掛地 吉弘

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 05:03
 
アバター
研究者氏名
掛地 吉弘
 
カケジ ヨシヒロ
所属
神戸大学
部署
大学院医学研究科 医科学専攻
職名
教授
学位
博士(医学)(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
九州大学 大学院医学系学府 臓器機能医学専攻 消化器・総合外科 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1987年3月
九州大学 医学部 医学
 

委員歴

 
2005年
   
 
日本癌治療学会  評議員
 
2002年
   
 
日本サイトメトリー学会  評議員
 
2003年
   
 
日本食道学会  評議員
 
2003年
   
 
日本消化器癌発生学会  評議員
 
2003年
   
 
American Society of Clinical Oncology (ASCO)  -
 

論文

 
A comparison of the clinical outcomes of esophagectomy and chemoradiotherapy after noncurative endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma
KoterazawaY, NakamuraT, OshikiriT, KanajiS, TanakaS, IshidaT, YamashitaK, MatsudaT, MoritaY, SuzukiS, KakejiY
Surg Today      2018年3月   [査読有り]
Anatomical and embryological perspectives in laparoscopic complete mesocoloic excision of splenic flexure cancers
MatsudaT, SumiY, YamashitaK, HasegawaH, YamamotoM, MatsudaY, KanajiS, OshikiriT, NakamuraT, SuzukiS, KakejiY
Surg Endosc   32(3) 1202-1208   2018年3月   [査読有り]
S-1/CDDP療法後に手術を施行し長期予後を得ている胃癌腹膜播種の1例
松田佳子, 中村哲, 植田康司, 長谷川寛, 山本将士, 金治新悟, 山下公大, 押切太郎, 松田武, 角泰雄, 鈴木知志, 掛地吉弘
癌と化学療法   45(3) 471-473   2018年3月   [査読有り]
Standardizing procedures improves and homogenizes short-term outcomes after minimally invasive esophagectomy
OshikiriT, NakamuraT, HasegawaH, YamamotoM, KanajiS, YamashitaK, MatsudaT, SumiY, FujinoY, TominagaM, SuzukiS, KakejiY
Langenbecks Arch Surg      2018年3月   [査読有り]
Impact of Sarcopenia on Unplanned Readmission and Survival After Esophagectomy in Patients with Esophageal Cancer.
Makiura D, 小野 玲, Inoue J, Fukuta A, Kashiwa M, 三浦 靖史, Oshikiri T, Nakamura T, Kakeji Y, Sakai Y
Ann Surg Oncol.   25(2) 456-464   2018年2月   [査読有り]

Misc

 
【分子標的療法は外科治療をどう変えるか】 大腸癌
長谷川寛, 山下公大, 松田武, 掛地吉弘
日本外科学会雑誌   118(6) 639-645   2017年11月   [査読有り][依頼有り]
癌免疫カンファレンスルーム(第3回) 免疫抑制のメカニズム
山下公大, 田中智子, 有本聡, 掛地吉弘
消化器外科   40(12) 1681-1668   2017年11月   [査読有り]
手術手技 食道胃接合部癌に対する下縦隔立体構造を意識した腹腔鏡下リンパ節郭清と逆流防止を意識した偽fornix・His角形成を伴う食道胃管吻合法(解説)
裏川直樹, 金治新悟, 中村哲, 鈴木知志, 掛地吉弘
手術   71(12) 1645-1649   2017年11月
NCDにおけるQuality Control(総論)
掛地吉弘, 瀬戸泰之
臨床外科   72(10) 1248-1253   2017年10月
Roles of microRNAs and RNA-Binding Proteins in the Regulation of Colorectal Cancer Stem Cells
MukohyamaJ, ShimonoY, MinamiH, KakejiY, SuzukiA
Cancers (Basel)   9(10)    2017年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
メディカ出版 / 考える外科 上部消化管外科の治療戦略
掛地吉弘 (担当:編者)
長谷川 素美   2018年1月   
Patient Surveillance After Cancer Treatment / Stomach Carcinoma Surveillance Counterpoint: Japan
Kakeji Y, Morita M, Maehara Y.
Springer Science + Business Media   2013年   

講演・口頭発表等

 
80歳以上の胃癌患者に対する術前補助化学療法の経験
松田 佳子, 三浦 由紀子, 長谷川 寛, 山本 将士, 金治 新悟, 山下 公大, 松田 武, 押切 太郎, 角 泰雄, 中村 哲, 鈴木 知志, 掛地 吉弘
第90回日本胃癌学会総会   2018年3月   日本胃癌学会
StageIV胃癌に対するconversion surgeryの適応と予後の検討
原田 仁, 鈴木 知志, 金治 新悟, 長谷川 寛, 山本 将士, 松田 佳子, 山下 公大, 松田 武, 押切 太郎, 中村 哲, 角 泰雄, 掛地 吉弘
第51回制癌剤適応研究会   2018年3月   制癌剤適応研究会
ワークショップ5 新しい胃癌取扱い規約(15版)に基づいた補助化学療法の成績
掛地 吉弘
第90回日本胃癌学会総会   2018年3月   日本胃癌学会
胃癌における免疫チェックポイント阻害薬(仮)
掛地 吉弘
神戸胃がん免疫療法セミナー   2018年3月   ブリストル・マイヤーズ スクイズ株式会社,小野薬品工業株式会社
化学療法後に胃切除術を行った進行胃癌症例の検討
松田 佳子, 杉田 裕, 長谷川 寛, 山本 将士, 金治 新悟, 山下 公大, 松田 武, 押切 太郎, 角 泰雄, 中村 哲, 鈴木 知志, 掛地 吉弘
第51回制癌剤適応研究会   2018年3月   制癌剤適応研究会

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 山本 将士
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 原田 仁
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 掛地 吉弘
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 山下 公大
(AMED)高度リンパ節転移を有するHER2陽性胃癌に対する術前trastuzumab併用化学療法の意義に関する臨床試験/症例登録の推進・登録状況の確認
革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2016年       代表者: 掛地 吉弘