(1) 65-69   2014年7月   [査読有り]
Hiroaki Nishikawa, Yusuke Morita, Masanobu Kusunoki, Shigeki Hontsu, Hidekazu Tanaka, Tamio Endo
Japanese Journal of Applied Physics   53(5S1) 05FB06.1-05FB06.4   2014年5月   [査読有り]
M. Kusunoki, T. Matsuda, N. Fujita, Y. Sakoishi, R. Iguchi, S. Hontsu, H. Nishikawa, T. Hayami
Key Engineering Materials   583 47-50   2014年1月   [査読有り]
A technique to control the crystallinity of hydroxyapatite (HA) was investigated for applications such as dentistry, regenerative medicine, cell culture scaffolding, and bio-sensors. An amorphous HA film was first produced by pulsed laser depositi...
HAYAMI TAKASHI, KUSUNOKI MASANOBU
Key Eng Mater   583 51-55   2014年1月   [査読有り]
In order to impart both osseointegration and osteoconduction characteristics onto extruded pure polyetheretherketone (PEEK) for use as an artificial bone material, the surface of the PEEK was sputter-coated with a thin bilayer-film consisting of a...
Hiroaki Nishikawa, Yusuke Morita, Masanobu Kusunoki, Shigeki Hontsu, Hidekazu Tanaka, Tamio Endo
Japanese Journal of Applied Physics   53(5)    2014年1月   [査読有り]
In this study, we prepared a uniaxially oriented oxide on a flexible polymer substrate. We first grew [100] oriented SrTiO3 (STO) on a MgO(100) substrate. After bonding the STO film to a poly(ethylene naphthalete) (PEN) sheet with a photoresist, w...
SAKOISHI YASUHIRO, IGUCHI RYO, NISHIKAWA HIROAKI, HONTSU SHIGEKI, HAYAMI TAKASHI, KUSUNOKI MASANOBU
Appl Phys Express   6(11) 115501.1-115501.3   2013年11月   [査読有り]
本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢
Journal of bio-integration   3(1) 67-70   2013年9月   [査読有り]
E. Yamamoto, N. Kato, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, K. Yoshikawa, S. Hontsu
Key Engineering Materials   529-530 522-525   2013年1月   [査読有り]
Tooth enamel cannot be reconstructed once it is destroyed immoderately. Hydroxyapatite (HAp) thin sheet can potentially be used for a novel dental biomaterial to repair the enamel. Using a pulsed laser deposition (PLD) method, we have successfully...
極薄アパタイトシートを用いたエナメル質修復法の検討(第2報)
本津茂樹, 吉川一志, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 山本一世
日本歯科理工学会誌   32 125   2013年   [査読有り]
レーザーアブレーション法により作製したハイドロキシアパタイト薄膜の圧電性の評価
西垣 勉, 西川 博昭, 楠 正暢
Journal of bio-integration   3 71-74   2013年   [査読有り]
本津茂樹, 西川博昭, 楠正暢
J Soc Inorg Mater Jpn   19(361) 504-510   2012年11月
本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢
Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学   19(361) 504-510   2012年11月   [査読有り]
本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢
Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学   19(361) 504-510   2012年11月
HONTSU SHIGEKI, HASHIMOTO YOSHIYA, YOSHIKAWA YOSHIHIRO, KUSUNOKI MASANOBU, NISHIKAWA HIROAKI, AMETANI AKIHIRO
J Hard Tissue Biol   21(2) 181-188 (J-STAGE)-188   2012年6月   [査読有り]
To develop an improved surface conformation of titanium web (TW) scaffold, we examined the in vitro and in vivo biocompatibility of a thin hydroxyapatite (HA) deposited by pulsed laser ablation. Thin HA film was deposited on titanium discs using a...
Hontsu Shigeki, Hashimoto Yoshiya, Yoshikawa Yoshihiro, Kusunoki Masanobu, Nishikawa Hiroaki, Ametani Akihiro
JOURNAL OF HARD TISSUE BIOLOGY   21(2) 181-187   2012年4月   [査読有り]
S. Hontsu, N. Kato, E. Yamamoto, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, K. Yoshikawa
Key Engineering Materials   493-494 615-619   2012年1月   [査読有り]
Before a tooth erupts, the ameloblasts are lost, which means that the tooth enamel does not regenerate itself after tooth eruption. In the present study, we attempt to regenerate the tooth enamel artificially using a flexible hydroxyapatite (HAp) ...
アパタイト薄膜被覆生体吸収性高分子メンブレンの作成とその評価
本津茂樹, 樋口裕一, 橋本典也, 西川博昭, 楠正暢, 小正裕
バイオインテグレーション学会誌      2012年   [査読有り]
極薄アパタイトシートを用いたエナメル質修復法の検討(第1報)
本津茂樹, 吉川一志, 松田太陽, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 山本一世
日本歯科理工学会誌   31 112   2012年   [査読有り]
アパタイト薄膜被覆生体吸収性高分子メンブレンの作製とその評価
本津茂樹, 樋口裕一, 橋本典也, 西川博昭, 楠正暢, 小正裕
バイオインテグレーション学会誌   2 119-123   2012年   [査読有り]
極薄アパタイトシートを用いた象牙質上への人工エナメル質形成
本津茂樹, 吉川一志, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 山本一世
日本歯科理工学会誌   31 445   2012年   [査読有り]
Daisuke Ito, Katsumi Kotani, Tomoki Miyake, Hiroaki Nishikawa, Shigeki Hontsu, Masanobu Kusunoki
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   132(11) 1722-1726   2012年11月   [査読有り]
We studied a method to obtain superconductivity even in very thin films of YBa2Cu3Oy (YBCO). These thinner YBCO films will be able to be applied to optics/superconductivity (opt/super) converters with high optical sensitivity. Opt/super converters...
Hayami. T, Hontsu. , Higuchi. Y, Nishikawa. H , Kusunoki. M
CLINICAL ORAL IMPLANTS RESEARCH   7(7) 774-776   2011年7月   [査読有り]
本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭
機能材料   31(5) 63-68   2011年5月
SUNGCHUL LEE, MOHAMMOD M. ISLAM, MICHAEL E. ROGERS, MASANOBU USUNOKI, AKIYOSHI OKADA, AND NOBUO TAKESHIMA
Journal of Strength & Order Conditioning Research   4(4) 1089-1097   2011年4月   [査読有り]
S. Hontsu, K. Yoshikawa, N. Kato, Y. Kawakami, T. Hayami, H. Nishikawa, M. Kusunoki, K. Yamamoto
Journal of the Australian Ceramic Society   47 11-13   2011年3月   [査読有り]
A freestanding hydroxyapatite (HAp) sheet of 5 ∼ 10 μm thickness was successfully prepared by a novel method. After depositing the thin HAp film on a soluble substrate by pulsed laser deposition (PLD) technique, the HAp film was collected as a fre...
Masumi Iijima, Hiroyasu Kadoya, Satoko Hatahira, Shingo Hiramatsu, Giman Jung, Aaron Martin, John Quinn, Joohee Jung, Seong-Yun Jeong, Eun Kyung Choi, Takeshi Arakawa, Fumiyo Hinako, Masanobu Kusunoki, Nobuo Yoshimoto, Tomoaki Niimi, Katsuyuki Tanizawa, Shun’ichi Kuroda
Biomaterials   2(6) 1455-1464   2011年2月   [査読有り]
本津茂樹, 楠正暢, 西川博昭, 吉川一志
機能材料   31(5) 63-68   2011年4月   [査読有り]
本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭
セラミックス   46(9) 745-749   2011年9月   [査読有り]
Control of Ca/P ratio of hydroxyapatite thin film by pulsed laser deposition
H. Nishikawa, R. Yoshikawa, H. Nakajima, M. Kusunoki, T. Hayami, S. Hontsu
24th European Conference on Biomaterials - Annual Conference of the European Society for Biomaterials      2011年   [査読有り]
KUSUNOKI MASANOBU, KAWAKAMI YOSHIAKI, MATSUDA TAIYO, NISHIKAWA HIROAKI, HAYAMI TAKASHI, HONTSU SHIGEKI
Appl Phys Express   3(10) 107003.1-107003.3   2010年10月   [査読有り]
A large hydroxyapatite (HA) sheet of 50mm diameter was constructed using a new fabrication process. The HA sheet was prepared by pulsedlaser deposition (PLD) and then separated from the substrate. An intermediate layer of spin-coated photoresist b...
HONTSU SHIGEKI, NAKAMORI MASAYA, NISHIKAWA HIROAKI, KUSUNOKI MASANOBU
Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ   (26) 87-91   2010年9月   [査読有り]
KUSUNOKI MASANOBU, WADA TAKUTO, KANDA HIROTAKA, TOGO HIDETAKA, HAYAMI TAKASHI, HASHIMOTO YOSHIYA, NISHIKAWA HIROAKI, HONTSU SHIGEKI
Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ   (25) 1-5   2010年3月   [査読有り]
Masanobu Kusunoki, Yoshitaka Togo, Takuto Wada, Yoshiya Hashimoto, Yoshiya Hashimoto, Hiroaki Nishikawa, Shigeki Hontsu
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   129(11) 2014-2018   2009年11月   [査読有り]
We developed a patterning technique for nerve cells that uses polytetrafluoroethylene (PTFE) and poly-D-lysine (PDL). The PDL layer on the PTFE substrate acted as a buffer for nerve cell adhesion, while Ar ion-irradiated areas on PTFE were used fo...
D. Koizumi, N. L. Rogers, M. E. Rogers, M. M. Islam, M. Kusunoki, N. Takeshima
Journal of Physical Activity and Health   6(4) 467-474   2009年7月   [査読有り]
Daisuke Koizumi, Nicole L. Rogers, Michael E. Rogers, Mohammod M. Islam, Masanobu Kusunoki, Nobuo Takeshima
Journal of Physical Activity and Health   6 467-474   2009年1月
Although many Japanese older adults spend more than an hour each day walking for exercise, the intensity is often lower than the minimum level associated with various health benefits. The purpose of this study was to evaluate the efficacy of a lif...
極薄アパタイトシートの軟組織再生足場としての応用
浅野弘樹, 東郷秀孝, 橋本典也, 楠正暢, 西川博昭, 速水尚, 本津茂樹
再生医療   8 260   2009年   [査読有り]
ヒト間葉系幹細胞とハイドロキシアパタイトシートを組み合わせた新規骨再生誘導メンブレンの開発
橋本典也, 谷中直樹, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 武田昭二
日本再生歯科医学会誌   7 82   2009年   [査読有り]
NISHIKAWA Hiroaki, HATANAKA Ryota, KUSUNOKI Masanobu, HAYAMI Takashi, HONTSU Shigeki
Appl Phys Express   1(8) 088001.1-088001.3-0880013   2008年8月   [査読有り]
Hydroxyapatite (HAp) is one of the most widely used materials for tissue culture scaffolding in regenerative medicine. To apply HAp as a suitable material for tissue culture scaffolding, we have developed freestanding HAp membranes that can be dir...
