伊賀 文俊

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/01 03:02
 
アバター
研究者氏名
伊賀 文俊
 
イガ フミトシ
所属
茨城大学
部署
理工学研究科(理学野)物理学領域
職名
教授
学位
理学博士(東北大学)
その他の所属
茨城大学茨城大学
科研費研究者番号
60192473

プロフィール

(教員からのメッセージ)
物質開発とその磁性を中心とする種々の物性探索を主たる研究としています。磁性を帯びやすい元素である希土類や遷移金属の新たなホウ化物,酸化物を作り出し,またそれらの純良単結晶を育成して,最先端の面白い現象(重い電子,強相関半導体,新奇な秩序,トポロジカル近藤絶縁体、絶縁体相での量子振動現象解明、金属-非金属転移等)を探っています。また最近では,超高圧合成の手法により,地上では作れない物質の新規開発も進めています。本学の周囲には中性子や放射光等のビーム施設以外に強磁場,長高圧力を扱う高度な研究施設が多数存在しており,これらの機関との共同研究を推進しながら,世界トップレベルの研究を行なっていきます。また国内外の研究機関とも多くの共同研究を進め物性物理に貢献していきます。

研究分野

 
 

経歴

 
1987年4月
 - 
1989年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC)
 
1989年4月
 - 
1994年3月
通商産業省(現経済産業省)工業技術院電子技術総合研究所 電子基礎部電子物性研究室  研究員
 
1994年4月
 - 
1996年3月
通商産業省 工業技術院電子技術総合研究所(現産業技術総合研究所)  電子基礎部電子物性研究室 主任研究員
 
1995年4月
 - 
1995年9月
通商産業省工業技術院  超伝導開発プロジェクト(フェーズ2) 開発官付
 
1995年10月
 - 
1996年3月
電子技術総合研究所 帰任
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1989年3月
東北大学 理学研究科 物理学第2専攻
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
2019年3月
大学院理工学研究科量子線科学専攻  運営委員会委員
 
2017年8月
 - 
2017年12月
量子線科学専攻  国際シンポジウム実行委員会実行委員長
 
2017年3月
 - 
2019年3月
日本物理学会  日本物理学会第73~74期代議員
 
2015年10月
 - 
2017年9月
物性グループ  物性委員会幹事
 

論文

 
Y. Sato, Z. Xiang, Y. Kasahara, T. Taniguchi, S. Kasahara, L. Chen, T. Asaba, C. Tinsman, H. Murayama, O. Tanaka, Y. Mizukami, T. Shibauchi, F. Iga, J. Singleton, Lu Li & Y. Matsuda
Nature Physics   S41567(019) 0552(1)-0552(7)   2019年7月   [査読有り]
Quantum oscillations in transport and thermodynamic parameters at high magnetic fields are an unambiguous signature of the Fermi surface, the defining characteristic of a metal. Recent observations of quantum oscillations in insulating SmB6 and Yb...
Yoshiyuki Ohtsubo 1,2, Yuki Yamashita2, Kenta Hagiwara2, Shin-ichiro Ideta3, Kiyohisa Tanaka 3, Ryu Yukawa 4, Koji Horiba4, Hiroshi Kumigashira4,7, Koji Miyamoto5, Taichi Okuda 5, Wataru Hirano6, Fumitoshi Iga6 & Shin-ichi Kimura 1,2
Nature communications   10 2298(1)-298(7)   2019年5月   [査読有り]
The peculiar metallic electronic states observed in the Kondo insulator, samarium hexaboride (SmB6), has stimulated considerable attention among those studying non-trivial electronic phenomena. However, experimental studies of these states have le...
Wataru MATSUHRA1, Keisei YOKOMICHI1, Wataru HIRANO1, Shoya KIKUCHI1, Naoyuki UEMATSU1, Hiroyuki NAKAYAMA1, Akihiro KONDO2, Koichi KINDO2, and Fumitoshi IGA1,3*
JPS Conference proceedings   25 011016(1)-011016(8)   2019年3月   [査読有り]
It has been recently found that Kondo insulator YbB12 has the metallic state on the surface by transport properties and photoemission spectra etc. To study such exotic state in detail, we have investigated transport and magnetic properties of Yb1-...
Fumitoshi IGA1,2*, Wataru HIRANO1, Wataru MATSUHRA1, Hiroyuki NAKAYAMA1, Shoya KIKUCHI1, Takayuki YAMADA2, Akihiro KONDO3, Koichi KINDO3, Tohru IRIFUNE4, and Tohru SHIMMEI4
JPS Conference proceedings   25 011017(1)-11017(8)   2019年3月   [査読有り]
Production of single phase of TmB6, which is expected to show valence fluctuation with valence = 2.6 by previous study of TmxR1-xB6, has not been reported to date. We have succeeded in synthesis of TmxCa1-xB6 up to x = 0.2 by high-pressure synthes...
F. Iga, K. Yokomichi, W. Matsuhra, H. Nakayama, A. Kondo, K. Kindo, and H. Yoshizawa
AIP Advances   8(10) 101335(1)-101335(5)   2018年10月   [査読有り]
Kondo temperature TK’s for Kondo insulator alloys Yb1-xRxB12 (R = Y, Lu, Sc and Zr) show drastic variation as every x increase. It is found that YbB12 in a virtual gap-less state would have a peak at about 25 K in magnetic susceptibility χ(T) from...

