平原 和朗

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/20 17:32
 
アバター
研究者氏名
平原 和朗
 
ヒラハラ カズロウ
所属
京都大学
部署
大学院理学研究科
職名
教授
学位
理学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年
京都大学 理学研究科 地球物理学
 
 
 - 
1975年
京都大学 理学部 地球物理学
 

委員歴

 
1997年
   
 
日本地震学会  評議員
 
1996年
   
 
日本測地学会  評議員
 

論文

 
Geophysical Journal International   206 114-129   2016年   [査読有り]
H行列法を用いた大規模準動的地震発生サイクルシミュレーション
大谷 真紀子・平原 和朗
計算数理工学レビュー   2015-1 29-48   2015年3月   [招待有り]
Yamagiwa1, S., S. Miyazaki, K. Hirahara, and Y. Fukahata
Geophysical Research Letter   42 66-73   2015年   [査読有り]
Agata, R., T. Ichimura1, K. Hirahara, M. Hyodo, T. Hori, and M. Hori,
Procedia Computer Science   29 877-887   2014年   [査読有り]
Ohtani, M., K. Hirahara, T. Hori, and M. Hyodo
Geophysical Research Letter   41 1899-1906   2014年   [査読有り]
2011年東北地方太平洋沖地震Mw9.0:概要
平原和朗・澁谷拓郎
自然災害科学, 31-1, 3-22      2012年
加納将行・宮崎真一・伊藤耕介・平原和朗
地震、2, 63, 57-69,      2010年   [査読有り]
レシーバ関数解析による地震波速度不連続構造
澁谷拓郎・平原和朗・上野友岳
地震. 2輯   61 S199-S207   2009年7月   [査読有り]
光井能麻;堀高峰;宮崎真一;平原和朗;金田義行
地震   61(4) 149-159   2009年5月   [査読有り]
New research project for evaluating seismic linkage around the Nankai Trough –Integration of observation, simulation, and disaster mitigation–
Kaneda, Y., K. K. Hirahara, and T. Furumura
Journal of Disaster Research, 4, 61-66      2009年   [査読有り]
3次元不均質粘弾性媒質中の断層系における大規模地震サイクルシミュレーション実現に向けて
堀高峰・兵藤守・平原和朗
物理探査 = BUTSURI-TANSA Geophysical Exploration   57(6) 639-649   2004年12月   [査読有り]
田中寅夫,細 善信,原田昌武,林 泰一,モウサ・アシュラフ,平原和朗
測地学会誌   50(2) 67-79   2004年   [査読有り]
Three-dimensional S-wave velocity structure beneath the Japan Islands - configuration of the subducting slab
Y. Yamanaka; T. Miyatake; K. Hirahara
Bulletin - Earthquake Research Institute, University of Tokyo   67(3) 265-302   1992年   [査読有り]
平原 和朗
地震   43(2) 291-306   1990年6月   [査読有り]

Misc

 
活断層の構造と動き、すべり続ける跡津川断層の総合研究、 GPS 観測から断層の動きを追う
平原和朗,安藤雅孝,細 善信,和田安男,中野健秀
月刊地球    No.3(Vol.20) 149-154   1998年
中央構造線トラバース GPS 稠密観測−断層の深部構造とすべり分布を探る−
田部井隆雄,橋本 学,細 善信,田中寅夫,木股文昭,平原和朗,松島 健,加藤照之,中尾 茂,宮崎真一,越智久巳一,鷺谷 威,日置幸介
日本測地学会第92回講演会要旨   179-180   1999年
中国大陸下の最下部マントルにおける不均質分布
澁谷拓郎,鬼頭 直,平原和朗
月刊地球   466-470   2001年
地震波干渉法の応用による地殻構造モニタリングの試み(2) ~新潟県中越沖地震前後の変化~
大見士朗,平原和朗
日本地震学会講演予稿集2007年度秋季大会      2007年
Passive Image Interferometryによって検出された2007年能登半島地震震源域における急激な地震波速度低下領域
大見士朗,平原和朗
日本地球惑星科学連合2008年大会      2008年

競争的資金等の研究課題

 
日本列島における地震発生サイクルのモデリング  -特に南海トラフ巨大地震発生サイクルシミュレーションー
レシーバ関数による日本列島下の地数・上部マントル地震波不進後面の研究