速水 尚, 西川 博昭, 樋口 裕一, 橋本 典也, 楠 正暢, 本津 茂樹, 渋江 唯司, 山本 全男
実験力学 : journal of JSEM   8(2) 127-132   2008年6月
Lee, Sung Chul; Kusunoki, Masanobu; Watanabe, Motoo; Yamada, Tomomi; Takeshima, Nobuo; Rogers, Michael E.
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   5(5) S370-5page   2008年5月   [査読有り]
Y. Hashimoto, M. Kawashima, R. Hatanaka, M. Kusunoki, H. Nishikawa, S. Hontsu, M. Nakamura
Journal of Materials Science: Materials in Medicine   19 327-333   2008年1月   [査読有り]
In the current studies, we deposited ultra-thin hydroxyapatite films on a pure titanium substrate by pulsed laser deposition, and we examined the effects of these surfaces on rat bone marrow (RBM) cells. This method allowed deposition of 500-, 2,0...
速水 尚, 西川 博昭, 樋口 裕一, 橋本 典也, 楠 正暢, 本津 茂樹, 渋江 唯司, 山本 全男
実験力学   8(2) 127-132   2008年
The fixation between a beads-type porous-surfaced dental implant and a surrounding bone is dependent on 3-dimensional anchoring effect which new bones develop into a porous structure. The speed of a bone ingrowth into the porous structure and the...
エキシマレーザーアブレーション法によるアパタイト被覆三次元チタン繊維細胞足場の開発
橋本典也, 吉川美弘, 浅野弘樹, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 池尾隆, 飴谷彰洋, 吉野和卓, 久保木義徳
日本再生歯科医学会誌   6 56   2008年   [査読有り]
Haruka Imai, Masanobu Kusunoki, Masanobu Kusunoki, Masanobu Kusunoki, Yoshiya Hashimoto, Yoshiya Hashimoto, Hiroaki Nishikawa, Hiroaki Nishikawa, Hiroaki Nishikawa, Shigeki Hontsu, Shigeki Hontsu, Shigeki Hontsu
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   127(11) 1839-1842   2007年12月   [査読有り]
Biological molecular adsorption on crystal hydroxyapatite (HAp) and amorphous Ca 10(PO 4) 6(OH) 2 was investigated using quartz crystal microbalance (QCM) method. The pulsed laser ablation (PLA) was applied to coat both kind films for QCM sensors....
今井晴香、楠正暢、橋本典也、西川博昭、本津茂樹
電気学会論文誌C(Vol.127、No.11、p1839-1842)   11(11) 1839-1842   2007年11月   [査読有り]
Biological molecular adsorption on crystal hydroxyapatite (HAp) and amorphous Ca10(PO4)6(OH)2 was investigated using quartz crystal microbalance (QCM) method. The pulsed laser ablation (PLA) was applied to coat both kind films for QCM sensors. A c...
Y. Hashimoto, M. Kawashima, R. Hatanaka, M. Kusunoki, H. Nishikawa, S. Hontsu, M. Nakamura
Journal of Materials Science: Materials in Medicine   18 1457-1464   2007年7月   [査読有り]
In the current studies, we deposited ultra-thin hydroxyapatite films on a pure titanium substrate by pulsed laser deposition, and we examined the effects of these surfaces on rat bone marrow (RBM) cells. This method allowed deposition of 500-, 200...
HAYAMI Takashi, MATSUMURA Kazuaki, KUSUNOKI Masanobu, NISHIKAWA Hiroaki, HONTSU Shigeki
Mater Lett   61(13) 2667-2670   2007年5月   [査読有り]
To impart good cell adhesion to poly(vinyl alcohol) hydrogel (PVA-H) as an artificial articular cartilage, hydroxyapatite thin film 300 nm thick was deposited by a pulsed laser deposition technique on PVA-H, which has virtually no cell adhesion. A...
楠正暢、上田亮平、西川博昭、本津茂樹、李成?、小泉大亮、那須英里子、竹島伸生
生理人類学会論文誌   11(4) 191-196   2007年11月   [査読有り]
地域在住虚弱高齢者の健康と機能的自立維持を目指すための運動方法に関する研究―能動的運動と受動的運動による筋力,筋パワーへの効果について―
李成吉吉, 渡辺元夫, 小泉大亮, 長谷川龍一, 山田ともみ, 竹島伸生, 楠正暢
体力科学   56 882   2007年   [査読有り]
小泉 大亮, 李 成吉吉, 那須 英里子, 竹島 伸生, 楠 正暢
体力科學   55(6)    2006年12月   [査読有り]
Lee, Sung Chul; Takeda, Hiroshi; Islam, Mohammod M.; Ueda, Ryouhei; Ueda, Ryouhei; Koizumi, Daisuke; Nasu, Eriko; Kusunoki, Masanobu; Takeshima, Nobuo; Rogers, Michael E.
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   5(5) S332-5page   2006年5月   [査読有り]
Shigeki Hontsu, Shigeki Hontsu, Shigeki Hontsu, Kazuyuki Agemura, Hiroaki Nishikawa, Masanobu Kusunoki
IEICE Transactions on Electronics   E89-C(2) 151-154   2006年2月   [査読有り]
A coplanar type lumped-element 6-pole microwave Chebyshev bandpass filter (BPF) of center frequency (f 0) 2.0 GHz and fractional bandwidth (FBW) 1.0 % was designed. For the design method, theory of direct coupled resonator filters using K-inverter...
生体アパタイト超薄膜被服インプラントの生体親和性
本津茂樹、川島将実、西川博昭、楠正暢、速水尚、大橋芳夫、樋口裕一、橋本典也
バイオマテリアル   9 353-360   2006年   [査読有り]
ハイドロキシアパタイトコート基材が神経分化誘導に及ぼす影響の検討
竹原 俊幸, 畑中 良太, 楠 正暢, 西川 博昭, 橋本 典也, 本津 茂樹, 細井 美彦
Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University   18 25-29   2006年   [査読有り]
生体アパタイト超薄膜被覆インプラントの生体親和性
本津茂樹, 川島将実, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 大橋芳夫, 樋口裕一, 橋本典也
バイオマテリアル   24 353-360   2006年   [査読有り]
高齢者の身体活動向上を目指した加速度計の有効性―個人データフィードバックの意義―
小泉大亮, 李成てつ, 那須英里子, 竹島伸生, 楠正暢
体力科学   55 915   2006年   [査読有り]
HAYAMI TAKASHI, MATSUMURA KAZUAKI, KUSUNOKI MASANOBU, NISHIKAWA HIROAKI, HONTSU SHIGEKI
Mater Lett   61 2667-2670   2006年   [査読有り]
Shigeki Hontsu,Kazuyuki Agemura,Hiroaki Nishikawa,Masanobu Kusunoki
IEICE Transactions   89-C(2) 151-155   2006年   [査読有り]
KUSUNOKI MASANOBU, KAWASIMA MASAMI, NISHIKAWA HIROAKI, MORIMOTO KOICHI, HAYAMI TAKASHI, HONTSU SHIGEKI, KAWAI TOMOJI
Jpn J Appl Phys Part 2   44(10) L326-L327   2005年6月   [査読有り]
Protein adsorption on hydroxyapatite (HAP) thin film was investigated before and after patterning. Hydroxyapatite thin film 100 nm thick was deposited by pulsed laser deposition. The film was patterned by photolithography and wet etching with HCI ...
Shigeki Hontsu, Kazuki Iguchi, Kazuyuki Agemura, Hiroaki Nishikawa, Masanobu Kusunoki
IEEE Transactions on Applied Superconducty   15(15) 972-975   2005年6月   [査読有り]
The tunable filter has variable center frequency (f 0) and variable bandwidth (BW) that can be adapted to software defined radio. In our mechanical tunable filter, capacitance of each element is changed by motion of dielectric plate that is locate...
KUSUNOKI Masanobu, KAWASIMA Masami, NISHIKAWA Hiroaki, MORIMOTO Koichi, HAYAMI Takashi, HONTSU Shigeki, KAWAI Tomoji
Jpn J Appl Phys Part 2   44(8-11) L326-L327   2005年3月   [査読有り]
レーザーアブレーション法を用いた生体アパタイト薄膜の細胞適合性評価(in vitro)
橋本典也, 畑中良太, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 中村正明
歯科材料・器械   24 353   2005年   [査読有り]
生体アパタイト超薄膜被覆インプラントの生体親和性
本津 茂樹, 川島 将実, 西川 博昭, 楠 正暢, 速水 尚, 大橋 芳夫, 樋口 裕一, 橋本 典也
バイオマテリアル : 生体材料 : Journal of Japanese Society for Biomaterials   24 353-360   2005年   [査読有り]
M. Kusunoki, H. Nishikawa, S. Hontsu
PHYSICA C   412-414(414) 1524-1527   2004年10月   [査読有り]
An error in surface resistance (Rs) originating from the dielectric loss (tanδ) of the parallel plate dielectric resonator using the two-resonators method is investigated. In the two-resonators method, the error in Rs(ΔRs) due to the difference in...
A. Sundaresan, A. Sundaresan, H. Asada, H. Asada, H. Kito, H. Kito, Y. Tanaka, Y. Tanaka, A. Iyo, A. Iyo, M. Kusunoki, S. Ohshima
Superconductor Science and Technology   17 350-353   2004年3月   [査読有り]
Epitaxial thin films of a Tl(Ba, Sr)2Ca2Cu3Oy (Tl-1223) superconductor with a thickness of 5000 Å were grown on a moderate dielectric constant (ε = 23.8) substrate (LaAlO3)0.3(Sr2AlTaO6)0.7 (LSAT) in order to study the miniaturization of a superco...
Masashi Mukaida, Yuya Yamazaki, Yuki Shingai, Sayoko Makino, Masanobu Kusunoki, Atsushi Saito, Shigetoshi Ohshima
Superconductor Science and Technology   17 337-341   2004年3月   [査読有り]
The growth and characterization of a BaZrO3 buffer layer for controlling the in-plane orientation of YBa2Cu3O7-δ films grown on MgO substrates is described. BaZrO3 buffer layers and YBa2Cu3O7-δ films are grown by pulsed laser deposition. 45° grain...
内田 貴, 須藤 雅樹, 三上 宏, 竹田 真, 楠 正暢, 齊藤 敦, 向田 昌志, 大嶋 重利
低温工学   39(1) 18-24   2004年1月
内田 貴, 須藤 雅樹, 三上 宏, 竹田 真, 楠 正暢, 齊藤 敦, 向田 昌志, 大嶋 重利
低温工学   39(1) 18-24   2004年
This paper reports the results the application of sapphire rod trimming to improve HTS filter properties. First, we examined the optimum position of the sapphire rod above the hairpin filter to shift the resonance frequency. The resonance frequenc...
