大熊 繁

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/11 00:00
 
アバター
研究者氏名
大熊 繁
 
オオクマ シゲル
所属
旧所属 名古屋大学 大学院工学研究科 電子情報システム専攻
職名
教授,室長
学位
修士(工学)(Master of Eng)(名古屋大学), 修士(工学)(Master of Eng)(ケース・ウエスタン・リザーブ大学), 博士(工学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1977年
 - 
1979年
 名古屋大学助手
 
1979年
 - 
1984年
 名古屋大学講師
 
1984年
 - 
1990年
 名古屋大学助教授
 
1990年
   
 
- 教授
 

学歴

 
 
 - 
1977年
名古屋大学 工学研究科 電気工学・電気工学第2及び電子工学専攻
 
 
 - 
1972年
名古屋大学 工学研究科 電気工学・電気工学第2及び電子工学専攻
 
 
 - 
1970年
名古屋大学 工学部 電気学科
 

委員歴

 
2006年
   
 
電気学会  東海支部長
 
2003年
 - 
2004年
米国電気電子学会  名古屋支部長
 
1996年
 - 
1997年
計測自動制御学会  事業委員
 
2007年
   
 
日本ロボット学会  評議員
 

受賞

 
2006年
電気学会論文賞
 
2003年
ファナックFAロボット財団論文賞
 
1995年
電気学会論文賞
 
1994年
精密工学会論文賞
 
1992年
IEEE IECON Best Paper Award (米国電気電子学会 産業電子部門年次大会最優秀論文賞)
 

Misc

 
道木 慎二, 伊藤 悠二, 大熊 繁
日本神経回路学会誌   15(1) 39-47   2008年
矢野 良和, 前本 啓貴, 大熊 繁
電気学会論文誌C   127(3) 345-352   2007年
大熊 繁, 寺谷 達夫, 道木 慎二
電気学会論文誌D   127(2) 98-101   2007年
佐藤光彦, 金子清一, 冨田睦雄, 道木慎二, 大熊繁
電気学会論文誌D   127(1) 60-68   2007年
残間忠直, 福田純一, 道木慎二, 石田宗秋, 大熊繁, 松本敬史, 西森英二
電気学会論文誌C   127(2) 264-273   2007年

書籍等出版物

 
シンクロナスリラクタンスモータの磁束鎖交数を用いたインダクタンス算定法とモデル化の提案
電気学会論文誌D   2007年   
ロボット制御
オーム社   1998年   
ロボット制御入門
オーム社   1984年   

Works

 
カーエアコン用モータ駆動に関する研究
2006年
ハイブリッド自動車用モータ駆動に関する研究
2006年
エアコン用モータ駆動に関する研究
2006年

競争的資金等の研究課題

 
創発型ソフトコンピュ-タ
ロボット制御
研究期間: 1979年   
モータ制御
研究期間: 1979年   

特許

 
電動機の回転子
3688396
電動機
3747107
永久磁石形電動機の回転子
2000-050546
永久磁石形電動機の回転子
2000-102202
永久磁石回転子
2000-184640