書籍等出版物

 
希土類ホウ化物の高圧合成
伊賀文俊
日本高圧力学会   2016年9月   
In this article, recent advances in the fundamental and applied high-pressure synthesis of rare-earth borides, especially RB_12, were reviewed. High pressure equipment using the Walker module has been first introduced to Ibaraki university. It see...
「物理データ事典」第4章 量子物性 18. 磁性 「18.3. 近藤物質」
伊賀文俊
日本物理学会編集、朝倉書店   2006年   
強相関化合物の近藤物質の近藤温度の他、特徴的な温度をまとめた

講演・口頭発表等

 
Novel dynamical properties in the zero-fieldantiferro-quadrupolar orderedstate of CeB6
Takeshi Mito et al.
International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2019   2019年9月27日   新学術領域 J-Physics  
Electrical resistivity measurements and structural studies of Kondo semiconductor YbB12 over 200 GPa
Yusuke Hatashima et al.
International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2019   2019年9月26日   新学術領域 J-Physics  
Quantum Oscillations in Electrical resistivity in Kondo Insulators [招待有り]
Lu Li et al.
International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2019   2019年9月26日   新学術領域 J-Physics  
New Suface Atomic Structures on the Topological Kondo Insulator SmB6 [招待有り]
Yoshiyuki Ohtsubo et al.
International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2019   2019年9月26日   新学術領域 J-Physics  
Material Design of Novel Functional Rare-Earth Dodecaborides by High-Pressure Snthesis and Their Physical properties
Fumitoshi Iga et al.
International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2019   2019年9月26日   新学術領域 J-Physics  

競争的資金等の研究課題

 
近藤絶縁体における中性フェルミオン励起の観測
文部科学省: 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 笠原 裕一
新規カゴ状希土類ホウ化物の超高圧合成と極限条件物性
文部科学省: 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 伊賀文俊
トポロジカル近藤絶縁体:希土類六ホウ化物の表面ディラックコーンの電子状態の解明
文部科学省: 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 有田 将司 広島大学, 学内共同利用施設
希土類化合物における圧力誘起絶縁体-金属転移現象の微視的研究
文部科学省: 
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 小山 岳秀 (兵庫県立大)
希土類化合物における絶縁体ー金属転移の研究はサマリウム(Sm)化合物を中心に行われている。本研究では加圧することで上記の転移を示すSmS、SmB6に着目し、圧力下核磁気共鳴(NMR)実験により転移前後の構造や電子状態について微視的な観測を行った。
パルス強磁場中の超音波測定による強相関電子系の秩序状態の研究
文部科学省: 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 吉澤 正人 岩手大学, 工学(系)研究科(研究院), 教授