橋本典也, 楠正暢, 川島将実, 西川博昭, 本津茂樹, 中村正明
歯科材料・器械   23 328   2004年   [査読有り]
Buffer layers for TFA-MOD YBa2Cu3O7? d films on MgO substrate
M. Mukaida, M.Miura, T.Araki, Masanobu Kusunoki,A.Saito, S. Ohshima, I. Hirabayashi, K.Tanabe
Institute of Physics Conference Series   12 1514-1519   2004年   [査読有り]
M. Shirakawa, J. Unno, K. Aizawa, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima
Physica C: Superconductivity and its Applications   392-396 1346-1352   2003年10月   [査読有り]
We have examined in-plane orientation of CeO2 buffer layers on c-plane and tilt-c-plane sapphire substrates. The tilt angles are 5°, 10° and 15°, which are defined as the angles between the c-plane and the surface planes of the sapphire substrates...
M. Kusunoki, M. Kusunoki, M. Inadomaru, D. Kousaka, S. Ohshima, K. Aizawa, M. Mukaida
PHYSICA C   392-396(392) 1241-1244   2003年10月   [査読有り]
The parallel plate dielectric resonator was applied to surface resistance (Rs) measurement of high temperature superconducting films with small area for the purpose of material research in early stage. Using 38 GHz resonance of TE013 mode, availab...
Hironobu Yamada, Katsunari Moriai, Shinsuke Kanno, Keiji Aizawa, Masanobu Kusunoki, Masashi Mukaida, Shigetoshi Ohshima
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   13 3121-3124   2003年6月   [査読有り]
We observed vortices with a modified Bitter method by evaporating nickel as the medium of decoration, in film and QMG (which are made with the quench-and-melt-growth method) YBa2Cu3 (YBCO) samples. The temperature range of observation was from 25 ...
A. Sundaresan, H. Asada, H. Asada, A. Crisan, A. Crisan, A. Crisan, J. C. Nie, H. Kito, A. Iyo, Y. Tanaka, M. Kusunoki, S. Ohshima
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   13 2913-2916   2003年6月   [査読有り]
Epitaxial Tl2Ba2CaCu2Oy and Tl(Ba,Sr)2Ca2 Cu3Oy thin films have been prepared on CeO2 buffered sapphire substrate by an ex situ process with high reproducibility. Microstructure analysis of the surface of the Tl-2212 films showed well connected an...
Shigetoshi Ohshima, Shigetoshi Ohshima, Masanobu Kusunoki, Masanobu Kusunoki, Momoko Inadomaru, Masashi Mukaida, Yasutomo Tanaka, Yasutomo Tanaka, Hideo Ihara, Hideo Ihara
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   13 3578-3580   2003年6月   [査読有り]
We have examined the relationship between the surface resistance and the depairing current density of superconductors. From the two-fluid model and the relationship between the depairing current density and the thermodynamic critical field, we can...
A. Sundaresan, A. Sundaresan, H. Asada, H. Asada, A. Crisan, A. Crisan, J. C. Nie, H. Kito, A. Iyo, Y. Tanaka, M. Kusunoki, S. Ohshima
PHYSICA C   388-389(473) 473-474   2003年5月   [査読有り]
Tl2Ba2CaCu2Oy (Tl-2212) and Tl(Ba,Sr)2Ca2Cu3Oy (Tl-1223) superconductor thin films have been prepared on CeO2 buffered sapphire substrate by an ex situ process namely, amorphous phase epitaxy (APE) method. In the case of Tl-1223, an amorphous laye...
A. Sundaresan, A. Sundaresan, Y. Tanaka, Y. Tanaka, A. Iyo, A. Iyo, M. Kusunoki, S. Ohshima
Superconductor Science and Technology   16    2003年5月   [査読有り]
A simple method, fishing high-Tc superconductor thin films out of a liquid nitrogen bath by a permanent magnet (field > Hc1), due to the effect of high flux pinning, has been suggested to identify films that have high critical current density (Jc ...
Daisuke Okai, Masanobu Kusunoki, Masashi Mukaida, Shigetoshi Ohshima
Electronics and Communications in Japan, Part II: Electronics (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   86 27-35   2003年4月   [査読有り]
To design superconducting microwave receivers, the surface resistance of the superconducting thin film must be considered. Therefore, a highly accurate technique for measuring the surface resistance of superconducting thin films should be establis...
M. Kusunoki, Y. Takano, K. Nakamura, M. Inadomaru, D. Kosaka, A. Nozaki, S. Abe, M. Yokoo, M. Lorenz, H. Hochmuth, M. Mukaida, S. Ohshima
Physica C: Superconductivity and its Applications   383 374-378   2003年1月   [査読有り]
A scanning mapping technique of surface resistance (Rs) using the sapphire dielectric resonator was developed and demonstrated for a 3-inch-diameter YBa2Cu3Oy film. The area of the 3-inch film was divided by 5 × 5 mm grid for scan, resulting in 10...
向田昌志, 山崎裕弥, 新海優樹, 楠正暢, 松本要, 吉田隆, 一瀬中, 堀井滋, 斉藤敦
低温工学   38 546-553   2003年   [査読有り]
M. Mukaida, S. Sato, Y. Takano, M. Kusunoki, S. Ohshima
PHYSICA C   378-381(1232) 1232-1235   2002年10月   [査読有り]
A grain size control technology will be described. YBa2Cu3O7-δ thin films are grown by a pulsed laser deposition method in 400 mTorr oxygen atmosphere. The films are grown by a self-template method with various self-template growth temperatures. H...
H. Yamada, K. Moriai, S. Kanno, K. Aizawa, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima
Physica C: Superconductivity and its Applications   378-381 554-559   2002年10月   [査読有り]
We have examined vortex distribution of YBa2Cu3O7-δ (YBCO, Y-123) films and YBCO-QMG samples. The vortices were observed by the Bitter method using the decoration of the fine magnetic particles. Observation of vortex distribution was done in the t...
M. Kusunoki, M. Inadomaru, S. Ohshima, K. Aizawa, M. Mukaida, M. Lorenz, H. Hochmuth
PHYSICA C   377 313-318   2002年9月   [査読有り]
We investigated the dielectric loss tangent (tan δ) of sapphire single crystals produced by edge-defined film-fed growth (EFG) method using a dielectric resonator with YBa2Cu3Oy (YBCO) films. Surface resistance (Rs) of the YBCO film was low enough...
A. Cassinese, A. Cassinese, M. Barra, M. Barra, I. Fragal?, M. Kusunoki, G. Malandrino, T. Nakagawa, L. M S Perdicaro, K. Sato, S. Ohshima, R. Vaglio
PHYSICA C   372-376 500-503   2002年8月   [査読有り]
Dual mode devices based on high temperature superconducting films represent an interesting class for telecommunication applications since they combine a miniaturized size with a good power handling. Here we report on a novel compact antenna obtain...
S. Ohshima, S. Oikawa, T. Noguchi, M. Inadomaru, M. Kusunoki, M. Mukaida, H. Yamasaki, Y. Nakagawa
PHYSICA C   372-376 671-674   2002年8月   [査読有り]
We have examined the correlation between the critical current density (Jc) and the surface resistance (R(s)) of an YBa2Cu3O7-δ (YBCO) thin film. YBCO films were prepared in an inductively coupled plasma sputtering system on MgO and BSO/MgO substra...
M. Barra, A. Cassinese, A. Cassinese, I. Fragal?, M. Kusunoki, G. Malandrino, T. Nakagawa, L. M S Perdicaro, K. Sato, S. Ohshima, R. Vaglio
Superconductor Science and Technology   15 581-585   2002年4月   [査読有り]
The use of high-temperature superconducting films for the fabrication of antennas allows us to realize radiating structures that are small in size and have a very higher efficiency. In this paper, we investigate the properties of a novel compact a...
T. Kinpara, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima
PHYSICA C   357-360 1503-1506   2001年9月   [査読有り]
High-temperature superconducting microwave filters were designed for the W-CDMA communication system. Frequency responses of the filters were calculated by the electromagnetic simulator "Sonnet-em". A cross-coupled 8-pole microstrip line filter sh...
K. Ehata, K. Sato, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohshima, Y. Suzuki, K. Kanao
Physica C: Superconductivity and its Applications   357-360 1507-1510   2001年9月   [査読有り]
Measured results and discussion on vacuum seal-off property of a cooling system for high-temperature superconducting antennas are reported. The cooling system was designed and fabricated and its cryogenic packaging was investigated. Vacuum seal-of...
M. Mukaida, M. Kusunoki, S. Ohshima
Physica C: Superconductivity and its Applications   357-360 1382-1385   2001年9月   [査読有り]
Lanthanide (Ln) atom in Ln2CuO4 buffer layer dependence of c-axis in-plane aligned a-axis oriented YBa2Cu3O7-δ (YBCO) thin film growth is discussed and preferred orientation growth model of a bc-plane matched growth model is proposed. The c-axis i...
H. Obara, S. Kosaka, A. Sawa, H. Yamasaki, Y. Kobayashi, T. Hashimoto, S. Ohshima, M. Kusunoki, M. Inadomaru
Physica C: Superconductivity and its Applications   357-360 1511-1515   2001年9月   [査読有り]
The surface resistance of high-Tc superconducting films at microwave frequencies was carefully measured by the dielectric resonator method using two sapphire rods. The dielectric resonator method is appropriate for the standard measurement of surf...
S. Kanno, T. Kawai, S. Satou, K. Aizawa, M. Kusunoki, M. Mukaida, S. Ohsima, S. Hayashi, T. Nishizaki, N. Kobayashi
PHYSICA C   357-360 625-628   2001年8月   [査読有り]
We have observed vortices of the high-temperature superconductor using the Bitter technique. Hopping movement of vortices of Y-123 and Bi-2212 single crystal was observed in the temperature range of 50-90 K (Tc) by the thermal energy. We estimated...
Michael Lorenz, Holger Hochmuth, Dieter Natusch, Masanobu Kusunoki, Vasily L. Svetchnikov, Vasily L. Svetchnikov, Volker Riede, Ioan Stanca, Gerhard K?stner, Dietrich Hesse
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   11 3209-3212   2001年3月   [査読有り]
Large-area pulsed laser deposition (PLD) has reached a state in terms of film quality and reproducibility which makes possible now real market applications of PLD-YBa2Cu3O7-δ (YBCO) thin films on both sides of R-plane sapphire substrates as HTSC d...

