掛地 吉弘

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/27 02:59
 
アバター
研究者氏名
掛地 吉弘
 
カケジ ヨシヒロ
所属
神戸大学
部署
大学院医学研究科 医科学専攻
職名
教授
学位
博士(医学)(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
九州大学 大学院医学系学府 臓器機能医学専攻 消化器・総合外科 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1987年3月
九州大学 医学部 医学
 

委員歴

 
2005年
   
 
日本癌治療学会  評議員
 
2002年
   
 
日本サイトメトリー学会  評議員
 
2003年
   
 
日本食道学会  評議員
 
2003年
   
 
日本消化器癌発生学会  評議員
 
2003年
   
 
American Society of Clinical Oncology (ASCO)  -
 

論文

 
A new method (the "Pincers maneuver") for lymphadenectomy along the right recurrent laryngeal nerve during thoracoscopic esophagectomy in the prone position for esophageal cancer
OshikiriT, NakamuraT, MiuraY, YamamotoM, KanajiS, YamashitaK, MatsudaT, SumiY, SuzukiS, KakejiY
Surg Endosc   31(3) 1496-1504   2017年3月   [査読有り]
Prone position in thoracoscopic esophagectomy improves postoperative oxygenation and reduces pulmonary complications
OtsuboD, NakamuraT, YamamotoM, KanajiS, KanemitsuK, YamashitaK, ImanishiT, OshikiriT, SumiY, SuzukiS, KurodaD, KakejiY
Surg Endosc   31(3) 1136-1141   2017年3月   [査読有り]
Short-term outcomes and one surgeon's learning curve for thoracoscopic esophagectomy performed with the patient in the prone position
OshikiriT, YasudaT, HasegawaH, YamamotoM, KanajiS, YamashitaK, MatsudaT, SumiY, NakamuraT, FujinoY, TominagaM, SuzukiS, KakejiY
Surg Today   47(3) 313-319   2017年3月   [査読有り]
Impact of intra-abdominal absorbable sutures on surgical site infection in gastrointestinal and hepato-biliary-pancreatic surgery: results of a multicenter, randomized, prospective, phase II clinical trial
MaeharaY, ShirabeK, KohnoeS, EmiY, OkiE, KakejiY, BabaH, IkedaM, KobayashiM, TakayamaT, NatsugoeS, HaraguchiM, YoshidaK, TerashimaM, SasakoM, YamaueH, KokudoN, UesakaK, UemotoS, KosugeT, SawaY, ShimadaM, DokiY, YamamotoM, Taketomi
Surg Today      2017年2月   [査読有り]
Risk factors of serious postoperative complications after pancreaticoduodenectomy and risk calculators for predicting postoperative complications: a nationwide study of 17,564 patients in Japan
AokiS, MiyataH, GotohM, MotoiF, KumamaruH, KonnoH, WakabayashiG, KakejiY, MoriM, SetoY, UnnoM
J Hepatobiliary Pancreat Sci      2017年2月   [査読有り]

Misc

 
【周囲神経・血管・リンパ節までまるわかり!外科ナース・研修医のための消化器の手術&臓器のはたらき】 (3章)胃 だから胃手術後はどう注意する?
田中智子, 金治新悟, 山本将士, 鈴木知志, 掛地吉弘
消化器外科Nursing   (2016秋季増刊) 71-74   2016年10月
【周囲神経・血管・リンパ節までまるわかり!外科ナース・研修医のための消化器の手術&臓器のはたらき】 (3章)胃 胃の働きと解剖
田中智子, 金治新悟, 山本将士, 鈴木知志, 掛地吉弘
消化器外科Nursing   (2016秋季増刊) 60-70   2016年10月
オキサリプラチンと5-FU併用による抗腫瘍効果の分子機序
北尾洋之, 清成信一, 飯森真人, 新美晋一郎, 片岡裕貴, 秋山真吾, 枝廣圭太郎, 中西良太, 徳永えり子, 佐伯浩司, 沖英次, 金治新悟, 掛地吉弘, 前原喜彦
癌と化学療法   43(6号) 707-714   2016年6月
オキサリプラチンの10年間の軌跡
金治新悟, 沖英次, 佐伯浩司, 北尾洋之, 前原喜彦, 掛地吉弘
癌と化学療法   43(6号) 715-722   2016年6月   [査読有り]
【でっかくド~ン!オールカラー図解でみるみるわかる 新人ナースのための消化器外科 術前術後ケアQ&A102】 (1章)消化器臓器のしくみとはたらきQ&A 胃のしくみとはたらき 胃のはたらきは?
前原律子, 中村哲, 金治新悟, 金光聖哲, 角泰雄, 掛地吉弘
消化器外科Nursing   (2016春季増刊) 18-19   2016年4月

書籍等出版物

 
Patient Surveillance After Cancer Treatment / Stomach Carcinoma Surveillance Counterpoint: Japan
Kakeji Y, Morita M, Maehara Y.
Springer Science + Business Media   2013年   

講演・口頭発表等

 
80歳以上の胃癌患者に対する術前補助化学療法の経験 [招待有り]
松田 佳子, 三浦 由紀子, 長谷川 寛, 山本 将士, 金治 新悟, 山下 公大, 松田 武, 押切 太郎, 角 泰雄, 中村 哲, 鈴木 知志, 掛地 吉弘
第90回日本胃癌学会総会   2018年3月   日本胃癌学会
StageIV胃癌に対するconversion surgeryの適応と予後の検討 [招待有り]
原田 仁, 鈴木 知志, 金治 新悟, 長谷川 寛, 山本 将士, 松田 佳子, 山下 公大, 松田 武, 押切 太郎, 中村 哲, 角 泰雄, 掛地 吉弘
第51回制癌剤適応研究会   2018年3月   制癌剤適応研究会
ワークショップ5 新しい胃癌取扱い規約(15版)に基づいた補助化学療法の成績
掛地 吉弘
第90回日本胃癌学会総会   2018年3月   日本胃癌学会
胃癌における免疫チェックポイント阻害薬(仮)
掛地 吉弘
神戸胃がん免疫療法セミナー   2018年3月   ブリストル・マイヤーズ スクイズ株式会社,小野薬品工業株式会社
化学療法後に胃切除術を行った進行胃癌症例の検討 [招待有り]
松田 佳子, 杉田 裕, 長谷川 寛, 山本 将士, 金治 新悟, 山下 公大, 松田 武, 押切 太郎, 角 泰雄, 中村 哲, 鈴木 知志, 掛地 吉弘
第51回制癌剤適応研究会   2018年3月   制癌剤適応研究会

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 原田 仁
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 掛地 吉弘
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 山下 公大
(AMED)高度リンパ節転移を有するHER2陽性胃癌に対する術前trastuzumab併用化学療法の意義に関する臨床試験/症例登録の推進・登録状況の確認
革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2016年       代表者: 掛地 吉弘
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 金治 新悟