永田 知里

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 03:06
 
アバター
研究者氏名
永田 知里
 
ナガタ チサト
所属
岐阜大学
部署
医学系研究科 医科学専攻 腫瘍制御学講座 疫学・予防医学分野
職名
教授
学位
博士(医学)(岐阜大学)
その他の所属
医学系研究科連合創薬医療情報研究科

プロフィール

がん疫学/乳がんの疫学/栄養疫学/食習慣と生活習慣病

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
2015年
岐阜大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
 
 
   
 
岐阜大学 大学院医学研究科 疫学・予防医学分野 助教授
 
1996年7月
 - 
2004年12月
岐阜大学医学部
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1994年3月
岐阜大学 医学研究科 
 
1982年4月
 - 
1988年3月
岐阜大学 医学部 
 
1978年4月
 - 
1982年3月
東京大学 理学部 
 

論文

 
Association of blood pressure with intake of soy products and other food groups in Japanese men and women.
Nagata C(Epidemiology and Preventive Medicine)
Precv Med   36 692-697   2003年1月
The impact of changes in marital status on the mortality of elderly Japanese.
Nagata C(Epidemiology and Prevebtive Medicine),Takatsuka N(Medical Economics)
Ann Epidemiol.   13 218-222   2003年1月
A comparison of dietary habits among women in Japan and Hawaii.
Nagata C(Epidemiology and Preventive Medicine)
Public Health Nutr.   7 319-326   2003年1月
Dietary soy and fats in relation to serum insulin-like growth factor-1 and insulin-like growth factor binding protein-3 levels in premenopausal Japanese women.
Nagata C(Epidemiology and Preventive Medicine)
Public Health Nutr.   7 319-326   2003年1月
HPV感染と子宮頸がん
永田 知里(疫学・予防医学分野)
癌の臨床   49 27-33   2003年1月

Misc

 
Yumie Takata, Gertraud Maskarinec, Adrian Franke, Chisato Nagata, Hiroyuki Shimizu
Public Health Nutrition   7 319-326
Objective: To compare the dietary habits of Japanese women in Japan with those of Japanese and Caucasian women living in Hawaii. Design: Data from two previous cross-sectional studies conducted within two years in Hawaii and Gifu, Japan were poole...
C. Nagata, N. Takatsuka, N. Kawakami, H. Shimizu
British Journal of Cancer   87 31-36
The relationship between intake of soy products and death from stomach cancer was examined in a community-based prospective study of Japanese men and women in Takayama, Japan. Over 7 years of follow-up, 121 deaths from stomach cancer (81 men and 4...
S. Oba, S. Oba, E. Suzuki, E. Suzuki, E. Suzuki, M. Yamamoto, M. Yamamoto, Y. Horikawa, C. Nagata, J. Takeda, K. Adachi, K. Chimori, Y. Morimoto, Y. Kimata, H. Hayashi, M. Ishii, M. Izai, K. Kamikubo, Y. Kanoh, T. Kojima, T. Komaki, J. Kosaka, H. Maekawa, M. Murayama, E. Suzuki, K. Yoshino, M. Matsuda, I. Matsui, S. Ozeki, S. Sakata, H. Sarui, N. Takeda, M. Sugimoto, R. Totani, H. Wada, Y. Wada, M. Yokoyama, M. Araki, E. Goshima, H. Daido, K. Nagai, K. Fushimi, M. Kitada, M. Hayashi, T. Imai, N. Kojima, M. Sato, H. Murase, T. Nagashima, N. Noritake, Y. Noda, K. Ohmae
Diabetes and Metabolism   41 160-167   2016年1月
© 2014 Elsevier Masson SAS. Aim: Several studies have suggested that cigarette-smoking affects insulin sensitivity in Western populations. The present study evaluated glucose tolerance, pancreatic β-cell function and insulin sensitivity in relatio...
Chisato Nagata, Tetsuya Mizoue, Keitaro Tanaka, Ichiro Tsuji, Kenji Wakai, Manami Inoue, Shoichiro Tsugane
Japanese Journal of Clinical Oncology   37 568-574   2007年8月
Background: We reviewed epidemiological studies on alcohol drinking and breast cancer among the Japanese population. This report is one among a series of articles by our research group evaluating the existing evidence concerning the association be...
Tetsuya Mizoue, Manami Inoue, Kenji Wakai, Chisato Nagata, Taichi Shimazu, Ichiro Tsuji, Tetsuya Otani, Keitaro Tanaka, Keitaro Matsuo, Akiko Tamakoshi, Shizuka Sasazuki, Shoichiro Tsugane
American journal of epidemiology   167 1397-1406
Colorectal cancer is an alcohol-related malignancy; however, the association appears to be stronger among Asian populations with a relatively high prevalence of the slow-metabolizing aldehyde dehydrogenase variant. To examine the association betwe...