Misc

 
ナノブリッジを用いたAbrikosov Vortex Flow Device(共著)
電子情報通信学会信学技報   95(338) 13   1994年
収束イオンビームを用いた酸化物超伝導体のサブミクロン加工(共著)
電子情報通信学会信学技報   94(8) 47   1994年
楠 正暢, 赤池 宏之, 藤巻 朗, 早川 尚夫
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   94(8) 47-52   1994年4月
酸化物超伝導体の特性劣化を起こすことなく、デイープサブミクロン加工する技術を開発してきた。この技術によって180nm幅のYBaCuOラインの作成が可能となり、さらにそれは良好な超伝導性を示した。リソグラフィーは、集束イオンビームを用いたNb膜の微細加工法(Focused ion beam Implanted Niobium Patterning:FINP)にもとづいている。解像度100nmをもつこの技術によって微細なNbマスクを形成することができる。その後マスクパターンは、Arイオンビーム...
安藤 浩哉, 楠 正暢, 藤巻 朗, 早川 尚夫
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   94(156) 67-72   1994年7月
超伝導フラックスフロートランジスタに関する報告には、その電流電圧特性の零電圧からの立ち上がり部分で非線形性を確認できるものが多い。良質な薄膜を用いたサンプルでこうした現象が観察できるのは興味深い。この結果は、膜内でのピニングが無い場合でも、磁束の動きを妨げるメカニズムが働いている可能性があることを示唆している。混合状態部に侵入する磁束量子に対する表面ポテンシャルに注目し、超伝導細線に関する臨界電流密度の測定結果の数値解析をおこなった結果、良質な薄膜を用いたサンプルでは、表面ポテンシャルによ...
楠 正暢, 鬼頭 傑, 吉田 宗司, 安藤 浩哉, 藤 巻朗, 早川 尚夫
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   95(338) 13-18   1995年10月
ナノブリッジを用いることによって、熱効果を伴わず動作するAbrikosov Vortex Flow Transistor (AVFT)を作成した。Ic-φ、V-φ特性の周期構造は従来のSQUIDと同じであった。しかし、I-V特性はジョセフソン効果とは異なるAbrikosovボルテクスフローを示した。このことによりジョセフソン接合を用いなくともSQUIDを作成することが可能であることが明らかになった。この現象はブリッジ幅を小さくすることによってボルテクスの出入りに伴う周回電流と外部磁場の遮蔽...
分布定数型超伝導フィルタの最適形状の検討(共著)
電子情報通信学会 超伝導エレクトロニクス学会 信学技法   49   1997年
超伝導パッチアンテナの設計・試作・評価(共著)
電子情報通信学会 超伝導エレクトロニクス学会 信学技法   55   1997年
スパッタリングによるYBCO薄膜作製時の誘導コイルの効果(共著)
電子情報通信学会信学技報   97(24) 43   1997年
冨山 岳郁, 岡井 大祐, 楠 正暢, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波   97(20) 49-54   1997年4月
超伝導フィルタは、低挿入損失、シャープカット特性等の優れた特性を有し、移動体通信の基地局用フィルタとして注目されている。現在検討されている超伝導フィルタは、分布定数フィルタ、例えばヘアピン、櫛形、平行結合形等が多い。しかしながら、現在ではまだ広い面積の高品質な酸化物超伝導薄膜を形成することがきわめて難しい。従って、同じ性能であれば面積の小さいフィルタを作製する方が有利ある。我々は、ヘアピン、櫛形フィルタの最適形状と、縮小化を検討している。2つのタイプのフィルタでは櫛形フィルタの方が縮小化に...
江畑 克史, 楠 正暢, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   97(19) 55-60   1997年4月
超伝導体はマイクロ波領域において常伝導金属に比べて2ケタほど低い表面抵抗を持つ。したがって、超伝導体をアンテナ、フィルタ、伝送線路などのマイクロ波デバイスへ応用すると、これらのデバイスの高効率化につながるものと考えられる。我々は、YBCO薄膜を用いたパッチアンテナの設計・試作・評価を行った。その結果、YBCOアンテナは金アンテナに比べて1.04dB利得が高いことがわかった。しかしながら、温度上昇に伴いYBCOアンテナの利得は減少し、70K以上の温度ではアンテナとして動作しないことがわかった。
江畑 克史, 楠 正暢, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波   97(20) 55-60   1997年4月
超伝導体はマイクロ波領域において常伝導金属に比べて2ケタほど低い表面抵抗を持つ。したがって、超伝導体をアンテナ、フィルタ、伝送線路などのマイクロ波デバイスへ応用すると、これらのデバイスの高効率化につながるものと考えられる。我々は、YBCO薄膜を用いたパッチアンテナの設計・試作・評価を行った。その結果、YBCOアンテナは金アンテナに比べて1.04dB利得が高いことがわかった。しかしながら、温度上昇に伴いYBCOアンテナの利得は減少し、70K以上の温度ではアンテナとして動作しないことがわかった。
冨山 岳郁, 岡井 大祐, 楠 正暢, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   97(19) 49-54   1997年4月
超伝導フィルタは、低挿入損失、シャープカット特性等の優れた特性を有し、移動体通信の基地局用フィルタとして注目されている。現在検討されている超伝導フィルタは、分布定数フィルタ、例えばヘアピン、櫛形、平行結合形等が多い。しかしながら、現在ではまだ広い面積の高品質な酸化物超伝導薄膜を形成することがきわめて難しい。従って、同じ性能であれば面積の小さいフィルタを作製する方が有利ある。我々は、ヘアピン、櫛形フィルタの最適形状と、縮小化を検討している。2つのタイプのフィルタでは櫛形フィルタの方が縮小化に...
冨山岳郁, 岡井大祐, 楠正暢, 大嶋重利
電子情報通信学会技術研究報告   97(20(MW97 1-16)) 49-54   1997年4月
楠 正暢, 高野 祥暢, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   97(219) 43-48   1997年7月
酸化物高温超伝導薄膜の大面積化技術として, 誘導コイル結合型スパッタリング法の検討を行った. 直径50mmのターゲットを用いてYBa_2Cu_3O_yの成膜を行ったところ, 基板の直径40mmの範囲内で膜厚分布が7%未満であり, 広範囲で均一な成膜が可能であることが示された. また, 臨界温度・薄膜表面の析出物はカソード電圧に支配され, 結晶の配向性・グレインサイズはカソード電流により決定されることが確認された. この2つの成膜パラメーターはコイルに印可するrf電力を変化させることによって...
マイクロストリップ線路共振器法による表面抵抗と磁場侵入長の測定"測定精度に与える膜厚効果の検討"(共著)
電子情報通信学会 超伝導エレクトロニクス学会 信学技法   35   1998年
ギャップ結合型パッチアンテナに関する検討(共著)
電子情報通信学会 超伝導エレクトロニクス学会 信学技法   65   1998年
誘導結合プラズマスパッタリング法による基板両面YBCO薄膜の均一性の評価(共著)
電子情報通信学会信学技報   98(222) 25   1998年
江畑 克史, 楠 正暢, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   98(14) 65-72   1998年4月
超伝導パッチアンテナは、冷凍機冷却が可能であることや、他の超伝導マイクロ波デバイスとの集積化が容易であることから、実用的な超伝導アンテナとして期待されている。しかしながら、超伝導マイクロ波デバイスの実用化では、耐電力の向上が課題の一つとなっている。本論文では、まず、超伝導パッチアンテナの耐電力特性がアンテナに用いた薄膜により大きく異なることを示し、その後、ギャップ結合給電パッチアンテナは、従来より報告されてきた直接給電パッチアンテナに比べて、4倍以上の耐電力を有する可能性について述べ、さら...
岡井 大祐, 富山 岳郁, 新開 陽子, 楠 正暢, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   98(14) 35-42   1998年4月
マイクロストリップ線路共振器法は, 超伝導マイクロ波バッシブデバイスを設計する上で重要なパラメーターである、超伝導薄膜の表面抵抗、磁場侵入長、誘電体基板の比誘電率、誘電損の値を測定することができる。表面抵抗と磁場侵入長の正確な測定のためには、マイクロストリップ線路共振器法を系統的に検討する必要がある。我々は、表面抵抗と磁場侵入長の測定精度に与える膜厚効果を調べた。その結果、表面抵抗、磁場侵入長の正確な値を求めるためには、薄膜の膜厚を考慮する必要があることが分かった。また、マイクロストリップ...
江畑 克史, 楠 正暢, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波   98(15) 65-72   1998年4月
超伝導パッチアンテナは, 冷凍機冷却が可能であることや, 他の超伝導マイクロ波デバイスとの集積化が容易であることから, 実用的な超伝導アンテナとして期待されている。しかしながら, 超伝導マイクロ波デバイスの実用化では, 耐電力の向上が課題の一つとなっている。本論文では, まず, 超伝導パッチアンテナの耐電力特性がアンテナに用いた薄膜により大きく異なることを示し, その後, ギャップ結合給電パッチアンテナは, 従来より報告されてきた直接給電パッチアンテナに比べて, 4倍以上の耐電力を有する可...
岡井 大祐, 冨山 岳郁, 新開 陽子, 楠 正暢, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波   98(15) 35-42   1998年4月
マイクロストリップ線路共振器法は、超伝導マイクロ波パッシブデバイスを設計する上で重要なパラメーターである、超伝導薄膜の表面抵抗、磁場侵入長、誘電体基板の比誘電率、誘電損の値を測定することができる。表面抵抗と磁場侵入長の正確な測定のためには、マイクロストリップ線路共振器法を系統的に検討する必要がある。我々は、表面抵抗と磁場侵入長の測定精度に与える膜厚効果を調べた。その結果、表面抵抗、磁場侵入長の正確な値を求めるためには、薄膜の膜厚を考慮する必要があることが分かった。また、マイクロストリップ線...
楠 正暢, 鈴木 敏幸, 向田 昌志, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   98(222) 25-30   1998年7月
誘導結合プラズマスパッタリング法を用いて基板両面への大面積YBa_2Cu_3O_y(YBCO)薄膜作製技術の検討を行った。基板両面のYBCOの臨界温度Tc、結晶性はほぼ同一であった。膜質の面内均一性は50x50mm基板を10x10mmの格子状に区切り各位置で評価を行った。膜厚分布は直径50mmのターゲットを用いたにもかかわらず、直径40mm以上の膜面内で10%のばらつき納まっていた。c軸長は1.1683〜1.1693nm、Tcは83.0〜85.5K、77Kでの臨界電流密度はJcは1.7〜1...
誘導結合プラズマスパッタリング法で作製したYBaCu30y薄膜のマイクロ波特性の評価(共著)
電子情報通信学会 超伝導エレクトロニス学会 信学技法   13   1999年
c軸配向YBa2Cu30y薄膜における45°面内配向結晶粒の表面抵抗へ与える影響(共著)
電子情報通信学会 超伝導エレクトエロニクス研究会 信学技法   99 59   1999年
楠 正暢, 高野 祥暢, 向田 昌志, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波   99(29) 59-64   1999年4月
MgO基板上c軸配向YBa_2Cu_3O_y(YBCO)内の45゜面内配向結晶粒が表面抵抗(R_s)へ与える影響を調べた。45゜結晶粒密度の異なる試料の準備はセルフテンプレート法により行った。R_sの測定は誘電体共振器法を用いた。0゜と45゜それぞれの結晶粒内、さらには0゜-0゜または45゜-45゜同士の同方向結晶粒間の粒界部分では、R_sはほぼ等しい値を有すること、また0゜-45゜粒界がR_s増加の原因になっていることが明らかとなった。0゜-45゜粒界をほとんど含まない試料においては、2...
