YAMASHITA Shuichi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 11, 2018 at 03:58
 
Avatar
Name
YAMASHITA Shuichi
Affiliation
Chiba University
Section
Faculty of Education
Job title
Chiba University
Degree
M.A.

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
2004
Young Researcher Prize(Japan Society for Science Education)
 

Misc

 
芳賀 瑞希, 野村 純, 谷 恭子, 山野 芳昭, 大嶌 竜午, サプト アシャディアント, 馬場 智子, 飯塚 正明, 伊藤 葉子, 梅田 克樹, 加藤 徹也, 小宮山 伴与志, 下永田 修二, 白川 健, 杉田 克生, 髙木 啓, 辻 耕治, 土田 雄一, 林 英子, 藤田 剛志, ホーン ベヴァリー, 山下 修一, 大和 政秀, 米田 千恵
千葉大学教育学部研究紀要   66(2) 133-137   Mar 2018
[要約] ツインクルプログラムは日本とASEAN諸国での双方向型教員インターンシッププログラムとして平成24年から開始し,発展してきた。本報告では,プログラムの年度ごとの改変によりASEAN諸国の留学生の学びがどのように変化したかを,学生のレポートの記述をもとにテキストマイニングにより解析し,検討した。この結果,各年度とも「TWINCLE program」,「laboratory course work」,「culture」など,プログラムおよび活動内容を示す言葉がカテゴリとして抽出される...
NOMURA Jun, YAMATO Masahide, YONEDA Chie, HAGA Mizuki, TANI Kyoko, FUJITA Takeshi, KATO Tetsuya, YAMASHITA Shuichi, OSHIMA Ryugo, TSUJI Koji, HAYASHI Hideko
Journal of Science Education in Japan   42(2) 112-119   2018
<p>Chiba University has carried out a student exchange program called "Twin college envoys (TWINCLE)" as part of Japan's re-inventory project with the support of MEXT since 2012. The TWINCLE program has 12 partner universities in 5 ASEAN countries...
渡部 悠介, 山下 修一
千葉大学教育学部研究紀要   66(1) 255-560   Dec 2017
[要約] 本研究の目的は,研究対象校の課題である知識の活用力を育成することである。具体的には,小学校第5学年「植物の結実」において,問題解決の場で既習の知識を活用して思考と表現する場を意図的に行う授業を開発,実践し,その有効性を検証した。思考する場では,考えの依りどころとなる単元のコアとなる知識(以下,コア知識)を明確にし,コア知識を活用して考えるように単元構成をした。表現する場では,一人一人が自分の考えを必ず述べるグループコミュニケーション活動を取り入れ,話し合いや説明活動を行った。さら...
佐久間 祐太, 山下 修一
千葉大学教育学部研究紀要   66(1) 369-377   Dec 2017
[要約] 小学校教員に対する調査を実施したところ,「日光とでんぷん」「だ液のはたらき」に関する実験を困難だと考える教員の割合が高かった。教科書を分析すると,様々な方法が取られており,これらの実験の方法は確立していない。また,植物・動物体内の養分の移り変わりについては発展扱いで,児童は養分が移り変わることを十分に理解できていない。そこで,小学校第6学年を対象にして,植物のはたらきを養分の移り変わりから発芽・成長・結実まで一貫した説明を行うための授業,中学校第2学年を対象に,植物と動物のはたら...
柴田 道世, 山下 修一
千葉大学教育学部研究紀要   65 15-20   Mar 2017
[要約] 本研究では,モデルと他者との対話を通じて,月と金星の満ち欠けを理解させることを目的として実施した。公立中学校3年生3クラス84名を対象にして,月と金星の満ち欠けの学習において,新たに開発した一人一モデルを操作させ,月や金星の見え方について他者に説明させる授業を展開した。開発したモデルは,部品の配置を換えることにより,月の満ち欠けと金星の満ち欠けの両方を調べることができるマルチ説明器である。生徒は,モデルを操作する中で月や金星の見え方が変化することを見出し,モデルを媒介にして見出し...