書籍等出版物

 
EBN入門 生活習慣病を理解するために
第一出版   2000年   

講演・口頭発表等

 
第57日本栄養・食糧学会
永田 知里(疫学・予防医学分野)
2003年1月   
第62回日本癌学会
永田 知里(疫学・予防医学分野)
2003年1月   
第58日本栄養・食糧学会
永田 知里(疫学・予防医学分野)
2004年1月   
6th International Symposium on the Role of Soy in Preventing and Treating Chronic Disease, SpecialOne-Day Symposium, Effects of soy on growth and development; how much do we know?
永田 知里(疫学・予防医学分野)
2005年1月   
The 36th International Symposium of the Princess Takamatsu Cancer Research Fund, Developments in Cancer Epidemiology-Prospects for Cancer Control in the Asian Pacific
永田 知里(疫学・予防医学分野)
2005年1月   

担当経験のある科目

 

Works

 
Planning a Hawaii/Japan mammographic density study
1999年 - 2001年
Breast density, IGF-1 & prolactin in four populations
2003年
イソフラボン摂取と乳がんとの関連について
1999年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 永田 知里
栄養摂取、特に大豆製品およびイソフラボン摂取に注目し、癌、心血管障害死亡との関連性を評価した。対象は高山スタディ参加者である。1992年9月、高山市の35歳以上の住民約3万人(回答率約90%)が栄養と生活習慣に関する調査に回答し、コホートが設立された。大豆製品、イソフラボンその他の栄養素摂取量は169品目について過去1年における摂取頻度と1回の摂取量を尋ねる調査票を用い推定した。1992年より1999年末までの追跡期間における研究参加者の死亡と死因は、総務庁の許可を得たのち、人口動態統計デ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 永田 知里
数多くの実験研究より、大豆にふくまれるイソフラボンにエストロゲン様作用のあることが知られている。エストロゲンが、皮膚の老化の進行を遅らせたり、骨粗鬆症を予防する働きがあるとされているため、生物学的にはイソフラボンを多く含む大豆製品の摂取も同様に作用することが期待される。本研究は、横断研究のデザインで大豆イソフラボン摂取と骨密度、皮膚の水分・油分、弾性などの測定値との関連性を調べることを目的とした。閉経後女性を対象とした調査では、血清エストロゲンが骨密度と統計的に有意な正の関連性を示したが、...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 永田 知里
エクオール産生能の規定因子を明らかにするため,尿中エクオール排出と食習慣を中心とした生活環境因子との関連性を評価した。対象は乳がんのケース・コントロール研究参加者の内コントロール424名である。生活習慣に関する質問票および食物摂取頻度調査票により回答を得た。午後2時に部分尿を採取し,尿中ダイゼイン,ゲニスタイン,エクオール,クレアチニンを測定した。エクオールの先駆物質であるダイゼインは大豆食品に含まれるが,soy challenge testを行っていない状態では,エクオール産生能を有して...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 永田 知里
一般閉経後女性88名より婚姻状態、体格、喫煙、飲酒、栄養摂取、運動、月経・生殖歴等の生活習慣に関する情報を得た。栄養の評価は、169品目を含む食物摂取頻度調査票を用いた26主要栄養素、各食品群の摂取量推定による。また植物エストロゲンを含む大豆製品にも注目し、その総摂取量、イソフラボン摂取量の推定も可能とした。血清エストロゲン値と生活習慣の関連、またインスリン抵抗性はこの関連の交絡または修飾因子であるかについて解析をおこなった。空腹時インスリン値とHOMA-Rをインスリン抵抗性の指標として用...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 永田 知里
本研究は、各種アミノ酸やDNAメチル化に関与するメチオニン、葉酸、ビタミンB6、B12の食事からの摂取推定を可能とし、がん罹患との関連性を一般住民における前向き研究のデザインで評価することを目的としている。前年度では、岐阜県のがん登録および高山市医師会の飛騨がん登録より、高山市に1992年に開始されたコホート(高山コホート)内におけるがん罹患データを得たが、コホート内における死亡者、転居者の情報が把握出来ず、本年度、高山市での住民票閲覧、除票情報の提供、法務局への戸籍閲覧などを依頼した。未...

社会貢献活動

 
千葉県女性の健康に関する疫学調査検討会委員
【】  2003年4月1日
岐阜県建築審査会委員
【】  2003年6月1日
岐阜市保健医療審議会委員
【】  2003年8月1日
岐阜県成人病検診管理指導協議会がん登録評価部会委員
【】  2003年11月1日
乳腺の密度が高いと発ガン率3~4倍
【】  朝日新聞  朝日新聞  2004年10月1日