江畑 克史, 佐藤 和明, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 鈴木 雄一郎
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   99(28) 71-78   1999年4月
超伝導アンテナは高効率・低雑音が期待されているが, その実用化には冷却システムを含めた検討が重要である. 我々は, スターリング型冷凍機を用いて, 持ち運び可能な超伝導アンテナ用小型冷凍機システムを開発した. この超伝導アンテナ用冷却システム内にアンテナを取り付けると, アンテナ特性に変化が生じ, レンズ効果により利得が大幅に向上することがわかった. 本報告では, 作製した冷却システムの概要と, 冷却システムに取り付けられたアンテナの特性について述べる.
楠 正暢, 高野 祥暢, 向田 昌志, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   99(28) 59-64   1999年4月
MgO基板上c軸配向YBa_2Cu_3O_y(YBCO)内の45゜面内配向結晶粒が表面抵抗(R_s)へ与える影響を調べた。45゜結晶粒密度の異なる試料の準備はセルフテンプレート法により行った。R_sの測定は誘電体共振器法を用いた。0゜と45゜それぞれの結晶粒内、さらには0゜-0゜または45゜-45゜同士の同方向結晶粒間の粒界部分では、R_sはほぼ等しい値を有すること、また0゜-45゜粒界がR_s増加の原因になっていることが明らかとなった。0゜-45゜粒界をほとんど含まない試料においては、2...
岡井 大祐, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   99(28) 53-58   1999年4月
超伝導薄膜の表面抵抗の測定のために, マイクロストリップ線路共振器(MSR)法が用いられている. 我々は,プローブ結合型MSR法検討している. この方法により, 薄膜に対して非接触で表面抵抗の測定ができる. 表面抵抗を正確に求めるためには, 高精度でQ値測定ができる技術が必要とされる. 本論文では, 測定精度に与えるキャビティの形状効果について報告する. 超伝導薄膜の表面抵抗を精度よく測定するためには, キャビティの天井とアンテナの位置が重要であることが明らかとなった.
江畑 克史, 佐藤 和明, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, 鈴木 雄一郎
電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波   99(29) 71-78   1999年4月
超伝導アンテナは高効率・低雑音が期待されているが, その実用化には冷却システムを含めた検討が重要である. 我々は, スターリング型冷凍機を用いて, 持ち運び可能な超伝導アンテナ用小型冷凍機システムを開発した. この超伝導アンテナ用冷却システム内にアンテナを取り付けると, アンテナ特性に変化が生じ, レンズ効果により利得が大幅に向上することがわかった. 本報告では, 作製した冷却システムの概要と, 冷却システムに取り付けられたアンテナの特性について述べる.
岡井 大祐, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波   99(29) 53-58   1999年4月
超伝導薄膜の表面抵抗の測定のために, マイクロストリップ線路共振器(MSR)法が用いられている. 我々は,プローブ結合型MSR法検討している. この方法により, 薄膜に対して非接触で表面抵抗の測定ができる. 表面抵抗を正確に求めるためには, 高精度でQ値測定ができる技術が必要とされる. 本論文では, 測定精度に与えるキャビティの形状効果について報告する. 超伝導薄膜の表面抵抗を精度よく測定するためには, キャビティの天井とアンテナの位置が重要であることが明らかとなった.
楠正暢, 高野祥暢, 向田昌志, 大嶋重利
電子情報通信学会技術研究報告   99(28(SCE99 1-13)) 59-64   1999年4月
鈴木 敏幸, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   99(249) 13-18   1999年7月
誘導結合プラズマスパッタリング法を用いて作製したYBa_2Cu_3O_y (YBCO)薄膜のマイクロ波領域での表面抵抗をサファイアロッドを用いた誘電体共振器法により評価した。YBCO薄膜をLaAlO_3(LAO)基板の両面とBaSnO_3バツファー層を用いたMgO基板上に作製した。LAO基板上両面薄膜の表面抵抗は第2面の方が優れていたが, これは第2面目成膜時の実効的な基板温度が上昇したためであると考えられる。BSO/MgO上薄膜の表面抵抗は測定周波数22GHzにおいて35Kで0.38mΩ...
金原 智之, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波   100(275) 75-79   2000年8月
高温超伝導体はマイクロ波帯においても表面抵抗が低いため、低損失、シャープスカートなフィルタの実現ができ、移動体通信の基地局用フィルタとして注目されている。我々は楕円関数型フィルタに着目した。楕円関数フィルタは帯域端に減衰極を設けることができるため、より少ない共振器でフィルタを構成することができる。本論文では電磁界解析シミュレータを用いて8段の楕円関数型フィルタを設計し、楕円関数フィルタの有利性を記している。
金原 智之, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   100(274) 75-79   2000年8月
高温超伝導体はマイクロ波帯においても表面抵抗が低いため、低損失、シャープスカートなフィルタの実現ができ、移動体通信の基地局用フィルタとして注目されている。我々は、楕円関数型フィルタに着目した。楕円関数フィルタは帯域端に減衰極を設けることができるため、より少ない共振器でフィルタを構成することができる。本論文では電磁界解析シミュレータを用いて8段の楕円関数型フィルタを設計し、楕円関数フィルタの有利性を記している。
金原智之, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利
電子情報通信学会技術研究報告   100(274(SCE2000 11-27)) 75-79   2000年8月
楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利, ミヒャエル ローレンツ, ホルガー ホフムス, ディーター ノートゥッシュ, トーマス ターリゲン
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   100(399) 49-54   2000年10月
誘電体共振器を用いた超伝導体の表面抵抗(R_s)測定時に生ずる誤差についての評価を行なった。誘電体の熱的な収縮、誘電損、各測定間の共振周波数及びQにおけるばらつきを検討した。直径の異なる3種類のサファイア(3.8, 5.8, 9.5GHz)を用いて3inchのYBa_2Cu_3O_yの表面抵抗の評価を行なった結果、臨界電流密度J_cが均一な薄膜においては10GHz換算のR_sはほぼ一致する値を示した。一方、J_cが均一でない薄膜においては、その分布を反映したR_sの違いが観測された。
楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利, LORENZ M, HOCHMUTH H, NATUSCH D, TAHRIGEN T
電子情報通信学会技術研究報告   100(399(SCE2000 28-36)) 49-54   2000年10月
大面積超伝導薄膜の表面抵抗の測定
電子情報通信学会 超伝導エレクトロニクス学会 信学技法   10    2001年
渡部 忍, 内田 貴, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利
低温工学   38(1) 27-30   2003年
Development of microwave integrated circuits and high-Tc superconductive thin-film circuits is performed briskly, and dielectric substrate is used as the material. Circular cavity resonance and microstripline resonator methods are used for measuri...
大嶋 重利, 楠 正暢
低温工学   38(1) 3-8   2003年
This paper discusses the microwave and millimeter wave fundamentals and applications of high-temperature superconductors. First, a high-temperature superconducting filter subsystem for a base station is described as an example of microwave devices...
渡部 忍, 内田 貴, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利
低温工学   38(1) 27-30   2003年1月
大嶋重利, 楠正暢
低温工学   38(1) 3-8   2003年1月
三上 宏, 大嶋 重利, 向田 昌志, 楠 正暢, 相澤 慶二
電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波   103(21) 29-35   2003年4月
用いた基板の厚みや比誘電率のばらつき、作製プロセスによる共振器長の変化等によりフィルタ特性が劣化してしまった超伝導フィルタの特性を改善する方法として、サファイアロッドトリマーを検討した。サファイアロッドの位置、配置の仕方等を検討し、超伝導フィルタの特性を改善できることを明らかにした。この方法は各共振器に対してトリミングが可能であるため、共振周波数のシフトと合わせて、フィルタ特性の改善にも非常に効果的であることを明らかにした。しかし、フィルタ特性(周波数をシフトさせる調節)を大幅に改善させる...
白川 政信, 渡部 忍, 相澤 慶二, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波   103(21) 1-7   2003年4月
サファイア基板は超伝導マイクロ波デバイスの基板として期待されているが,比誘電率の正確な値やその面内における誘電率の異方性,温度による変化等が明らかにされていない.そこで我々は,空洞共振器法を用いてr^-, a^-, c^-A_2O_3基板の比誘電率の精密な測定や面内の誘電率の異方性を検討した.また,その基板を用いてCeO_2バッファー層とYBCO薄膜の成長機構を検討した.
三上 宏, 大嶋 重利, 向田 昌志, 楠 正暢, 相澤 慶二
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   103(20) 29-35   2003年4月
用いた基板の厚みや比誘電率のばらつき,作製プロセスによる共振器長の変化等によりフィルタ特性が劣化してしまった超伝導フィルタの特性を改善する方法として,サファイアロッドトリマーを検討した。サファイアロッドの位置,配置の仕方等を検討し,超伝導フィルタの特性を改善できることを明らかにした。この方法は各共振器に対してトリミングが可能であるため,共振周波数のシフトと合わせて,フィルタ特性の改善にも非常に効果的であることを明らかにした。しかし,フィルタ特性(周波数をシフトさせる調節)を大幅に改善させる...
白川 政信, 渡部 忍, 相澤 慶二, 楠 正暢, 向田 昌志, 大嶋 重利
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   103(20) 1-7   2003年4月
サファイア基板は超伝導マイクロ波デバイスの基板として期待されているが,比誘電率の正確な値やその面内における誘電率の異方性,温度による変化等が明らかにされていない。そこで我々は,空洞共振器法を用いてr-,a-,c-Al_2O_3基板の比誘電率の精密な測定や面内の誘電率の異方性を検討した。また,その基板を用いてCeO_2バツファー層とYBCO薄膜の成長機構を検討した。
三上宏, 大嶋重利, 向田昌志, 楠正暢, 相沢慶二
電子情報通信学会技術研究報告   103(20(SCE2003 1-12)) 29-35   2003年4月
白川政信, 渡部忍, 相沢慶二, 楠正暢, 向田昌志, 大嶋重利
電子情報通信学会技術研究報告   103(20(SCE2003 1-12)) 1-7   2003年4月
向田 昌志, 山嵜 裕弥, 新海 優樹, 楠 正暢, 松本 要, 吉田 隆, 一瀬 中, 堀井 滋, 齊藤 敦, 大嶋 重利
低温工学   38(10) 546-553   2003年10月
Buffer layer materials for growing YBa2Cu3O7−δ thin films on MgO substrates are examined from the viewpoint of YBa2Cu3O7−δ thin-film crystallinity. The buffer layers were grown using an excimer laser. Crystallinity of the buffer layers grown on Mg...
向田昌志, 山崎裕弥, 新海優樹, 楠正暢, 松本要, 吉田隆, 一瀬中, 堀井滋, 斉藤敦
低温工学   38(10) 546-553   2003年10月
橋本 典也, 楠 正暢, 川島 将実, 西川 博昭, 本津 茂樹, 中村 正明
歯科材料・器械   23(5)    2004年9月   [査読有り]
橋本典也, 楠正暢, 川島将実, 西川博昭, 本津茂樹, 中村正明
歯科材料・器械   23(5) 328   2004年9月
本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 樋口裕一, 小澤伸次
紀伊民報AGARAフラッシュニュース      2005年1月
国庫補助のバイオ振興事業(地域結集型共同研究事業:独立行政法人科学技術振興機構:JST)において、歯や牛骨から回収した生体アパタイトを30nm以下の膜状にする技術を用いて人工歯根を開発し、この人工歯根が従来の人工歯根の2倍以上の速さで顎骨に固着することを報じた。
速く固着する人工歯根
本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 樋口裕一, 小澤伸次
紀州新聞平成17年(2005年)1月18日(火)      2005年1月
(財)かわやま産業振興財団が中心となり行っている(独法)科学技術振興機構(JST)の地域結集型共同事業において、近畿大学のグループが従来の人工歯根の2倍以上の速さで固着する人工歯根を開発したことを報じた。
橋本典也, 畑中良太, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 中村正明
歯科材料・器械   24(5) 353   2005年9月
本津 茂樹, 川島 将実, 西川 博昭, 楠 正暢, 速水 尚, 大橋 芳夫, 樋口 裕一, 橋本 典也
バイオマテリアル : 生体材料 : Journal of Japanese Society for Biomaterials   24(5) 353-360   2006年9月
竹原 俊幸, 畑中 良太, 楠 正暢, 西川 博昭, 橋本 典也, 本津 茂樹, 細井 美彦
Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University   18(18) 25-29   2006年9月
現在、組織や臓器の機能修復、疾患治療を目的とした再生医療や細胞移植治療の研究が進められている。それにともなって、移植細胞の実際の足場となる移植基材の研究・開発がなされている。本実験では、生体組織との親和性が高く免疫的拒絶も起こらないハイドロキシアパタイトに注目し、これをコートした基材を用いてハイドロキシアパタイトのES細胞の分化誘導に及ぼす影響を検討した。前臨床試験に有用であると考えられるカニクイザルES細胞株から4つの過程を経て、初期分化構造体(胚様体)及び神経前駆細胞を分化誘導し、後述...
本津茂樹, 川島将実, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 大橋芳夫, 樋口裕一, 橋本典也
バイオマテリアル   24(5) 353-360   2006年10月
楠正暢, 竹島伸生, 高橋龍尚
医科学応用研究財団研究報告   24 49-52   2007年2月
本津茂樹, 大橋芳夫, 樋口裕一, 楠正暢, 西川博昭, 岡崎定司, 小正裕
日本口腔インプラント学会誌   20(1) 84   2007年3月
アナログ応用及び関連技術
楠 正暢
超伝導ニュース   71 10   2007年12月
加速度計付歩数計を用いた身体活動量向上への取組み
小泉大亮, 楠 正暢, 佐々木英夫 入江三枝子 彦坂愛子 竹島伸生
医科学応用研究財団研究報告   27 81-85   2008年2月
橋本典也, 吉川美弘, 浅野弘樹, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 池尾隆, 飴谷彰洋, 吉野和卓, 久保木義徳
日本再生歯科医学会誌   6(1) 56   2008年12月
浅野弘樹, 東郷秀孝, 橋本典也, 楠正暢, 西川博昭, 速水尚, 本津茂樹
再生医療   8 260   2009年2月
橋本典也, 谷中直樹, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 武田昭二
日本再生歯科医学会誌   7(1) 82   2009年12月
小泉大亮, 佐々木英夫, 入江三枝子, 彦坂愛子, 楠正暢, 竹島伸生
医科学応用研究財団研究報告   27 81-85   2010年2月

書籍等出版物

 
油圧マシンを使ったレジスタンストレーニングの理論と実際
メディカルレビュー   2005年   
Porous Metals and Metal Foaming Technology, Addition of Advanced Biocompatibility to a Porous Artificial Root
西川 博昭, 速水 尚, 本津 茂樹, 楠 正暢 (担当:共著)
社団法人 日本金属学会   2006年2月   
3次元的アンカリング効果をもつエンドポアインプラント表面に、レーザアブレーション法で高結晶性のハイドロキシアパタイト薄膜を成膜し、生体親和性の向上を図った。レーザアブレーション時のガス圧を高く設定することでアブレーション化学種とガス分子の衝突・散乱を増加させ、ポア深部への成膜を行なった。得られた試料を動物実験に用いたところ、μCT像によりポア深部への新生骨伝導が認められた(英文)。
持ちつ持たれつ生き物とエレクトロニクス(第2章)
吉川 昭(編集委員長), 浅居 正充, 中桐 紘治, 秋濃 俊郎, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 堀江 和夫 (担当:共著)
(株)電気書院   2006年8月   
キラル媒質を中心とする人工電磁波媒質に関する内容を専門外の読者を対象として平易に解説した。
機能材料, フレキシブルアパタイトシートの作製と歯科応用
本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 吉川 一志 (担当:共著)
シーエムシー出版   2011年4月   
ハイドロキシアパタイト(HAp)は歯や骨の主成分であり、生体適合性に優れているため、これまで人工骨や人工歯根をはじめとするインプラント素材として、広く医療分野に用いられている。しかし、HApはセラミックスであるため柔軟性に乏しく、硬くて脆いという欠点を持っており、これがHApの医療分野での応用の限界を決めていた。我々はHApのみからなる柔軟な極薄HApシートを開発することに成功し、このフレキシブルHApシートの歯科分野への応用を開始したので紹介した。

講演・口頭発表等

 
c 面配向アパタイト結晶膜作製に必要なバッファ層の臨界膜厚
岡田悠希,楠 正暢
第57回日本生体医工学会大会   2018年6月   
c 面配向ハイドロキシアパタイトの結晶性に対するフッ化アパタイトバッファ膜質依存性
岡田悠希,楠 正暢
第39回日本バイオマテリアル学会大会   2017年11月   
ADLの客観評価を目的としたKINECTによる動作測定時の誤差の検討
楠正暢、小濱剛、山田祥史、藤田英二、岡田壮市、前田明、竹島伸生
日本介護福祉・健康づくり学会第5回大会   2017年11月   
アモルファス基板上へのc⾯配向ハイドロキシアパタイト膜作製⽅法の検討
岡田悠希,楠 正暢
⽇本セラミックス協会 第30回秋季シンポジウム   2017年9月   
c面配向ハイドロキシアパタト結晶膜の低温成長に関する検討
常峰知也 , 岡田悠希 , 楠正暢
生体医工学シンポジウム2016   2016年9月17日   
配向制御ハイドロキシアパタイト結晶膜の低温成長に関する検討
常峰知也・岡田悠希・楠正暢
セラミクス協会 第 29 回秋季シンポジウム   2016年9月8日   
キネクトを用いた高齢者における動作評価の再現性について
藤田英二,竹島伸生,小濱剛,楠正暢,岡田壮市, 加藤芳司,成田誠
第71回日本体力医学会大会   2016年9月   
常峰知也, 岡田悠希, 楠正暢
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2016年8月29日   
チタンスパッタ膜を用いたハイブリッド人工骨の開発
田村将一、常峰知也、岡田和真、柿添海登、楠正暢、速水尚
日本真空学会第148回定例研究会   2016年6月1日   
Development of Objective ADL Assessment Particularly in Frail Older Adults Using a Kinect Sensor
the 9th World Congress on Active Ageing   2016年6月   
藤田英二、岡田壮市、小濱剛、楠正暢、長谷川太一、竹島伸生
第70回日本体力医学会   2015年12月1日   
岡田壮市、藤田英二、小濱剛、楠正暢、成田誠、加藤芳司、竹島伸生
第70回日本体力医学会   2015年12月1日   
楠正暢、小濱剛、岡田壮市、藤田英二、竹島伸生
第70回日本体力医学会   2015年12月1日   
竹島伸生、岡田壮市、楠正暢、小濱剛、藤田英二
第70回日本体力医学会   2015年12月1日   
齋藤絢香, 常峰知也, 牧野隆之, 楠正暢, 西川博昭
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2015年11月9日   
齋藤絢香, 常峰知也, 牧野隆之, 楠正暢, 西川博昭
応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2015年8月31日   
牧野隆之, 藤田尚希, 稲垣貴也, 硲石康裕, 浅野克弥, 楠正暢
日本セラミックス協会   2015年3月6日   
小濱剛, 楠正暢, 岡田壮市, 竹島伸生
体力科学   2015年2月1日   
速水尚, 楠正暢, 田村将一, 田村将一, 岡田和真, 岡田和真, 廣川敬康, 渋江唯司, 大政光史
日本設計工学会研究発表講演会講演論文集   2015年   
フッ素濃度と結晶性にグラデーション構造を有するアパタイトシート作製法の検討
牧野隆之,常峰知也,楠正暢
生体医工学シンポジウム2015   2015年   
チタン/プラスチックハイブリッド人工骨への応用を目的としたチタン薄膜の内部応力に関する研究
常峰知也,牧野隆之,楠正暢,速水尚
生体医工学シンポジウム2015   2015年   
藤田尚希, 楠正暢
電気関係学会関西連合大会   2014年11月11日   
硲石康裕, 楠正暢
電気関係学会関西連合大会   2014年11月11日   
本津茂樹, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 保尾謙三, 吉川一志
日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2014年3月7日   
Fabrication of hydroxyapatite thin film with entirely c-plane surface
Masanobu Kusunoki, Yasuhiro Sakoishi, Katsuya Asano, Naoki Fujita, Takayuki Makino and Daisuke Okai
26th European Conference on Biomaterials   2014年   
牧野隆之, 藤田尚希, 楠正暢
日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム   2014年8月25日   
藤田尚希, 牧野隆之, 楠正暢
日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム   2014年8月25日   
小濱 剛, 楠 正暢, 前田侑大, 並河弘樹, 鬼塚将稔, 橋下尚弥, 森本 譲, 西野 誠, 楠本嘉幹, 新 ゆり
第33回医療情報学連合大会   2013年11月20日   
三宅智貴, 伊藤大介, 小谷克己, 楠正暢
電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM)   2013年11月5日   
西垣 勉, 西川 博昭, 楠 正暢
Journal of bio-integration   2013年9月30日   
本津茂樹, 吉川一志, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 山本一世
日本歯科理工学会誌   2013年3月25日   
本津 茂樹, 吉川 一志, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 橋本 典也, 山本 一世
日本歯科理工学会誌   2013年3月25日   
We have successfully created a flexible hydroxyapatite (HAp) sheet of less than a few micrometers, and we have been trying to establish the all-HAp restoration technique for tooth enamel. In this study, we evaluated the re-calcification layer at t...
NISHIKAWA Hiroaki, TANAKA Hidekazu, ENDO Tamio, KUSUNOKI Masanobu, HONTSU Shigeki
Abstr JSAP MRS Jt Symp (CD-ROM)   2013年   
PrBa2Cu3Oyバッファ層を用いた極薄YBa2Cu3Oyの作製
三宅智貴,伊藤大介,小谷克己,楠正暢
電気関係学会関西連合大会   2013年   
小谷克己,三宅智貴,楠正暢
電気関係学会関西連合大会   2013年11月5日   
硲石康裕,井口亮,西川博昭,本津茂樹,速水尚,楠正暢
電気関係学会関西連合大会   2013年11月5日   
藤田尚希,楠正暢
電気関係学会関西連合大会   2013年11月5日   
森田知樹,藤田尚希,楠正暢
電気関係学会関西連合大会   2013年11月5日   
田中秀俊,硲石康裕,楠正暢
電気関係学会関西連合大会   2013年11月5日   
レーザーデポジション法による歯科用アパタイトシート作製技術の 検討
藤田 尚希, 本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢
生体医工学シンポジウム2013   2013年   
液泡対策を目的とした歯科用スルーホールアパタイトシート作製法 の検討
浅野 克弥, 藤田 尚希, 松田 太陽, 本津 茂樹, 西川博昭, 楠 正暢
生体医工学シンポジウム2013   2013年   
アパタイトコート水晶振動子マイクロバランスセンサの平滑表面作 製技術の検討
硲石 康裕, 藤田 尚希, 楠 正暢
生体医工学シンポジウム2013   2013年   
人工骨への応用を目的としたスーパーエンジニアリングプラスチッ クに対する生体親和性の付与
岡田 和真, 楠 正暢, 速水 尚
生体医工学シンポジウム2013   2013年   
細胞/スフェロイドアレイを目的としたアパタイトドット作製法の検討
田村 将一, 浅野 克弥, 藤田 尚希, 楠 正暢
生体医工学シンポジウム2013   2013年   
藤田尚希・松田太陽・森田知樹・西川博昭・本津茂樹・楠正暢
日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム   2013年8月28日   
藤田尚希・西川博昭・本津茂樹・楠正暢
日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム   2013年8月28日   
以西新・松本明子・山本衛・加藤暢宏・西川博昭・楠正暢・本津茂樹・吉川一志
日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム   2013年8月28日   
硲石康裕・藤田尚希・楠正暢
日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム   2013年8月28日   
浅野克弥・田村将一・藤田尚希・楠正暢
日本セラミックス協会 第26回秋季シンポジウム   2013年8月28日   
岡田和真, 藤原孝俊, 楠正暢, 速水尚
日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集   2012年11月26日   
大西真弘, 野中蔵人, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹, 西川博昭
電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM)   2012年11月26日   
中林一世, 野中蔵人, 原崎隆道, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹, 西川博昭
電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM)   2012年11月26日   
Daisuke Ito, Katsumi Kotani, Tomoki Miyake, Hiroaki Nishikawa, Shigeki Hontsu, Masanobu Kusunoki
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   2012年11月26日   
We studied a method to obtain superconductivity even in very thin films of YBa2Cu3Oy (YBCO). These thinner YBCO films will be able to be applied to optics/superconductivity (opt/super) converters with high optical sensitivity. Opt/super converters...
本津茂樹, 吉川一志, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 山本一世
日本歯科理工学会誌   2012年9月25日   
本津 茂樹, 吉川 一志, 以西 新, 山本 衛, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 橋本 典也, 山本 一世
日本歯科理工学会誌   2012年9月25日   
We have fabricated a flexible hydroxyapatite (HAp) using a pulsed laser deposition (PLD) method and a film isolation technique. We adhered the HAp sheet to the dentine surface using a calcium phosphate aqueous in order to apply this sheet to hyper...
本津茂樹, 樋口裕一, 橋本典也, 西川博昭, 楠正暢, 小正裕
バイオインテグレーション学会誌   2012年8月31日   
In vitro response and adhesive strength of titanium and hydroxyapatite bilayer coating on polyetereterketon (PEEK) substrate
T. Hayami, M. Kusunoki, K. Okada, T. Jinno
The 5th International Conference “Biomaterials, Tissue Engineering & Medical Devices”   2012年8月   
本津茂樹, 吉川一志, 松田太陽, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 橋本典也, 山本一世
日本歯科理工学会誌   2012年3月25日   
本津 茂樹, 吉川 一志, 松田 太陽, 加藤 暢宏, 西川 博昭, 楠 正暢, 橋本 典也, 山本 一世
日本歯科理工学会誌   2012年3月25日   
We have succeeded to fabricate flexible hydroxyapatite (HAp) sheet for adhering directly onto tooth and bone surfaces using a pulsed laser deposition method and a film isolation technique. We have investigated a method to regenerate the tooth enam...
Investigation of very thin YBa2Cu3Oy film for the optics / superconductivity converters
D. Itoh, K. Kotani, T.Miyake, H. Nihiskawa, S. Hontsu and M. Kusunoki
International Symposium on Superconductivity (ISS'12)   2012年   
Investigation of etching process parameters on HTS nano-devices
T.Miyake, K. Kotani, D. Itoh, H. Nihiskawa, S. Hontsu and M. Kusunoki
International Symposium on Superconductivity (ISS'12)   2012年   
Fabrication of superconducting nano-wire using YBa2Cu3Oy
K. Kotani, T.Miyake, D. Itoh, H. Nihiskawa, S. Hontsu and M. Kusunoki
International Symposium on Superconductivity (ISS'12)   2012年   
Crystallization Control of Hydroxyapatite Sheet
M. Kusunoki, T. Matsuda, N. Fujita, Y. Sakoishi, R. Iguchi, S. Hontsu, H. Nishikawa, T. Hayami
The 5th International Conference “Biomaterials, Tissue Engineering & Medical Devices”   2012年   
Application of the flexibile hydroxyapatite sheet to artifical enamel
S. Hontsu, N. Katou, E. Yamamoto, M. Kusunoki, H. Nishikawa, T. Hayami, K. Yoshikawa
9th World Biomaterial Congress   2012年   
Adhesive Strength Between Flexible Hydroxyapataite Sheet and Tooth Enamel
E. Yamamoto, N. Kato, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, S. Hontsu
24th Symposium and Annual Meeting of International Society of Ceramics in Medcine (Bioceramics 24)   2012年   
三宅智貴,小谷克己,伊藤大介,西川博昭,本津茂樹,楠正暢
平成24 年電気関係学会関西支部連合大会   2012年11月26日   
小谷克己,三宅智貴,伊藤大介,西川博昭,本津茂樹,楠正暢
平成24 年電気関係学会関西支部連合大会   2012年11月26日   
中島浩之,山脇伸行,西川博昭,本津茂樹,楠正暢
平成24 年電気関係学会関西支部連合大会   2012年11月26日   
硲石康裕,井口亮,楠正暢,橋本典也,西川博昭,本津茂樹,速水尚
平成24 年電気関係学会関西支部連合大会   2012年11月26日   
岡田和真.藤原孝俊,楠正暢,速 尚
平成24 年電気関係学会関西支部連合大会   2012年11月26日   
穴あき極薄アパタイトシートを用いたエナメル質の修復
本津茂樹, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 吉川一志
日本歯科保存学会秋季学術大会(第137回)   2012年   
本津茂樹, 以西新, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 吉川一志
日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012   2012年11月26日   
硲石康裕、井口亮、楠正暢、橋本典也、西川博昭、本津 茂樹、速水尚
日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012   2012年11月26日   
スーパーエンジニアリングプラスチックに対するチタンスパッタ膜の密着強さの評価
岡田和真.藤原孝俊,楠正暢,速 尚
日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012   2012年   
岩城有晃, 丸山敏朗, 楠正暢, 西川博昭, 本津茂樹, 吉川一志
日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム   2012年9月12日   
以西新, 丸山敏朗, 松田太陽, 西川博昭, 楠正暢, 本津茂樹, 吉川一志
日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム   2012年9月12日   
本津茂樹, 吉川一志, 松田太陽, 楠正暢, 丸山敏朗, 山本衛, 加藤暢宏, 西川博昭
日本セラミックス協会年会   2012年3月19日   
H. Nishikawa, R. Yoshikawa, H. Nakajima, M. Kusunoki, T. Hayami, S. Hontsu
24th European Conference on Biomaterials - Annual Conference of the European Society for Biomaterials   2011年12月1日   
吉川亮太, 中島浩之, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹, 西川博昭
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   2011年11月21日   
松田太陽, 井口亮, 西川博昭, 速水尚, 楠正暢, 本津茂樹
電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM)   2011年10月17日   
井谷章也, 川口忠男, 川山巌, 神吉輝夫, 楠正暢, 本津茂樹, 田中秀和, 斗内政吉, 西川博昭
電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM)   2011年10月17日   
森田祐輔, 楠正暢, 本津茂樹, 西川博昭
電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM)   2011年10月17日   
吉川亮太, 中島浩之, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹, 西川博昭
電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM)   2011年10月17日   
井谷章也, 川山巌, 神吉輝夫, 楠正暢, 本津茂樹, 田中秀和, 斗内政吉, 西川博昭
応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2011年8月16日   
吉川亮太, 中島浩之, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 本津茂樹
応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM)   2011年3月9日   
Regeneration of tooth enamel by flexible hydroxyapatite shee
S. Hontsu, N. Katou, E. Yamamoto, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, K. Yoshikawa
23rd Symposium and Annual Meetin of International Society for Ceramics in Medicine (Bioceramics 23)   2011年   
Fabrication of Fluoridated Hydroxyapatite Thin Film and Sheet by Pulsed Laser Deposition Technique
S. Hontsu, N. Katou, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, Y. Hashimoto
11th Asian Bio Ceramics Symposium   2011年   
Fabrication of Flexible Fluoridated Hydroxyapatite Sheet by Pulsed Laser Deposition Technique
S. Hontsu, H. Nishikawa, M. Kusunoki, T. Hayami, Y. Hashimoto
The 3rd Asian Biomaterials Congress   2011年   
伊藤大介,三宅智貴,小谷克己,高橋晋也,西川博昭,楠正暢,本津茂樹
平成23 年電気関係学会関西支部連合大会   2011年10月17日   
中島浩之 西川博昭 楠正暢 本津茂樹
平成23 年電気関係学会関西支部連合大会   2011年10月17日   
アパタイトシートの高効率作製システムの開発
松田太陽 井口亮 西川 博昭 速水尚 楠正暢 本津茂樹
平成23 年電気関係学会関西支部連合大会   2011年   
3次元培養足場での神経細胞挙動と足場サイズの関係
中島浩之,楠正暢,西川博昭,本津茂樹
生体医工学シンポジウム2011   2011年   
LaFeO3/SrTiO3-δの電気・磁気特性
井谷章也,川山巌,神吉輝夫,楠正暢,本津茂樹,田中秀和,斗内政吉,西川博昭1
第72回応用物理学会学術講演会   2011年   
森田祐輔,楠正暢,本津茂樹,西川博昭
第72回応用物理学会学術講演会   2011年8月16日   
吉川亮太,中島浩之,楠正暢,速水 尚,本津茂樹,西川博昭
第72回応用物理学会学術講演会   2011年8月16日   
パルスレーザー堆積法によって作製されるハイドロキシアパタイト薄膜の高品質化
吉川亮太,中島浩之,楠正暢,速水尚,本津茂樹,西川博昭
日本バイオマテリアル学会第6回関西若手研究発表会   2011年   
3次元格子構造を持つスキャフォールドの格子間隔と神経細胞の挙動の関係
中島浩之,楠正暢,西川博昭,本津茂樹
日本バイオマテリアル学会第6回関西若手研究発表会   2011年   
3インチウエハーサイズのハイドロキシアパタイトシートの作製
松田太陽,末廣隼也,西川博昭,速水尚,楠正暢,本津茂樹
日本バイオマテリアル学会第6回関西若手研究発表会   2011年   
大面積アパタイトシートのシート面内均一性の評価
松田太陽,末廣隼也,西川博昭,速水尚,楠正暢,本津茂樹
第6回日本セラミクス協会関西支部各術講演会   2011年   
本津茂樹, 丸山敏朗, 加藤暢宏, 西川博昭, 楠正暢, 速水尚, 橋本典也
第33回日本バイオマテリアル学会大会   2011年11月21日   

Works

 
大面積超伝導薄膜の表面抵抗評価
2000年
超伝導アンテナの研究
2001年
移動体通信基地局用低損失高温超伝導薄膜の作製とその周辺機器の実用化②
2002年
走査型表面抵抗測定装置の開発
2001年
マイクロ波超伝導セキュリティーシステム
2000年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 楠 正暢
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 速水 尚
本研究の新奇性のひとつは、3Dプリンタを用いてエンジニアリングプラスチック(EP)製ヒト海綿骨を作製することである。H25年度、3Dプリンタを用いた製造技術が世界で脚光を浴び、経済産業省が各種企業等へ導入奨励したのは周知である。本研究はこの影響を受け、外注先に突然多数の加工が発注されたため人工骨の納期が遅延した。一方、本研究課題がこのような世情を的確に捉えていたことを実感した年でもあった。H24年度の予備的研究を本実験に移して実施し、公表可能な成果を得て一部を発表した。また、H24年度の射...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 楠 正暢
本研究はシート状のアパタイトを歯質表面に貼り付けることにより、齲蝕の防止ができる歯科用新素材開発を大目標としており、当研究助成期間内には「フッ素含有率・結晶性傾斜型F-Ap/H-Apシート」を開発することまでを目的としている。ここで、F-Apはフッ化アパタイト[Ca10(PO4)6F2]、H-Apはハイドロキシアパタイト[Ca10(PO4)6(OH)2]の意味であり、表面に耐酸性が強く齲蝕しにくい高結晶性F-Ap、裏面に歯質と結合しやすい低結晶性H-Apの構造を有する歯科治療・予防用素材を...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 速水 尚
関節軟骨の病変部だけを人工軟骨に置換するための材料開発とそれを骨組織に永続的に固定する方法を研究した。人工軟骨であるポリビニールゲルが生体軟骨と摩擦する面は生体不活性、骨との接触面は強く接着できる部位選択組織融合型接着方法を研究した。接着層としてハイドロキシアパタイト積層超薄膜(厚さ350nm)を利用することとし、ゲルとアパタイト薄膜の生体適合性ならびに材料学的・力学的特性の向上方法を検索した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 楠 正暢
量子暗号通信のキーデバイスである単一光子検出器として、高温超伝導体でナノワイヤーを実現するための要素技術についての研究を行った。高温超伝導材料にはYBa_2Cu_3O_y(YBCO)を用いて実験を行い、Pt/Auのキャップ層を持つYBCO膜で、250回折り返された、全長約25mm、幅200nmのメアンダ型ナノワイヤーを100×100μm四方の領域に形成できることを示した。また、YBCOエッチング時に試料ステージを液体窒素冷却することにより、プラズマ衝撃による劣化の影響を抑制し、幅200nm...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 本津 茂樹
レーザーアブレーション法によるハイドロキシアパタイト(HAp)と生体アパタイト(BAp)の薄膜化および積層化技術と、シート化技術を用いて、治療部位に整合した生体活性を有する骨誘導再生用BApメンブレン(BApGBR)と生体内安定性と生体活性を併せ持つ複合機能2層(BAp/HAp)インプラントを作製した。薄膜および積層膜の評価は化学的、物理的、分子生物学的特性について行った。また、BApGBRメンブレンと新規複合機能インプラントの臨床模擬試験を、イヌ下顎歯槽骨および大腿骨欠損モデル埋入試験を...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 楠 正暢
サブテラヘルツ領域で動作する集積回路として注目されている、単一磁束量子(SFQ)回路の光出力インターフェースの基本素子として、高温超伝導ナノブリッジの作製プロセスの開発を行った。数100nm程度のスケールを有する高温超伝導ナノブリッジを用いた微小ループを基本構造とし、そこに閉じ込めたSFQを磁気光学効果により検出するデバイスを想定し、その作製法を検討した。さらにナノブリッジを光入力デバイスとして動作させることも試み、その光応答を確認した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 橋本 典也
水晶振動子マイクロバランス(以下QCMと記す.)法は,振動子の振動数が液体,気体などの媒質中の含有物,微粒子の化学物質の吸着量に応じた変化に基づいてホストを発振子上に固定すればゲストの吸着量をナノレベルで検出出来る.本研究ではその原理を利用して,歯科に特化したオリジナルなセンサを創製することを目的とする.薄膜チタンの細胞適合性評価:Na, Mg, K, Zn等の微量元素を含む牛大腿骨を原料とした生体アパタイトバルク体を作製し,レーザーアブレーションを行うことによってチタン基板上に同薄膜を作...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 竹島 伸生
本研究は,地域在住高齢者の機能的自立と健康づくりを支援するためにITを導入した運動方法システムの構築を目指すことが目標であった。施設または集中型運動方法としては,これまでにwell-rounded exerciseおよびresistance exerciseの機器として油圧マシンを改良し,筋力,筋パワーを瞬時に測定し,評価できるシステムを開発した。特に地域に居住しているが介護保険を利用する虚弱高齢者においての体力評価または運動効果の評価までを可能にするシステムができ有効なものとみられた。加...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 楠 正暢
移動体通信基地局用超伝導フィルタの産業化に先立ち、母材となる高温超伝導薄膜の高周波表面抵抗測定・検査技術に関しての研究を行った。初年度、(1)「導体損<<誘電損となりQ値が誘電損でほぼ決定されてしまうこと」、(2)「Qが10^6〜10^7にも達し、微弱ノイズなどによる測定誤差が無視できなくなること」など、従来の標準測定法が抱える問題点を明らかにし、測定周波数をミリ波領域に高めることでこれらが解決できることを理論的・実験的に示した。最終年度となる本年は、さらに高精度測定を行うことを目的に、共...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1999年 - 1999年    代表者: 楠 正暢
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 大嶋 重利
超伝導フィルタ、アンテナに関して、ドイツ ブッパタール大学のProf.Heintz Chaloupkaと共同研究を行い、次の様な成果を得ている。1. 平成9年度楠 正暢助手がProf.Heintz Chaloupkaの研究室に3週間滞在し、超伝導フィルタの設計・試作に関して共同研究を行ってきた。山形大学では高温超伝導薄膜(YBa_2Cu_3O_7-δ)の作製とその評価、超伝導フィルタの設計について主に研究し、ドイツ ブッパタール大学では、超伝導フィルタの設計・試作・評価を主に研究した。2....
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1995年 - 1997年    代表者: 大嶋 重利
サブミリ波超伝導アレーアンテナの試作に関して、次の4点を重点的に検討し成果を得た。1.マイクロ波〜ミリ波帯で動作するパッチアンテナの設計法の確立マイクロ波帯で動作するアンテナの設計法をまず検討した。アンテナを設計する手法は、伝送線路モデルおよび市販の電磁界解析ソフトを用いて行った。共振周波数5GHz、入力インピーダンス50オームとなるパッチアンテナを設計し、その設計に基づき銅薄膜のアンテナを試作し、伝送線路モデルの有効性を確認した。2.超伝導アンテナの設計、試作、評価YBCO薄膜を用いてパ...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 1995年 - 1997年    代表者: 大嶋 重利
スーパーゲイン小形超伝導アンテナに関して、次の4点を重点的に検討し成果を得た。1.マイクロ波帯で動作するパッチアンテナの設計法の確立マイクロ波帯で動作するアンテナを伝送線路モデルおよび市販の電磁界解析ソフトを用いて行った。共振周波数5GHz、入力インピーダンス50オームとなるパッチアンテナを設計し、その設計に基づき銅薄膜のアンテナを試作し、伝送線路モデルの有効性を確認した。2.超伝導アンテナの設計、試作、評価YBCO薄膜を用いてパッチアンテナを試作し、アンテナ特性を評価した。その結果、共振...

特許

 
楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 硲石 康裕
本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 吉川 一志, 山本 一世
本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 吉川 一志, 山本 一世
本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 畑中 良太
本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 橋本 典也, 山田 泉
本津 茂樹, 速水 尚, 西川 博昭, 楠 正暢, 川島 将実
特願2004-327663
楠 正暢, 原田 啓太郎, 横尾 政好, 高野 祥暢
本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢
特願2004-127340
アシナラヤナン,スンダレサン, 田中 康資, 大嶋 重利, 楠 正暢
楠 正暢, 西川 博昭, 本津 茂樹, 硲谷 康裕
本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 吉川 一志, 山本 一世
本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 吉川 一志, 山本 一世
本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 三舩 英雄
本津 茂樹, 西川 博昭, 楠 正暢, 畑中 良太
本津 茂樹, 楠 正暢, 西川 博昭, 橋本 典也, 山田 泉
本津 茂樹, 速水 尚, 西川 博昭, 楠 正暢, 川島 将実
楠 正暢, 原田 啓太郎, 横尾 政好, 高野 祥暢
楠 正暢, 原田 啓太郎, 横尾 政好, 高野 祥暢
楠 正暢, 原田 啓太郎, 横尾 政好, 高野 祥暢
アシナラヤナン,スンダレサン, 田中 康資, 大嶋 重利, 楠 正暢
楠 正暢, 原田 啓太郎, 高野 祥暢, 横尾 政好